「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(シロクロパンダ)」の6話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【シロクロパンダ】6話のあらすじ

シロクロパンダの6話のあらすじは次のとおりです。


ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われる。何者かがミスパンダと飼育員さんになりすまし、殺人を犯した。直輝(横浜流星)は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員さんを突き止めなくてはならない状況に陥る。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。
門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野菜名)は大きなショックを受けていた。春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンが心配でならない。直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。

神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)を訪ねる。神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答える。陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがなかった…。ミスパンダを正義の味方ともてはやしていた世間の声は一転し、ミスパンダへのバッシングが高まる。直輝は警察の追手を逃れながら、偽ミスパンダと偽飼育員さんが誰なのかを探っていた。
神代から情報を得た直輝は、陽一と恭子に対する疑惑を深め「人殺ししましたよね?」と彼らに迫る。
レンのもとに、あずさ(白石聖)が訪ねてくる。あずさはレンに直輝との関係を問い詰める。
そんな中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れ――!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【シロクロパンダ】6話のネタバレ

偽ミスパンダは、浜口殺害の罪を本物のミスパンダになすりつけました。

警察は飼育員さんも追っています。

Mr.ノーコンプライアンスからは、直輝との関係を断つと言われます。

そして、ミスパンダを殺処分しろというのです。


レンは、門田が殺害されたことにショックを受けていました。

門田とのよい思い出もあり、レンは門田がいなくなったことを悲しんでしました。


神代は、7年前のショッピングモール爆破事件での遺族に話を聞きました。

その遺族とは、弟を亡くした陽一と恭子の中延兄弟でした。

2人は、警察に浜口が殺された時間どこにいたかを聞かれたと言います。

恭子は陽一と自宅にいたというのです。

家族の証言ではアリバイは成立しません。


神代は浜口が殺された知ってどう思ったのかを聞くと、陽一はミスパンダに感謝していると答えました。

恭子はパンダがやってくれなかったら、自分たちが殺していたと言いました。


直輝が喫茶店にいると、神代が入ってきました。

後ろには、警視庁捜査一課の刑事である三津谷と坂下がいました。

神代は直輝のすぐそばに座ります。

三津谷と坂下は、神代にミスパンダの情報が欲しいと言ってきました。

神代は考えておくと言いました。

三津谷と坂下が帰った後、神代は直輝に陽一と恭子に関する資料を渡しました。


レンから直輝に“助けてください”というメールが届いていました。

しかし、直輝はすぐには連絡しませんでした。

ミスパンダが警察に追われる中、直輝はレンとはもう会わないという決心をしました。

そこで、レンに“もう会えない”というメールを返しました。


あずさがレンを訪ねてきました。

取材だと言います。

そう言って、レンと直輝が写った写真を見せました。

あずさは、直輝とはどのような関係かを聞いてきました。

そして、レンはあずさが直輝の婚約者だと知ります。

レンはあずさに謝り続けました。

あずさは、これ以上直輝をもてあそばないで欲しいと言って帰って行きました。


直輝は、お墓で陽一と恭子が来るのを待っていました。

わざと怒らせて、陽一が襲ってくるように仕向けました。

軽くやり合った後、警察がやって来たので直輝は逃げました。


その後、神代からミスパンダが捕まったという連絡がありました。

陽一と恭子が捕まったというのです。

直輝は、陽一は腕をケガしていないことから偽飼育員ではないと考えていました。

実は、直輝らがハメられた時、偽飼育員にケガを負わせていたのです。

直輝と神代は、7年前の爆破事件から間違っていたのかもしれないと話していました。


その頃、恭子は三津谷から取り調べを受けていました。

恭子の部屋からミスパンダの衣装が見つかったというのです。


直輝と神代は喫茶店で会いました。

神代は直輝に頼まれていた資料を渡します。

岩城啓太のものでした。

岩城は爆破事件の捜査に当たっていた元警察官です。

捜査が終わって半年後に辞職し、1年後に服毒自殺しました。

警察官になる前は、化学薬品メーカーの社員という異色の経歴の持ち主でした。

直輝は、岩城なら爆弾を作れるかもしれないと考えています。


直輝は、佐島法務大臣に会いに来ました。

直輝は、他の人間を犯人に仕立てたのは、佐島と関係の深い組織の人間だと言います。

今回の事件を仕組んだのは佐島ではないかと尋ねます。

直輝は、この件についてシロクロつけるというのです。


直輝がレンのバイト先にやって来ました。

レンは、直輝に恋人がいるのではと尋ねます。

直輝はそれを認めます。

レンは、前向きになれたのは直輝のおかげだとお礼を言います。

そして、レンは「さよなら」と言います。

直輝が、ミルクピッチャーでコーヒーにミルクを注ぎます。

これを見ていたレンは催眠術にかかって、ミスパンダに変身しました。


パンダチャンネルで、パンダがゴリラを人質にとっているところが配信されています。

パンダは、殺人を疑われたことで心を痛めていることを伝えます。

ゴリラは、何とゴリラホーム大臣の佐島源造だと言います。


この配信を見た捜査一課長の山野辺龍彦はどこかに連絡していました。

あのナイフ見たか。他の捜査員に気づかれないうちに回収しろ。パンダはあの場所まで知っている。急げ

山野辺は明らかに何かを知っているようです。


パンダはこのような寒い日はおでんだと言って、鍋ごとおでんを持ってきます。

そして、ゴリラから覆面を外しました。

それは本物の佐島でした。


その時です。

動くなという声が聞こえました。

三津谷と坂下がパンダに銃口を向けていました。

2人がパンダに迫ってきた時に、敷いてあったシートが引き上げられます。

そして、2人はシートにくるまれた状態となり、身動きが取れなくなってしまいました。

パンダが画面の前で大成功と言ったところで配信は終了しました。


神代は、岩城の実家を訪れていました。

岩城の母親に浜口を殺したのはおそらく警察であると伝えました。

そして、岩城を追い詰めたのは警察だと言います。

もう1人で苦しまなくてもよいと声を掛けました。


配信が再開されました。

佐島・三津谷・坂下の3人はロープで縛られた状態で座らされています。

上の幕には、“上野周遊 ジャイアントパンダクイズ”の文字が。

3人は、クイズで使うようなパンダ型の帽子を被らされています。


そして、クイズが始まります。

第1問です。

こちらの鉄砲コンビはどーしてパンダを撃とうとしたのでしょうか?
A:反抗期だから
B:浜口さん殺害に使われた証拠をなぜかミスパンダがまだ持っていると分かったから
正解はBです。

パンダはナイフを見せて、これが証拠と言いました。


第2問です。

そもそもどーして護送車は襲撃され、浜口さんは殺されたのでしょうか?
A:むしゃくしゃしてたから
B:浜口さんは無実であったがそのことがバレると色んな人に怒られるから
正解はBでした。


次はサービス問題です。

第3問です。

ここはどこでしょうか?
A:四川省
B:ある警察官が自殺した場所
正解はBです。


ラスト問題です。

7年前、浜口さんを誤認逮捕した後真犯人は自殺した警察官だと気付いたにも関わらず、口封じのためにパンダを装って浜口さんを殺害。さらに中延兄弟にその罪を着させたのは誰でしょうか?
A:警視庁捜査一課 三津谷彰義警部補
B:警視庁捜査一課 坂下弥生巡査部長

佐島はAとBの札を上げます。

正解でした。

ゴリラ大臣の優勝でした。

これで配信は終了しました。


実は、佐島も今回のことに関してグルでした。

先日、直輝は佐島に会った際、佐島に土下座をして助けて欲しいと頼んでいたのです。

直輝は、土下座をしながら笑みを浮かべていました。


パンダは、佐島らを残して帰ろうとした際、おでんの鍋をひっくり返してしまいました。

敷物に火が付きます。

パンダはその炎を見て固まってしまいます。

その時、警察官が中に入ってきました。

佐島は、パンダに逃げるように言います。

その言葉で我に返って、パンダはその場を去りました。


神代は、パンダが言っていたことを裏付ける証拠を手に入れました。

その証拠とは、岩城の母親への独占取材の動画でした。

動画の中で、岩城の母親は息子が爆破事件を起こしたという遺書を残して自殺したことを認めました。

息子の上司に遺書を渡したが、結局発表されなかったというのです。


これがテレビで報じられ、警察が事実を隠蔽したと大騒ぎになりました。

警察への批判が高まります。


佐島が山野辺の部屋にいました。

佐島は、助けてもらったお礼を言いに来たのだというのです。

あずさの事件の時も山野辺に助けてもらったと言います。


佐島はパンダが落としていったという血の付いたナイフを見せます。

法務大臣として検察に持っていくという佐島に、山野辺は警察を敵に回すのかと言います。

山野辺がコアラ男という言葉を発すると、佐島は8年前の恩があると言ってナイフを山野辺に渡しました。

そして、佐島は「世の中にはグレーじゃなければならないこともある」と言って帰って行きました。


直輝がパンダの元に行きます。

パンダの様子がおかしいです。

直輝に次のように聞きます。

「あなたは誰ですか?」

「どうしてこのようなところにいるのか?」

そして、パンダは川田リコだと言いました。

【シロクロパンダ】6話の感想

浜口はやはり無実でしたね。

犯人が現職の警察官だとは知られてはいけないということで、浜口は無実の罪を着せられたのです。

ドラマではよくあるパターンです。

浜口を殺したのも警察官でした。

これでは浜口があまりにもかわいそうですね。


パンダが自分はリコだと言いました。

つまり、レンはもうレンではなくなったということですね。

門田の催眠術が解けたということでしょうか?


これからどうなっていくのでしょうか?

来週が楽しみですね。


SNS上では、次のようなコメントがアップされています。

【シロクロパンダ】6話の視聴率

今回の平均視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!