知らなくていいコトの6話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【知らなくていいコト】6話のネタバレ

自分が杏南(秋吉久美子)の娘だと乃十阿(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。しかし乃十阿は突然ホースの水をケイトに向ける!!心配して駆けつけた尾高(柄本佑)は、乃十阿がなぜ事件を起こしたのか“本当のこと”が知りたいというケイトの言葉を聞き、当時乃十阿の担当をしていた弁護士・高村(平田満)の元にケイトを連れて行くが……。

そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。翌日、岩谷(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!?
(公式HPより引用)


ケイトが乃十阿の事件の真相を探る

ケイトは、乃十阿に真壁杏南の娘であることを伝えました。

杏南は乃十阿の痕跡を消したのに、指輪だけは持っていたことを話しました。

ここからはケイトの質問攻めです。

  • 母親と自分は乃十阿にとって何だったのか?
  • 大切な人(妻・子供)が他にいたのか?
  • どうしてあのような犯罪を犯したのか?
  • あの事件の犯人は本当に乃十阿なのか?

質問の途中で、乃十阿はケイトにホースで水を掛けてきました。

結局、何も話してくれませんでした。


水浸しになったケイトは港を歩いていました。

尾高がやって来て、自分の着ていた上着をケイトに掛けて車へ乗せます。

この後、2人はラブホに入ります。

ケイトは、尾高に助けてくれたお礼を言います。


実は、尾高も乃十阿に水を掛けられたことがあるというのです。

乃十阿は誰にも近づいて欲しくないのだと言います。


ケイトは、乃十阿がなぜあのような事件を起こしたのかを知りたいと言います。

裁判記録を読んでも、乃十阿が事件を起こした動機は書かれていないので、ケイトは何もわからないというのです。

尾高は、乃十阿の弁護士・高村なら知っているかもしれないと言うと、ケイトは今から弁護士のところへ行くと言い出します。


ケイトと尾高は、高村のところを訪れました。

事件後、乃十阿の妻は乃十阿は外に好きな人がいるような気がすると言っていたそうです。

それがケイトの母親だったのです。


ケイトは、高村に裁判記録や当時の報道であがってこなかった事件の真相を知らないかと尋ねました。

高村は、乃十阿は自白直後から完全黙秘だったので何も知らないと言います。

ケイトは感情的になって、高村に真犯人は別にいると考えているのかなどと言ってしまいます。

高村は、刑期を終えた乃十阿は事件以前の人と関わることを望んでいないと思うというのです。

そして、高村は乃十阿の元弁護士として、これ以上近づかないで欲しいと言います。

人気棋士と女優の不倫

人気棋士である桜庭洋介の不倫に関する取材を行います。

ネタ元は妻の和美です。

そのため、和美の話を聞きます。

桜庭は、女優の吉澤文香と不倫しているというのです。

2人の不倫メールのやり取りまで見せてくれました。

所々に将棋の専門用語が入っていて、意味がよくわからない部分があります。


和美は桜庭は純粋な人間なので、悪いのは文香だと言います。

雑誌に記事を載せることで、和美は桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにして欲しいというのです。

その代わり、ケイトにメールをどんどん送ってくれるそうです。


会社に戻って、このことを黒川に報告します。

黒川は乗り気で、桜庭と文香のツーショット写真を撮ってくるように指示します。


黒川班のメンバーは、桜庭と文香を見張ります。

ケイトは桜庭を追いかけます。

しかし、その日は収穫なしでした。


和美は、ケイトに桜庭と文香のメールを送ってきます。

密会場所は暗号で知らせているので、暗号が解読できないと不倫現場を押さえるのは難しそうです。

ケイトは、春樹が高校時代、将棋部の主将だったことを思い出します。

春樹ならこの暗号を解けるかもしれないと言います。


ケイトは春樹に電話を掛けます。

春樹は、付き合うことになった小泉と食事をしていました。

ケイトからの電話だと知ると、春樹は電話に出ませんでした。

小泉は春樹の携帯に入ったケイトの留守電を聞きます。

緊急を知らせる留守電でした。 


春樹はケイトに連絡します。

ケイトから将棋の棋譜を使った暗号を解読するように頼まれます。

春樹はしぶしぶ引き受けます。

小泉は焼き餅を焼いて、春樹が解読するのを邪魔します。

春樹はケイトに協力するのを止めてしまいます。


ケイトに、和美から新たな2人のメールのやり取りが送られてきました。

そのメールは、2人が“会いたい”と言い合っているものでした。

“会いたい”という言葉を見ていると、ケイトは尾高に会いたいという気持ちが強くなっていきました。


翌日春樹は将棋盤の駒を見て、必死に暗号を解こうとしていました。

ついに春樹が暗号を解読しました。

江戸時代、将棋の棋譜は“いろはにほへと”で示されていました。

これを使って暗号を解読すると、“ロレリアホテル 5時”になりました。


密会場所と時間がわかったので、黒川班を中心とした週刊イーストの社員が桜庭と文香に張り付きます。

桜庭がホテルの602号室に入りました。

ケイトの命令で、福西は隣の601号室を取りました。


しばらくして、文香もホテルにやって来ました。

そして、文香も602号室に入っていきました。

ケイトらは601号室で待機します。


翌朝早く、文香が1人でホテルを出ました。

その後、桜庭もホテルを出ます。

結局、ツーショット写真を撮ることができませんでした。


和美が他の週刊誌にネタを持ち込んではマズいので、日曜日まで2人を追いかけることにします。

ツーショット写真が撮れなければ、写真なしで記事にすることになりました。


桜庭は高知にやって来ました。

ケイトは桜庭を追っていました。

桜庭は子供将棋教室に行きました。


文香も高知に来ていました。

そして、2人は浜辺で落ち合いました。

ツーショット写真を撮ることができました。

写真が撮れれば、突撃取材することになっていました。

ケイトは、2人の幸せを壊すことになるので躊躇していました。


ついにケイトが動きます。

2人の元に駆け寄り、2人の関係を尋ねます。

桜庭は2人は友人だと言います。

しかし、文香は桜庭を愛しているというのです。

桜庭も同じ気持ちだと言います。

離婚するのかというケイトの質問に、桜庭はそうしたいと答えました。

記事と写真を掲載すると伝えると、文香は好きにすればよいと返しました。


2人の記事が出ると、テレビでも報じられて大きな騒ぎとなりました。

和美は、文香に桜庭を返して欲しいと頼んでいました。

この騒ぎはしばらく収まりそうにありません。

ケイトと尾高は不倫?

ケイトは尾高のスタジオを訪れました。

ケイトは尾高とは不倫関係にあるのではと考えていました。

それを察して、尾高は何もないので不倫ではないと言いました。


ただ、尾高には1つ問題がありました。

尾高の心の中にはいつもケイトがいると言います。

家族は大事だと言いますが、ケイトを思わない日はないというのです。

尾高はこのように言葉に出して正直に言えば、お互いに踏み止まれると考えています。

尾高はケイトに「踏み止まろう」と言いました。

ケイトも相槌を打ちました。

その時です。

尾高がケイトに激しいキスをしました。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】6話の感想

ケイトは乃十阿に話を聞きに行きました。

水を掛けられて追い払われました。

乃十阿には娘に申し訳ないという気持ちはないのでしょうか?

そのような気持ちがあるのなら、あのようなことはできないでしょうね。

何か事件のことで隠しているのなら、娘には言って上げてもよいのでと思います。


尾高は、ケイトとは不倫ではないと言っていました。

しかし、最後のキスで一線を越えてしまいました。

もうさすがに不倫であることは間違いありません。

奥さんや子供のためにも、尾高には不倫をして欲しくなかったですね。

今後どうなるのでしょうか?


SNS上には、さまざまな声が上がっています。

【知らなくていいコト】6話の視聴率

今回の平均視聴率は、8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

SNS上ではかなり盛り上がっているのですが、2ケタには届きませんね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!