ドラマ「アライブ」の6話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【アライブ】6話のネタバレ

 恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝える。

 数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。しかし、心は薫を避けるようになっていた。

 そんなある日、心が医局に戻るとペットボトルの水が数本置かれている。心が手を伸ばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。光野によると “がんが消える効能がある“と謳った水だそうで、元患者が、病院にいた患者たちに無断で配っていたので回収したという。初回は無料だが次回から高額で売られているらしく、阿久津晃(木下ほうか)たち腫瘍内科の面々とともに心も憤りを隠さなかった。

 心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。心が抗がん剤治療を施してからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。律子と絵麻がとりなしてその場は収まるが…。
一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていたー。
(公式HPより引用)


抗ガン剤治療に反対する家族

薫は退職願を提出しますが、部長にオペを待っている患者がいると言って受理してもらえません。

理由を聞かれますが、薫は答えられませんでした。


心と薫の関係は完全に崩壊していました。

廊下ですれ違っても、顔を合わせようともしませんでした。


心は、土方絵麻にステージ3の胃がんであることを伝えました。

まず抗ガン剤治療をしてから手術となることを説明します。

父親の徳介は抗ガン剤の使用に反対します。

最終的には、抗ガン剤による治療を行うことになりました。


莉子は乳ガンの手術後、抗ガン剤治療を受けていました。

脱毛が気になっていました。

心に相談すると、後で髪は生えてくるので心配しないように言います。


心は絵麻の両親に声を掛けられました。

徳介は、担当医を腕のよい医者に変えて欲しいというのです。

薫の噂を聞いて、薫に手術してもらうことを希望しています。

心に頼んで欲しいと言います。


抗ガン剤の副作用で倒れた莉子を見た徳介は、絵麻の抗ガン剤治療の中止を求めに来ました。

すると、絵麻は徳介に先に病気になってしまったことを謝ります。

結局、絵麻は化学療法(抗ガン剤治療)をやらないことに決めました。


絵麻は、化学療法をやらないことを謳っているフィルピースクリニックでの受診を考えているというのです。

実は、その病院は医学的根拠のない高額なワクチンやサプリを売っているところでした。

先日患者に無断で配られていた「がんが消える水」(初回無料、次回から1本5000円)も扱っています。

心と結城は、絵麻のために民間療法や薬物療法などいろいろな情報を集めました。


心は、徳介に抗ガン剤は毒ではないということを再度説明しました。

しかし、徳介はまったく聞く耳を持ちませんでした。

どの治療法を選ぶかは自分たちの勝手だと言います。


後日、フィルピースクリニックの院長らが未承認商品販売で逮捕されました。

絵麻の家族が心を訪ねて来ました。

もう1度絵麻を診てやって欲しいというのです。

徳介は土下座して謝罪します。

絵麻を助けたい一心であのようなクリニックを頼ってしまったと言います。

心は今からでも治療できることを伝えました。

そして、両親は絵麻の治療をお願いしました。

高坂はオペできずに閉腹

薫は心とあのようなことがあったので、高坂にオペをするのは本当に自分でよいのかを何度も確認していました。

高坂は薫にやって欲しいと言います。


高坂のオペ前の検査で腹膜播種のおそれがあることがわかりました。

もし腹膜播種ならオペできない可能性がありました。

実際にオペして確認しないとわかりません。


薫は高坂のオペを行います。

心配していた腹膜播種のため、これ以上オペを続けることができませんでした。

結局、すぐに閉腹しました。

今後は抗ガン剤治療を行うようです。

匠の医療過誤の真実が明らかに

関河は、当時の事実を知る人物と会っていました。

その人物は、匠のオペに入っていたヤスダです。

ヤスダは、医療過誤が薫のせいではないと証明できるものはないと言います。

関河は、オペに関するデータやCTなどはないのかと尋ねます。

すると、オペ後にはCTをとっていないという回答が返ってきました。

ヤスダはあえてとらなかったのではというのです。

関河は、もう1度匠に関する情報を調べることは可能かどうかを聞きます。

ヤスダは、家族がいるのでこれ以上の協力は難しいと言います。


心は関河に会って話をしました。

関河に薫からある程度の話を聞いたことを話します。

心はそれが事実かどうかを尋ねます。

関河は、医療過誤があったことは間違いないと言います。

調査委員会で調べてもらうことを考えているという心に、関河は少し待って欲しいと頼みます。

関河は調べていることがあるが、まだ確証を得ていないので話せないと言います。

最後に、関河は薫の父親も医療過誤で亡くなっていることを伝えました。


別の日に心は再び関河に会いました。

心は、匠が亡くなる前にとっていたCT画像を見せてもらいました。


心は薫と会いました。

薫に匠のCT画像を見せました。

この画像は、匠が亡くなる数日前にヤスダがとっておいたものでした。

下大静脈が狭さくしています。


心は薫に、ヤスダはオペで起こった真実を関河に話したことを伝えました。

それを聞いた薫は、真実とは何のことかを心に尋ねました。

心は薫に説明します。

薫は下大静脈が狭さくしてしまったことを知らずに、そのまま止血を試みてパッキングしました。

そのため、匠は心停止になりました。

薫が自分のミスだと思ったのは、薫の位置からでは縫合部位が見えなかったためだというのです。


心は、匠が死んだのは薫のせいではないと言います。

原因は、縫合してこの狭窄を作った須藤だというのです。

須藤は薫に手術を変わる際に、縫合部位はそのままでという指示をしていました。

薫はこのことを思い出していました。


心は薫は悪くないと言います。

そして、薫にひどいことを言ってしまったことを謝罪します。

薫は混乱状態に陥っていました。

心は須藤を調査委員会で調べてもらおうと言い出します。

すると、薫はダメだと返しました。

スポンサーリンク

【アライブ】6話の感想

ガン患者の家族が抗ガン剤治療に反対する気持ちはわからないでもありません。

副作用が強い割に効かないことがあるためです。

自分の家族が副作用に苦しむ姿は見たくはありませんね。


ついに匠の医療過誤の真実が明らかになりました。

やっぱり、須藤に原因があったのですね。

そんな感じはしていました。

須藤は薫のことが好きだったはずです。

自分の好きな人に罪を被せていたことになります。

意図的なら最悪ですね。

今後はどうなるのでしょうか?


SNS上では、さまざまなコメントが上がっています。

スポンサーリンク

【アライブ】6話の視聴率

今回の平均視聴率は、7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

この辺で落ち着きそうです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!