知らなくていいコトの5話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【知らなくていいコト】5話のネタバレ

30年前に乃十阿(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。

近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。事件の“本当の動機”を知りたいと思うケイトだが、頑なにマスコミを避ける沖田からは面会申請を断られてしまう。そんな中、編集部では連載班の小泉(関水渚)が春樹(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人との周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。岩谷(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。
(公式HPより引用)


元警察署長の沖田秀則が孫を殺した理由は?

元警察署長に関する殺人事件ということで、非常に注目度の高い裁判となっています。

そのため、傍聴券の抽選が行われました。

ケイトは見事に当選しました。


ケイトは沖田の裁判を傍聴しました。

沖田は罪を認めましたが動機は不明です。

ケイトは、沖田に面会して話を聞きたくなりました。

黒川の許可をもらって取材を始めます。


まず、沖田家周辺で聞き込みを行います。

近隣住民の話を聞くと、沖田は警察の人間ということもあって厳しかったと言います。

弘人にもスパルタだったというのです。

怒鳴り声がよく聞こえていたそうです。


他の住民にも話を聞いてみると意外なことがわかります。

沖田は弘人をとてもかわいがっていたというのです。

スパルタには見えなかったと言います。

また、沖田を知る警察関係の者に聞いても、沖田が弘人を殺すとは信じられないという話を聞くことができました。

どちらが本当の沖田なのでしょうか?


ケイトは東京中央拘置所にやって来ました。

沖田との面会を申請しますが、本人から断られてしまいます。


黒川には明日も面会に行くと言います。

ケイトは、孫殺しの本当の動機を沖田から聞き出したいと思っています。

世間で言われている動機に納得がいっていないためです。


次は、被害者の弘人周辺の聞き込みを行うことにします。

修央大学ロースクールキャンパスに行きます。

友人の話では、弘人は司法試験前はかなりピリピリしていたと言います。

弘人には、バッキンというあだ名が付いていました。

バクダンキングでバッキンだというのです。

印象からすると、弘人は周りからあまり好かれていないようです。


バイト先で聞き込みを行います。

そこでは、嫌なヤツという言葉が聞かれました。

弘人は、趣味は爆弾作りだと言っていたそうです。


黒川班の福西が、爆弾に関する裏サイトを見ていました。

ケイトは、その掲示板にバッキンの書き込みを見つけました。

そこには、次のように書かれていました。

ハロウィンの日に練馬区のにじの葉保育園を爆破するよ。ハッピーハロウィン


ケイトは黒川に次のことを伝えます。

  • この保育園は、孫殺しのあった犯人の家のすぐ近くであること。
  • バッキンは弘人のロースクールのあだ名であること。

これらのことから、ケイトは沖田は弘人をスパルタで殺したのではなく、爆破を阻止するために殺したのではと言います。

沖田に面会してこのことを聞くことにします。

岩谷は、ケイトに沖田と話せるように弁護士の接見について行くように指示します。


ケイトは、先ほど推理したことを弁護士に話します。

弁護士は、たとえそれが事実でも、沖田はおそらくそのことを認めないと言います。

それは、沖田がそのようなことを望んでいないためです。

接見には、連れて行ってもらえそうにはありません。


ケイトは弁護士にもう一度頼み、何とか一緒に接見に連れて行ってもらえることになりました。

ケイトは、沖田に自分の推理を話しました。

試験勉強が思うようにいかないのは近くの保育園がうるさいためだと決めつけて、弘人は爆弾を作りました。

事件があった日、沖田は爆弾を持って出ていく弘人を止めようとしました。

そして、もみ合いとなり、近くにあったゴルフクラブで殴打し、弘人を殺してしまいました。


ケイトは、沖田にこれが事実なのではと尋ねました。

弘人の名誉を守るために沖田は罪を被っているとケイトは考えています。

弁護士は、これが事実なら執行猶予もあり得ると伝えます。

沖田は何も語りませんでした。


結局、沖田が弘人を殺した理由はわかりませんでした。

岩谷から、沖田が弘人の名誉を守るために殺したのか、それとも元警察官としての自分の名誉を守るために殺したのかがわからないのなら、ケイトが沖田に会った際の印象で記事を書くように指示されます。

ケイトは納得していません。

岩谷は、人間の切実な生き様を読者に届けるのが週刊イーストの使命だと言います。

そして、沖田が弘人を殺すに至った苦悩をケイトが想像して書けばよいというのです。


ケイトは、沖田と乃十阿を重ね合わせて考えてしまってうまく気持ちが整理できません。

2人には、罪は認めているが動機が不明という共通点があります。

何とか記事を書き上げました。

岩谷からダメだしされ、何度も書き直します。

しかし、OKはもらえず、最終的には岩谷が手直しすることに。


沖田のことが週刊誌に載ると、読者からの反響はすごかったです。

世間の沖田を見る目が明らかに変わりました。

しかし、沖田は控訴しないと言っているそうです。

自分がすべての罪を被るようです。

春樹は小泉と付き合うことに

春樹がエレベータに乗ると、同じ連載班の小泉が乗り込んできました。

小泉はケイトとうまくいっていないのかと尋ねました。

動揺する春樹に、小泉は壁ドンしながら、ケイトと別れたのなら付き合って欲しいと告白します。

春樹は、途中でエレベータを降りました。


春樹は、小泉を食事に誘いました。

春樹と小泉がエレベータを待っていると、ケイトが出てきました。

しかし、ケイトは一言も話すことなく、スルーしていきました。


レストランで食事をしながら、2人は話をします。

小泉は特に春樹のよいところはないと言いますが、それでも好きだというのです。

春樹は、小泉にケイトと別れた理由を聞かないのであれば付き合ってもよいと言いました。

小泉は聞かないことを約束しました。

春樹は小泉の父親について確認しますが、小泉からは付き合うが結婚はしないと言われてしまいます。

食事が終わって、帰り道の別れ際に春樹は小泉からキスをされてしまいます。

ケイトがついに乃十阿のところへ

ケイトは、乃十阿のところを訪れる決心をしました。

そして、乃十阿の自転車屋にやって来ました。

ケイトは、自分の母親は真壁杏南だと伝えました。

すると、乃十阿は「金を出せ」と言いました。

ケイトは「いくら出せばお話を聞かせていただけますか?」と答えました。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】5話の感想

元警察官の沖田が孫の弘人を殺すというショッキングな事件についての話でした。

個人的には、かわいがっていた弘人の名誉を守るためにすべての罪を被ったのだと思います。

沖田は命を奪ったのに、それに加えて名誉まで傷つけたくないのでしょう。

もしそうなら、沖田はがかわいそうですね。


春樹は本気で小泉と付き合うのでしょうか?

小泉は気分屋なところがありそうなので、ケイトの彼氏なので興味を示しただけで、飽きたらすぐに別れると言ってきそうな気がします。

あくまで私の想像ですが。

ケイトはもう春樹のことを何とも思っていないのでしょうか?

春樹と小泉が一緒にいても、まったく気になるそぶりを見せませんでした。


ケイトは、ついに乃十阿に話しかけましたね。

お金を出すように言われていましたが、これにはどういう意味があるのでしょうか?

取材を受ける報酬を請求しているのでしょうか?

母親の名前を出しているので、そのようなことはないと思いますが。

この後どうなるのか気になります。


SNS上には、さまざまな声が上がっています。

【知らなくていいコト】5話の視聴率

今回の平均視聴率は、8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!