近年テレビ離れが進み、テレビを観ないという人が増えています。

しかも、視聴者のドラマ離れも進み、テレビ局は頭を悩ませています。

ドラマの中で、医療モノは高い視聴率を期待できるジャンルとなっています。

医療モノの中で人気があるのは、どのドラマのでしょうか?

週刊ポストでは、史上最高の医療ドラマについてのアンケートが行われました。

スポンサーリンク

史上最高の医療ドラマランキング

史上最高の医療ドラマランキングは次のとおりです。

◆医療ドラマベスト20(順位、タイトル、主演、平均視聴率)
1位:『ドクターX~外科医・大門未知子~』(2012年、テレビ朝日系)米倉涼子、19.1%
2位:『白い巨塔』(1978年、フジテレビ系)田宮二郎、12.8%
3位:『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2008年、フジテレビ系)山下智久、15.7%
4位:『Dr.コトー診療所』(2003年、フジテレビ系)吉岡秀隆、19.0%
5位:『医龍』(2006年、フジテレビ系)坂口憲二、14.7%
6位:『JIN─仁─』(2009年、TBS系)大沢たかお、19.0%
7位:『救命病棟24時』(1999年、フジテレビ系)江口洋介、20.3%
8位:『ベン・ケーシー』(1962年、TBS系)ヴィンセント・エドワーズ、50.6%※最高視聴率
9位:『ブラックジャック』(1981年、テレビ朝日系)加山雄三
10位:『振り返れば奴がいる』(1993年、フジテレビ系)織田裕二、石黒賢、16.8%
11位:『ナースのお仕事』(1996年、フジテレビ系)観月ありさ、17.2%
12位:『ER緊急救命室』(1996年、NHK)アンソニー・エドワーズ、21.2%(※米国内)
13位:『チーム・バチスタの栄光』(2008年、フジテレビ系)伊藤淳史、13.2%
14位:『赤ひげ』(1972年、NHK)小林桂樹
15位:『コウノドリ』(2015年、TBS系)綾野剛、11.5%
16位:『グッド・ドクター』(2018年、フジテレビ系)山崎賢人、11.2%
17位:『ブラックペアン』(2018年、TBS系)二宮和也、14.3%
18位:『DOCTORS~最強の名医~』(2011年、テレビ朝日系)沢村一樹、14.8%
19位:『白い影』(1973年、TBS系)田宮二郎、21.7%
20位:『ブラックジャックによろしく』(2003年、TBS系)妻夫木聡、14.2%
(NEWSポストセブンより引用)

※週刊ポストが読者1000人に対して行ったアンケートによる結果です。

医療ドラマ2020の視聴率

有名なドラマばかりですね。

1位は「ドクターX」です。

最近の医療モノと言えば、まずこのドラマの名前が挙がるのではないでしょうか?

“私失敗しないので”が格好いいフリーランスの医者・大門未知子の活躍が描かれたドラマです。

圧倒的な手術に関する技術を持ち、どのような人間にも決して屈しない姿が視聴者を釘付けにしています。

最後には必ずスカッとさせてくれるのもよいです。


他にも、いくつか最近のドラマがランクインしています。

「コード・ブルー」「グッド・ドクター」「ブラックペアン」は評価の高かったドラマの1つです。


少し前では、「医龍」「JIN」「救命病棟24時」「Dr.コトー診療所」などが入っています。

個人的には、これらのドラマをよく見ました。(レンタル含む)


昔の人なら、医療モノと言えば、「白い巨塔」なのかもしれません。

田宮二郎さんはよくわかりませんが、2003年には唐沢寿明さん、2019年には岡田准一さんが主役の財前五郎を演じて話題となりました。

何度も放送されるぐらいなのですから、相当人気が高いとみてもよいです。


医療モノは視聴率を比較的獲りやすいです。

では、どうして視聴率を獲りやすいのでしょうか?

次のような理由が考えられます。

  • 病気は身近なものなので視聴者の関心が高い
  • 医学の世界には派閥争いや出世争いなど闇の部分が多いので視聴者の興味が尽きない

そのため、今後も医療系ドラマが制作されると思われます。

ただ、少し多いので、そのうち視聴者が飽きてしまう可能性があります。

もう飽きてしまったという声を聞くこともありますが。

スポンサーリンク

医療ドラマ(2020年1月)の視聴率を分析!

2020年1月スタートのドラマにも、医療モノが6本もあります。

そのドラマをご紹介します。

視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、1月18日現在のものです。

トップナイフ

天才脳外科医たちの活躍を描いたドラマです。

それぞれの医師が抱える苦悩や葛藤も描かれています。

重いだけのドラマではなく、コミカルな場面も多いので観やすいです。

出演者:天海祐希・椎名桔平・広瀬アリス・永山絢斗ら

視聴率:13.0 → 12.4

アライブ がん専門医のカルテ

がん治療専門の腫瘍内科の活躍が描かれています。

腫瘍内科をメインに扱うドラマは珍しいです。

リアルな医療現場の現状がドラマに反映されているので、少し重い内容になっています。

出演者:松下奈緒・木村佳乃・清原翔・岡崎紗絵ら

視聴率:8.4 → 7.7 → 8.4

恋はつづくよどこまでも

新人看護師がドSなドクターに恋をして奮闘するラブコメディーとなっています。

主人公が怒られながら看護師として日々成長していく姿が描かれています。

恋愛の要素がかなり多く、胸をキュンキュンさせてくれるシーンが満載のドラマです。

出演者:上白石萌音・佐藤健・香里奈・山本耕史ら

視聴率:9.9 → 10.5

病室で念仏を唱えないでください

僧医が救命救急で働くという異色のドラマです。

僧侶として、患者などに説法を行うこともあります。

ただ、主人公は僧侶なのですが、煩悩だらけでまだまだ修行が足りません。

シリアルなシーンばかりでなく、コミカルなシーンも多いです。

出演者:伊藤英明・中谷美紀・ムロツヨシ・松本穂香・片寄涼太ら

視聴率:11.3

病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~

病院のドラマと言えば、医者が患者を治療するのが定番です。

しかし、このドラマは医療モノですが、破綻寸前の病院を再建していくドラマです。

主人公が今までのしがらみを取っ払って、大胆な改革を行っていきます。

出演者:小泉孝太郎・高嶋政伸・小西真奈美・中村雅俊ら

視聴率:8.1

心の傷を癒すということ

PTSDの研究を行った精神科医・安克昌氏の実話を元にしたドラマです。

出演者:柄本佑・尾野真千子・濱田岳・森山直太朗ら

視聴率:NHKということで参考にならないため除外します。

※民放のドラマではないので当サイトでは扱っていません。

結果

2ケタを獲ればよいと言われる中で、「心の傷を癒すということ」を除く民放の5つのドラマのうち3つは直近で2ケタを獲っています。

「病院の治しかた」はテレビ東京のドラマなので1ケタでも仕方がありません。

ただ、同ドラマはドラマBiz枠で過去最高の視聴率を初回でたたき出しました。

「アライブ」についてはガン専門医の話なので、かなり内容が重いものになっています。

“かわいそうで観ていられない”や“ドラマの内容が怖すぎる”といった声が多いので、多少敬遠されがちなのかもしれません。

全体として、やはり医療モノは強いという印象を受けますね。

今後の視聴率に注目です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!