ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の3話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【病室で念仏を唱えないでください3話】のネタバレ

束の間の休息で救命救急センターのスタッフルームで雑談する松本(伊藤英明)や三宅(中谷美紀)のもとに、看護師の堀口(土路生優里)が駆け込んできた。
交通事故で搬送されてきた患者・宮島(ナオト・インティライミ)が、いなくなったというのだ。みんなで手分けして探していると、中庭で倒れている宮島を三宅が発見した。ICUに戻り松本は「なぜ病院を抜け出したのか」聞こうとするが、虚ろな表情の宮島は謝るだけ。
その様子を心配する松本は、三宅に「宮島は“鬱”ではないか」と相談するが、松本の行動は救命医の使命の域を脱していると非難し、言い争いになってしまう。
そして三宅は、松本の救命医の使命の一線を超える行動について中庭で思案していると、そこに20年来の付き合いの消防隊員隊長・藤森(宇梶剛士)と出会い、話を聞いてもらうのだった。

ある日、救命救急センターに男性患者が運ばれてくる。その場ですぐに開胸手術が必要と判断した松本は、心外に支援要請するが、駆け付けてきたのは児島(松本穂香)一人だった。
執刀医の経験が浅い児島はひるむが、松本が手助けするからという言葉を信じ執刀を決意するが児島はひるんでしまう。
一方で、執刀中だった濱田(ムロツヨシ)のもとに児島の手術の話が入り、松本に嫌味たっぷりの不満をぶつける。

そこに、自殺を図ったと思われる男性が運ばれてくる。それは、先日退院したはずの宮島だった。
夜になり、救命救急センターに、ドクターカーの出動要請が入る。松本と三宅が駆け付けると、会社の倉庫で火災が発生し、数人のケガ人が出ていた。さらに、二次災害が起こり意識不明の消防隊員が運ばれてくるが…。
(公式HPより引用)


三宅涼子が中庭で寝ていると、消防隊員隊長の藤森が通りかかりました。

藤森は涼子と少し話をすることに。

藤森は3月で定年なので今年で最後だと言います。

仕事の悩みなどについて話しました。


救命救急センターに男性が運ばれてきました。

患者の左肺に血が溜まっているので血を抜きます。

出てくる血の量が多いことから、大動脈の損傷を疑い、開胸手術を行うことになりました。

そこで、心臓血管外科に支援要請することに。


やって来たのは児島でした。

児島は、必要とされるオペについては前立ちの先生の指導で2回しか行ったことがないと言います。

松本が、責任を持って前立ちをするというのです。

そして、児島は松本に「君しかいないんだ」と言われて手術する決心がつきました。


このことは、執刀中であった濱田の耳にも入ります。

濱田は救急は無茶をすると不満げでした。


児島は手術を進めていきます。

患者の血圧が下がってきました。

児島の手が急に震え出します。

松本は児島に次のように声をかけます。

「怖いよな。ミスったら患者は死ぬ。ミスらなくても今瘤(りゅう)が破裂したら終わりだ」

「止めるか。腹をくくれ」

松本の言葉で迷いがなくなり、手の震えが止まります。

ここから再び手術を進めていきます。

そして、見事に手術は成功しました。


松本がオペを終えて手を洗っていると、濱田も手術を終えて出てきました。

ここから、また2人の熱いバトルが始まります。

濱田
「成功したんだ」

「松本先生も怖い人だな」

「もし失敗したらトラウマですよ。確実でないのなら、手を出せず、他に回した方が良心的じゃないですか?」

松本
「あの患者は他に回していたら死んでいました。児島先生はスピードは速いとは言えませんが、手技は丁寧で確実。もっと執刀の経験を積ませれば、いい心臓外科に・・・」

濱田
救急とは違うんですよ。心臓外科は。一か八かやりました。失敗しました。仕方がない。運が悪かった。そういう医療は心外にはできません

松本
助けられそうにない患者には手を出さない。見捨てる。僕にはそういう医療はできません

濱田
そうですか。ではうちには迷惑をかけないようにやってください。もし心外が訴えられでもしたら、結果的に患者さんに迷惑がかかるんで。ではお疲れさん


濱田が行ってから、松本は涼子に「いちいち何なんだよ、あいつ。俺なんかしたか」と言います。

松本はまったく心当たりがないようです。

この後、松本は濱田が言っていることも一理あるという涼子といつものように言い合いになります。


先日退院したばかりの宮島が運ばれてきました。

宮島は自殺を図ったというのです。

涼子はせっかく助けたのにと呆然としてしまいます。


心停止の宮島に心臓マッサージが行われます。

必死に蘇生処置を行います。

何とか心拍が再開しました。


火災によるドクターカーの出動要請がありました。

松本と涼子が現場に向かいます。

現場に到着すると、会社の倉庫が燃えていました。


要救助者は無事に助けられましたが、二次災害が発生しました。

隊長が倒壊したパネルの下敷きになったというのです。

その隊長とは藤森でした。

急いで病院へ運びました。


熱傷患者の死亡率をを予測する指標(PBI)が100を超えると生存は厳しいと言われています。

藤森のPBIは110とかなり厳しい状況でした。

その時です。

藤森は心停止の状態に陥ってしまいました。

涼子は必死に心臓マッサージを行い続けます。

しかし、藤森の心臓が再び動くことはありませんでした。

そして、藤森の死亡が確認されました。


宮島が目を覚ました。

涼子は宮島に話しかけます。

宮島は、前回入院していた時病室を抜け出して中庭で倒れていました。

涼子は、どうしてこの前中庭にいたのかと尋ねました。

病室ではよく眠れなかったので中庭に行ったのだと答えました。

実は、宮島は会社の上司に何度も罵られ、自分には生きている価値がないと思うようになったのです。

それが原因で眠れなくなり、自殺まで考えるようになりました。


涼子は、次のように宮島に伝えました。

「ただ生きているだけでもしんどい時はありますよね」

「あなたが自殺したら、あなたの周りの大事な人たちが眠れなくなるんじゃないですか?」

生きてるのがつらくなる。上司が何と言おうと、奥さんにとって宮島さんは宝物です。あなたがやろうとしたことはあなたの上司と同じこと。奥さんの気持ちを考えていないと私は思います


宮島からは前向きな発言がありました。

「自分のため、妻のために、きちんと心の治療をしてジタバタするだけしてみようと思います」


今回のことで涼子に変化がありました。

涼子は、松本が宮島のことで救急の専門外の分野のことまで治療しようとしているのを知って松本を非難しました。

今回の宮島のように心に傷を負った患者は、体を元に戻しても完全に救ったとは言えません。

涼子は、松本のようにたまには患者に深く寄り添ってみるのもよいものだと感じるようになりました。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください3話】の感想

せっかく命を救っても自殺を図られると、やるせない気持ちになるでしょうね。

お世話になった人を必死に救おうとしても救えない無力さはつらいです。

もちろん、よいこともあるでしょうが、救命救急にはあまりよいイメージがありません。

救命救急は本当に厳しい世界です。


今回も、松本と濱田の熱いバトルが見られました。

濱田は昔のことを根に持っているので、何かと松本に強く当たってきます。

松本の命を救うためなら危険を顧みないスタンスも気に入らないようです。


ムロツヨシさんはこういう役がぴったりです。

嫌みなセリフを言う時の顔と言い方が腹が立ちますね。

でも、松本と2人が言い合うシーンは楽しいです。

今後もこのバトルを楽しみにしています。


SNS上には、次のようなコメントが上がっています。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください3話】の視聴率

今回の平均視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

ここまで2ケタをキープしてきましたが、1ケタに転落してしまいました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!