ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の2話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【恋はつづくよどこまでも】2話のネタバレ

5年振りに再会した天堂浬(佐藤健)が、偶然にも隣の部屋に住んでいることが分かり、有頂天となる佐倉七瀬(上白石萌音)。
しかしその直後、謎の美女・流子(香里奈)と一緒に住んでいると知り、七瀬は落胆。
さらには、なんと流子から強引に2人の“愛の巣?”に招かれることに…!?
初めて、天堂のプライベートな姿を垣間見て淡い妄想を膨らませる七瀬だが、天堂からは「うちの科にくるなら手加減しない」と一喝されてしまう。

そんな中、循環器内科に正式配属された七瀬は、天堂の下に付くことに。
天堂に一人前の看護師として認められたい七瀬だが、相変わらずミスを連発し、罵声を浴びせられていた。

一方、急な不整脈で入院中の家電量販店の従業員・神田光喜(金子大地)の緊急オペが決まる。
しかし、オペの不安からか、神田は食欲不振に…。
そんな神田に対し、天堂は投薬療法を見直し、食欲増進を図ろうとする。
七瀬は院内で開催するスペシャルイベントに神田を誘うことを思いつくのだった。
七瀬の優しい気遣いに、食欲と前向きな気持ちを持ちなおした神田は、退院後に七瀬へオススメの炊飯器を提案することを約束する。

笑顔を取り戻した神田の表情に安心する七瀬だが、オペの前に神田の容態が再び急変し…。
(公式HPより引用)


天堂の部屋から飛び出してきた女性は、天堂の姉・流子でした。

流子は、昔医者を目指していたことがあるそうです。

今は、このマンションの管理人を務めています。


天堂に循環器内科に来るなら手加減しないと言われます。

しかし、七瀬は看護師として必ず戦力になると宣言します。


ついに、循環器内科に配属される日が来ました。

同期の結華も同じです。


七瀬は、天堂の下に付くことになりました。

いわゆる、天堂担です。

天堂からは、次のことを守るように言われます。

  • 患者さんには誠意を持って不快な思いをさせない
  • 自主的にどう動くか考える
  • 余計な期待はしない

最後については、今後2人がどうこうする確率は0.0001%もないとはっきり言われてしまいます。

この世に絶対なんてないという七瀬ですが、天堂はないと言い切ります。


神田の病状は、かなり深刻なようです。

しかも、最近は食欲もないみたいです。


七瀬は、神田に元気を出してもらおうと院内イベントに誘いました。

神田は、早く治して職場復帰したいと言います。

七瀬は、炊飯器を買いに行くというのです。

七瀬と話をしているうちに、神田はお腹が減ってきたと言って、ご飯を食べ始めました。

この様子を天堂は見ていました。


七瀬は、積極的に攻めます。

天堂に彼女はいるのか聞きますが答えません。

そこへ来た来生が女っ気はないと教えてくれます。

すると、七瀬は天堂のデート相手に立候補しますが、速効で却下されてしまいます。


神田の容態が急変しました。

カテーテルで処置が行われることになりました。

何事もなくカテーテルは終了しました。


後日、神田のオペが行われることになりました。

七瀬は、天堂に予習をしてきたので、オペに入りたいと頼みます。

天堂は、七瀬がいると邪魔なのでダメだと言います。

どうしても勉強したいという七瀬に立ち会いの許可が出ました。


オペに向かおうとした神田の容態が再度悪化しました。

この時、七瀬は他の患者の買い物に行っていました。


買い物から戻ってきて、このことを知った七瀬は急いでオペ室に向かいました。

神田は心肺停止状態で蘇生措置が行われていましたが、そのまま帰らぬ人となってしまいました。


天堂は、神田を救えなかったことを悔やんでいました。

来生は、天堂に「おまえに無理なら無理だ。」と言いました。


七瀬の元にユウが尋ねてきました。

神田がフラれたと言っていた女性です。

ユウは、七瀬にあるものを持ってきてくれたのです。

それは炊飯器のカタログでした。

カタログには、神田の商品に対する評価が付箋で貼られています。

以前神田に炊飯器を買いに行くと言った際、神田はおすすめの炊飯器を選んでおくと言っていました。

七瀬のために、炊飯器を選んでおいてくれたのです。


七瀬は、神田が亡くなってから元気がありません。

仕事を終えて部屋の前まで帰ってきますが、そこで倒れてしまいます。

流子がそれを見ていました。


七瀬が目を覚ますと、天堂と流子が目の前にいました。

天堂と流子が看病をしてくれていたのです。

七瀬は起き上がって、炊飯器のパンフレットをぼーっと眺めていました。

天堂は、七瀬に「こういう別れもある。つらいだろ。」と優しく声をかけます。


七瀬はあまりのつらさに涙を流しながら、弱音を吐きます。

「信じられない。もう神田さんがいないなんて。」

「最後見てることしかできなくて。何の役にも立たない。」

先生の言うとおり向いてないです。もう辞めます。こんなにつらいなんて思いませんでした。


立ち上がった七瀬は、バランスを崩して倒れそうになります。

天堂が七瀬を抱いて、「みんなそうだ。」と言います。

背中をポンポンとたたきながら、「みんな、今はつらい。それでも前に進む。進むんだ。」と続けます。

七瀬は天堂の胸の中で泣きます。


七瀬は、「何でですか?あんなに言ってたのに。『向いてない』とか『邪魔』とか。」

お前は天堂担だ。」と言って、自分の部屋に入っていきました。


再度七瀬のいる部屋へ行くと来生がいました。

ここでドラマは終わりました。

スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】2話の感想

新人看護師にとって患者の死は大きな試練です。

死に慣れることはないかもしれませんが、初めての患者の死は相当つらいと思います。

よい関係が築けていれば築けているほどです。


七瀬はすごいですね。

あれだけ怒られたり、絶対にないとまで言われているのに、平気でアタックしていきます。

まさに勇者と言ってもよいのではないでしょうか?


七瀬が倒れてからの天堂は優しかったです。

七瀬のつらさがわかっているからでしょうね。

これが本来の天堂なのでしょう。

過去に天堂を一変させた出来事があると言っていましたからね。

それが何なのかはわかっていませんが・・・


天堂が七瀬のことをだんだん意識し始めていくような予感がします。

来週も楽しみです。


ネット上にはいろいろな声が上がっています。

スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】2話の視聴率

今回の平均視聴率は、10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

ほとんどのドラマが数字を下げていますが、このドラマは大幅にアップしました。

見事に2ケタに乗りました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

Twitterでフォローしよう