トップナイフの5話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【トップナイフ】5話のネタバレ

かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡(永山絢斗)と、来島(古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子(広瀬アリス)。深山(天海祐希)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター二人を気にかけるが……。

そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。巨大な聴神経腫瘍が見つかるものの、景浦は命よりも聴神経と顔面神経の温存を希望する。黒岩でも難しいオペが予想される中、なぜか今出川(三浦友和)は西郡を執刀医に指名して……。

プレッシャーを感じる中、オペのシミュレーションに励む西郡は自宅のベランダから落ちた救急患者・根岸麻理恵(大西礼芳)を診察する。西郡から自殺しようとしたことを見抜かれた麻理恵は、音大の同級生の景浦と比べて、自分には才能がなくピアノ講師の職も失って自暴自棄になっていたことを告白する。才能がないのではなく諦めているから差がついたのだ、と厳しい言葉をかける西郡。その言葉は激励のようでもあり……。

一方、幸子の様子を見かねて恋愛相談に乗った深山は、「来島と寝た」と聞いて遊び人の来島に事情を聞きに行くが……!そして、元交際相手から息子・保を押し付けられて共同生活を続ける黒岩は、自分の子供ではないことを証明するため、DNA鑑定を受けることに……。

西郡の言葉に励まされ、自分の才能を諦めずに前向きに歩み始める麻理恵。夢への道が開きかけた矢先、深山は麻理恵の開花した『才能』について、ある真実に気づくのだった-。
(公式HPより引用)

天才ピアニストの本音

西郡が以前失敗した母親のオペを黒岩は見事に成功させました。

さらに、西郡は意識を取り戻した母親に才能がないと言われてしまいます。

西郡はすっかり自信をなくしてしまいました。


景浦祐樹は、耳が聴こえにくいということで病院へやって来ました。

史上最年少でショパンコンクールに優勝した天才ピアニストです。

巨大な聴神経腫瘍が見つかりました。

景浦は、聴神経と顔面神経の温存を確約して欲しいと言っています。


西郡は、これぐらい大きくなると命を救うことを最優先される極めて難しい手術であると言います。

聴神経はもろいので確約はできないというのです。

景浦を説得することになりました。


オペの日程を調べると、黒岩は別のオペが入っていました。

今出川は、そのオペの執刀医に深山ではなく、西郡を指名しました。

昨年、西郡は18件の聴神経腫瘍のオペを行いました。

その実績を理由に挙げ、深山は助手に入るように指示しました。


景浦のオペは黒岩でも難しいと言います。

腫瘍が全摘できればよい方で、聴神経の温存を確約することはあり得ないというのです。


深山は景浦の様子を見に行きました。

景浦は、耳が聴こえなくなるよりも顔面神経が麻痺する方が怖いというのです。

景浦のピアノの才能はもう枯渇していて、今はタレントとしての活路を見出しています。

顔面神経が麻痺すると、タレントして生きていけなくなることを景浦は心配しているのです。


ついに景浦のオペが始まります。

執刀するのは、もちろん西郡です。

難しいオペでしたが、西郡は聴神経の温存を完璧にやってのけました。


今度は、景浦のマネージャーが倒れたという連絡が入ります。

くも膜下出血でした。

脳の中の普通は4本ある血管が1本しかありませんでした。

そのため、万が一出血した場合、1本しかない血管を止めるので最悪脳死もあり得るというのです。


西郡は、自分がオペをすると言って始めました。

母親から才能がないと言われたことが頭をよぎり、手元が狂って出血させてしまいました。

西郡は固まってしまいます。

その時黒岩がオペ室に入ってきて、オペの続きを行います。

黒岩の神業で、何とか脳死を防ぐことができました。

才能がないと知った時人間は?

根岸麻理恵は、布団を取り込もうとして自宅のベランダから落下し救急に運ばれました。

西郡が手術のシミュレーションをしていると、麻理恵がやって来ました。

麻理恵が自殺しようとしたことを西郡はすぐに見抜きました。

西郡は、何も言わずに帰って行った麻理恵のことが気になっていました。


麻理恵は頭部に少し気になる影がありましたが、後日検査するということで退院が認められました。

麻理恵は西郡に自殺しようとしたことを認めました。

何もかもうまくいかなくて、もうどうでもよくなったというのです。


麻理恵は、ピアノの講師を辞めて今は無職だと言いました。

景浦とは同じ音大出身ですが、今では2人には大きな差ができてしまいました。

麻理恵はこの差は才能だと言いますが、西郡は諦めているから差がついたのだと声を荒げます。


検査を終えた麻理恵が西郡に話しかけてきました。

麻理恵はカフェでバイトをしていると言って、クーポン券を渡しました。

現在、麻理恵は作曲を始めるなど前向きに生きています。

西郡は麻理恵に次のように言います。

挑戦するのは誰だって怖い。誰だって。だけど、逃げるな。簡単に諦めるな、自分を


西郡は、深山に麻理恵の頭部の腫瘍が出血していることを伝えました。

この前は出血していなかったと言います。

オペはできますが、腫瘍の位置がやっかいだというのです。


診察にやって来た麻理恵は、作った曲が好評でレコード会社を紹介してもらえるようになったことなどを楽しそうに話していました。

西郡は、麻理恵に手術しないと後遺症の危険があるかもしれないことを告げました。

麻理恵は手術以外の方法はないのかと聞きました。

今チャンスをつかみかけているので手術をしている場合ではないと西郡に正直な気持ちを伝えます。

麻理恵は、これを逃すくらいなら死んでもよいとまで言います。

根負けした西郡は放射線で様子をみるという方法を提案します。


深山は放射線治療に反対します。

西郡にオペが第一選択であると言います。

しかし、西郡は麻理恵の人生を考えるとオペをしない選択肢もあるというのです。

指示に従わないのなら主治医を変えるという深山に、西郡は「命より大切なものがあるんだよ。彼女は今必死なんだ」と言って去って行きました。


麻理恵はレコード会社に来ていました。

担当者からは褒められ、次のステップの話をさせて欲しいと言われます。


麻理恵はレコード会社の帰りに動けなくなりました。

今は病室で眠っています。


深山は、西郡にオペをするべきだと言いました。

西郡は麻理恵の元へ行きます。

命が危ないので、麻理恵に手術をするように勧めます。


麻理恵は後天性のサバン症候群でした。

自分で作曲したと思っていた曲は、カフェで流れていた曲を無意識に再現していただけだったのです。

腫瘍を取り除けば、おそらくサバンも消えてしまいます。

そうなれば、曲を作れなくなるというのです。


この事実を知った麻理恵は、これからどのように生きていけばよいのかを西郡に尋ねます。

西郡は、わからないというのが精一杯でした。


西郡は、母親に自分が平凡な医者であると言いました。

母親はわかっていたというのです。

病室から出た西郡は涙を流します。

幸子に振り回される深山

幸子は深山に恋愛の相談をします。

深山は、来島に告白したのかと尋ねます。

すると、幸子からは「寝ました」という答えが返ってきました。

さすがの深山も驚きます。


後日、深山は来島に話を聞きに行きました。

来島が言うには、幸子とは添い寝しただけだというのです。

つまり、幸子が言っていた“寝た”とは本当に寝ただけという意味でした。

深山は、来島に本気ではないのなら、自分の部下に手を出さないよう忠告しました。

黒岩と保は親なのか?

黒岩がついに動きました。

元交際相手から息子だという保を押し付けられて面倒を見ていた黒岩ですが、DNA鑑定を受けることにしました。

保が自分の子供ではないことを証明しようとします。


後日DNA鑑定の結果が出ました。

黒岩と保は親子でした。

スポンサーリンク

【トップナイフ】5話の感想

今回は才能がテーマの回でした。

麻理恵が作曲できたのは病気のせいだったのです。

事実を伝えられた時の絶望感は半端ではないでしょうね。

せっかくレコード会社と契約できるところまでいっていたのに。


西郡もかわいそうです。

今まで自分には才能があると思って頑張ってきたのに、才能がないとわかることほどつらいことはありません。

才能がないことを自覚するのも1つの才能だと思います。

才能がないことに気づいてさえいない人もいますからね。


すべての人間が才能に恵まれているわけではありません。

たとえ才能がなくても、できることを必死にやっていけばよいと思います。

今回はいろいろ考えさせられました。


SNSでは、次のような声が上がっています。

スポンサーリンク

【トップナイフ】5話の視聴率

今回の平均視聴率は、9.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。

ついに1ケタ台まで下がってしまいましたね。

ネットでは、いろいろなテーマを詰め込みすぎという声が意外と多いので、それも原因の1つかもしれません。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!