アリバイ崩し承りますの3話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【アリバイ崩し承ります】3話のあらすじ

アリバイ崩し承りますの3話のあらすじは次のとおりです。


 ピアノ講師・河谷敏子が殺された…。事件発覚の翌日、マッサージ店の店長・芝田和之(木村了)が捜査一課を訪ねてくる。芝田は、事件が起きた日の朝、敏子が自分の店でマッサージを受けていたこと、さらに、敏子はホステスの妹・河谷純子(橋本マナミ)と揉めていたことを証言。

 那野県警捜査一課の管理官・察時美幸(安田顕)と刑事・渡海雄馬(成田凌)は、純子の家を訪問。夢遊病に悩まされているという純子は「パジャマの袖に血がついていた…私が発作を起こして姉を殺したのかもしれません」と衝撃の告白をする! これは自供だ!と息巻く雄馬。一方、美しい純子に心奪われた察時は、なんとか純子のアリバイを証明しようと、いつも通り美谷時乃(浜辺美波)を頼り、純子の“アリバイ探し”を依頼する。時乃は初挑戦となる “アリバイ崩し”ならぬ“アリバイ探し” を成功させて、事件の真相を解明することができるのか…?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【アリバイ崩し承ります】3話のネタバレ

ピアノ講師である河谷敏子が殺されたという連絡が入りました。

察時はこの日休みでしたが、現場に急行しました。

敏子を発見したのはピアノ教室の生徒でした。


犯人は敏子の頭を何度もピアノで打ち付け、カーテンのタッセルで首を絞めて殺したようです。

察時は、生徒が怪しいという雄馬に生徒を調べさせました。


鑑識から事件の概要が話されました。

後頭部の傷の形状がピアノの角の形状と一致したことなどから、現場で殺されたことは間違いありませんでした。

死亡推定時刻は、9:00~12:00です。

生徒や周辺の住民からは有力な情報は得られませんでした。


察時は、捜査会議の話を聞いている時乃を見つけました。

時乃は腕時計の出張クリーニングに来たというのです。

すると、みんなは腕時計を持って時乃の元に集まります。

察時は、そのようなことをしている暇はないと言います。


敏子の知り合いだという男性がやって来ました。

その男性は、マッサージ店の店長である芝田和之でした。

芝田は、事件の日の10:00~11:00まで敏子が店に来ていたことを伝えました。

敏子は自転車で店に来ていたというのです。

店までは20分かかるので、死亡推定時刻は11:20~12:00までということになります。

芝田は、両親から相続した家と土地に関して、妹の河谷純子と揉めているという話を聞いたと言います。


渡海は、純子に話を聞きに来ました。

少し遅れて察時もやって来ました。

2人は一緒に純子の家へ入ります。


純子はホステスのため、いつも朝の4時頃に寝てお昼頃に起きることが多いと言います。

事件当日は、目が覚めると夜中の0時だったというのです。

これが本当なら20時間も寝ていたことになります。

信じられない渡海は、その時間寝ていたことを証明できる人はいるのかを尋ねます。

純子はいないと言います。

雄馬は、もう1度その時間何をしていたのかを聞くと、純子は自分が殺したのかもしれないと言い出します。

純子は夢遊病だというのです。

着ていたパジャマの袖に血が付いていたり、怖い夢も見たと言います。

これらはすべて夢遊病が原因と純子は考えています。


捜査会議では、純子の犯行とみて、犯人を純子に絞った捜査が行われることになりました。

察時は、夢遊病で人を殺すなどおかしな点が多いことを挙げます。

しかし、本部長らは純子が心神喪失の申し立てができるように嘘を言っているのだと反論します。

察時は、納得できませんでした。


捜査員は、全力で純子の犯行を証明できる証拠を探していました。

目撃者もパジャマも見つかりませんでした。

雄馬は自白させるしかないと考えていました。


時乃はお風呂でお饅頭を食べていると、雄馬から察時は帰ってきたかという電話がありました。

帰っていないことを伝えます。

雄馬は察時が1人で捜査しているのではないかという話を時乃にしました。


察時は純子が働く店に来ていました。

純子が寝る前に飲んだワインに睡眠薬が入っていたのではないかと考えました。

察時は内緒で鑑識にワインを調べてもらいますば、睡眠薬入っていませんでした。

勝手に純子が働く店に行っていたことがバレて、察時は捜査を外されてしまいます。


捜査を外された察時が帰ってきました。

時乃は察時に新しく作った張り紙を見せます。

そこには“アリバイ探し始めました”と書かれています。

時乃はアリバイ探しについては教えてもらっていないので、どこまでできるかはわかりません。

しかし、察時に話を聞かせて欲しいと頼みます。


察時は、時乃にここまでの捜査内容を伝えました。

芝田にもう1度話を聞きに行った時のことを話します。

10:00~11:00
敏子がマッサージを受ける

10:32 
最初の30分は芝田がマッサージを行い、途中で新人田川と交代する

10:50
最後の10分を芝田が行うために交代する

11:00過ぎ
敏子が帰った後、別の客・諸井の対応をする


田川は敏子が帰ったところを見ていません。

諸井に確認を取ったので、芝田にはアリバイがあります。

その時、芝田はお金持ちの妻には頭が上がらないという話を聞きます。


察時は、純子のことについても次のように話します。
  • 純子が寝る前に飲んだワインには睡眠薬が入っていなかったこと
  • 純子の家には侵入された形跡がなかったこと
  • 純子の家の合鍵を持つ者はいないこと


時乃は、芝田の店でマッサージを受けることにします。

アリバイ探しのためです。


1時間以上待たされた察時は、時乃にどうしてこのように遅いのかを聞きます。

時乃はいろいろなオプションを付けたと言います。

それを聞いた察時は怒ります。

時乃のマッサージ料金は、察時のポケットマネーだったためです。


察時は、時乃に何かわかったことがあったのかを尋ねます。

すると、時乃は「時を戻すことができました。純子さんのアリバイは見つかりました。ついでに犯人も見つけました」と言います。


時乃も、純子は睡眠薬で眠らされたと考えました。

他に何も口にしていない以上、ワインのボトルに睡眠薬を入れたとしか思えないというのです。

察時は、誰も純子の家には侵入できないと言います。


しかし、1人だけ家に入れる人物がいました。

それは殺された敏子です。

時乃は純子の家はもともと敏子の家だったので、敏子が合鍵を持っていてもおかしくはないというのです。

純子が寝ている間にワインをすり替えることも可能だと言います。


時乃は、次のように推理します。

敏子は犯人の共犯者でした。

犯人は、敏子を共犯者として使った後に殺しました。

と言うよりは、敏子を殺すために共犯者として使ったのです。


時乃は、純子に飲ませた睡眠薬の量が多いことが気になっていました。

何か別の目的があるのではないかと考えました。

純子は、以前に怖い夢を見たと言っていました。

怖い夢とは、空を飛んだり、顔中を撫でられたり、体を押さえられたりというものでした。

時乃は、次のようなことを意味していると言います。
  • 空を飛んだ・・・運ばれた
  • 顔中を撫でられた・・・化粧をされた
  • 体を押さえられた・・・マッサージをされた

睡眠を大量に飲ませたのは、純子がそのようなことをされても目が覚めないようにするためです。

このようなことができるのは、マッサージ店の店長の芝田しかいませんでした。

時乃はアリバイを作るためにやったのだと言います。


察時は、検視官の樋口と芝田のマッサージ店に来ました。

樋口に店内を調べさせます。


その間、察時は芝田に事件の仮説を話しました。

事件前日の夜に、芝田が敏子から合鍵を借りて、純子の家に侵入します。

睡眠薬入りのワインとすり替えます。

その後、純子はそのワインを飲んで深い眠りにつきます。

眠った純子を車に乗せ、敏子の自宅に向かい、純子に敏子と同じ化粧をします。

姉妹で敏子本人が化粧をするので、純子を敏子に似せることは可能です。


芝田と敏子は深い仲です。

芝田は妻を殺害する計画を敏子に持ちかけます。

結婚するために、敏子に妻を殺して欲しいと頼みます。

敏子のアリバイを作るために、純子を敏子に変装させて、敏子がマッサージを受けているように見せかけます。

その間に敏子が妻を殺せば絶対にバレません。


その後、純子を車に放置して、敏子とピアノ教室に行って敏子を殺します。

ピアノとタッセルを使ったのは、ここで殺されたことがわかるようにです。

敏子を殺したのは、午前9時台の前半です。


次は、眠った純子を開店前の店に運び込みます。

芝田はマッサージを始め、途中で田川と交代します。

マッサージはうつ伏せで行うので、純子を敏子に見せかけるのは可能です。


最後の10分は、芝田が行うため、田川と交代します。

純子をベッドの下に隠して、芝田は敏子を送り出すフリをします。

その後、諸井のマッサージを行うなど通常の仕事を行います。


閉店後、芝田は純子の化粧を落として、純子を自宅に運びます。

血の付いたパジャマを着せることで、純子に夢遊病の発作を起こしたと見せかけます。

こうすることで純子を精神的に追い詰め、犯人らしく振る舞わせるのが目的です。


芝田は、察時の推理は憶測だと言います。

その時です。

樋口がある指紋を採取しました。

これが純子のものなら決定的な証拠となります。

芝田は観念して犯行を認めました。

その後の取り調べで、犯行動機は敏子に妻と別れて結婚するように迫られたことであったことがわかりました。


時乃はどうして純子が犯人ではないと思ったのかを尋ねました。

美人だからではと言われた察時は、純子が若かった時の妻に似ていたからと答えます。

時乃から冷やかされると、察時はうるさいと言って自分の部屋へ行ってしまいました。

【アリバイ崩し承ります】3話の感想

今回も難事件でしたね。

まさか純子を敏子としてマッサージを受けさせていたとは驚きです。

いつも思うのですが、何がヒントで正しい推理を導き出しているのでしょうか?

あれだけの情報ではなかなかここまでは推理できないと思うのですが。

時乃は、亡くなった祖父からすごい技を伝授されているのかもしれませんね。


渡海は、察時のことをどんどん怪しんでいます。

そのうち、バレるのではないかと心配ですね。


SNS上では、次のようなコメントが上がっています。

【アリバイ崩し承ります】3話の視聴率

今回の平均視聴率は、5.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!