ドラマ「10の秘密」の4話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【10の秘密】4話のネタバレ

会社を解雇され、後がなくなった圭太(向井理)は、帝東建設の不正の事実をつかみ、社長の長沼(佐野史郎)に取引を持ち掛ける。脅迫されたことに憤慨した長沼は、圭太が去った後、ある人物に電話をかけて……。

その頃、父親が無職になったことなど知るよしもない瞳(山田杏奈)は、翼(松村北斗)を訪ね、圭太から10年前の火事について話を聞くことができたとうれしそうに報告する。しかし翼は、そんな瞳に、再び不安をあおるような言葉を投げかける。

一方、圭太は、それまで瞳を誘拐したのは由貴子(仲間由紀恵)とトラブルを起こした帝東建設の人間だと思っていたが、竜二(渡部篤郎)のある言葉がきっかけで、犯人は別にいるのではないかと考え始める…。

そんななか、圭太の家を訪ねた純子(名取裕子)は、意外な人物と出くわす。純子からの電話を受け、圭太が急いで家に帰ると、そこで待っていたのは由貴子だった…。由貴子が圭太の家に忍び込んだ目的とは!?
(公式HPより引用)


圭太は、長沼に不正の証拠が入ったUSBを3000万円で買って欲しいと言いました。

しかし、長沼は車代として3万円しか払いませんでした。

竜二が圭太を社長室から連れ出します。


竜二は、圭太に矢吹が死ぬ間際に持っていた手帳とUSBの2つが揃っていないと意味がないと言います。

手帳には、隠蔽についての会社とのやり取りが日付から会話の内容、相手の名前まで細かく記録されています。

つまり、USBだけでは帝東建設の不正を暴くことはできません。

その手帳を持っているのは由貴子だと言います。

圭太が娘の誘拐の話を持ち出すと、竜二は誘拐を否定して「真犯人が早く見つかるといいですね」と言いました。


由貴子は、以前圭太が由貴子を探している時に話を聞いた高利貸しの男から偽造パスポートを購入していました。

これにより、由貴子は新しい名前(白石久美子)が手に入りました

矢吹の遺族と会社側の話がついて、不正工事が行われたマンションが完成すれば、手帳と引き換えにあと3億円が手に入ると言います。


長沼は由貴子に連絡してきました。

圭太が脅迫してきたことを伝えます。

長沼はこのことが解決されない限り、3億円は払えないと言います。

しかも、圭太が脅迫してきた時の音声を録音したことを告げます。

もし由貴子が矢吹の手帳を公開すれば、長沼はこれを公開するというのです。

圭太を何とかするように由貴子は言われます。


ハローワークから出てきた圭太は菜七子に見つかってしまいます。

仕方がないので、菜七子にすべて本当のことを話しました。

菜七子に瞳にまた秘密をつくるのかと責められます。

圭太はお金のあてはあるので、瞳には黙っておいて欲しいと頼みます。

菜七子はこのままでは瞳や普通の生活まで、何もかもなくしてしまうと忠告します。


瞳は翼に、10年前の火事について圭太から話を聞いたことを報告しました。

瞳はその火事で誰も亡くなっていないと聞きましたが、翼からはそのことを確認したのかと聞かれます。

確認はしていないと答える瞳に、翼は確認を手伝うと申し出るが断られてしまいます。


圭太は、瞳に誘拐された時のことを聞きました。

誘拐された日の朝、瞳は由貴子の代理という人から連絡をもらい、公園で待っていたと言います。

その後、誘拐されてしまって記憶がないというのです。


圭太は犯人の似顔絵を描くことにしました。

瞳からどうして今更似顔絵を描くのかと尋ねられ、圭太は自分も犯人の顔を知っておきたいためと答えました。

似顔絵が完成しました。


圭太はその似顔絵を持って、由貴子が偽造パスポートを買った男のところを訪ねました。

その男は知らないと言って、圭太を店から放り出しました。


圭太は、由貴子の実家近くにある定食屋の店主に似顔絵を見せます。

すると、二本松という男に似ているという情報を得ます。

二本松は由貴子が弁護したことがあるというのです。

これらのことから、圭太は瞳を誘拐したのは由貴子かもしれないと思うようになります。


その頃、由貴子は圭太の自宅へ侵入していました。

そこへ圭太の母親がやって来ました。

由貴子は母親に見つかってしまいます。

母親から連絡をもらった圭太は急いで自宅に戻ります。


自宅へ戻った圭太は、由貴子と母親が和やかに話しているのに驚きます。

母親は由貴子にうまくだまされていました。

2人だけで話をするため、圭太は母親を帰らせます。


圭太は、帝東建設の命令でデータを消しに来たのではと尋ねます。

由貴子は否定しませんでした。

圭太がデータを持っていようといまいと、由貴子は圭太に二度と帝東建設を脅迫しないという誓約書にサインさえもらうことができればそれでよかったのです。

由貴子は引き換えに、圭太が300万円もらえるように長沼に言ってくれるというのです。

圭太が脅迫した際の音声を長沼が持っていることも伝えました。


矢吹が偽装建築の隠蔽について告発しないように、由貴子が説得するはずだったと言います。

しかし、矢吹は由貴子が会社側に人間だと知って説得に応じず自殺してしまいました。

その時、由貴子は矢吹の手帳を手に入れました。


由貴子は、今度は自分が長沼に命を狙われるかもしれないと思いました。

そこで、自分の命を守るために手帳を持って逃げたのだと言います。


由貴子が瞳が誘拐された話をすると、圭太は誘拐したのは由貴子だと告げました。

似顔絵を見せます。

由貴子は否定しますが、圭太が推理したことを話していくと、次のように言います。

知らない方がよかったのに。ここからはあなたみたいな人間が立ち入れることじゃない。この件から手を引いて。瞳と平凡に生きなさい

この発言に圭太は怒ります。

瞳が3人で暮らしたいとまで言っていたことを伝えます。

開き直った由貴子は、自分を警察に突き出せば瞳が悲しむというのです。

由貴子は、圭太は自分のことも瞳のことも何もわかっていないと言います。

そして、そのような圭太を利用しようと考えたのです。


あまりにも腹が立った圭太は由貴子を殴ろうとします。

そこへ瞳が帰ってきます。

由貴子はうまく言って、圭太が瞳に事実を伝えられないようにします。

その後、由貴子は帰っていきました。

瞳は一言も発せずに自分の部屋に行きました。


圭太は菜七子にすべて話しました。

菜七子は、由貴子が言うように手を引いた方がよいと言いました。


その夜、瞳は翼に火事のことを調べることにしたと伝えました。

すると、翼が調べておいたと言って、新聞の記事をメールで送ってくれることに。

その記事を見ると、女性が1人亡くなっていました。


次の日、瞳は圭太にその記事を見せて詳しく調べてくると言って家を出ました。

圭太は瞳を追いかけてすべて話します。

  • 業者からお金をもらって会社をクビになったこと
  • 火事で女性が1人亡くなっていたこと
  • その女性の遺族に定期的にお金を送り続けていること
圭太は、これで全部話したと言います。


すると、瞳は今度は昨日由貴子と何をモメていたのかを聞いてきました。

圭太は答えられませんでした。

瞳はもう圭太のことが信じられないと言います。

自分は人殺しで何も罰を受けていないと落ち込んでしまいました。

そして、瞳は祖母の家へ出ていきました。

スポンサーリンク

【10の秘密】4話の感想

圭太は、どんどんヤバい状況に陥っていますね。

瞳に火事のことを伝えた時に、女性が亡くなったことを言えばよかったのでしょうが、それだけはなかなか言えませんよね。

瞳を傷つけたくないという気持ちが強かったのでしょう。

しかし、後でわかると、さらに瞳を深く傷つけてしまいます。


何か理由があるのかもしれませんが、現時点では由貴子は最悪ですね。

圭太を利用して手に入れた証拠で帝東建設から大金を奪い取ろうとしたり、娘を誘拐したり。

まったく何をしたいのかがよくわかりません。


来週は、圭太が由貴子に反撃するようです。

どのような展開になるのかが楽しみですね。


ネット上には、いろいろな声が上がっています。

【10の秘密】4話の視聴率

今回の平均視聴率は、6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

関西での視聴率(ビデオリサーチ調べ、関西地区)は、初回11.8%、第2話10.1%、第3話7.9%、今回9.7%でした。

関西の方が人気があるようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!