ハケンの品格の1話のネタバレと視聴率についてご紹介します。

ハケンの品格の1話のネタバレ

第1話「働くことは生きること…スーパー派遣登場」

丸の内にある老舗の食品会社<S&F>。
同期入社の里中賢介(小泉孝太郎)と東海林武(大泉洋)は新年早々、共に辞令を受ける。
東海林は花形部署の販売二課主任に昇進し、一方賢介は新設のマーケティング課の主任に昇進した。
しかし、顔には出さなかったものの、営業部の隅の物置のような場所に新設されたその課に配属された賢介は、帰りのバスのシートで、前に老婆が立っているのにも気付かないほど、落ち込んでいた。
すると、突然腕が伸びてきてネクタイをむんずと掴まれ、そのまま引きずり起こされた。 驚いた賢介が目の前の浮浪者のような女に睨まれ、唖然としていると、老婆は次の停留所でバスを降りていき、その空いた席にその女が当たり前のように座って眠り始めた。
大前春子(篠原涼子)だ。

一方、大晦日にアルバイトをクビになった森美雪(加藤あい)は、すがる思いで派遣会社<ハケンライフ>の面接を受けた。やっと派遣され向った先は老舗の<S&F>。
経験も自信もなかったが、どうにか採用されようと必死な美雪は面談で見栄を張り、できもしないパソコンを得意だと言ってしまう。
が、部長の桐島は「ところで、大前春子さんは来てくれるんだろうね?」と<ハケンライフ>のマネージャー・一ツ木(安田顕)に尋ねた。
おどおどしている美雪に不安は残るが、春子が来てくれるならと美雪の採用が決まった。

その翌日、面談にやってきた噂のスーパーハケンを見て賢介は絶句する。昨晩のバスの女だ。
表情一つ変えず言葉も発さない春子の採用条件は「契約期間3ヶ月、一切延長なし、休日出勤、残業も一切しない」 というもので、一緒に面談をしていた東海林がその態度に噛み付くが、春子は無視する一方。


春子と美雪が派遣されたマーケティング課は、主任の賢介を始め、新入社員の浅野務(勝地涼)、嘱託の小笠原繁(小松政夫)の小規模は部署だった。
しかし、賢介に期待を寄せている桐島部長の命により、米のデータ分析とそのプレゼンを任せられることに。
一丸となって来たるプレゼンの日を目指していたが、仕事の遅い美雪がルールを破り、プレゼンの前日、社内データを自宅に持ち帰り、翌朝寝坊をしたため乗ったタクシーの中にそれを忘れてきてしまう。
マーケティング課は大ピンチ。タクシー会社を課内総出で探している中、いつものように淡々と自分の仕事をこなしている春子に賢介は―
(公式HPより引用)


上の引用文からお読みください。


春子は、自分の部署の仕事以外は一切しませんでした。

他部署の社員が手伝って欲しいと言ってきても断ってしまいます。

この派遣ではあり得ない態度に、東海林は腹を立てっぱなしです。

普通ならクビになるところですが、春子は桐島のお気に入りのため、東海林はどうすることもできませんでした。


美雪は、パソコンができないにもかかわらず、面談ではできると嘘をついていました。

データの打ち込みの仕事を任されますが、まったくできませんでした。

そのため、すぐに嘘がバレてしまいます。

東海林には、役に立たない派遣という目で見られ、早くもクビの大ピンチです。


賢介は、春子らの歓迎会を行おうとします。

しかし、春子は定時で帰ると言います。

桐島が残業3時間分の時給を出すと言いますが、春子はそれも断って帰りました。


美雪は、一ツ木に連絡先を聞いて春子に連絡しました。

美雪は面談で嘘をついたことを話し、春子に辞めさせないで欲しいとお願いしました。

美雪がそのようなことを言ったのは、春子が桐島に仕事がもっとできる派遣が欲しいと言っていたためです。

春子は、社員ではない自分にそのような権限はないと言います。

そして、もう2度と連絡してこないように言って電話を切りました。


賢介は桐島から、米のデータ分析とそのプレゼンを任せられていました。

もうプレゼンまでは2日しかありません。

そこで、賢介は春子にデータの入力が進まない美雪を手伝って欲しいと頼みます。

しかし、難色を示す春子を見た美雪は自分でやると言います。

そうは言ったものの、美雪は思うように仕事がはかどりません。

そこで、社内データを自宅に持って帰って、自宅ですることにしました。


美雪は夜遅くまで仕事をしていたので、次の日朝寝坊をしてしまいました。

急いで準備をして家を出ます。

途中でタクシーに乗り込んで会社へ向かいます。


美雪はタクシーの中に、プレゼン用の資料を忘れてしまいました。

しかも、美雪は乗ってきたタクシー会社がわかりませんでした。

美雪は慌てて探しに行きます。


マーケティング課総出で探しますが見つかりません。

春子はまったく気にすることなく、自分の仕事を進めます。

賢介は、春子に力を貸して欲しいと頼みます。

すると、春子は急に立ち上がって事務室を出ていきました。

12時になったのでお昼に行ったのです。


浅野から賢介に連絡がありました。

美雪が乗っていたタクシーは事故に遭って、その後廃車にされたというのです。

資料は車と一緒に廃車工場に運ばれていました。

みんなで廃車工場を調べます。


美雪がタクシーを見つけました。

そのタクシーは積み上げられた車の1番上にありました。

その時です。

重機に乗った春子がやって来ました。

春子は、その重機でタクシーを下ろしました。

中を見ると、資料がありました。

その後、春子はすぐに昼食に行ってしまいました。

実は、先ほどは昼食に行っていなかったのです。


昼食を食べている春子の元へ美雪がやって来ました。

美雪は、みんなの足を引っ張るので会社を辞めると言います。

就職の際に23社落ちたことなど、今までの自分のことを春子に話しました。

そして、「ダメな人間て、何やってもダメなんですよね」と美雪は言います。

春子は、それは大きな間違いであるというのです。

そして、次のように言います。

不景気が100年続こうと日本中の会社が潰れようと私は大丈夫。

ハケンが信じるもの、自分と時給だけ。

生きていく技術とスキルさえあれば自分の生きたいように生きていける



美雪は、助けてくれたことに対してお礼を述べました。

これに対して、春子は「あれは業務の一環です。第一あんた助かっていないし。今日のでクビ。あと半日時給の分だけしっかり働く、私ならそうするね」と言いました。


美雪は賢介に、もう1度チャンスが欲しいとお願いします。

賢介は資料が戻ってきたので、上司には黙っておいてくれると言います。

美雪は、ペナルティのサービス残業だけでクビにはなりませんでした。


プレゼン前日の午後11時までかかって、何とか資料の作成が終わりました。

翌日賢介と美雪がそのことを春子に伝えると、「たったあれだけの仕事、どうやったら11時までかかるの?」と言われてしまいます。

無事にプレゼンを行うことができました。


桐島は、賢介と東海林をタブラオ「カンタンテ」に連れて行ってくれました。

舞台でフラメンコを踊る女性がいました。

何とそれは春子だったのです。

※タブラオとはフラメンコを鑑賞することができる居酒屋のこと

スポンサーリンク

ハケンの品格の1話の視聴率

ハケンの品格の1話の視聴率についてご紹介します。

ハケンの品格の1話は2007年1月10日に放送されました。

視聴率は次のとおりです。

18.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!