ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の5話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【病室で念仏を唱えないでください5話】のネタバレ

虐待によって救急に運び込まれ、亡くなってしまった少女。その少女を虐待していた義父に怒りを抑えられず殴ってしまった松本(伊藤英明)は、警察に逮捕された挙句あおば台病院から無期限の出勤停止処分となってしまった。

そんな中、謹慎中の松本は、師匠・円明(団時朗)の昔からの友人、石川祐三(品川徹)が老衰で臨終が近いと知らせを受けたことを知り、直ぐに医療用具を持参し円明の弟子・唯円(葵揚)と共に石川家へと向かった。だが、死を覚悟した様子の石川家の家族たちを前に、医者として、僧侶として、何かできることはあるのかと松本は葛藤するのであった。

一方、濱田(ムロツヨシ)の反応を気にしていた心臓外科医の児嶋(松本穂香)が救命救急への配置換えを直訴し、転科してきた。しかし、謹慎中の松本は知る由もなく…。

ある夜、憲次(泉谷しげる)に誘われ一緒に飲みに行くと、もう息子・哉が川遊びで溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと憲次から励まされる。その帰り偶然にもビルの工事現場で事故を目撃した松本は…。
(公式HPより引用)


児島が救命救急に

心臓外科医の児嶋が救命救急への配置換えを直訴しました。

患者を救急で救った時に、迷いが吹っ切れたと言います。

児嶋は、自分が今後どのような医者になりたいのかをずっと悩んでいたのです。

そして、救急に来て、松本の元でもっと医者として成長したいと言います。

児嶋は、この時初めて松本が謹慎になっていたことを知りました。

それを知らずに、児島は配置換えを直訴していたのです。


急性硬膜下血腫の女性患者が搬送されてきました。

救急に転科してきた児島が対応します。

患者は脳ヘルニアでした。

オペ室に運ぼうとしますが、それでは間に合いません。

田中に松本ならここでオペすると言われ、児島はオペを始めました。

そこへ涼子がやって来て、手伝ってくれることになりました。

オペは成功しました。

松本が無期限の出勤停止処分

少女の義父を殴ってしまった松本は、警察に逮捕されました。

義父は、裁判の心証が悪くなるからと言って被害届を出しませんでした。

そのため、松本は釈放されました。

ただ、あおば台病院からは無期限の出勤停止処分を受けました。


謹慎中の松本は、師匠・円明の寺にいました。

松本は義父を殴ったことについて反省はしていましたが、後悔はしていませんでした。


松本は、円明の旧友である石川祐三が老衰で臨終が近いということを知りました。

主治医がぎっこくり腰になったことを聞き、松本が石川を見送ることになりました。

石川家へ行くと、石川の死が間近に迫っていることもあって、親族が大勢集まっていました。

石川本人が延命治療をしないことを希望していたので、松本は何も処置しませんでした。


みんな泣いてしまって湿っぽい雰囲気になってしまいました。

このような場面に慣れていない松本ですが、説法を始めます。

すると、噛んでしまってなかなか“お釈迦様”と言えず、おまけにお腹の音まで鳴ってしまいます。

これにはみんな大笑いしてしまいます。

一気に雰囲気がよくなり、親族は笑って見送ろうということになりました。

最後は、みんなで感謝の気持ちを伝えます。

石川の目から涙がこぼれた後、息を引き取りました。


先日亡くなった愛羅が通っていた学校の教諭・植木が病院へやって来ました。

松本に直接お礼が言いたかったのだと言います。

植木は、愛羅が理不尽な暴力でつらい思いをしていたのに助けられなかったことを悔やんでいました。

愛羅が気を失う直前、松本が「たくさん頑張ってきたな。大丈夫。安心して」と声を掛けた時、愛羅はほっとしたような表情になったというのです。

あの瞬間だけは愛羅は救われたのではないかと植木は考えています。

松本の元には、このことが書かれた手紙が届きました。

植木の感謝の気持ちが記されていました。


松本は、ビルの工事現場の事故を目撃します。

そこには足場の下敷きになっている男性がいました。

松本はその男性の様子を伺います。

ちなみに、松本は酒を飲んでいませんでした。


警察官が来て部外者は出ていくように言われます。

証明書を出すように言われますが、すぐに出てきません。

その時涼子らと遭遇します。

涼子は松本にすぐに手伝うように言います。


松本は、患者と一緒にあおば台病院へ来ました。

そして、緊急オペをやろうとします。

センター長の玉井は、松本は謹慎中だとオペするのを止めます。

そこへ理事長がやって来ます。

理事長は松本にクビを宣告するのかと思いきや、現場復帰を認めてくれました。

実は、玉井は理事長に何度も頭を下げて、松本が復帰できるようにお願いしていたのです。


松本はすぐにオペを始めます。

無事にオペを終えました。

しばらくすると、涼子らが戻ってきました。

松本はみんなにお礼を言います。

児島にも応援に来てくれたお礼を言うと、児島は救急に来たことを報告します。

松本は大変驚いていました。


松本は円明の寺に来ていました。

先日円明に後悔はしていないと言っていた松本ですが、今は後悔していると言います。

殴ったことより、愛羅をたとえ1秒でも長く生かして笑顔にできなかったことを悔やんでいるというのです。

そう言った後、松本は涙を流します。

憲次の言葉に松本が涙

松本は、先日約束したとおり憲次と飲んでいました。

憲次は松本が医者になった理由は想像がつくので、もう償いの気持ちで医者をする必要はないと言います。

哉の死で松本が医者になって多くの人の命を救っていることで、哉が生きていた意味を感じることができるというのです。

そして、憲次は哉のことはもうよいので、普通の医者として頑張るように言ってくれました。

この言葉を聞くと、松本は涙が出てきました。

松本は後に知りますが、憲次は肺がんでした。

濱田があおば台病院にやって来た理由とは?

濱田は理事長と話をしていました。

理事長は、濱田のおかげで心外はあおば台病院の看板になりつつあると喜んでいます。

予定どおり、心臓血管外科専門医認定修練施設の認定が3年で獲れそうだというのです。

理事長は、濱田の望みはその後だと言います。


濱田は、学会である男と次のことに関して話をしていました。

40億集めることや早く永田町に喰い込まないといけないこと、外に漏れると潰されることなど。

これは一体どういう意味なのでしょうか?

理事長と話していた施設の認定に関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください5話】の感想

松本は、クビにならなくてよかったですね。

理由はどうであれ、人を殴ればクビになっても文句は言えません。

玉井が、理事長に何度も頭を下げてくれたおかげで復帰できました。

部下思いの優しい上司です。

玉井がいることで、ドラマの中によいアクセントが生まれています。


憲次の言葉に松本が涙を流すシーンがありました。

感動しましたね。

普通なら自分の息子を失った悔しさを松本にぶつけたくなるのでしょうが、今の憲次にはそのような気持ちはまったくないようです。

それどころか、松本のことを心配してくれています。

今では本当の親子のようです。

憲次に哉のことはもうよいと言われたことで、松本はかなり楽になったのではないでしょうか?


SNS上には、次のような声が上がっています。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください5話】の視聴率

今回の平均視聴率は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!