ドラマ「テセウスの船」の4話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【テセウスの船】4話のあらすじ

テセウスの船の4話のあらすじは次のとおりです。


再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。
 最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。
 拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。
音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【テセウスの船】4話のネタバレ

現代に戻ってきた心は、以前よりもひどい状況になっていることに愕然とします。

文吾は殺人犯として刑務所に入っており、和子と慎吾は一家心中により亡くなっていました。


過去が変わったのなら、由紀と子供が生きているかもしれないと思い、自宅に行ってみました。

しかし、由紀と子供に関するものは何1つありませんでした。


心は由紀の実家(旧姓は岸田)に行きました。

すると、由紀から声を掛けられました。

心は由紀が生きていたことを喜びますが、由紀の様子がおかしいです。

由紀は生きていましたが、心の妻ではありませんでした。

由紀にとって、心は殺人犯の佐野文吾の息子でしかなかったのです。


由紀は、週刊実像の記者として音臼小事件の記事を書いていました。

心が現れたのは、自分の記事を読んで会いに来てくれたのだと思っています。

由紀は心の味方ではなく、普通の記者と同じように殺人犯の家族としてのコメントを求めてきました。


心は宮城拘置支所へ行ってみました。

文吾に会うためです。

久しぶりに会った文吾は心のことを覚えていました。


文吾は、心にその後のことを話し始めました。

心がいなくなってすぐに金丸刑事が死にました。

崖からの転落事故で処理されました。


文吾は何とかお楽しみ会を中止させようとしましたが、中止にすることはできかったと言います。

何もできないまま当日を迎え、鈴と慎吾は自宅にいさせました。

用意された飲み物は全部捨てて、水道水以外は飲まないようにしたというのです。


結局、事件は起こりました。

会場に用意されていたはっと汁の中に毒が入っていたのです。

心が知っている音臼小事件ではオレンジジュースに毒が混入されていました。

心が持っていた過去の記事が書かれたノートを犯人が見て計画を変更したのです。

そして、文吾の自宅から青酸カリが発見されました。


心は、文吾の無実を必ず証明すると言います。

しかし、文吾は再審請求をしないというのです。

文吾は、弁護士からすべてがひっくり返るような証言や証拠が出ない限り、再審請求は無理だと言われていたのです。

そのため、もう諦めているようです。


文吾は、この間鈴が初めて会い来てくれたことを話しました。

鈴は妊娠していたというのです。

心に会いに行くように言います。


文吾は、心に自分の人生を大切に生きて欲しいと言います。

心は、絶対に諦めないと伝えました。


心は、文吾から教えてもらった鈴の住所を探していました。

すると、声を掛けてきた女性がいました。

鈴でした。


鈴は心を施設に置き去りにしたと言います。

そのことを心に謝ります。

鈴は顔を整形し、名前も変えていました。

今は、村田藍という名前で生きていると言います。


心と藍が連絡先を交換しようとしていると、車椅子に乗った藍の夫・木村みきおとその母親がやって来ました。

母親は木村さつきでした。

あのさつき先生です。

心は藍の家へ行くことになりました。


みきおと話していると、心に電話がかかってきました。

藍からでした。

心は他の部屋で電話をすることに。

藍は心に早く帰るように言いました。


その部屋にあった写真を見て心は驚きます。

姉とさつきが写った小学校の時の写真でした。

心は、どうしてこの写真がここにあるのかと考えていると、みきおが声を掛けてきました。


みきおは、音臼小事件に巻き込まれて死にかけたと言います。

みきおは写真に写った自分を指さします。

心が担任を務めていた時の生徒の加藤みきおでした。

みきおは毒入りのはっと汁を食べて、後遺症で下半身不随になってしまったのです。

さつきは、事件後身寄りのなかったみきおを育ててくれたのです。


心は藍に、みきおは藍が佐野鈴だということを知っているのかと尋ねました。

みきおは何も知らないと言います。

顔も名前も変えて介護士をしている時に、みきおと偶然会ったというのです。

文吾の事件で苦しんでいるみきおから一緒にいて欲しいと言われて、藍は断れなかったと言います。

藍は罪滅ぼしのためにみきおといるのでした。


心は藍にそこまでする必要はないと言います。

堂々と本当の名前で生きていくために、文吾の無実を一緒に証明しようと説得します。

しかし、藍にはその気はありませんでした。

文吾には最後のつもりで会いに行ったのだというのです。

心にももう会わないと行って、藍は帰って行きました。


心は、文吾の無実を証明するため、音臼小事件のことをネットで調べます。

すると、音臼小事件被害者の集いが開催されていることを知ります。

事件の関係者が集まって話をする会です。

心はこの集いに参加しようと考えました。


そこで、心は由紀と会うことにしました。

由紀に音臼小事件被害者の集いがまだ行われているかを聞きました。

そして、心は文吾の無実を証明したいことを伝えました。

心はこの集いに参加して、無実を証明することにつながる情報を手に入れようとしていました。

それを聞いた由紀は、被害者にえん罪となる証拠を教えて欲しいなどと言えば、何をされるかわからないというのです。


由紀は、心がどうしてそこまで文吾を助けようとするのかがわからないと言います。

心は由紀に、文吾は自分にとってはたった一人の父親だから信じたいと本心を伝えました。

すると、由紀は音臼小事件被害者の集いに関する資料を渡してくれました。

由紀は、被害者の高齢化が進んでいるので、今回の集いが最後になるかもしれないということを教えてくれました。


心は藍に会いました。

そして、心は音臼小事件被害者の集いに行くことを許して欲しいと言いました。

藍はそのようなことをすれば、文吾の家族だとバレて穏やかな生活ができなくなると反対しました。

心は藍に文吾を見捨てるのかと尋ねると、藍は自分の人生はどうしてくれるのかと返しました。

もう連絡してこないように言って帰って行きました。


藍は心に音臼小事件について関わるのは最後にして欲しいというメールを送りました。

藍は心が音臼小事件被害者の集いに参加することを認めてくれたのです。

さつきは隠しカメラを設置したり、藍が心と話しているのを聞いて、藍が佐野鈴だと知りました。


心は、音臼小事件被害者の集いが行われている会場のすぐ外に来ていました。

そこで由紀に会いました。

由紀に、藍の結婚相手がこの事件の被害者であることを伝えました。

心は、覚悟してくれた藍のためにも、文吾の無実を証明するしかないと言いました。


その時、会場からさつきの声が聞こえてきました。

来ないと言っていたさつきが集いに参加していました。

心は藍にこのことを報告し、今回は諦めると伝えました。

すると、藍は文吾のために証言をしてくれる人を探してきて欲しいと言ったのです。


心は会場に入るべきかどうか、最後まで迷いました。

結局、会場には入りませんでした。

心には藍の幸せを壊せなかったのです。

それに、藍が傷ついて1番悲しむのは文吾だということをわかっていたためです。


その時、由紀が会場に入り、壇上に上がりました。

そして、由紀は文吾は無実である可能性はないのか、裁判で明かされなかった事実がなかったと言えるのかなどと遺族に語りかけました。

由紀は、参加者から罵声を浴びせられても話すのを止めませんでした。

ついには、参加者の1人から水を掛けられてしまいます。

そして、由紀は当時は事情があって言えなかった情報を持っている人は教えて欲しいと頼みました。


由紀は「めっちゃ怒られちゃった~」と言って、微笑みながらやって来ました。

心は、妻だった由紀のことを思い出していました。


数日後、由紀から重要な証言をしてくれる人が現れたことを聞きました。

その頃、藍はさつきから呼び出されていました。

【テセウスの船】4話の感想

今回もすごい展開でした。

由紀は生きていましたね。

でも、心の父親を信じると言ってくれた昔の由紀ではありませんでした。

しかも、心の妻でもありませんでした。


由紀は最初は冷たいという印象が強かったですが、心の人間性がわかったからでしょうか、別人のように変わりましたね。

心のために集いの壇上に上がって、心が話したかったことを言ってくれました。

もしかしたら、再び由紀は心のことを好きになるかもしれませんね。


さつきは、藍を呼び出してどうするつもりなのでしょうか?

また、さつきの机の上にあった絵とシアン化カリウムのビンは何を意味するのでしょうか?

気になって来週まで待てませんね。


SNS上には、次のようなコメントが上がっています。

【テセウスの船】4話の視聴率

今回の平均視聴率は、11.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることがわかりました。

好調をキープしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!