ケイジとケンジの4話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【ケイジとケンジ】4話のネタバレ

 横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。取材班も刑事課メンバーも急速に興味を失い、豪太ひとりに現場を任せて帰っていく。

 やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。ところが…兄である豪太からこの話を聞いた立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)は、開いた口がふさがらない状態に! それもそのはず、何の因果か太郎丸は3カ月前までみなみが同棲していた男だったのだ――。

 一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。しかもよりによって、素直に放火を認めて送検されてきた貴理子を担当するよう命じられ、被害者である太郎丸からも聴取することになったのだ。そんな中、捜査は思わぬ方向へと舵を切りだす。なんと太郎丸が、“貴理子の知られざる一面”について証言。器物損壊罪か放火罪かを見極めるはずが、それ以上の罪の可能性も見え隠れしはじめ…!
(公式HPより引用)


放火された原付の持ち主は、太郎丸直樹でした。

自宅に帰ってみなみにそのことを伝えると、急に興味を示していろいろと聞いてきました。

太郎丸と石田貴理子との関係やどれくらいの期間を付き合っていたのかなど。

みなみの態度から豪太はピンときました。

台所から元彼の箸を取り出して、みなみが同棲していたのは太郎丸直樹ではと豪太は尋ねました。

ああ、そうや。そのとおりや」とみなみはあっさり認めました。

これにはさすがの豪太も驚いていました。


みなみの怒りが収まりません。

太郎丸がみなみと2年も同棲していたのに、みなみと別れてから1週間で別の女性と付き合っていたためでした。


その頃、豪太は貴理子の取り調べを行っていました。

スマホの位置情報から、貴理子が太郎丸のマンションに立ち寄っていたことがわかりました。

最寄り駅の防犯カメラにも貴理子の姿が映っていました。

その映像は、原付が燃えた15分後のものでした。

さらに、貴理子の自宅からライターが発見されました。

貴理子は煙草を吸わない上、事件の前日に購入していました。


証拠を突きつけた後、豪太は貴理子に太郎丸の原付に火を付けたのかを聞きました。

貴理子は犯行を認めました。

豪太は係長にこのことを報告しました。

この日はテレビ番組の密着取材が行われていたので、刑事課のメンバー全員が思いっきりカメラを意識して格好を付けていました。


豪太が小料理屋で食事をしていると、修平がやって来ました。

修平は元気がありませんでした。

それは、みなみに3カ月前まで恋人がいたことを知ったためです。

豪太は、修平にみなみの元彼と近々顔を合わせることになるかもしれないと言いました。

元彼の太郎丸は原付を燃やされた被害者で、その犯人が明日送検されることを修平に伝えました。

それを聞いた修平は、自分は担当しないと言いました。


しかし、修平は樫村からその事件の担当を任されることになりました。

そのことを聞いた修平は泣きながら、樫村に太郎丸はみなみの元交際相手であることを告げました。

事件の当事者と関係を持つ事務官は捜査に関わってはならないのが原則ということで、みなみは今回の事件を外されました。


修平が貴理子の捜査を始めました。

事件の概要を話した後、これに間違いはないかと尋ねました。

貴理子は間違いないと認めました。

太郎丸が付き合って欲しいと言ってきたのに、いきなり別れたいと言われて、貴理子は訳がわからなくなったと言います。

貴理子が太郎丸に理由を聞くと、気持ちが冷めたからと言われたそうです。

修平は、放火の重大性を貴理子に伝えました。


みなみは、検察のロビーにやって来た太郎丸と偶然会いました。

2人はもう別れたのに、太郎丸はみみなみに馴れ馴れしく話しかけてきます。

しばらくすると、時間に遅れると言って中に入っていきました。

みなみは、どうして太郎丸と付き合ってしまったのかと後悔します。


修平は、今度は太郎丸から話を聞きます。

太郎丸をにらみつけながら話しかけます。

告訴するかどうかを聞かれた太郎丸は告訴すると即答します。

修平がその理由を聞くと、太郎丸は3週間前に別れ話を切り出した時の話をしました。


修平は貴理子に気持ちが冷めたので別れて欲しいと告げました。

貴理子はそれなら仕方ないと、別れることに応じてくれました。

その後、太郎丸が貴理子のマンションを出た時、上から植木鉢が落ちてきました。

貴理子の部屋にあったのと同じ花だったと言います。


修平は、豪太に貴理子のことを詳しく調べるように言いました。

結果次第では、原付の放火の罪の大きさが変わってくるというのです。

その後、修平は豪太にみなみは太郎丸のような男性が好みなのかと尋ねました。

豪太は、修平とは真逆のタイプと答えました。

何度も真逆と言われた修平はぶち切れて電話を切ってしまいました。


みなみは、修平に貴理子が植木鉢を落とした可能性があると伝えました。

先日、修平の取り調べが終わった貴理子とみなみはすれ違いました。

その時、みなみは怖いと感じました。

怒りを抑え込んだような血走った目をしていたというのです。


豪太は、貴理子のスマホの通話記録を調べました。

すると、ホストクラブが出てきました。


豪太はそのホストクラブに行ってみることにします。

貴理子は最近は来ていないようですが、以前は常連だったと言います。

ホストは、貴理子のことをいろいろ教えてくれました。

以前、貴理子が自分を捨てた男性に植木鉢を落として復讐していたという話を聞いたそうです。

しかも、その植木鉢は男性に命中していました。

豪太は、ホストにそれはいつ頃の話かを聞きました。


豪太は、その男性にも話を聞きました。

不思議なことに、その男性は風が強かったので植木鉢が飛んできたということをやたらと強調します。

挙げ句の果てには、貴理子のことは知らないと言い出します。

豪太は、貴理子とその男性が付き合っていたことを知っていたので、本当のことを話すように言います。


その男性は既婚者であるにもかかわらず、貴理子と付き合っていました。

別れを切り出した日にその男性に植木鉢が落ちてきました。

貴理子の仕業だと思ったそうですが、それを警察で証言すると、浮気がバレると思って何も話さなかったのです。


豪太からこれらのことを聞いた修平は、樫村に貴理子の行為は悪質であると伝えます。

しかし、目撃者も物証もないことから、樫村は罪には問えないと言います。

今回は器物損壊罪か放火罪かという選択肢になりそうですが、樫村は修平に自分で考えるように言います。


豪太と修平とみなみは、ビールを飲みながら貴理子の事件について語り合いました。

豪太は、単に法に照らし合わせて貴理子に罰を与えることに反対でした。

これでは、貴理子はまた同じことを繰り返してしまいます。

豪太は、このことを修平にも考えて欲しかったのです。


翌日、修平は貴理子を起訴することにしました。

罪名は、現住建造物等放火未遂罪でした。

その後、修平は次のように言います

「あなたが犯罪者として裁かれるのはこれが最後になって欲しい」

「あなたは自分の犯した罪を心から反省し、2度と同じ過ちを犯してはならない」

今までの修平ならここで終わりそうです。

しかし、修平は昨日豪太らと話したことを自分なりに考えて、貴理子に次のようなアドバイスをします。

  • 本音を語れる同性の友達を作ること
  • メールも電話もほどほどにすること
  • 部屋には植木鉢は置かないこと

このアドバイスが貴理子の心に響きました。

貴理子は涙を流して、修平に感謝の気持ちを伝えました。

そして、貴理子は植木鉢を落としたことを認めました。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】4話の感想

修平は、みなみが同棲していたことを知ってかなり落ち込んでいました。

周りは知っていたのに、修平だけが知らない当たりはいかにもという感じがします。

みなみとのことで一喜一憂する修平は見ていて飽きませんね。


豪太と修平は、最初は顔を合わせるたびにケンカばかりしていました。

しかし、最近はそれほどケンカすることもなく、息が合ってきたように感じます。

適度な言い合いはありますが。

意外と、2人は名コンビになれそうですね。


SNSでは、さまざまなコメントが上がっています。



今回も東出さんについてのコメントが多かったです。

次のようなものがよく目に付きました。

「東出さんのセリフが自分のことを言っているようで笑ってしまった」

「ドラマの内容を東出さんに寄せにいっているの?」

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】4話の視聴率

今回の平均視聴率は、8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

前回は2ケタに戻ったのですが、今回は大きく下がってしまいました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!