ドラマ「10の秘密」の5話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【10の秘密】5話のネタバレ

帝東建設に偽装建築の証拠を突きつけるには、自殺した矢吹(中林大樹)が残した手帳とデータの両方が不可欠。そのうち手帳はすでに由貴子(仲間由紀恵)が手にしていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)の誘拐事件が、圭太を利用するために由貴子が仕組んだ自作自演だと気づき、がくぜんとする。金のために娘を誘拐した元妻を激しく非難するが、由貴子は悪びれる様子もなく、すべては新しい人生を始めるためだと話す

一方、10年前の火事で死者がいたうえに、圭太がその被害者遺族にひそかに金を送っていたことを知った瞳は、娘の罪をひた隠しにしてきた圭太を軽蔑し、家を出て行ってしまう。仕事も失い、八方ふさがりの圭太は、瞳との生活を取り戻すために金を工面しようと竜二(渡部篤郎)を訪ねる。しかし、良い返事をもらうどころか、由貴子が盗み出したデータに3億もの売値をつけて取引に成功し、さらに手帳を使ってもう3億を手に入れようとしていることを知る。あとがなくなった圭太は、由貴子への宣戦布告ともいえる大胆な行動に出る――!

瞳と頻繁にコンタクトを取ろうとする翼(松村北斗)に違和感を覚えた菜七子(仲里依紗)。その話を聞いた圭太は、翼を詰問すると、自分の過去について、ある告白を始めて……。
(公式HPより引用)


圭太は、竜二に矢吹のデータを3000万円で売るという話の返事を聞きに行きました。

その際、竜二は由貴子からそのデータを3億円で買ったことを明かしました。

そして、さらに手帳を3億円で買う予定であると言います。


竜二は、3億円と3000万円の差は人間の器の差だというのです。

圭太は由貴子よりも1ケタ小さな人間のため、由貴子には勝てないといいます。

そして、圭太には脅迫など似合わないので止めた方がよいと助言します。


由貴子がすでに手に入れた3億円は、複数の国の銀行を経由してヨーロッパにある由貴子が指定した口座(シライシ)に入金されることになっています。

こうすることできれいなお金になるというのです。

由貴子は、近いうちに手に入れる3億円も同じようにするようです。


瞳に翼が会いに来ました。

菜七子は心配なので瞳を探しに行きました。

2人がベンチに座って話しているのを見つけた菜七子は、2人の会話を聞くことにしました。

翼は、火事の時圭太は何をしていたかと尋ねました。

瞳は由貴子と話していたようだと答えました。

その後、瞳に10年前の火事の真相を暴いた方がよい言います。


由貴子と竜二が取り引きを行いました。

由貴子は3億円を手に入れます。

竜二に矢吹の手帳を渡して取り引き成立です。


竜二は由貴子がどうしてこのようなことをしたのか疑問に思っていました。

帝東建設の顧問弁護士でそれなりの報酬を得ていました。

しかも、長沼のお気に入りだったので、顧問弁護士をずっと続けられた可能性が高いのです。

由貴子は、長沼の顔色を伺って使われるのが嫌になったと言いました。

その後、由貴子は車で去って行きました。


由貴子がしばらく車を走らせると、後ろから1台の車が付いてきました。

目の前では、警察官が検問をやっていました。

由貴子は、飲酒運転のチェックを行うので車を降りるように指示されます。

車を降りた由貴子は顔にスプレーをかけられ、目を押さえている間にお金を奪われてしまいました。

後ろから付いてきていた車と警察官はグルだったのです。

由貴子は偽警察官らにだまされてしまいました。


その頃、竜二は長沼に手帳を渡していました。

長沼はこの手帳がなくなれば、自分が不正に関わった証拠はないと言って、手帳を燃やし始めました。


由貴子は竜二にお金を奪ったのかと尋ねました。

竜二は自分が取るつもりなら、はじめから由貴子に渡さないで持ち逃げすると言います。

由貴子は、誰が今回の取り引きを知っていたのかを聞きました。

竜二は、自分たち以外では長沼と圭太だけと言います。

由貴子は、圭太にはこのようなことはできないと考えていました。


実は、圭太が由貴子から3億円を強奪したのでした。

圭太は、由貴子が会っていた高利貸しの男に協力を求めたのです。

報酬として1割を払いました。


由貴子は、お金を奪った者を探していました。

そして、圭太と高利貸しの男が会っていたという情報を得ました。


由貴子はお金を取り戻すために、圭太の自宅に侵入しました。

圭太は、この様子を自宅の外から見ていました。

すぐに警察に連絡を入れます。


警察がやって来たので、由貴子は裏口から逃げます。

由貴子の前に圭太が現れます。

圭太は、お金は瞳のために使うというのです。

しかし、由貴子はお金を圭太に渡すつもりはないようです。

別れ際に「後悔するわよ」と言って去って行きました。


菜七子が圭太の家にやって来ました。

翼が瞳に会いに来ていたことを伝えました。

菜七子は翼が瞳から10年前の火事のことを聞き出そうとしていたことを話しました。

その時、圭太は火事で亡くなった女性に子供がいたことを思い出しました。

もしかしたら、その子供が翼かもしれないと思い始めました。


瞳は翼と音楽フェスタにいると聞いて、圭太と菜七子もやって来ました。

圭太は、2人を見つけました。

瞳を帰して、圭太は翼と話をします。


圭太は、翼に本当の名前は岩瀬シンイチロウではないかと尋ねました。

翼の部屋で話すことになりました。

やはり、翼はあの時亡くなった女性の子供だったのです。

圭太のお金は翼のところに送られていました。

圭太は、お金を送ることぐらいしかできなかったと言います。


菜七子は、瞳の後を付けている由貴子に話しかけます。

由貴子は、菜七子に圭太が自分の3億円を盗んだことを伝えました。

そして、由貴子は菜七子にお金を取り戻すのを協力して欲しいと言います。

菜七子は断りました。

由貴子は別れ際に、どのような手を使ってもお金を取り戻すと言いました。


翼はお金の送り主を探していました。

母の友達というのは嘘だと思っていたと言います。

翼は、現金書留が送られる郵便局や時期などから、送り主が圭太だとわかったというのです。

そして、圭太の家族を調べて瞳に近づいたのです。


翼は、圭太がまだ何かを隠していると言って、ナイフで襲ってきます。

圭太が母親を殺したのだと言います。

翼は、あれは事故ではなく殺人だというのです。

火事の日に訪れてきた男がいたことを明かしました。

それが圭太だったのではと疑っています。

そして、翼が圭太を刺そうとナイフを振り上げました。


菜七子には裏の顔がありそうです。

普段は真面目で地味な感じがしますが、派手な服を着て男性と歩いているシーンがありました。

菜七子にも何か秘密がありそうです。

スポンサーリンク

【10の秘密】5話の感想

やはり、翼はあの火事の関係者でしたね。

亡くなった女性の子供でした。

瞳から火事のことをいろいろ聞き出そうとしていたので怪しいと思っていました。


翼がついに真相を語りました。

圭太は、瞳が別荘に火を付けてしまったので女性が亡くなったと思っています。

しかし、翼は違うようです。

圭太が母親を殺したと思っています。


火事の日に訪れてきた男がいると言っていました。

この男が殺して放火した可能性が高そうです。

もしそうならば、火事は瞳のせいではないということになります。


圭太はどうなってしまうのでしょうか?

来週が楽しみです。


ネット上には、いろいろな声が上がっています。

【10の秘密】5話の視聴率

今回の平均視聴率は、5.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

関西では8.9%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)でした。

関東と関西とでは大きな差があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!