『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で観る方法!
FODプレミアム」の2週間無料お試し期間を利用すれば『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で視聴できます!無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません!※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

他の冬ドラマもチェック♪


スポンサーリンク

【アライブ】キャストなど作品情報

アライブのキャストなど作品情報は、次のとおりです。

フジテレビではこれまで、「木曜劇場」にて『Dr.コトー診療所』や『白い巨塔』、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』など数々大ヒット医療ドラマを輩出してきました。その「木曜劇場」にて2020年の幕開けに“がん”をテーマとした全く新しい医療ドラマを放送する事が決定。タイトルは『アライブ がん専門医のカルテ』。
主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんとは14年ぶりの共演でお届けする本作は完全オリジナル作品です。年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。 薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。本作は、日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”としてお届けします。
(公式HPより引用)

\今すぐ動画を無料視聴/

お試し期間なら、無料で視聴できますよ♫


キャスト
松下奈緒 – 恩田心
木村佳乃 – 梶山薫
清原翔 – 結城涼
岡崎紗絵 – 夏樹奈海
小川紗良 – 佐倉莉子
中村俊介 – 恩田匠
三浦翔平 – 関河隆一
田辺誠一 – 須藤進
藤井隆 – 光野守男
木下ほうか – 阿久津晃
高畑淳子 – 高坂民代
北大路欣也 – 恩田京太郎



ドラマ「アライブ」の5話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【アライブ】5話のあらすじ

アライブの5話のあらすじは次のとおりです。


 恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。

 そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に、心は患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの一つで全般的に抗がん剤が効き辛く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。しかし、春香は仕事があるので入院は無理だと頑なだ。

 一方、関河は須藤進(田辺誠一)にも取材を敢行。時を同じくして、心たちの病院でも薫が何か問題を起こして病院を移ったらしいと噂が広がっていきー。
(公式HPより引用)

【アライブ】5話のネタバレ

親権争いのために治療しない患者

心は、長尾春香を担当することになりました。

春香は、心に治療期間を教えて欲しいと迫っていました。

それは、せっかく手にした仕事を失いたくなかったためです。

心は、連日の点滴が必要なため、入院する必要があると伝えます。

春香は、仕事のため入院はできないと言います。


春香の腫瘍は大きいということで、外科は切除が難しいと判断します。

放射線治療も難しいようです。


ある日の当直の日に、春香の息子のユウトが搬送されてきました。

一緒にいた春香は取り乱しています。


検査の結果、ユウトは左腕を骨折していました。

翌日のレントゲン検査で問題がなければ退院できます。


春香は病気だけでなく、家のこともいろいろと大変でした。

心は、心配事があれば話して欲しいと言います。

すると、春香はユウトの治療費は保険を使わないで欲しいと頼みます。

心は何か事情があるのかと尋ねます。

春香は夫と別居中で、ユウトの親権を争っていることを話しました。

ユウトを失いたくないので、夫にバレないように自費で治療費を払うのだと言います。


心は春香のために、どのような治療が最善なのかを調べます。

しかし、なかなかよい方法は見つかりません。

心は薫に相談します。

すると、薫は何とか腫瘍を切除できると言います。

過去に同じような手術を経験しているというのです。

しかし、心は万が一何か起これば危険だと反対します。

結局、結論は出ませんでした。


心は、ユウトの退院の日に春香に抗ガン剤を使った治療を勧めます。

副作用をコントロールしながら病気と付き合うことができるという心に、春香は治らないと意味がないと言って帰って行きました。

春香は親権のことで頭がいっぱいようです。


心は、諦めずに春香の治療法を探していました。

そして、ついに最適な治療法を見つけました。

そのことを薫に伝えに行くと、薫も同じことを考えていました。


その時です。

心に春香が転院するという連絡が入りました。


後日、転院の意思が固い春香にその理由を尋ねます。

春香は親権を取られてしまったと言います。

ここにいるのはつらいので田舎に戻るというのです。

心は春香に治療を勧めますが、その気はないようです。


実は、心は春香の夫と話をしていました。

春香が治療する間は夫がユウトの面倒を見て、治療が落ち着いたら親権は春香に戻してくれるそうです。


さらに、心はユウトが家を抜け出した理由を語り始めました。

ユウトは、夫のところへ行って、どうしても春香と一緒に暮らしたいと頼んでいたのです。

夫と会っていることがバレたら春香に怒られると思って、ユウトは黙っていたのだそうです。


ユウトが部屋に入ってきました。

ユウトは、春香に早く治療を受けるように言います。

そして、一緒に暮らしたいと正直な気持ちを伝えました。

春香は、治療を受けることを決心しました。

薫の父親も医療過誤の犠牲になっていた

北陸総合病院のホンマが薫を訪ねて来ました。

ホンマはウサミの同僚です。

ホンマはウサミが亡くなったと言いました。


実は、薫の父親はウサミの医療過誤で亡くなっていたのです。

母親は医療裁判を起こしましたが敗訴していました。


ホンマは、ウサミは罪を償おうとしていたというのです。

そして、謝罪できなかったことを後悔しているだろうと言います。


薫は、どうしてあの時謝罪がなかったのかと尋ねました。

ホンマは、ウサミは病院から謝罪しないように言われていたことを明かしました。

本気で謝罪する気があるなら、どんな方法でもするじゃないですか。できるじゃないですか」と薫は声を荒げます。

薫が心にすべてを明かす!

心は、関河の取材を受けました。

関河は薫の話をし出し、心に薫が関東医科大学で医療過誤を起こしたことを伝えました。

そして、関河はこの取材は医療過誤があったことを知らずに亡くなった被害者と残された妻・子供のためでもあるというのです。

心は、関河が誰のことを言っているのかわかりませんでした。


この取材の後、心は薫に関河と話したことを伝えました。

薫は、心が関河からすべてを聞いてしまったのではないかと内心ではビクビクしていました。

しかし、心はまだ薫の医療過誤について詳しく聞かされていませんでした。

心は、薫に関河には注意するように伝えました。

この会話を高坂民代が聞いていました。


関河は、須藤のところへも行っていました。

薫の記事を出すことをわざわざ伝えに行ったのです。

関河は医療過誤の詳しい内容を掴んでいました。

須藤は、そのことを薫に伝えました。


心と薫は、仕事が終わってから会う約束をしました。

薫は、すべてを打ち明けようかと迷っていました。

心はいつも支えてくれる薫に感謝の気持ちを伝えます。

結局、薫はこの日も何も話せませんでした。


高坂は薫の診察を受けました。

その際、高坂は患者会(やどりぎの会)のチラシを自分にくれたのは薫だったと言い切ります。

そして、高坂がそのチラシを心に見せたことで、心と薫が運命的な出会いをしたのです。

高坂は、このことは墓場まで持っていくと言って帰って行きました。


心は薫のことで気になることを聞きました。

以前、薫は村井という患者のオペをしました。

薫はどうしてもこのオペを自分がしたいと、婦人科に何度も頭を下げて頼んでいたというのです。

実は、心は薫から婦人科に頼まれてこのオペを行ったと聞いていました。

心は、薫に何か隠していることはないか聞こうとしましたが、聞くことができませんでした。


ある日、薫は心に話さないといけないことがあると言いました。

そして、ついに薫が匠の医療過誤について話しました。

薫は自分のミスで匠を死なせてしまったと言って、心に謝罪しました。

心は須藤がオペしたのではと聞くと、薫は途中で交代したことを話しました。

心は薫の話を聞いて、意味がわからないと言って大きく動揺します。


そして、次のようなやり取りがありました。


どうして黙っていたの?どうして近づいてきたの?監視するため?



「違う。心先生のために何かできればと思った。ただそれだけだったの」

「許されることじゃないのはわかってる。本当にごめんさい」



何でもしてくれると言ったよね?消えて


そう言って心は去って行きました。

【アライブ】5話の感想

薫の父親が医療事故で亡くなっていたとはすごい展開です。

本気で謝罪する気があるならできると言った後、薫は自分はそれができていないことに気づいたのでしょう。

すぐに、心に匠のことを話しましたからね。

心から消えてと言われても仕方がない薫ですが、ショックは大きいと思います。

この後、薫はどうするのでしょうか?

予告では退職願の映像が流れていました。


関河は薫の記事を載せるのを止めました。

何か新事実でも出てきたのでしょうか?

気になりますね。


SNS上では、さまざまなコメントが上がっています。

【アライブ】5話の視聴率

今回の平均視聴率は、7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

少しですが上がりましたね。

今回はいろいろあった見応えのある回でしたね。

動画無料視聴情報
FODプレミアム」ではこの記事でご紹介する動画が配信されています。2週間の無料お試し期間があるのでそれを利用してみてはいかがでしょうか?お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

『アライブ がん専門医のカルテ』のネタバレ一覧!
基本情報 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 最終話

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!