トップナイフの6話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【トップナイフ】6話のあらすじ

トップナイフの6話のあらすじは次のとおりです。


オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山(天海祐希)。一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々。深山に取り入ろうとするが……。

そんな中、西郡(永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤卓司(山本浩司)を診察する。実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川(三浦友和)に真偽を確かめるが……。

一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田保(笠松将)は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。

そして深山が自分を避けていると感じた大澤は、“幻の自分”の悪魔の囁きに背中を押され復讐を実行しようと決意。深山を狙って細工をしたエレベーターに立てこもる!しかも、ちょうど出張販売に来ていた来島(古川雄大)と入院患者・木元(吉田美佳子)も巻き込まれてしまい……。大澤がメスを手に深山に迫る中、木元が突然倒れ、一刻を争う緊急事態が勃発する!深山はエレベーター内で前代未聞の緊急オペをしようとするが……!!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【トップナイフ】6話のネタバレ

切断したのに手が痛いという患者

救急車で搬送されて来た原田保は左手を切断しました。

頭蓋骨骨折の経過観察のため入院しています。

原田は社会人野球を続けながらプロを目指していました。

黒岩が担当しています。


左手を切断したにもかかわらず、左手の手のひらが痛いというのです。

これは幻肢痛と呼ばれるものです。

長年野球をやって来た原田には腕を失った喪失感が非常に大きく、これが幻肢痛の原因となっているのではと考えられました。

脳外科としてはやれることがないと言います。


黒岩は、息子と同じ名前ということもあって、原田のことが気になっていました。

原田と黒岩は後悔について話をしました。

原田が後悔しているのは腕を失ったことではありませんでした。

自分のミスで甲子園に出られなかったことだというのです。

野球は止められなかっただけで、好きで続けていたわけではないと言います。


原田の高校時代の野球部員が見舞いに来てくれました。

原田は自分のミスで甲子園に行けなかったことを謝ります。

みんなからあの球は捕れたんだと励まされます。

原田や高校時代の野球部員はみんな泣いていました。

原田はみんなに感謝の気持ちを伝えました。

深山への復讐を誓った患者

西郡は、偏頭痛と意識減損発作の患者・大澤卓司を診察していました。

現在は内科医で、昔この病院の脳外で働いていました。

大澤は、もう1人の自分が出てくるようになったと意味不明なことを言います。

実は、大澤は深山にクビを切られたと言います。


検査の結果、3cmの脳腫瘍が見つかりました。

もう1人の自分が見え、それが絶えず自分を見て笑っているという大澤の話から、ドッペルゲンガーと診断されました。

これは、自分が自分自身の姿を見る幻覚の一種です。

しかも、大澤は自分の分身が見えるだけではなく、それと会話もします。

脳腫瘍が原因と考えられます。


西郡は、大澤の様子を見に行きました。

大澤は、深山から脳外科医は無理だと言われて飛び降りたことがあるというのです。

西郡は今出川にそのことを確認します。

すると、今出川は事実だと言いました。

自転車置き場の屋根がクッションとなって、大澤は足の骨折だけで済みました。

深山が大澤のクビを切ったのかどうかについては明確には答えませんでした。


もう1人の自分から、大澤は「(深山に)バカにされたままでいいのか?」と問われました。

大澤は「言いわけがない」と答えました。

幻覚がひどくなっているようです。


深山は大澤の病室を訪れました。

大澤はいませんでした。


犬飼は、エレベータで深山と一緒になりました。

その際、犬飼は深山がクビを切りまくるという噂を聞いたことがあるという話をしました。

すると、深山は脳外科医には最高の脳外科医と、なってはいけない脳外科医の2種類しかいないと言います。

大澤は後者だったというのです。


この時、大澤はまた幻覚を見ていました。

大澤は、もう1人の自分に(深山に)殺されると話しました。

もう1人の自分は、2度とメスの持てない体にやってやれと返しました。


深山と出張販売に来ていた来島、佐代美の3人が乗るエレベータに、大澤が乗り込んできました。

突然エレベータが非常停止しました。

エレベータが停止したのは大澤の仕業でした。

大澤は深山と話がしたかったのだと言います。

手にはメスを握っていました。


その時、佐代美が倒れました。

佐代美は身体完全同一性障害です。

これは、自分の体の一部が自分のものではないと感じてしまいます。

脚の切断などを望むことが多い病気です。

原因がわからない上に治療法もありません。


佐代美の脚を見ると、布を何重にも巻いて血が流れなようにしてありました。

脚は紫色に変色し、腫れ上がっていました。

脚を腐らせて切断してもらおうとしたのです。


深山は、大澤にエレベータを早く動かすように言います。

しかし、大澤は動かないような細工をしたというのです。

仕方がないので、深山はエレベーター内でをオペをすることになりました。

幸子が手術器具を持っていくことになりました。


大澤は、深山にどうして脳外科認定試験を受けさせてくれなかったのかを尋ねました。

深山は、大澤は脳外科医になるには弱すぎたと答えました。

実は、大澤が飛び降りたのは試験を受けられなかったためではなく、患者が亡くなったためでした。

大澤が力を入れて治療していた女の子が亡くなったのです。

大澤の記憶は混乱していました。


手術器具を持ってきた幸子もエレベータに入りました。

いよいよ深山が佐代美の緊急オペを行います。

深山は、オペをしながら、大澤に話しかけます。

脳外科医には度胸と図太さが必要だと言います。

大澤には両方とも欠けています。

これが大澤に試験を受けさせなかった理由です。

大澤は深山の言葉に納得したようです。

オペが済んだのと同時に、エレベータの扉が開きました。


その後、今度は大澤が倒れました。

緊急オペが行われました。

幸子が深山の助手を務めます。

オペは無事に終わりました。

オペ後、もう1人の自分が大澤によく頑張ったと励ましていました。

【トップナイフ】6話の感想

深山に復讐をしようとする者が現われました。

脳外科認定試験を受験させてもらえずに、クビを切られたのが原因です。

大澤の気持ちはわからないでもありません。

深山が言っていたのが正しいとしても、自分のことは自分で決めたいですよね。

本当にやめておいた方がよいというのなら、せめて理由は説明して欲しいです。

言われないとわかりませんからね。


SNSでよく話を詰めすぎだという声が上がっています。

今回もそのような気がします。

そのため、ドラマのストーリーが少しぼけてしまっているように感じます。

1つずつのストーリーはよいだけに残念です。

特に、元高校球児の話は感動的でした。


SNSでは、次のような声が上がっています。

【トップナイフ】6話の視聴率

今回の平均視聴率は、10.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!