ドラマ「半沢直樹」の9話のネタバレとあらすじ・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

半沢直樹の9話のあらすじ

半沢直樹の9話のあらすじは次のとおりです。


近藤(滝藤賢一)が知ることになったタミヤ電機を舞台にした迂回融資事件。タミヤ電機を隠れ蓑にし、3千万円もの融資を受けていたのは、何と大和田常務(香川照之)の妻・棚橋貴子(相築あきこ)が経営する会社だった。
半沢(堺雅人)は大和田に突きつける証拠として、田宮社長(前川泰之)の証言を取るよう近藤に依頼をする。
一方の金融庁検査では二日後に迫った最終聞き取り調査を前に、半沢は驚きの秘策を用意し、湯浅社長(駿河太郎)の説得を試みることに。
しかしその内容は、100年以上続く歴史ある伊勢島ホテルにとっては、あまりに大きな決断であった。

そんな中、近藤はついに田宮社長の証言を取ることに成功。半沢たちが大和田常務を追い詰めるのに十分な証拠であったが、合流を待つ半沢と渡真利のところへ、近藤は一向に現れない。近藤の身に一体何が起こったのか─。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

半沢直樹の9話のネタバレ

半沢直樹と渡真利忍、近藤直弼が集まって話しています。

近藤が調べていたラフィットの社長の棚橋貴子は大和田常務の妻でした。

迂回融資が行われていたと半沢はみています。

融資を行った当時の京橋支店長は岸川部長でした。

大和田が指示してやらせた可能性が高いです。


自分の妻の赤字会社に資金を横流しするためにタミヤ電機を利用したとなれば、大和田を倒す決定的な証拠となります。

大和田が証拠を残すはずがありません。

そこで、半沢は近藤にタミヤ社長の証言をとれないかと尋ねます。

タミヤ社長は、意味のない3000万の借金を背負わされたので、あまり面白いとは思っていないのではというのです。

そこをうまくつけば証言をとれるかもしれません。

近藤は、どちらにしてもタミヤ社長にははっきりとした答えを聞くつもりだと言います。


半沢らには、伊勢島ホテルを再建し、金融庁検査を乗り切るとっておきの方法がありました。

大和田に気づかれると潰されてしまうので、秘密裏に動く必要がありました。

最大の難関は湯浅社長の説得だと言います。

渡真利は、フォスターの件をすべて引き受けるというのです。


半沢は湯浅社長を訪ねていました。

半沢は、伊勢島ホテルを救う方法を見つけたと言います。

湯浅社長、フォスターの資本を受け入れてください

すると、湯浅社長は「このホテルを売れというのか?」と聞き返します。

湯浅社長は激怒します。

「フォスターはうちの再建計画を潰した張本人じゃないか」


半沢は次のように説得します。

「あなたの立場になって徹底的に考えました。どうすべきか。そして、たどり着いたたったひとつの答えがこれです。」

「実は、かねてよりフォスターは日本進出の足掛かりとして、買収合併できる企業を探していたんです。向こうにとっても今回の提案は渡りに船だ。決して悪い話じゃない」

「今私の同期が五分五分の条件で合併できるよう、全力でフォスターと交渉しています」

「資本受け入れの条件として、あなたの続投も必ず認めさせるつもりです」

「傘下に入れば、米国最大手のホテルチェーンが持つグローバルな予約システムが使用可能になる。人材もノウハウもすべて手に入れることができます」

「今の窮地を乗り切るだけでなく、伊勢島ホテルが将来一層飛躍するためにベストな選択だと、私はそう確信しています」

「もちろん、相手は怪物フォスターです。完全に飲み込まれてしまう可能性だってあるでしょう」

「ですが、湯浅社長。あなたなら生き残れる。伊勢島ホテルの名前を守ることができる。私は銀行員としてそう判断しました」


湯浅社長は少し考えさせて欲しいと言います。

明後日の金融庁検査までに答えを出さなければなりません。


金融庁検査最終聞き取り調査の前日、黒崎駿一は焦っていました。

半沢が隠している疎開資料のありかを掴めていなかったためです。


東京中央銀行の取締役会でも、伊勢島ホテルのことが議題となっていました。

大和田は、伊勢島ホテルから一族経営から脱却して、経営方針を一新するという提案があったことを報告しました。

もし湯浅社長を更迭することができれば、金融庁から実破への分類を1年間猶予してもらえるという約束を取り付けたことも報告しました。


岸川部長は、そのことに反対している半沢を担当から外して欲しいと頭取に言います。

半沢では、金融庁検査を乗り切ることはできないというのです。

それに対して、大和田は頭取には深い考えがあると一喝します。

そして、ダメな場合は責任を取る覚悟があるのかを頭取に尋ねます。

頭取は「無論だ」と回答します。

大和田はこの回答が聞きたくて、岸川と小芝居を行ったのです。


朝から半沢は黒崎の部下につけられていました。

疎開資料のありかを探るためです。

半沢は、渡真利に絶対に見つからない場所に隠したと言います。

それは、東京中央銀行の地下2階の機械室です。

総務が検査には必要ないバックヤードは記載しなかったため、黒崎らはこの部屋が存在することすら知らないのです。


半沢は、渡真利にフォスターの感触を聞きます。

渡真利は交渉は順調で、湯浅社長の続投にも理解を示してくれていると言います。

あとは、湯浅社長が決断するだけです。


近藤は、銀行に提出するための報告書を作成していました。

それを知った経理課長は、もうこれ以上会社をかき回さないで欲しいと頼みます。

近藤は、やり直すなら今しかないと諭します。


ついに金融庁検査最終聞き取り調査の当日が来ました。

渡真利から電話がありました。

情報が漏れているというのです。

半沢が疎開資料を隠していると言っていた機械室のある地下2階が、金融庁によって封鎖されているのです。


半沢のもとに金融庁の職員がやって来ました。

半沢を連れて行きます。


そして、金融庁検査最終聞き取り調査が行われます。

今回は頭取も同席します。


黒崎は、前回とほとんど変わっていない再建案に腹を立てます。

半沢は大ピンチに陥ってしました。

反論しようにも材料がありません。


さらに、黒崎はナルセンが開発予定だった最新の予約システムが使えなくなったことに対する代替案がないというのです。

そのシステム開発には約113億の投資を行っており、その損失をどうするつもりなのかと責め立てます。

湯浅社長が身を引いて経営方針を一新でもしない限り、伊勢島ホテルの実破への分類は免れないと黒崎は言います。


ここからの半沢と黒崎らのやり取りは、次のとおりです。

半沢
「黒崎検査官がおっしゃったとおり、ナルセンの破綻によって生じた問題を解決できないかぎり実破に分類されても致し方ないことです」

黒崎
「だったら、ここは湯浅社長に辞任していただくのが、御行にとって一番いいんじゃないかしら。これは大和田常務からの提案ですけどね」

半沢
「いいえ、その条件はのめません」

黒崎
「何をいってるの、あんた。だったら、あなた達に1500億の引当金を積んでもらうことになるけど。それでもいいのかしら?」

半沢
「そのどちらも了承するわけにはまいりません」

黒崎
「何勝手なこと言ってんの?」

半沢
「先ほどご指摘のあったナルセンでの問題はすでに解消されております」

黒崎
「どういうこと?」

半沢
伊勢島ホテルはアメリカ最大のホテルチェーンフォスターの参加に入ります

今湯浅社長から快諾の返答をいただきました。これがその証拠です。


半沢は、湯浅社長から送られてきた携帯のメールを黒崎に見せます。


黒崎
「伊勢島ホテルはフォスターの資本を受け入れることを決意しました(メールの本文を読む)」

「そんなメールだけで信じられると思う?」

「フォスターは何て言ってるの?フォスターも合意してのことでしょうね?」


その時、渡真利が入ってきます。

黒崎にフォスターから合意をもらったことを伝えます。


黒崎
「あり得ない。湯浅は同族経営のワンマンじゃない。買収を受け入れるなんて・・・」

半沢
「湯浅社長はただのワンマンではありませんよ。伊勢島ホテルの将来を見通すことのできるクレバーな経営者です」

「今回の条件では湯浅社長にはそのまま続投していただき、同時に株の運用失敗で損失を出した羽根専務を更迭いたします」

「フォスターの資本受け入れによる初回増資額は200億円、さらに業務提携により、伊勢島ホテルはフォスターの予約システムに相乗りいたします。自前で一から作るより、はるかに信用と集客力の高いシステムを手に入れることができる」

「AAの格付けを持つフォスター資本を背景にできれば、伊勢島ホテルは危ないどころか、飛躍的に今後業績を伸ばすことでしょう。せっかくいろいろご指摘をいただきましたが、もはや実破に分類されるような問題は一切ございませんので、どうかご安心ください」

「他に何かご質問は?」

黒崎
他に伊勢島ホテルに関して我々が知らされていない情報はもうないのね?

半沢
「もちろんです」

黒崎
「そう。なら、少しお付き合いしてもらおうかしら。地下2階へ。さお、行きましょう。皆さんもご一緒に」


全員で地下の2階の機械室へ向かいます。

黒崎の指示で、半沢は機械室の扉を開けます。


中には、ダンボール箱が何個か積まれていました。

黒崎は、中身は伊勢島ホテルに関する隠匿資料であると言って、箱の中を確認します。

中から出てきたのは、宴会で使う小道具でした。


半沢と黒崎らのやり取りは次のとおりです。

半沢
検査の邪魔になると思ってここにしまっておいたのですが。金融庁は宴会道具まで検査の対象にするつもりですか?

黒崎
「隠匿資料があったはずよ。隠したのね。出してちょうだい」

半沢
「そんなものはどこにもありはしない」

内藤部長
「黒崎さん、これが現実ですよ。これでもまだありもしない幻想を言い張るつもりですか?東京中央銀行としては名誉毀損で金融庁に報告いたしまよ。よろしいでね?」

頭取
「どうやら黒崎検査官には何らかの誤解があったようだ。まあ、しかしそういうことはよくあることだ。今回のことはなかったことにいたしましょう。それでよろしいですね」

黒崎
「お気遣い感謝します」


頭取らが出ていった後、黒崎は半沢に言います。

「やってくれたわね」

この借りは死ぬまで忘れないわよ!


半沢は渡真利に疎開資料のありかを言います。

実は、この機械室の他のところに置いてありました。

半沢はまさかの時のためにダミーのダンボール箱を用意しておいたのです。

黒崎は、ダミーにまんまと引っ掛かってしまったのです。

作戦は見事に成功しました。


その頃、近藤はタミヤ社長と話していました。

近藤は、大和田に頼まれて岸川が迂回融資を実行したのではと尋ねます。

タミヤ社長はそのことを認めます。

大和田は関与していないということで了承したというのです。


近藤は、問題発覚後大和田はタミヤ社長が勝手にやったことと言って、自分だけは生き残ろうとすることを伝えます。

結局は、タミヤ社長は利用されただけだと教えます。


タミヤ社長は急いで大和田へ連絡します。

迂回融資の件について露見しそうだと伝え、貸したお金を返して欲しいと言います。

すると、大和田はあくまで自分は関与していないと最初に言っておいたと返します。


タミヤ社長は絶望しています。

近藤は、タミヤ社長に力を合わせて3000万を回収しないかと持ちかけます。

今までのことを全部話してもらって、それを報告書にまとめて銀行に提出すればよいというのです。

このようにすることで大和田を更迭する切り札となると近藤は言います。

そうなれば、最終的には何らかの形で3000万は返済されることになります。

出向が取り消されることはないでしょうが、近藤はこの会社のためにやりたいというのです。


金融庁検査後、半沢に近藤から電話がありました。

タミヤ社長から証言が取れたので、報告書にまとめてから持っていくというのです。


タミヤ社長から大和田に、近藤にすべてを話したという内容の留守電が入っていました。

これを聞いた大和田は激怒します。


半沢のところへ行こうとしていた近藤に、秘書課から半沢のことで聞きたいことがあるという電話がありました。

近藤が料亭で秘書課の者を待っていると、大和田と岸川が現れました。

大和田は、近藤の人事のことで話し始めました。

今度の出向をなかったことにしてもよいというのです。

ただ、それには一つ条件がありました。

それは、近藤が持っている報告書を表に出さないことでした。

他の者が知っていると近藤は言います。

しかし、大和田はタミヤ社長の証言がなければ何とでもなるというのです。


大和田は、近藤を銀行に戻してくれると言います。

しかも、好きな部署への異動も可能だと言われ、近藤は迷います。

最終的に、家族のことを考えて、近藤は大和田の提案をのむことにしました。

半沢直樹の9話の視聴率

半沢直樹の9話の視聴率は次のとおりです。

「最終決戦! 出向をかけた金融庁検査!!」

35.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!