ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の2話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください2話】のあらすじ

病室で念仏を唱えないでくださいの2話のあらすじは次のとおりです。


この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、次々に急患が運び込まれていた。交通事故による大怪我で運ばれてきた患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)や看護師の堀口(土路生優里)が処置にあたっていた。さらに処置室の奥では、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置に、松本(伊藤英明)、吉田(谷恭輔)と看護師・長見(うらじぬの)たちが担当。その女性患者は、大動脈瘤が破裂していたため危険な状態で心外に応援を頼んだが、手術中ということで心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)に無下に断られてしまう。松本は三宅の応援もあり、緊急手術を決め、腹部大動脈瘤破裂の重症ながら一命を取り留めることが出来た。しかし、センター長の玉井(萩原聖人)からは、そういう場合は他に回すようにと言われ、救命救急センターのスタッフは、オペの応援要請に答えてくれない濱田に不満を募らせていた。

ある日、出勤した松本の元に、川で中学生男子が溺水という ドクターカーの要請が入った。松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と名乗り出る。
現場でレスキュー隊員が少年・岡崎勉(渡邉蒼)を発見し、真冬でも構わず川の中に駆け込んでいく松本。 低体温・心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをしていると、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が目が合ったとたん逃げていくのに気付く。
病院内に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋寛子)が付き添う中、低体温療法を受けていた。松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。それを確認した真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。その後、病院内で逃げる丸山を見つけた松本は、彼を追いかけるが…。

一方、救命救急センターに、指定病院を17件も断られたという患者の受け入れ要請が入った。今にも破裂しそうな腹部大動脈瘤のその患者は、ホームレスだという。
救命救急のスタッフは、手術中の濱田に応援を求めるが、患者がホームレスだと知ってまたもあっさりと断りを入れられてしまう。しかし、濱田の下で働く医師・児島(松本穂香)は、松本を手伝うか迷っていた・・・。

30年前に自らに降りかかった出来事と勉たちを重ね合わせる松本。
止まった時間を動かすことができるのか…?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください2話】のネタバレ

松本は、病院内で丸山を見つけました。

丸山は逃げましたが、松本は追いかけて捕まえました。


そして、松本は現場にいた丸山に何があったのか尋ねました。

丸山は何も知らないと言います。

松本は「周りが責めなくても周りが忘れても自分は覚えている。一生自分を責めることになるぞ」と諭すように言います。

丸山はその時のことを話しました。

「岡崎のペンケース、橋の上から落として。岡崎をそれを取りに行って川に入って」


松本は、どうしてそのようなことをしたのかを聞きます。

丸山は少し困らせてやろうとしたというのです。

実は、この前犬の散歩をしていた時、丸山は勉に驚かされて犬を逃がしてしまいました。

まだ犬は見つかっていません。

その仕返しだったのです。


松本は、そのペンケースには勉の父親の形見のペンが入っていたと伝えました。

丸山は「あんなことしなきゃよかった」と後悔します。

そして、松本に「助けてください。お願いします。岡崎に謝りたい」と泣きながら言います。


松本は宮寺哉(はじめ)の墓参りに来ていました。

哉は、子供の時松本が一緒に釣りに行って溺れて亡くなった友達です。

松本は、釣りに誘ったこと・助けられなかったことを悔やんでいます。


松本は、墓に手を合わせて「あの子を助けてくれ」とお願いします。

奇跡を願いたくなったのだと言います。


松本は、哉の家を訪ねました。

哉の父・憲次と妹・あやが温かく迎えてくれます。

憲次は、松本に「背負いすぎないようにね」と声をかけます。

そして、医者は大変なので、体に気をつけるように言ってくれます。

松本は、そのように言ってくれる憲次に感謝の気持ちで一杯でした。


勉は意識不明のままです。

今のところ、何の変化も見られませんでした。


腹部大動脈瘤のホームレスを受け入れることに。

松本が手術を行います。


児島は縫合はするので、濱田に救急に行ってあげて欲しいとお願いします。

すると、濱田は児島が手術から外れるように言います。

濱田は手伝いに行く気がまったくないように見えます。


松本は手術を進めていきますが、思った以上に厳しい状況でした。

その時、濱田が手術室へ入ってきました。

手術を交代してくれるのかと思われましたが、濱田は「見学に来ただけだ」と言います。

濱田は、松本の手術のやり方に口を挟んできます。

あまりにもいろいろと言ってくるので、松本は濱田に「手伝わないのなら出ていってくれ」と言いました。

それを聞いた濱田は無言で出ていきました。


再び濱田が戻ってきました。

今度は、手術を手伝ってくれるというのです。

児島もサポートします。

手術は無事成功しました。

松本は、濱田と児島に礼を言いました。


濱田は、ホームレスのような生きる意欲が少ない者を助けることに否定的でした。

松本は、たとえ1%でも生きる可能性があれば全力を尽くて救うのが救急の仕事だと言います。

2人の考え方はまったく異なります

濱田は、これからも救急の患者はなかなか受けられないと言うのです。

そして、濱田は救急は心臓外科の利益でやっていけているので邪魔をしないで欲しいと言って行ってしまいました。


濱田が行った後、松本は「ペラペラとよくしゃべりやがって。あの嘘くさい笑顔。有名だからって何なんだよ。テレビに出たからってそんなに偉いのかよ。俺だってテレビに出たことあるよ」と怒り狂って言います。

テレビに出たというのは、昔上野にパンダを見に行った時のことを言っているようです。


勉は自発呼吸に戻りました。

バイタルも安定しています。

このままなら一般病棟に戻せると言います。

ただ、意識は戻らないとみられています。


丸山は、ずぶ濡れの状態でやって来ました。

丸山は橋から落とした勉のペンを探してきたのです。

松本は、丸山を勉の病室に連れて行きました。


そして、松本は勉にペンを返すように言いました

丸山は、勉の手にペンを握らせた後謝りました。

すると、勉の指が動きました。

松本が声をかけると、勉が目を覚まします。

奇跡が起こったのです。


松本は、この後憲次に連絡して、「一緒に飲みませんか」と誘いました。

実は、先日行った時一緒に飲もうと誘われたのですが、よい返事ができなかったのです。


勉は無事に退院しました。

退院する時に、勉はペンは父親の形見ではなかったことを明かしました。

でも、丸山が探してくれたペンだから一番気に入っていると言います。

【病室で念仏を唱えないでください2話】の感想

松本は、丸山を自分に重ね合わせていましたね。

多少状況は異なるとは言え、丸山の気持ちがよくわかったのだと思います。

そのため、自分が助けられなかった哉の墓を訪れて、奇跡をお願いしたのでしょう。

願いが届いて、勉に奇跡が起こってよかったですね。


哉の父親も妹も、ある意味すごいです。

意図的に死なせたわけではないとは言え、普通なら松本にあのように優しく接することはできないと思います。

どうしても、自分の息子・兄を死なせたのは松本と思ってしまうためです。


松本と濱田のバトルは最高でした。

どちらもいい味を出しています。

個人的には、濱田がいなくなった後、松本が子供のように濱田の悪口を言っていたシーンが好きです。

本当に煩悩だらけの僧侶ですね。

そこがいいんですが。


SNS上には、次のようなコメントが上がっています。


唐田えりかさんが東出昌大さんとの不倫報道で降板したようです。

【病室で念仏を唱えないでください2話】の視聴率

今回の平均視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!