トップナイフの4話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【トップナイフ】4話のあらすじ

トップナイフの4話のあらすじは次のとおりです。


深山(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。
名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡(永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。

患者の娘・千春(三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。
手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。
さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。

そんな中、60代の男性・山口清(本田博太郎)が幼馴染の内田正(綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。
記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。
今出川(三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。

黒岩(椎名桔平)は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。
西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。
一方、来島(古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が!

記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【トップナイフ】4話のネタバレ

西郡の母親は記憶を取り戻すのか?

救急搬送されてきた女性の患者は逆行性健忘という病気でした。

自分の名前すらわからず記憶がありませんでした。

そのため、まったく身元がわからない状態でした。

CTでは、以前に開頭手術を行った痕跡があり、わずかに腫瘍が見られました。

一刻も早く家族を探すことになりました。


記憶のない女性患者は西郡の母親でした。

名前は山田喜和子です。

心臓外科医の第一人者として有名で深山も知っていました。


2年前に脳腫瘍を発症し、神経の密集しているところに腫瘍がありました。

これを取り除く手術は非常に難易度の高いものでした。

そのため、誰も手術をやりたがりません。

そこで、西郡が手術することになりました。

手術を終えると、喜和子はすべての記憶を失っていました。

千春には、母親の人生を台無しにしたと責められます。

西郡の手が震えるようになったのはこの時からです。


この話を聞いた深山は、千春に西郡はミスをしたわけではなく、脳外科医としてやるべきことはしたと言います。

千春は、西郡が自分に冷たかった喜和子を殺そうとしたのではと言い出します。


深山はカンファレンスで、喜和子はリハビリしながら経過観察するしかないと言います。

脳の海綿静脈洞の腫瘍を除去しようとすれば、手術中に大出血する可能性があります。

そのため、深山は腫瘍の摘出は難しいと判断します。


しかし、黒岩は自分なら腫瘍を全部取るというのです。

この腫瘍が逆行性健忘を引き起こしていると考えられると言います。

執刀医(西郡)がビビったのではないかと言って、自分なら全部摘出できると言い切ります。

これに西郡が反発します。


しばらくの間悩んで末、西郡が黒岩のところへやって来ました。

西郡は「黒岩先生、母のオペをお願いします」と言って頭を下げました。

これにより、喜和子の手術が行われることになりました。


喜和子の心臓を一旦止めて、その間に腫瘍を全部摘出しないといけませんでした。

時間は1分しかありません。

もしその間にすべての処置ができていなければ、心臓が動き出して患者は助からないというのです。

黒岩は、何とか1分以内にすべての処置を終えることができました。

そして、手術が無事に終わりました。


喜和子が目を覚ましました。

千春が声をかけると軽く頷きました。

西郡の方を向いて、喜和子は「たくまか?やっぱり才能ないねぇ、おまえは」と言いました。

幼馴染への復讐は果たせるのか?

内田正が山口清に付き添ってもらって病院へやって来ました。

内田は、記憶が3分しか持ちません。

しかも、自分が33歳だと思い込んでいるため、鏡で自分の顔を見ても誰なのかわかりません。

幼馴染の山口のことも誰なのかわかっていません。

そのため、山口は内田の叔父ということで通しています。

内田はすぐに忘れてしまうので、山口はその都度叔父であると説明しています。


内田は前向性健忘(コルサコフ症候群)という病気でした。

33年前から記憶が更新されていません。


山口は、なぜかバッグの中に包丁を隠し持っていました。

まだ、どうして持っているのかはわかりません。


山口は深山に本当に記憶がないのかを確認します。

深山は、内田を診察した結果、内田が記憶がないフリをしている可能性はないと言いました。

山口には、何か事情があるようです。


実は、山口は内田にひどい目に遭わされていました。

内田が長野にある旅館を買収して潰したことで、山口の父親は首をつって自殺したのです。

そのため、山口は内田に復讐しようとしていたのです。


山口は、早く内田に復讐したいという気持ちはありますが、肝心の内田には昔の記憶がありません。

これでは復讐しようにも復讐できません。

諦め切れない山口は内田を病院から連れ出して、記憶の有無を確認した後包丁で刺そうとします。

その時は、深山が内田を探しに来たので、山口は犯行を思いとどまりました。


病院へ戻ると、山口は深山にすべてを話しました。

この病院へ連れてきたのは、すべてを思い出させてから復讐するためでした。

深山は次のように話します。

脳中には、感情の記憶をする扁桃体という部分があります。

内田の扁桃体は損傷していないので、山口への感情は脳が勝手に覚えていると言います。

内田は、誰かわからなくても山口のことが大好きだというのです。

心が覚えているのです。


山口は、病室に行って内田と話します。

内田は、昔友達とリンゴ園のリンゴを盗んで食べていたことを覚えていました。

もちろん、その友達が誰なのかはわかっていません。

それは、山口との思い出でした。

この時、山口は内田に復讐するのを止めることにしました。

深山の娘への気持ち!本音は?

深山は、娘である真実の面倒をほとんど見てきませんでした。

医師の仕事が忙しかったためです。

そのため、真実には母親とのよい思い出があまりありませんでした。


真実は突然父親のところを飛び出し、深山の自宅に転がり込んできました。

今は、親子2人で一緒に暮らしています。

ただ、2人の関係が修復されたわけではありません。


ある朝、深山は朝食を食べない真実に果物だけでも食べていくように言いました。

昨日帰ってくるのが遅かったことにも触れます。

しかし、「ここ借りてるだけだから。母親みたいな顔止めてくんない。私を捨てたくせに」と反抗的な態度を取ります。

深山は、この時は何も言いませんでした。


翌日、親子で話し合うことになりました。

深山は、昨日どうして帰ってくるのが遅かったのかを尋ねました。

この後、次のようなやり取りがありました。

真実「放っておいてよ。私を捨てたくせに」

深山「捨てない。確かに私はいつも忙しい。あの頃からずっと。でもそれはトップナイフを目指すため。それは私の仕事。それは捨てられないの。忙しくて子供にまで手が行き届かない。それでお父さんとぶつかるくらいなら、私が家を出た方がいいと思った。だけど、あなたのことは愛してるし、離れていても愛情はまったく変わらない。それが私。捨ててなんかいない。わかった」

真実は頷きました。

深山「それがわかったならここにいていい。ただし、門限は9時厳守。生意気に口ごたえは許さない」

真実「はい」

深山「それでいい」

2人には笑顔が見られました。

【トップナイフ】4話の感想

西郡の手が震えるようになった理由がわかりましたね。

ミスではないにしても、母親から記憶を奪ってしまったという罪の意識が手を震わせたのでしょう。

身内の手術はできないと聞きますが、よく手術させてもらいましたね。

プライドの高い西郡が黒岩に頭を下げました。

母親のことを考えると、頭を下げることぐらいたいしたことはないと思ったのでしょう。

世界の黒岩はやはりすごいですね。


深山と真実の親子関係はずっと気になっていました。

今回、深山がようやく本音を語りましたね。

驚くほど、真実はあっさり受け入れてくれました。

これで親子関係は完全に修復できたのでしょうか?


SNSでは、次のようなコメントが上がっています。

【トップナイフ】4話の視聴率

今回の平均視聴率は、10.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。

2ケタはキープしていますが、少し落ちてきたのが気になりますね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!