ケイジとケンジの3話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】3話のあらすじ

ケイジとケンジの3話のあらすじは次のとおりです。


 営業時間中のはずが閉店していたバーの店内で、男性オーナーの刺殺体が見つかった。連絡を受けて現場に急行した横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)はそれぞれ、初めての殺人事件現場に大張り切り。検事5年目…初めて大事件に関われるチャンスを逃すまいとばかりに、修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に直訴し、この事件を担当することに。一方、捜査に貢献したくてウズウズしていた豪太も、横浜桜木署刑事課の面々と共に、神奈川県警捜査一課が主導する捜査に参加する。

 捜査線上に浮かび上がった被疑者は、運送会社に勤務する瀬川大介(薬丸翔)。県警捜査一課が任意で取り調べると、瀬川は事件当日にバーへ行ったことも、被害者と口論になったこともあっさり認める。だが、犯行については認めない上に、凶器も発見できず…。

 捜査がこう着状態に陥り、焦りを隠せない県警捜査一課。“落としの長さん”の異名を取る県警の捜査一課長・見城長一郎(池田成志)は修平に詰め寄り、逮捕の許可を出してくれれば、徹底的な取り調べで凶器の隠し場所を吐かせると言い切る。だが、逮捕は起訴できる完璧な物証をそろえてから…と、修平は拒否。逮捕のタイミングをめぐり、刑事と検事の攻防戦が勃発し…!

 そんな中、なぜか豪太はガールズバーに通い始め、前のめりで店員・三浦舞(古畑星夏)をデートに誘うようになる。さらに…! 刑事にとっても検察にとっても、“決してあってはならない事態”が発生する――。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】3話のネタバレ

取り調べの休憩中、豪太は瀬川と雑談しました。

瀬川のスマホにきれいな女性とのツーショットの画像があり、その女性とはどこで知り合ったのか聞きました。

瀬川は、“らぶりん”というガールズバーで知り合ったと言います。

名前はミクです。


県警は、どうみても瀬川の犯行で間違いないので、瀬川を逮捕して厳しく追求するのがよいという判断に至りました。

しかし、修平は物証がないと、最悪不起訴になる可能性があるので、何としても起訴できる完璧な物証を揃えるように言います。

凶器を全力で探すように指示します。

結局、物証がないので、瀬川は釈放されました。


その頃、横浜桜木署の刑事は、ゴミ集積場で凶器を入れていたと見られる紙袋や犯行当時着ていた服・コートを探していました。

必死に探しますが何も出てきませんでした。


捜査が膠着状態になっていることもあって、樫村は修平に次のようにアドバイスします。
  • 警察になめられるな
  • 絶対に逮捕の判断を誤るな

ただ、あまりにも慎重になりすぎて逮捕の時期を逸するのもよくないというのです。

自殺などされるようなことがあれば、真実は闇の中に葬られてしまうためです。


豪太は、“らぶりん”のミクを訪ねていました。

ミクが瀬川と最後に会ったのは1週間前で、それ以降は瀬川と連絡を取っていないことがわかりました。

ミクは、瀬川がどうして警察に調べられているのかわからないと言っていました。


県警は、豪太に声をかけてきました。

それは、修平を説得するために、豪太の妹であるみなみの力を借りたいためです。

豪太は、捜査会議で1番前の席に座ることを交換条件として引き受けました。


早速、豪太はみなみを説得することにします。

しかし、みなみは修平が言っていることは間違いではないと言います。

それに事務官が検事に逮捕しろとは言えないと言われてしまいます。

しつこい豪太に、みなみのきつい言葉が浴びせられます。

そんなん関係ないやんか、あほ。ほんまにもうあほちゃうか


みなみがダメなら、豪太は修平に直接頼むことにします。

みなみと結婚すれば兄だと言って、瀬川の逮捕についての話をしようとします。

修平は、豪太が何を言いたいのかを察知します。

そして、警察の圧力には屈しないと言って帰って行きました。


新事実がわかりました。

瀬川は、赤松から50万を超えるお金を借りていたと言います。

しかも、赤松はお金を返さない瀬川に会社に乗り込むと脅していたというのです。


県警は、瀬川には赤松を殺す動機があるのですぐに逮捕すべきであると言います。

しかし、修平は動機だけでは瀬川が殺したという証拠にはならないと反論します。

豪太は、修平に瀬川が逃亡したらどうするのかと迫ります。

修平は、どうすべきか悩みます。


その時、瀬川が首をつったという連絡がありました。

修平は樫村に呼び出され、忠告したはずだと叱責されます。

そして、樫村からは「お前、終わったな」というトドメの一言が。


豪太の声で我に返ります。

実は、これは修平の勝手な妄想でした。

豪太は「あんたが決めるんだ」と言って、修平に詰め寄ります。

すると、修平は小さな声で「いいです。逮捕して」と言いました。

県警は急いで令状を取って、瀬川を逮捕することに。


落としの長さんこと見城が取り調べることになりました。

瀬川は、借りたお金は返したと言います。

ただ、それを証明するものはありません。

あの手この手で落としにかかりますが、瀬川は落ちませんでした。

最後には、見城が逆ギレする始末です。


豪太は、ガールズバーに通い詰めていました。

ミクをデートに誘いますが、ルール違反と断られてしまいます。


この時、修平は樫村に呼び出されていました。

判断を謝らないようにと忠告したはずだというのです。

送致されてきたら、取り調べで必ず罪を認めさせるという修平に、樫村はえん罪であればどうするつもりなのかと問います。


見城は、瀬川を落とすのをギブアップしました。

これには、修平が激怒します。

「凶器の隠し場所を吐かせるって約束したじゃないですか?あんたにはプライドがないのか」

修平は絶望します。


そこへ豪太がやって来ました。

豪太は、ガールズバー“らぶりん”の三浦舞(ミク)が事件の鍵を握っていると言います。

舞と瀬川は従業員と客以上の関係であるというのです。

店以外で会うことが禁じられているにもかかわらず、2人は店以外で写真を撮っていたためです。

とにかく舞から話を聞くことになりました。


取り調べは豪太が行うことになりました。

舞のスマホには削除されたデータがありました。

それを復元すると、舞と瀬川のメールでのやりとりや画像がたくさん出てきました。

2人はどう見ても恋人同士でした。

瀬川と赤松との間に金銭トラブルがあったことを知っていたのかという質問に、舞は知らないと答えました。


修平とみなみが入ってきます。

電話の通話記録を見ると、舞は赤松が殺害されたと推定される時間以降に5回、瀬川と電話していることがわかりました。

修平は、舞にどのような話をしたのかを尋ねました。


豪太は、舞に瀬川をかばっているのであれば間違っていると言います。

修平は、犯罪を犯した人間は裁きを受けて罪をつぐわないといけないと言い、みなみはそうしないといつまでも犯罪者のままであると説得します。

その後も説得を続けると、舞はついに瀬川が赤松のことを話していたことを認めました。

瀬川は店の包丁で赤松を刺し凶器は捨てたと言っていたと舞は証言しました。


その後、凶器の包丁が見つかりました。

ナイフには、赤松の血と瀬川の指紋が付いていました。

そして、瀬川は起訴されました。

【ケイジとケンジ】3話の感想

修平は、結局警察の圧力に屈して逮捕することを認めましたね。

警察というよりは豪太にと言った方がよいかもしれません。

検事は、難しい判断を迫られることがありますね。

犯人が、高飛びや自殺をすると非常にマズいことになります。

そうかと言って、えん罪を生むわけにはいきません。


落としの長さんは、まったく役に立ちません。

よくあれで、必ず落としてみせるなんて言えましたね。

ちょっとしたコントです。


修平は、豪太のおかげで助かりましたね。

豪太が舞のことを報告しなければ、瀬川を起訴できなかったでしょう。

次はどのような事件を解決するのでしょうか?


SNSでは、さまざまなコメントが上がっています。

東出さんの不倫とリンクしているのではと思われるような場面が多いと話題になっています。



ドラマには罪はないというようなコメントも多いです。

【ケイジとケンジ】3話の視聴率

今回の平均視聴率は、10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

前回は東出さんの不倫報道がかなり影響したのかもしれません。

ドラマには罪はないという声があるように、やはり面白いドラマは面白いということなのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!