ケイジとケンジの5話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】5話のあらすじ

ケイジとケンジの5話のあらすじは次のとおりです。


 横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と目黒元気(磯村勇斗)は居酒屋店へ。“出世第一の人生プラン”を掲げる目黒は、とうとうと“守りの姿勢”の大切さを語り始める。すると突然、外から怒号が聞こえてきた。酒に酔った源義和(深水元基)がけんか腰で、路上に倒れ込む向谷孝太郎(荒川浩平)に迫っていく姿を見た豪太と目黒は、源を現行犯逮捕。思わぬ手柄にすっかり舞い上がる。

 だが、その先に待っていたのはまさかの展開。源の弁護士・神田川博史(堀井新太)が桜木署へやって来たのだが…なんとこの男、目黒の中高時代の同級生だったのだ! しかも超やり手の神田川は、最初に手を出したのが向谷であることを示す防犯カメラ映像を、いち早く入手。あろうことか源を誤認逮捕してしまっていたことが発覚し、豪太と目黒は青ざめる…。

 ところがそこへ、桜木署の刑事・毛利ひかる(今田美桜)が源にそっくりな似顔絵を探し出してきた! 実はこれ、3年前に傷害事件を起こし、未だ捕まっていない犯人の似顔絵だという。大逆転のチャンスを得た豪太たちだが、横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は張り切る警察の暴走を危惧。部下の検事・真島修平(東出昌大)に、送検の前段階から捜査に加わるよう指示する。一方、神田川は先手を打ち、同事件の被害者・伊勢谷徹(池岡亮介)と示談交渉を進め…!?

 ことあるごとに神田川にやり込められ、思うように捜査を進められない警察と検察。そんな不甲斐ない状況の中、豪太が放った“ある言葉”が目黒の胸に響き…!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】5話のネタバレ

豪太と目黒は居酒屋で飲んだ後歩いていると、大きな声が聞こえてきました。

声の方へ行くと、向谷が倒れ込んでいくのが見えます。

倒れ込んだ向谷に源が迫っていこうとしていました。

豪太と目黒は源を止めます。

額から出た血に気がついた向谷は、源にやられたと叫びます。

すると、源は目黒を振り払って逃亡しました。

豪太は追いかけて、源を現行犯逮捕しました。


弁護士の神田川が桜木署へやって来ました。

逮捕した源の父親の会社は、神田川の務める弁護士事務所のクライアントでした。

実は、目黒と神田川は中高時代の同級生でした。


神田川は現場の防犯カメラの映像を入手していました。

豪太らはその映像を見て青ざめます。

映像を見る限り、向谷の方から源に殴りかかっています。

しかも、源は手を出していません。

つまり、源が殴りかかってきた向谷に迫っている時に豪太らがやって来たのです。

明らかな誤認逮捕です。


多胡係長・豪太・目黒の3人は署長に説明して、源を釈放してもらおうとしていました。

その時です。

ひかるが、源によく似た似顔絵を持ってきました。

3年前に起こった傷害事件の犯人の似顔絵でした。

バーの店員が客に大けがをさせられたというのです。

まだ犯人が捕まっていません。

豪太らは、絶対に似顔絵の男は源だと言い張ります。


署長は樫村に今回のことを伝えます。

樫村は源を釈放するように言います。

傷害事件の捜査はそれからだというのです。

署長はとりあえず源を釈放することにしました。


豪太らは、源が桜木署の敷地から出るのをずっと見ていました。

源が敷地を出た瞬間急いでやって来て、3年前の傷害事件で任意同行を求めます。

署長の“とりあえず釈放”というのは、このことを意味していました。


豪太らは源を取り調べます。

あの日犯人が飲んでいたグラスの指紋と源の指紋が一致したいう知らせが入ります。

源は、事件以前に使ったグラスが洗われずにおかれていたかもしれないと反論します。


署長は、樫村に源を逮捕したことを伝えました。

署長は犯人の指紋と一致したので大丈夫と言いますが、樫村は警察の暴走を危惧していました。


源はまだ送致されていませんが、修平は樫村から警察がこれ以上暴走しないように、今の段階から捜査に加わわるように指示されました。

修平とみなみは捜査に出掛けました。


その頃、神田川は源から何を疑われているのかを聞いていました。

源は3年前の傷害事件は自分ではないというのです。

神田川は、自分は味方なので本当のことを教えて欲しいと言います。

すると、源は自分が犯人であることを認めます。


豪太・修平・みなみの3人は被害者の伊勢谷徹のところを訪れていました。

豪太は、伊勢谷に傷害事件の犯人が捕まったことを伝えました。

修平は、指紋だけでは証拠として弱いので、詳しい話を聞かせて欲しいと言いました。

みなみは事件の概要を話します。


伊勢谷は、下半身麻痺で腰から下は動かなくなりました。

最初はずっと引きこもっていたそうですが、今は車椅子バスケを行っています。


伊勢谷は神田川から連絡があったことを豪太らに伝えました。

500万円を払う代わりに、傷害事件は示談にして欲しいというのです。


修平は、伊勢谷に示談するかどうかを尋ねます。

示談をするかどうかは伊勢谷の判断で誰にも止める権利はないと修平は言います。

修平は示談しても送致することはできるが、刑が軽くなる可能性が高いというのです。

豪太は示談に反対でした。


伊勢谷は示談には応じないと言います。

豪太は喜びます。

そして、伊勢谷に犯人の顔写真を見てもらうと、源で間違いありませんでした。


源が送致されてきました。

源は完全黙秘を続けます。


豪太と目黒は、当時伊勢谷が働いていた店の店長に話を聞きに行きました。

伊勢谷はバスケが相当上手で、Bリーグのチームに入ることが決まっていたそうです。

店長は悔しがっていました。


豪太と目黒は病院に行って、伊勢谷のリハビリ記録を手に入れることにします。

検事が起訴する時の材料になるというのです。


神田川が修平のところへやって来ました。

修平は、源が突き飛ばした瞬間を見た目撃者(大村)がいると言います。

すると、神田川は大村は伊勢谷に借金をしていたので伊勢谷に有利な発言をするのは当たり前だというのです。

軽く押しただけで伊勢谷が落ちたのだと神田川は説明します。

修平は、伊勢谷が搬送された救急病院とその後転院した病院の診断書を見せます。

神田川は、その病院は先日保険詐欺に協力した病院で、伊勢谷がまともな病院で治療していれば下半身不随にはならなかったかもしれないと言います。

そして、神田川は伊勢谷との示談が済んだので、裁判所は寛大な判断をしてくれるだろうというのです。


修平とみなみは伊勢谷に話を聞きに行きました。

伊勢谷は示談を認めました。

示談金を2000万円に上げてきたのだと言います。

しかも、源は初犯なので執行猶予がつく可能性が高いということも聞いたそうです。

伊勢谷は重い判決が出ても執行猶予がつけば意味はなく、それにお金は必要だというのです。


豪太は、修平から伊勢谷が示談したことを聞きましたが、納得できませんでした。

そこで、目黒に源がやったことを調べて検事に伝えることを提案します。

目黒も賛成します。


豪太と目黒は事件があった店で、事件を再現してみました。

目撃者の大村にも協力してもらいました。

結果、軽く押した程度では人は落ちないことがわかりました。


今度は、源の過去の酒によるトラブルを調べます。

すると、源がたびたび酒による暴力沙汰を起こしていたことがわかりました。


伊勢谷にこのことを伝えました。

源が問題を起こすたびに、弁護士が入って示談にしてきていたのです。

修平は、示談がなくなれば裁判官は執行猶予をつけない可能性があることを説明します。

伊勢谷は経済的な理由を挙げて、示談の取り消しは難しいと言います。

修平にはよい解決案がありました。


修平は神田川の元を訪れます。

伊勢谷が示談に応じないことを伝えます。

これで源には執行猶予がつかない可能性があると言いました。

そして、修平は伊勢谷が民事でも源を訴えることを伝えます。

伊勢谷はBリーグのチームに入ることが決まっていましたが、ケガで生涯入るはずであった年俸を手にできなくなったことを説明します。

トドメは民事の伊勢谷の代理人です。

代理人は、民事訴訟のレジェンドと言われている大物弁護士です。

さすがの神田川も何も言い返せません。


修平は、源に傷害の罪で起訴することを伝えました。

みなみは、示談が成立していないのでそこそこ重い罪になると言います。

【ケイジとケンジ】5話の感想

今回はよくありがちな話でした。

お金持ちの息子が犯罪を犯したのに、敏腕弁護士がお金にものを言わせて事件をなかったことにします。

ドラマでは、罪を軽くしようとしていました。


こういう人間は何度でも同じことを繰り返します。

何かあっても、弁護士が助けてくれると思っています。

やはり、しっかりと自分の犯した罪を償わせないといけませんね。


今回も、修平の「堅実で穏やかな温かい家庭を持ちたい」というセリフが気になりました。

笑ってはいけないのかもしれませんが、またSNSで話題になるのかなと思いました。


SNSでは、さまざまなコメントが上がっています。

【ケイジとケンジ】5話の視聴率

今回の平均視聴率は、9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

再び2ケタに浮上することはできるでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!