絶対零度4の6話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【絶対零度4】6話のネタバレ

進学校に通う17歳の高校生・浅井航(清水尋也)が、美術館で出会った26歳の専業主婦・松永由貴(足立梨花)を殺害した上に、遺体をバラバラにしたという世間を騒然とさせたセンセーショナルな事件が起こった。何としても井沢範人(沢村一樹)をミハンチームから追い出したい、公安部部長の曽根崎正人(浜田学)が、既に起こった事件をなぜミハンシステムが探知しなかったのか、リーダーである井沢に責任があると責める。ミハン統括責任者の香坂朱里(水野美紀)は、航が逮捕されているにも関わらず、この事件を調べ直すことをチームに提案。井沢らは、既に起きてしまった事件を捜査することに。

井沢らは、精神科医に扮し、航の精神鑑定を行う。全国模試で1位を取るほどの秀才・航は、井沢の問いに対し、「そんな鑑定で、僕の心が見えるんですか」など挑発的な態度を取る。さらに、動機を問われると「人を殺してみたかった」と告白。航は、由貴の遺体を処理する際、血痕を消すなど完全に証拠隠滅をし、偽装工作を図ったものの、決定的な証拠となった由貴が航のマンションに入っていく際の防犯カメラの映像に関しては、まるで注意を払っていなかった。
彼はただの猟奇殺人犯なのか――!? 航と由貴の間には何があったのか? 井沢と航の対決、潜入捜査で次第に明かされていく航の本性。やがて、ミハンは意外な真相にたどり着く――。
(公式HPより引用)


17歳の高校生である浅井航が、専業主婦の松永由貴を殺害し、遺体をバラバラにする事件が発生しました。

防犯カメラには、航と由貴が一緒にマンションへ入っていくところが映っていました。

航は、バラバラにした遺体をゴミとして持ち出しました。

その後、産業廃棄物の工場に持ち込み、溶鉱炉で遺体を処分しました。

お風呂場から見つかった血痕は由貴のDNAと一致しました。


この事件についてミハンシステムは探知さえしていませんでした。

航は猟奇犯罪に興味を持ってネットで検索した履歴が残っており、犯行直前ホームセンターで複数の刃物を購入していました。


ミハンは現場の捜査員のフィードバックで学習し進化します。

それなら、問題解決には人材の見直しが急務であると曽根崎は言います。

曽根崎は、何とかして井沢をミハンから追い出したいのです。


香坂は、この事件をミハンで調べ直したいと言います。

ミハンがこの事件を探知しなかったのは、何か裏があるのではないかというのです。


井沢と吉岡は、精神科医に扮して、航の精神鑑定を行います。

航はありふれた教科書どおりの質問で、自分の心が見えるのかと尋ねます。

犯行理由は人を殺してみたかったというものでした。

そして、由貴は殺してみたい女性のイメージにぴったりだったというのです。


山内と小田切は、教育員会に扮して航の高校に潜入しました。

航がどのような生徒だったのかを尋ねます。

生徒からは次のような話が聞かれました。

  • クールで近寄りにくい
  • 周りを馬鹿にしていた
  • 孤立していた

山内は、まだ発言していない女子生徒に話を聞きます。

航が死に場所をスマホで見ていたというのです。

本人は、冗談だと言っていたそうですが。


加賀美が航のパソコンをハッキングすると、自殺に適したビルを探していたことがわかりました。

何度も見ていたのは、新宿西口HARAビル屋上です。


ミハンメンバーは、偽装工作したのに自殺しようとしたり、あっさり自白するのはおかしいと考えます。

何か裏があるかもしれないので、もう少し航から話を聞くことにします。


井沢と吉岡は航の元を訪れます。

井沢は、航に自殺しようとしていたのにどうして人を殺したのかと尋ねました。

航は、死ぬ前に人を殺したいという夢を叶えたかったというのです。

井沢は、それならどうして偽装工作を行ったのかと聞きました。

航は、もっと人を殺してみたいという欲が出てきたのだと答えました。

あっさり犯行を自白したのは、防犯カメラの映像を覆す答えが見つからなかったためだと言います。

井沢は、他の偽装工作は完璧だったのに、防犯カメラの映像に気づかなかったことに違和感を覚えました。


井沢が家族について触れると、航の様子が変わりました。

そこから、井沢は航の家族に何かあると感じました。

航の家族を調べることにします。


実は、吉岡はミハンを辞めたいと言っていました。

少し前に休みが取れないとグチっていました。

母親と電話していたことが関係しているのでしょうか?

とにかく、吉岡は井沢とのこの任務を持ってミハンを離れることにしました。


山内と小田切は、航が自殺を考えていたビルに来ていました。

防犯カメラはなかったので、その時の航の様子を確認できませんでした。

そこで、近くのビルから航を見た者がいないかを探します。

すると、目撃者が見つかりました。

話を聞くと、航の他に女性もいたというのです。

由貴の写真を見せると、その女性に似ているという答えが返ってきました。


調べても、航と由貴の接点は見つかりませんでした。

2人は屋上だけで会っていたのです。


航にはまだ何か隠していることがありそうです。

航の家族について調べると、亡くなった航の母親の体にアザがあるのを見たという証言がありました。

母親はDVを受けていたのです。


次は由貴の夫の松永直哉に話を聞くことにします。

加賀美は、由貴に思い悩んでいた様子はあったかと尋ねました。

すると、直哉は壁にかかった絵をちらっと見ました。


直哉が席を外した隙に、加賀美は絵を外します。

すると、壁に大きな穴が空いていました。

由貴には、1度自宅から緊急搬送された履歴がありました。

由貴はDVの被害者だったのです。


航は、母親がDVに遭っていました。

同じくDVの被害を受けていた由貴と母親を重ね合わせていたかもしれないと考えました。


山内は吉岡の様子を見に来ていました。

吉岡の弟は下半身の神経が麻痺する病気でした。

入退院を繰り返し、ほとんど学校にも行けていませんでした。

弟の容態が悪化してもう長くないと言います。

吉岡は少しでも弟のそばにいて、大丈夫と嘘をついてやりたいというのです。

これが、吉岡がミハンを辞めたいと言った理由だったのです。


井沢は再度航の話を聞きに来ていました。

航は、DVを受けていた母親を助けることができませんでした。

父親と決別した航は自分を責めて自殺しようとしました。

その時偶然出会ったのが由貴でした。


その後、2人は死のうとしたビルの屋上で会うようになりました。

そして、航は由貴が夫から激しい暴力を受けていることを知りました。


その時です。

ミハンを辞めたはずの吉岡が精神科医の格好でやって来ました。


井沢は航は由貴を殺していないと言います。

そして、由貴は生きていると断言しました。

航は、自分が由貴を殺したと声を荒げます。


井沢は、逃げ場のない由貴を救うために、航は由貴を殺すことに決めたのだと言います。

由貴が直哉の暴力から解放されて、新たな人生を歩めるように。


航はわざと防犯カメラに由貴を映らせて、裏口から逃がしました。

あたかも風呂場で遺体を解体したかのように偽装しました。


航がこの計画のことを由貴に話すと、由貴は反対したと言います。

計画がうまくいったとしても、航が捕まるためです。

航はそれでよいと言いました。

航は由貴と出会ったことで生きたいと思えるようなったのです。


航は17歳なので、精神疾患の診断が下れば医療少年院に入る可能性が高いです。

そして、その後完治すれば、数年で出てこられるというのです。

これが航が描いた犯行計画だったのです。

井沢の話を聞いても、航は自分が由貴を殺したと言い張ります。


曽根崎に今回の事件で井沢を潰せると進言したのは門田でした。

今回は殺人が行われていなかったので、ミハンが検知していなくてもまったく問題ありませんでした。

井沢を潰せると思っていた曽根崎から門田は叱責されます。

曽根崎から自分の尻は自分で拭けと言われた門田は、吉岡に由貴に関する情報を教えて欲しいと頼みます。

吉岡から潜伏先の候補を送ってもらったちょうどその時、話を聞きに来ていた門田が直哉に襲われます。


井沢は、直哉が由貴が生きていることを知ったことを航に伝えます。

そして、由貴の居場所を教えるように言います。


直哉が由貴のいるホテルの部屋に入っていきます。

手にはひもを持っており、そのひもで首を絞めようとします。

直哉が首を絞めたの女装した吉岡でした。

吉岡に気づいた直哉は動揺します。


そこへ小田切がやって来てます。

これで殺人未遂が成立したので刑務所に入れられると言います。


吉岡が取り押さえようとすると、直哉が反撃してきました。

小渡切が助けようとしますが、吉岡は自分も警察官だと言って拒否します。

吉岡と直哉が殴り合います。

吉岡が直哉を身動きできない状態にして、最後は小田切の股間蹴りが炸裂します。

そして、直哉は逮捕されました。


由貴が航に面会に来ます。

由貴が謝罪すると、航は「いいんです。あなたは悪くない」と言いました。


井沢は航の罪は偽計業務妨害だと言います。

しかし、情状酌量が認められてすぐにここを出られるというのです。


吉岡が、由貴とこれからのことを話し合うように助言します。

航は、由貴は自分のことを好きではないと言います。

由貴はこれから産まれてくる子供のために、航の計画に乗ったに過ぎないというのです。

航はそれをわかった上で、計画を実行したのでした。


山内は吉岡の弟と話をします。

吉岡が刑事になったのは、弟の夢を叶えるためでした。

本当は性格的に警察官には向いていないと弟は言います。

ただ、最近吉岡は警察官の仕事にやりがいを感じ始めているようだというのです。

弟は、自分が長くはないということを知っていました。

弟は吉岡が心配で仕方がないのです。

山内は、吉岡はミハンのメンバーに欠かせない存在だと告げます。

弟はうれしそうに喜びました。

山内が病室から出ると、吉岡が泣いていました。

そんな吉岡の肩を山内が軽く叩きました。


篠田は小田切に付き合って欲しいと言いました。

突然のことに小田切は驚いていました。

その後、篠田が写真を印刷すると、どの写真にも小田切の近くに不審な男が映っていました。


34日後、小田切に篠田から電話がありました。

路地裏に行くと、篠田が血まみれで倒れていました。

何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

【絶対零度4】6話の感想

今回は悲しい事件でした。

男子高校生がDVの被害に遭っていた女性を殺害したように見せかけて、その女性を助けようとしたのです。

このようなことまでしないと、DV被害者を助けられない日本はおかしいです。

被害を受けていることが明らかであれば、被害者を救済できる仕組みを作って欲しいですね。


吉岡は弟の夢を叶えるために、自分が不向きな警察官になっていたとは驚きです。

本当によい話です。

弟は自分の命が長くないとわかっていても、吉岡のことが気になって仕方がないようです。

このことを知った吉岡が泣くシーンは感動的でした。

素晴らしい兄弟ですね。


SNS上では、次のような声が上がっています。

【絶対零度4】6話の視聴率

今回の平均視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!