ハケンの品格の4話のネタバレと視聴率についてご紹介します。

ハケンの品格の4話のネタバレ

第4話「悲しい恋とお時給」

東海林はバス停のキスから、春子のことが気になってしょうがない。
ケイタイの番号を託したにも拘らず、電話もかかってこない。
そして偶然にもその現場を見てしまった賢介もまた、気を揉んでいた。

一方、美雪は、はじめて貰った給料のあまりの少なさに大ショック。
家賃や光熱費を支払うとこ一ヶ月ももたないと春子に借金の相談をするが、あっさりと断られてしまう。
悩んでいると、ハケン仲間の香から、他のハケン会社にも登録したらどうかと勧められ、早速登録してみると、時給1800円の受付の仕事の面談が舞い込んできた。
明日が面談でどうしたものかと香に相談してみると、みんなやっていることだから、何か理由をつけて休んで行けばいいと教えられる。

そんな折、東海林がロシアの企業との商談を任されることになった。
モスクワ駐在経験ある東海林はロシア語に自信があるため、春子にいいところを見せようと、交渉の当日の秘書役を依頼。
ところが商談の席上、東海林はロシア人バイヤーの迫力に圧倒される。
そしてその夜、東海林は、春子と二人きりで話をしようとカンタンテの外に呼び出し、果敢にアタックするが空回り。

母親が急病という理由で休んでいる美雪に、ハケンライフの一ツ木が連絡をするが、ケイタイが繋がらず、群馬の実家に電話をしてみると、病気のはずの母親当人が応対し、至って元気であり、美雪が嘘をついて休んだことが判明。
実は、別のハケン会社の面談に行ったことを知った春子は、その会社に急行する―
(公式HPより引用)


桐島から契約延長の話をされますが、春子は当初の契約どおり3ヵ月でよいと言います。

ゆくゆくは正社員を考えていると言われると、春子は会社に縛られるような奴隷にはなりたくないときっぱり断りました。


キスをしてから東海林は春子のことを意識しています。

以前のように春子に噛みつきません。

2人のキスを見ていた賢介は、2人のことが気になって仕方がありません。


東海林は春子にこの間のことを謝りました。

春子はまったく気にしていない様子でした。

東海林は、2人で話したいと言って、携帯の番号を書いたメモを渡しました。


美雪は、初めての給料の少なさに大きなショックを受けていました。

家賃と光熱費を払ったらなくなってしまうというのです。


東海林がロシアの企業と商談することになりました。

春子に秘書として来て欲しいと頼みます。

桐島からも頼まれたので、春子は秘書として同行することになりました。


ロシアの企業との商談が始まりました。

契約内容について、ロシア人バイヤーが難色を示しています。

東海林はバイヤーの迫力に圧倒されますが、春子がロシア語でビシッと言うとあっさり商談が成立しました。


美雪は春子にお金を貸して欲しいと頼みますが断られてしまいます。

お金に困っている美雪は、他の派遣社員から他の派遣会社にも登録することを勧められます。

他により条件のよい求人があるというのです。


春子にそのことを伝えると、体は1つしかないので登録は1社で十分と言われます。

美雪が愚痴を言っている間に春子はいなくなってしまいました。


東海林と賢介は「カンタンテ」に来ていました。

東海林はお昼の商談のお礼を言います。

春子は勤務時間外だと返します。


東海林は2人で話したいと、春子と店の外に出ます。

東海林は、単刀直入に自分のことが好きかどうかを聞きました。

春子は、「好きか嫌いかじゃないんです。すぐに辞める派遣だから誘いやすい。軽く誘ってこじれたら切り捨てる。そういう正社員を私は死ぬほど見てきました

そして、春子は東海林もその1人だというのです。

東海林はもっと心を開くべきだと言いますが、春子は派遣にはそのようなものは必要ないと返します。

この後も、東海林は一緒によい仕事をしたいことなど気持ちを伝えました。


登録した別の派遣会社から、美雪に時給1800円というもっとよい条件の仕事の紹介が来ました。

面談は明日ですが、会社があります。

そこで、美雪は母親が急病になり実家に帰ることになったので会社を休むことにします。

一ツ木にその旨を連絡します。


春子は風邪を引いてしまいました。

熱が38.8度もありますが、無理をして会社に行きます。

賢介から美雪が休みなので、その分も頑張って欲しいと言われます。


先日契約することが決まったロシアの企業から、急に帰国することになったので、今日の午後3時までに契約書を交わしたいと言ってきました。

契約書を探すと、一部書類の漏れがありました。

実は、今日東海林は風邪で仕事を休んでいます。

連絡を取ろうとしますが、携帯の電源が切られています。

販売第二課総出で漏れのある書類を探しますが見つかりません。


賢介は、美雪が東海林のデスクの書類をひっくり返したのを思い出しました。

その時に、他の書類に紛れ込んだ可能性があります。

書類を仕舞った棚の鍵は美雪が持っています。

美雪のデスクを探しますがありません。

美雪が持って帰ったようです。

合鍵も見つかりませんでした。


会社から連絡をもらった一ツ木は美雪に連絡します。

しかし、美雪は電話に出ませんでした。

そこで、美雪の実家に連絡を入れます。

母親が出たため、美雪の嘘はすぐにバレてしまいました。


派遣社員同士が美雪の面談の話をしていました。

それを聞いていた春子は、バイクで美雪が面談を受ける会社へ向かいました。

そして、春子は美雪から鍵を受け取ります。

春子がふらついた時に、美雪は春子が高い熱を出していることに気づきました。

心配になった美雪は声を掛けましたが、春子はバイクで帰っていきました。


春子は会社に戻り、棚を開けて書類を見つけました。

何とか午後3時までに書類を揃えることができました。

その後、無事に契約を交わすことができました。


次の日、春子が出勤すると、東海林はお礼がしたいと言ってきました。

ふぐ料理をごちそうしてくれるというのです。

春子はふぐが死ぬほど好きですが、東海林とは食べたくないというのです。

東海林は遠回しに2人はキスした仲だというのですが、春子からはきつい言葉が返ってきます。

その辺を飛び回っているハエがたまたま唇に止まったからと言って、ハエに腹を立てる人間がいますか?

この発言にはさすがの東海林も腹を立てます。

俺がハエなら、あんたは電信柱だ。俺だってたまたま電信柱にぶつかっただけだ

春子は平然としていました。

スポンサーリンク

ハケンの品格の4話の視聴率

ハケンの品格の4話の視聴率についてご紹介します。

ハケンの品格の4話は2007年1月31日に放送されました。

視聴率は次のとおりです。

20.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!