知らなくていいコトの4話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【知らなくていいコト】4話のネタバレ

正月休みに乃十阿(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。無事入稿を終えた翌日、バスの中で女子高生たちがカリスマ塾講師“ジーザス富岡(新納慎也)”の話で盛り上がっているのを耳にしたケイトは、難関医学部の小論文の問題をジーザスが3年連続で当てたという話に興味を持ち、詳しく話を聞くことに。女子高生の彼氏でジーザスの少人数制の“特Aコース”を受けて去年医学部に合格した大学生・向井翔(井上瑞稀)を取材したケイトは、月謝30万の“特Aコース”の受講生の合格率が100%と聞いて疑念を持つ。予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。

早速黒川(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。一方、編集長の岩谷(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。岩谷は翌日春樹(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。そんな中、尾高(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……!
(公式HPより引用)


慶英大学医学部の入試問題漏洩事件について

ケイトは、バスの中にいた女子高生に富岡の講座について詳しい話を聞くことにしました。

富岡の特Aコースは、毎年11~1月までの3ヵ月しか開かれない講座だと言います。

慶英大学の2次試験対策(小論文)だけを行うのだそうです。


女子高生の彼氏で特Aコースで合格した向井翔の取材を行うことができました。

向井は、富岡にはとても感謝していると言います。

昨年の小論文の課題は見事に的中しました。

向井は、特Aコースでやっていなければ絶対にできなかったというのです。


ケイトは、1次の3教科が圧倒的によければ、小論文がイマイチでも合格できるのではと尋ねます。

向井は、慶英大学の医学部は数年前から小論文重視になり、1次試験がトップでも小論文がまったくダメなら落ちるのだと言います。

実際、全国模試でトップの人が小論文がダメで落ちたそうです。


ケイトは特Aコースを受講した人の合格率を聞きます。

予備校では合格率70%と言っていますが、向井が受検した年は10人全員が合格したと言うのです。

ケイトは、明らかに怪しいと感じました。

富岡が問題を的中させることができるのは霊感があるからだとみんなが噂しているそうです。


ケイトは、富岡が講師を務める予備校に行きます。

予備校から出て来た富岡には生徒が群がっていました。

証拠もないのに突撃取材するわけにもいかず、話を聞くのは諦めるしかありませんでした。


社では、岩谷が明日連載班が富岡のインタビューをすることを知ると、ケイトも同行させるように命じました。

ちなみに、連載班からは春樹が行くことになっています。


一緒にインタビューに行くことになったので、ケイトは春樹の元へ。

ここでも、ケイトと春樹は衝突します。

春樹は、新刊インタビューなので、気分よく話してくれないとよいものを聞き出せないと言います。

さらに、著者インタビューと言いながら別のスキャンダルをかぎまわるのはどうかと思うというのです。

一方のケイトは、入試問題漏洩のような不正があれば告発する大義はあると返します。

結局、それぞれが思うようにすることになりました。


ケイトと春樹は、富岡のところへ取材に行きました。

ケイトが特Aコースを見せて欲しいと頼みます。

すると、富岡は今日は休講になったと答えました。


春樹が著者インタビューを行います。

途中でケイトが割り込み、どうして今日の特Aコースが休講になったのかを尋ねます。

「降りてこないんですよ。予測力と予感力が働かないんです」

富岡はこれが休講の理由だと答えました。

ケイトは、降りてこないというのは小論文のテーマが降りてこないということなのかと聞きした。

富岡はそのとおりと認めました。


ケイトは慶英大学に行って、入試問題の作成法などについて聞きました。

現時点で試験の問題は2パターンが用意され、どちらの問題を使うのかは当日までわからないというのです。

医学部の小論文の問題についても確認すると、医学部の小論文の問題は現時点で10個あって、近々医学部長が2個に絞るのだと言います。

ケイトは、医学部長の話を聞きたかったのですが、医学部長は入院していました。


社に戻ると、ケイトは岩谷と黒川に取材してきたことを話しました。

今日の特Aコースが中止になったのは、医学部長が入院してしまって小論文の問題が2個に絞れなかったためではとケイトは考えました。

それが原因ならつじつまが合うというのです。


特Aコースは土曜日に行われることになっているので、今日から土曜日までの間に何らかの動きがありそうです。

黒川がメールで問題を送ったらわからないと言うと、ケイトは証拠が残るメールではなく手渡しの可能性が高いと返しました。


ケイトは入院中の医学部長、残りの黒川班は富岡と予備校の校長を監視することにしました。

監視を続けますが、特に怪しい動きはありませんでした。


ついに校長が動き出しました。

医学部長の病院のロビーへやって来ました。

校長はロビーのイスに座り、横の椅子に紙袋を置きました。


そこへ医学部長がやって来ます。

同じ紙袋を持っています。

医学部長は、校長に話しかけることなく、手に持っていた紙袋を校長の紙袋と交換して去って行きました。

ケイトは、その決定的シーンをスマホで撮影しました。


その後、校長は富岡にうまくいったことを電話で報告しました。

医学部長の紙袋には現金が入っていました。


これですべてがうまくいったかに思えました。

岩谷は、富岡はその場所にはいなかったのでしらを切る可能性があると言います。

全員に撤収命令が出ました。


その時、慶英大学の医学部長が文科省大学教育局長に賄賂を渡していたことが判明しました。

岩谷は、予備校の校長が支払ったお金が慶英大学の医学部長に渡り、最終的には文科省大学教育局長に流れていると考えました。

そこで、岩谷は翌日校長・医学部長・文科省大学教育局長・富岡の4人に同時に直撃取材を行うというのです。


ケイトは富岡に話を聞きます。

紙袋を交換している動画を見せて、小論文のテーマを買い取ったことについて取材します。

富岡は知らないととぼけます。


ケイトは、校長・医学部長・文科省大学教育局長にも同時に取材に行っていることを明かします。

富岡は、文科省大学教育局長の名前が挙がったことに驚いている様子です。

そこで、ケイトは校長が払ったお金が医学部長、そして文科省大学教育局長へ流れたことを伝えます。

そして、富岡はそのお金が最終的に慶英大学医学部新キャンパスの認可の賄賂となっていることを知ります。

富岡は利用されていただけなのです。

ケイトは、富岡に他の人がこのことを認めるともう逃げられないと言いました。

富岡は観念して今回のことを認めました。

尾高が乃十阿について語る

1月1日にケイトは乃十阿がいる街に来ていました。

自転車屋の前にいた乃十阿と目と目が合いました。

その後、乃十阿は家の中へ入りました。


この時のことを尾高に話しました。

尾高はどうして居場所が分かったのかを尋ねました。

ケイトはSNSで乃十阿を検索するとわかったのだと答えました。

話をしたのかという尾高に、目が合ったことを伝えました。

乃十阿のこちらを見る目は怖かったとケイトは言います。


ケイトは、尾高が自転車屋の場所を知っていたのではと考えています。

ケイトは知っていることをすべて教えて欲しいと頼みます。


尾高は、乃十阿と話したことがあるというのです。

3年前、尾高は刑務所から出てきた乃十阿に話かけました。

尾高は、25年前本当に人を殺したのかと尋ねました。

これからも写真を撮らせて欲しいと頼みました。

尾高が一方的に話しただけで、乃十阿は一言も話しませんでした。


ケイトは、乃十阿に興味を持った理由を聞きました。

尾高は、あれだけの事件を起こしておきながら、動機は語らずに罪を認め、25年も服役した犯人に違和感を覚えたためだというのです。

しかし、えん罪ではないと尾高は考えています。

ケイトは、自分の父親が殺人犯でなければよいのにと独り言を言います。


尾高とケイトは、事件が起こったキャンプ場に向かっていました。

ケイトも、乃十阿は罪を認めたのに動機を語らないのはおかしいと思っていました。

そして、キャンプ場に到着しました。

尾高がニュースカメラマンを辞めた理由

ケイトは、尾高がニュースカメラマンを辞めた理由を聞きます。

乃十阿が出所するところの写真が出た後、尾高は動物カメラマンに転向しました。

ニュースカメラマンを辞めた理由には、やはりケイトが関係していました。

ケイトの母親から、ケイトと乃十阿の関係を聞いた後、尾高に心境の変化があったのだと言います。

尾高は、今レンズの向こうから乃十阿が現れたら、冷静にはシャッターを切れないと思ったのだそうです。

そんな自分に幻滅したというのです。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】4話の感想

今回は慶英大学医学部の試験問題漏洩事件を追いました。

3年連続で問題を的中させたというのは怪しいですね。

医学部長と予備校の校長との問題の受け渡しがあまりにもお粗末ですね。

犯罪を肯定しているわけではありませんが、もう少しうまくできるのではと思います。


春樹は、どんどん嫌な人間になっているように感じます。

ケイトを見る目つきや態度が明らかにおかしいです。

結婚しないと決めたのなら、それはそれでいいと思います。

でも、なぜケイトをそこまで目の敵にするのかがわかりません。

普通なら、申し訳ないという気持ちで一杯になるはずですが。


少しずつですが、乃十阿に関してわかってきました。

尾高は、えん罪ではないようなことを言っていました。

乃十阿無罪説はないのでしょうか?

何か特別な動機があっただけなのでしょうか?

ただ、無差別殺人を犯すほどの動機なんてあるのかと思います。

できれば、えん罪であって欲しいですね。


SNS上には、さまざまなコメントであふれてます。

【知らなくていいコト】4話の視聴率

今回の平均視聴率は、9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

前回より1.2%減で、1ケタに転落してしまいました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!