ドラマ「半沢直樹1」の8話のネタバレとあらすじ・視聴率についてご紹介します。

半沢直樹の8話のネタバレとあらすじ

金融庁検査を乗り切るため、伊勢島ホテル社長の湯浅(駿河太郎)に、先代社長であり自身の父でもある会長の更迭と資産の売却をさせた半沢(堺雅人)。これで伊勢島ホテルが出した120億円にも及ぶ運用損失の穴埋めが実現し、不良融資先として分類されるのを回避出来たかに思えた。しかし金融庁検査の最中に、再建の柱ともなるITシステムを構築中の外注先、「ナルセン」が破綻するとの情報が黒崎(片岡愛之助)からもたらされた。
ナルセンが破綻すると、これまで費やしてきた110億円以上もの投資が損失となってしまい、伊勢島ホテルは再び窮地に追い込まれる。事態を重く見た銀行幹部は、半沢を伊勢島ホテルの担当から外す方向で話を進めようとする。食い下がる上司の内藤(吉田鋼太郎)に対し、大和田常務(香川照之)は本番の金融庁検査の前に模擬検査を行うことを提案。大和田の息のかかった融資部の福山啓次郎(山田純大)を半沢の後任候補とし、模擬検査で一騎打ちをすることになった。

一方、出向先であるタミヤ電機の不正を追い続ける近藤(滝藤賢一)は、会社から他の会社へ不正に貸し付けられた3千万円の資金の行方を追ううちに、信じられない事実を目にすることになった─。
(公式HPより引用)


半沢直樹が大和田常務に土下座をしました。

半沢は言います。

これで担当を続けられるのなら土下座ぐらい安いものです


半沢は、ナルセンの事態をどうにかしないといけないと考えています。

ナルセンは本当にフォスターの特許侵害を犯しているのかと湯浅社長に尋ねます。

湯浅社長は、ナルセンの社長に何度も連絡しているがつかまらないと言います。

そして、羽根専務は最初からこうなることを計算していたのかもしれないというのです。

それは、ナルセンを紹介してきたのが羽根専務であるためです。


金融庁検査第3回聞き取り調査が行われる日が来ました。

「ナルセンがダメになった今、どうするつもりなのか」と黒崎に聞かれます。

他で新システムの開発を頼む余裕はありません。

それに、ナルセンが破綻すると、約110億の投資が無駄になってしまいます。

それをどう補うのかを半沢は問われます。


半沢は、まだナルセンが破綻すると決まったわけではないと言います。

黒崎駿一は、もし特許侵害をしていなくても、裁判になれば社会的信用が失墜して破綻すると返します。

そうなれば、伊勢島ホテルの再建は不可能となります。

半沢は、ナルセンの破綻をこの目で見るまでは結論が出せないと食い下がります。

ナルセンがはっきりとどうなるかまで待ってくれることになりました。


内藤営業第二部長は、大和田と岸川業務統括部長から、半沢を伊勢島の担当から外すと言われます。

内藤は、半沢は頭取の指示で担当を任されたと返しますが、聞く耳を持ってもらえません。

最終的には、岸川からこれは相談ではなく、報告だと言われてしまいます。


そこで、大和田は半沢が伊勢島ホテルを担当するにふさわしいかどうかの審査をしてみてはどうかと提案します。

次回の金融庁検査を想定して模擬検査を行うというのです。

その結果次第で、半沢の処分を決めることになりました。


半沢は、渡真利忍に今回のことを報告しました。

渡真利は、どうしてそこまで大和田が羽根専務に肩入れするのかがわからないと言います。

でも、その理由がわかりました。

大和田は、今回の金融庁検査の失敗で頭取を失脚させようとしているのです。


渡真利には気になる情報があると言います。

実は、大和田と岸川が融資部の福山啓次郎に頻繁に会っているというのです。

福山は、大和田の息のかかった切れ者です。

その福山を半沢の後任に考えているのではと渡真利は言います。


半沢は内藤に呼ばれます。

そして、模擬金融庁検査の話を聞かされます。

内藤は、そこで半沢がうまく質疑応答できなければ、伊勢島の担当から外されることを伝えます。


半沢が負ければ、頭取は交代、伊勢島も羽根社長の誕生となります。

そして、半沢も内藤も片道切符の島流し(出向)となってしまいます。


タミヤ電機では、近藤直弼が帳簿を差し替えられていることに気づきました。

経理課長の野田に聞いても何も知らないというので、税理士に帳簿のコピーをもらいます。

そして、ラフィットとはどのような会社なのか、どうして3000万円も貸しているのかを聞きます。

野田は、これ以上詮索しない方がよいと言います。


それでも、近藤は帳簿を調べます。

すると、東京中央銀行からタミヤ電機に行われた融資の3000万円がそのままラフィットへ流れていました。

これは紛れもなく転貸資金でした。

野田はラフィットについて何も知らないので、社長に聞くように言いました。


近藤が渡真利と一緒に半沢を訪れてきました。

ラフィットへの転貸資金について話をしに来たのです。

ラフィットはアパレルの会社で、代表が棚橋貴子ということしかわかりませんでした。

そこで、近藤はラフィットを訪れることにしました。


半沢は、ナルセンとフォスターの和解はないとみています。

実は、ナルセンは裏で反社会的勢力とのつながりがあることがわかりました。

金融庁は気づいていませんが、早く切らないととんでもないことになるというのです。

伊勢島が投資した約110億は無駄になりそうです。

半沢は、伊勢島ホテルの再建案を根本から見直す必要がありました。


近藤は、社長に転貸資金について尋ねます。

社長は、たまたま銀行から融資を受けた時期とラフィットに貸した時期が近かっただけだと説明します。

近藤は、どうしてラフィットに3000万円を貸したのかを聞きますが、社長は教えてくれません。

そして、社長は近藤に近々別の会社に出向となることを伝えました。


模擬金融庁検査が行われます。

金融庁検査のための事前質疑応答が始められます。

半沢が納得のできる回答をすることができなかった場合、伊勢島ホテルの担当は福山になります。

大和田も見届けに来ました。


福山は先行きの見通しが甘すぎると言います。

ナルセンのシステムが使えなくなったのにその代替案がなく、ナルセンが破綻した場合、これまで投資した113億はどう穴埋めするのかというのです。

半沢は、現在打開策を検討しているが、今は秘密なので言えないと言います。


福山は、無能な経営者は解任すべきだと言います。

半沢は誰を後任にするのかと聞きます。

福山は羽根専務だと返します。

25年以上伊勢島ホテルの屋台骨を支えてきた人物で、財務のこともわかるので適任だというのです。

半沢は湯浅社長は有能な人物で、問題なのは羽根専務を含むその取り巻きだと言います。


今回の金融庁検査を乗り切るためには抜本策の提示が必要不可欠です。

その抜本策として羽根専務を社長に据えるトップ人事は目玉だと福山は言います。


半沢は、最後に1つ尋ねます。

ここからのやりとりは次のとおりです。

半沢
「あなたは羽根専務にお会いしたことはありますか?」

「あなたが次期社長にふさわしいと推す羽根専務ですよ」

「当然お会いしたことがあるんですよね」

会ったことがあるのかないのか、どっちなんだ?

福山
「残念だが、お会いしたことはない」

半沢
「会ったことがない?」

「あなたは一度も会ったことのない人間を社長にしようとしてるんですか?」

「一度も会っていないのにどうして社長にふさわしいと言えるんです?」

福山
「私は羽根さんのお考えや人柄については、岸川部長から伺っていて間違いないと思っている」

「本人に直接会ったことがないからといって、羽根専務を社長に推すことに問題はないだろう?」

半沢
「それを本気でおっしゃっているなら、あんたこそ大バカだ」

「さっき自分で言ったでしょ。『企業は人』だと」

「その肝心の人にも会わず、他人の言葉をうのみにして先入観だけで羽根専務をトップにするのは完全な自己矛盾なんじゃないですか?」

「伊勢島ホテルで120億の損失を出した張本人は羽根専務なんですよ」

福山
「それは湯浅社長が指示してやらせたこと」

半沢
「いいや。彼女がそう根回しをしているだけです」

「ごく一部の人間しか知らないことだが、あれは羽根専務が独断で出した損失だ。あるいは、銀行の上層部なら知っていてもおかしくはない情報かもしれないが、伝えなかったんですか?」

福山
「ご存じだったんですか?」

岸川部長
「知らんよ。半沢次長のたわごとだろう」

半沢
「私の言っていることがたわごとかどうか、それは一度でも伊勢島ホテルに足を運び、湯浅社長に話を聞けばすぐにわかったはずです」

「しかし、福山さん。あなたは羽根専務ばかりか湯浅社長にさえ会っていない」

「そんな人間の立てた再建計画に説得力なんかありませんよ」

「なぜなら、そこには血がまったく通っていないからだ」

「あなたが見ているのはいつも数字やデータばかりだ」

「目の前にいる生身の人間を見ようとしない。そんな人間に伊勢島ホテルは任せられない」

「反論があるなら聞かせてもらおう」

こっちを見ろ!

「そう言ってんだよ、福山」

「いいか、あなたが好きなそのデータ。今から言うことをしっかり付け加えておけ

銀行内部に羽根専務の出した損失を隠蔽し、200億の不正融資を実行した人物がいる

内藤部長
「半沢、それは根拠があっての話か?」

半沢
「もちろんです。伊勢島ホテルに内部告発者がいました」

「しかし、その告発は京橋支店によってもみ消された」

岸川部長
「いい加減なことを言うな」

半沢
「いい加減なことかどうか、また誰が何のために京橋支店に指示したのか、それは今後必ず明らかにしていくつもりです。楽しみにしていてください。大和田常務」

「はっきり申し上げておく。行内の誰よりも伊勢島ホテルの再建を本気で考え、金融庁検査を乗り切ろうと努力しているのは我々です」

「今我々以上に伊勢島ホテルの担当にふさわしい者はこの銀行にはいない」

これ以上足を引っ張るようなら徹底的に戦います

やられたらやり返す。倍返しだ。覚えておいていただこう

そう言って、半沢は出ていきました。


その頃、近藤はラフィットを訪ねていました。

店から出てきた棚橋がタクシーに乗ったので、近藤は後を追います。

棚橋がタクシーを降りて自宅へ入っていきます。

近藤は、その家の表札を見て驚きます。

そこは、大和田の家だったのです。

近藤から報告を受けた半沢は、タミヤ電機の不正にも大和田が絡んでいるのではと考えました。


花は、半沢の母親から父親の敵が同じ銀行の本部にいることを聞かされます。

敵が大和田ということを花は知りました。

スポンサーリンク

半沢直樹の8話の視聴率

半沢直樹の8話の視聴率は次のとおりです。

「強敵ライバル登場! 負ければ出向の危機」

32.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!