ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の4話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください4話】のネタバレ

緊急オペを終えスタッフルームに戻ってきた松本(伊藤英明)はじめとする救命救急のスタッフたち。松本は、心臓血管外科医の児島(松本穂香)が駆け付けてくれたおかげで手術は成功したと感謝を伝える。だが、疲労困憊の吉田(谷恭輔)や研修医の田中(片寄涼太)から、「すべての患者を受け入れたい」という松本の考え方を反対される。それは、部長の玉井(萩原聖人)や三宅(中谷美紀)、ヘルプで参加した整形外科医の藍田(堀内健)も同意見だった。松本は「全ての命を漏らさず救済する千手観音のように…」と自らの意思を語るが、サトリ世代の田中には全く通じず、言い合いになってしまう。その夜、手術が成功しホッとしていた児島に、濱田(ムロツヨシ)から「今後は第一助手に入ってもらうから、救急に関わるのはやめるように」と宣告される。

同じ頃、救命救急センターに階段から転落した長沢功一(本並健治)という患者が運ばれてきた。術後の後遺症も考えられるので早急なオペが必要とされ、松本は手術の立ち合いも含め、脳外の医師と共に手術室へ向った。だが、知らせを聞き駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)と娘・沙織(美山加恋)は、吉田と田中が、功一の予後に関して話しているのを聞いてしまい、手術中止を訴えてくるのだった。

ある日の夜、ジム帰りの松本は、小学生の男の子・品川凱斗(齋藤絢永)が一人で公園のブランコを漕いでいるのを見つける。近づいてみると、凱斗の手が腫れ、不自然な赤みや体に無数の傷があることに気が付く。「転んだ」としか言わない凱斗の症状を調べようとするが、その様子を見た主婦に、変質者と間違われ警察に通報されてしまう。

その夜、あおば台病院に、小学校教諭・植木(松角洋平)に伴われ、女の子が運ばれてきた。その子は、以前公園で虐待を疑った少年・凱斗の姉・愛羅(石田凛音)だった。
(公式HPより引用)

手術を拒否する家族

救命救急センターに長沢功一が運ばれてきました。

検査した結果、すぐにオペしないと危険な状態でした。

そこで、松本は脳外の医師と共にすぐにオペすることにしました。


吉田と田中が功一の予後について話していました。

功一はオペ後よくても寝たきりか、植物状態になると言っていたのです。

その会話を家族の奈穂と沙織が聞いていました。

奈穂は、功一の手術を止めて欲しいと申し出てきました。


松本は急いで奈穂と沙織のところへやって来ます。

松本は、すぐにオペしないと功一が亡くなってしまうと説明します。

すると、奈穂は手術後功一は寝たきりか植物状態になると聞いたと言います。

松本は、その可能性はあるが、医師としては治療を諦めるわけにはいかないと説得します。

しかし、奈穂は介護はしたくないというのです。

取り乱す奈穂を見ていた沙織は、松本にオペするように頼みました。


オペ後、松本は田中を叱責します。

田中は自分は間違っていないと開き直ります。

田中は、功一のような患者を延命させるから、ベッドがふさがってしまうのだというのです。

そして、介護する家族のことも考えるべきだという田中は、どのような患者も救うのは松本のわがままだと言いました。

最終的には、松本は田中は医師なのだから、死ぬか生きるかの現場で、何の覚悟もないまま命の線引きをしてはならないことを伝えました。


功一については、後は経過を見るしかありません。

相変わらず、奈穂は取り乱しています。


功一はまだ意識が戻っていません。

沙織は田中に手術をしない方がよかったのではと言います。

奈穂はあれから病院へ来ていませんでした。


田中は功一が出血しているのを見つけます。

松本はすぐに処置し、事なきを得ました。

そのまま放っておくと大変なことになっていました。

松本は、田中に助けてくれたお礼を言います。

田中は、本当に助けたと言えるのかと返します。

奈穂があれから病院に来ていないことを気にかけていました。


松本は、清掃員のおばちゃんから奈穂が病院に来ていたことを聞きます。

驚いたことに、奈穂は毎日病院へ来ていると言います。

屋上や図書コーナーなどいろいろな場所で見かけたというのです。


先ほどチャーハンを食べていたと聞き、松本は食堂へ向かいます。

奈穂は功一の部屋の前に立っていました。

松本は功一に会っていくように勧めます。


奈穂は中へ入りました。

松本は功一の現状を次のように伝えます。

「意識障害が続いていて、目が覚めてもどこまで回復するかはわかりません」


奈穂が功一に話しかけると、功一が目を開きました。

奈穂の声に功一は反応しました。

うれしさのあまり、奈穂は大泣きしてしまいます。

松本と濱田の熱いバトル

廊下で松本と濱田が顔を合わせました。

2人のやり取りは次のとおりです。

松本
「児島先生のおかげで患者が1人助かりました」

濱田
「それはよかった。児島先生が救急でやる最後のオペが成功して。松本先生の助言どおりに、彼女を一流の心臓外科医に僕が育てます」

松本
「だからと言って救急に来れなくなる・・・」

濱田
「もちろん、彼女も了承済みです。ですので・・・」

松本
「なあ、何で救急をそんなに目の敵にするんだよ。俺に何か文句あるのかよ

濱田
うん。僕の未来予想図を邪魔する者に手は貸せない。患者を見殺しにするひどい医者だと思いますか?まあ、恨むならど~ぞ、恨んでください。覚悟はあります」

そう言って濱田は去って行きました。

児島が救急に来る?

濱田は、児島を育てることにしました。

そのため、濱田から救急には関わらないように言われます。


ある日、児島は濱田の手術に一緒に入ります。

濱田は児島に手術の一部させます。

手術後、濱田は児島に64点という点数を付けます。

60点以上は合格だと言います。


児島は、松本に話があって救急に来ていました。

母親に抱えられた女の子の様子がおかしかったので、児島は濱田に禁じられていたにも関わらず、その女の子を診ることにしました。

一時危険な状態に陥りましたが、児島はその女の子を助けました。


この後、児島は松本にどのような医師になりたいのかを考えていることを明かします。

児島は、今回女の子を診た時に自然に手が出たと言い、松本に救急に来てもと言いかけます。

その時、松本は呼び出されて行ってしまいました。

虐待を受ける姉と弟

ある日の夜、松本は1人で公園でブランコになる少年を見つけました。

その少年の名前は品川凱斗です。

凱斗の両手は腫れていました。

よく見ると、首にもアザがあったので、お腹も見ることに。


すると、犬の散歩をしていた女性に変質者と間違われ警察に通報されてしまいます。

児島が通りかかって警察に説明してくれたことで、松本の容疑は晴れました。

松本は、凱斗が虐待を受けている可能性があるので、警察が保護して児童相談所に連絡するようにお願いしました。


あおば南小学校の教諭である植木が、松本を訪ねて来ます。

シングルマザーであった凱斗の母親が、若い男と再婚したことで虐待が行われるようになったことを聞きます。


植木に連れられて、凱斗の姉である愛羅が病院へ来ました。

愛羅は、右のお腹を痛がっていました。


松本は虐待を疑いました。

愛羅に何があったのかと聞くと、涙を流しながら何度も父親は悪くないと言いました。

愛羅を調べると、子宮外妊娠していることがわかりました。

意識を失った愛羅を懸命に助けようとします。

しかし、愛羅はそのまま息を引き取ってしまいました。

処置室に呼ばれた植木は、泣きながら愛羅に謝りました。


しばらくすると、母親と父親が病院へやって来ました。

父親は、愛羅が誘ってきたと言います。

それに腹を立てた松本は父親を殴り飛ばしました。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください4話】の感想

今回もいろいろありました。

手術を拒否する妻の気持ちはよくわかりません。

もちろん、最悪の時のことも考えないといけませんが、まずは人命第一だと思います。

最終的に、夫は意識を取り戻しました。

結果論ではありますが、手術をしておいてよかったですね。


虐待の話では、凱斗と愛羅がかわいそうです。

特に愛羅は父親に妊娠させられ、命まで奪われてしまいました。

今でも日本では多くの虐待が行われています。

いつも思うのですが、警察や児相にもっと権力を与えるべきです。

今回も、警察や児相がもっと早く子供を親から引き離すことができていたら、結果は変わっていたかもしれません。

松本の父親を殴りたい気持ちはよくわかります。

ただ、手を出したら医者失格ですね。

僧侶はもっと失格です。

まだまだ修行が足りませんね。


SNS上には、次のような声が上がっています。

【病室で念仏を唱えないでください4話】の視聴率

今回の平均視聴率は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

前回とそれほど変わりません。

2ケタへ浮上することはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!