アリバイ崩し承りますの2話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【アリバイ崩し承ります】2話のあらすじ

アリバイ崩し承りますの2話のあらすじは次のとおりです。


 包丁で胸を刺された女性の遺体が発見され、那野県警捜査一課の管理官・察時美幸(安田顕)、刑事・渡海雄馬(成田凌)らが臨場する。
 殺された女性は、医科大学の教授・浜沢杏子(星野真里)。遺体の第一発見者で杏子の弟・浜沢安嵐(金井勇太)は杏子の元夫・菊谷吾郎(忍成修吾)が犯人に違いないと言い張るが、菊谷には友人と飲食店にいたという鉄壁のアリバイがあった…!
 そんな中、捜査一課の面々にバレンタインのマカロンを配りにきた、時計店店主・美谷時乃(浜辺美波)は、事件の詳細に興味津々。こっそり捜査会議に聞き耳を立てていたが、「アリバイ成立」という言葉には、反応せずにはいられない。
 一方、弟の安嵐には多額の借金があるうえ、杏子の高額な生命保険の受取人になっていることが判明。捜査本部は保険金目当ての殺人として、容疑者を安嵐に切り替えるが、菊谷の犯行を信じる察時は納得ができない。孤軍奮闘し、アリバイ崩しに挑むも大苦戦する察時に、時乃は意気揚々と協力を申し出る。

 はたして時乃は、予測不能な時間のトリックを崩し、女性教授殺人事件を解決することができるのか――。
 そして、察時が時乃の家に下宿していることを知ってしまった雄馬は、嫉妬でイライラ。あげく、察時は本当に自力でアリバイ崩しをしているのか…!?と、疑いの目を向け始める。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【アリバイ崩し承ります】2話のネタバレ

察時は、浜沢杏子の殺人現場にやって来ていました。

怨恨で殺された可能性が高そうです。

昨日の夕方から夜に殺されたのではないかとみられています。


第一発見者である弟の浜沢安嵐から話を聞くことにします。

安嵐は前日に姉に何度も連絡しましたが、何の返事もなかったと言います。

心配になって朝早くに来てみたら、姉が亡くなっていたというのです。

安嵐は姉のSNSを見て、体調が悪いのではと思ったそうです。

昨日は午後2~10時まで美容院で働いていたと言います。


警察から今回の事件に関して思い当たる人物はいないかと聞かれ、安嵐は元夫の菊谷吾郎の名前を挙げました。

菊谷は自分のギャンブル癖で離婚したのに、杏子をストーカーしていたと言います。

お金の無心に来ていたという証言もありました。


捜査会議が行われました。

次のことがわかりました。

杏子は事件当日、SNSに3回食事の記事をアップしています。
  • 午後12時に大学でハンバーグ弁当
  • 午後3時に喫茶店「ぶんぶん」でケーキセット
  • 午後7時35分に自宅でシチュー

胃の内容物などから、杏子が殺害されたのは午後7時35分以降からまもなくの間と推定されました。

鍵は壊されておらず、荒らされた形跡もないことから、杏子が自ら招き入れたと思われました。

顔見知りによる犯行の可能性が高そうです。

安嵐のアリバイは、勤め先の美容院に確認すると間違いありませんでした。


杏子の足取りは次のとおりです。

午前8時30分に勤め先の大学にやって来ました。

午前9時頃、菊谷と口論になっていたという証言が助手からありました。

これらのことから、察時は菊谷の犯行の可能性が高いと考えました。


しばらくすると、菊谷のところへ行っていた雄馬と係長の牧村が帰ってきました。

雄馬は、菊谷は杏子を殺せないと言いました。

実は、菊谷は高校時代の友人3人と、午後6時から午前0時まで居酒屋で飲んでいました。

店主がそのことをはっきりと覚えていました。

まさに鉄壁のアリバイです。


時乃はバレンタインチョコレートを渡すために、捜査会議が行われていた部屋にずっといました。

アリバイという言葉に反応して、察時のところへ行って話をしていました。

すると、雄馬からどうして2人はそのように親密なのかと聞かれます。

時乃は、察時に亡くなった祖父の部屋を貸していることを明かしました。

嫉妬した雄馬と察時が衝突します。


時乃は、「ぶんぶん」に来ていました。

杏子がSNSにアップしたケーキと同じものを購入しました。


その頃、菊谷が取り調べを受けていました。

牧村はストーカーをしていたのかと訪ねました。

菊谷は、元妻にお金を貸して欲しいと頼みに行っただけだと主張します。

杏子のマンションに行ったのではと聞かれた菊谷は、杏子が殺害された時間居酒屋で飲んでいたと反論します。

菊谷は、アリバイがあると言って帰って行きました。

察時は、教えていない死亡推定時刻をどうして菊谷が知っていたのかについて疑問に感じました。


そこで、菊谷が飲んでいた居酒屋に行ってみることに。

菊谷が飲んでいた時間については、この間の証言と変わりありませんでした。

ただ、午後7時30分に電話をかけるために、5分ほど外へ出ていました。

これを聞いた雄馬は、菊谷は5分で犯行を行って戻ってきたと言います。

察時は5分では犯行は難しいと言いますが、犯人は菊谷だと思っていました。

雄馬と牧村からは、この間のように早くアリバイを崩して欲しいと言われてしまいます。


捜査本部は、容疑者を菊谷から安嵐に切り替えました。

安嵐には3000万円の借金がありました。

杏子にかけられていた死亡保険金の額も3000万円で、受取人は安嵐となっていました。

そのため、安嵐による保険金目的の殺人と判断したようです。


察時は、犯人は菊谷だと考えていました。

後は、どのようにアリバイを崩すかだけです。


時乃は、察時がアリバイ崩しを依頼してくれるのではと期待していましたが、察時は自分の仕事だと言って頼んでくれません。

すると、時乃は“アリバイ崩し承ります”の張り紙を店の外に張り出すと言い出しました。

時乃も自分の仕事をするというのです。


焦った察時は、時乃に自分の専属で頼むと言いました。

今後捜査に行き詰まったら時乃に必ず相談するというのです。

そのため、張り紙を外に貼るのだけは勘弁して欲しいとお願いします。


察時は、時乃に捜査内容をすべて伝えました。

足りない情報があると言って、時乃は察時を連れて出ていきました。


時乃と察時はケーキを買った後、杏子が勤めていた大学にやって来ました。

助手から杏子の事件当日の行動を聞きます。

話の内容は以前に警察が聞いたものと変わりませんでした。

変わったことはなかったかと聞かれた助手は、杏子は大の甘党なのに塩饅頭を食べなかったことを挙げました。

杏子はその後にケーキを食べに行っているだけに、時乃は助手の話が気になっていました。


時乃はいろいろと推理を働かせ、ついに事件の真相がわかりました。

時を戻すことができました。菊谷さんのアリバイは崩れました


時乃は察時に説明します。

ポイントは塩饅頭でした。

杏子は、昼に塩饅頭を断りました。

その後、ケーキセットを食べていることからダイエットをしていたとは考えられません。

それなら、塩饅頭と昼の弁当が胃の中で混ざり合うのを避けたかったのではというのです。

実は、弁当は弁当ではなかったと言います。

弁当に見えたものは、ケーキセットの形を変えたものだったのです。

モンブランはハンバーグに、フロマージュ・ブランは白米に、ラズベリーはプチトマトに、黄桃は卵焼きにというようにです。

もし、ハンバーグを午前中に、ケーキセット(弁当)を午後12時に食べていたとすれば、杏子の死亡推定時刻は午後4時以降となります。


塩饅頭を昼に食べると、ケーキと塩饅頭が混ざってしまって、昼に食べたのがケーキだとバレてしまいます。

時乃は、喫茶店で頼んだケーキセットは食べずに持って帰ったのだと推理します。

杏子は病理学教授という職業柄、食べ物の消化で自分の推定死亡時刻が何時に誤認されるかわかっていたというのです。


ここまで聞いた察時は、どうして杏子がそのようなことをする必要があったのかを尋ねます。

時乃は、自分を殺そうとしている人にアリバイを与えるのは普通はおかしいと言います。

それなら、考えられることは一つしかないというのです。


察時は、お通夜に来ていた菊谷に話しかけます。

菊谷が事件当日の午前9時に杏子に会いに行ったのは、杏子が午前中に弁当を食べる時間を稼ぐためだったというのです。

つまり、杏子と菊谷は口論しておらず、2人だけになった時に杏子は弁当を食べていたのです。

その後、菊谷はモメたフリをして出ていきました。

このようにして、死亡推定時刻を3時間後にズラすことに成功したのです。


杏子が実際に亡くなったのは午後4時以降だったのです。

SNSにアップしたのは、杏子ではなく、菊谷だというのです。


菊谷は杏子を殺害した後、居酒屋で午後7時30分に席を外した時に、隠し持っていた杏子の携帯でSNSにアップしました。

友人と別れた後、再び杏子のマンションを訪れ、携帯を置いて立ち去りました。


杏子は、自分に掛けられた保険金を弟の借金の返済に充てるために、このようなことを行ったのでした。

杏子は重い病気を患っていたのではないかとみられています。

自分の命が長くないのなら、それを弟のために最大限役に立てたいと考えたのではないかと思われました。


実は、菊谷は突然杏子から呼び出されて、末期のすい臓ガンで長くは生きられないことを聞いたと言います。

自殺では保険金が下りないので、菊谷に殺して欲しいというのです。

杏子は、偽装殺人を菊谷に持ちかけてきました。

菊谷は、杏子の必死の願いを断れなかったのです。

それは、菊谷はまだ杏子を愛していたためです。


雄馬は、察時がアリバイ崩しを1人でやっていないのではと疑っています。

そこで、時乃に察時を見張って欲しいと言ってきました。

【アリバイ崩し承ります】2話の感想

今回は切ない事件でした。

まさか杏子が弟が保険金を受け取れるように、菊谷に偽装殺人を頼んでいたとは想像もできませんでした。

またしても、時乃の推理力に感心させられました。

塩饅頭のことを聞いただけで、事件の真相がすべてわかるのですから本当にすごいです。


察時はついに観念しました。

捜査に行き詰まったら、時乃に必ず相談すると約束しましたね。

これからは当たり前のように時乃がアリバイ崩しをやるようになるでしょう。

あとは、察時が渡海にバレないかだけですね。

来週も楽しみです。


SNS上では、次のようなコメントが上がっています。

【アリバイ崩し承ります】2話の視聴率

今回の平均視聴率は、4.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!