ドラマ「アライブ」の4話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【アライブ】4話のネタバレ

 恩田心(松下奈緒)の夫、匠(中村俊介)の告別式が行われる。参列した光野守男(藤井隆)、阿久津晃(木下ほうか)たちは心に弔いの言葉をかけるが、梶山薫(木村佳乃)は声をかけることが出来ない。葬儀を終えた心は、悲しみを抱えながらも日常に戻ろうと、数日後から勤務を再開する。阿久津や光野は心配するが、心は、仕事をしている方が気が紛れると気丈にふるまう。その言葉通り、以前より仕事に打ち込んでいく心だが、突然、警察から京太郎(北大路欣也)に関しての連絡を受け…。

 一方、薫は、匠の死に繋がる真相を心に言えないでいた…。打ち明けるべきか否か−。思い悩む薫の元に、先日薫と偶然の出会いを果たしていた関河隆一(三浦翔平)が姿を現し、真の目的を打ち明ける…。
 愛する人を失ったとき、遺された家族は、悲しみをどう乗り越えていくのかー。
(公式HPより引用)


心に警察から京太郎のことで連絡がありました。

心が交番に行ってみると、酒に酔った京太郎が保護されていました。

京太郎は、匠の事故現場で大声を上げて泣いていたというのです。


心はかなりまいっていました。

京太郎はうつ病の可能性があり、漣は夜中になると「パパ」と言って泣くのです。

匠が小説を書いていることがわかりました。

心は、小説を書いていないと思い込んで、匠にひどいことを言ってしまっていました。

いろいろなことが1度に起こって、心はどうにかなりそうでした。


そんな心に、薫は何かできることがあれば言って欲しいと言います。

心は、「この悲しみを消して。匠を生き返らせて。できることなんてない。誰にも」と思わず言ってしまいました。

すぐに、心は我に返って薫に謝りました。


漣と一緒に自宅に帰ると、京太郎が来ていました。

心は、その日の夜に京太郎にうつ病の可能性があることを伝えました。

京太郎に精神科の受診を勧めました。

考えておくと京太郎は答えました。


ジムで偶然知り合った関河は、匠の死の真相を暴こうとするジャーナリストです。

薫に事実を告げて、関河は匠の死は薫のミスが原因なのかどうかを聞いてきました。

そして、心に近づいたのは薫の贖罪ではというのです。

関河は、責任を感じているのなら本当のことを話して欲しいと言います。

たた、関河は薫がミスをした証拠は持っていません。

この時、薫は何も答えませんでした。


研修医の結城涼が、佐倉莉子の抗ガン剤のことで光野に聞いていました。

そこへ心が戻ってきました。

光野は、結城が莉子の抗ガン剤のことを聞きに来ていることを告げます。

心は、結城にその理由を尋ねます。

結城は、「莉子の相談に乗って上げようと思って」と言いました。

その時、心は自分が患者ときちんと向き合えていなかったことに気づきました。

莉子に自分から説明しようとした時に、阿久津部長から呼ばれます。


阿久津部長は、心に半年前に妻を亡くした男性の話を聞かせます。

さらに、阿久津部長は心に大切な人を亡くした人のグリーフケアの仕方について説明し出します。

心はその話を聞くうちに、自分が京太郎に行った言動が誤りであったことに気づかされました。

阿久津部長は心にもあてはまるというのです。


そして、さらに次のように続けます。

医師だから母親だからと自分にそう言い聞かせて、悲しみに耐えようとしているんじゃないか

「医者も母も人。そんなには強くないんじゃないか」

一人で立ち直ろうとしなくてもいいんだよ

「先生には悲しみを共有できる家族がいるもん」

「誰にも悲しみを取り除くことなんて、そもそもできやしない」

「でも、家族となら一緒に悲しむことができる」

しばらく無理しないでゆっくりと休みなさい


この日自宅へ帰った心は、家族みんなで悲しみを共有しました。

京太郎は心に礼を言いました。

実は、京太郎は悲しみのあまり自殺を考えていました。

しかし、その時心から電話がかかってきて「カレーにしませんか?」と言われ、自殺を思いとどまったのです。


この後、心は京太郎と、匠の話をたくさんしました。

そして、心は京太郎の前で泣きました。

自分は冷静ではなく、平気なフリをしていたことを正直に打ち明けました。


しばらく休養を取って、心は職場復帰しました。

関河が心に会いに来ました。

スポンサーリンク

【アライブ】4話の感想

今回の患者は、ある意味心でしたね。

今までの優しい心ではありませんでした。

無理もありません。

夫の匠が亡くなったのですから、冷静に何もかもできる方がおかしいです。


莉子への診察の様子を見る限り、心はまだ診察をするべきではありません。

正直、あれでは患者に迷惑をかけるだけです。

患者がかわいそうです。


今回の阿久津部長は格好良かったです。

心の気持ちをすべて見通した上で助言していました。

やはり、人間には気持ちを整理する時間や悲しみを共有できる家族などが必要なのだということがわかりました。


薫はどうするのでしょうか?

関河が話を聞きに来ました。

関河に話をするのではなく、心に話をすべきだと思います。

申し訳ないと思うのなら、直接自分の言葉で謝罪すべきです。

今後どうなっていくのでしょうか?


SNS上では、さまざまなコメントが上がっています。

【アライブ】4話の視聴率

今回の平均視聴率は、6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

いろいろ考えさせられる良いドラマですが、視聴率の下落が止まりませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!