ドラマ「病院の治しかた」の5話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【病院の治しかた】5話のあらすじ

病院の治しかたの5話のあらすじは次のとおりです。


赤字にも関わらず、心臓カテーテル室を作ろうとする有原修平(小泉孝太郎)。実現に向けて外来を予約制にして患者数を減らし、入院患者を町の開業医に紹介してもらうシステムを提案する。危機的な状況をわかっていないと声を荒げる倉嶋亮介(高嶋政伸)は、病院同士がまとまるとは思えず大反対。2人の意見は対立するが、修平は地域医療ネットワークの構築を強引にスタート。早速江口智也(稲葉友)を連れて開業医回りを始める。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【病院の治しかた】5話のネタバレ

さらなる増収を図るため、修平は新たな改革を行おうとしています。

  • 心臓カテーテル室を作ること
  • ICUを整備すること
  • 最新のMRIを導入すること

どれも高額なお金がかかる改革ばかりでした。

これを聞いて、倉嶋は修平は何もわかっていないと爆発します。

今は少しでも赤字を減らす時期で、早く何とかしないと銀行が融資を引き上げるというのです。

倉嶋は修平の考えに反対でした。


修平には、これを実現できる策がありました。

新規の入院患者を増やして、ベッドの稼働率をさらに上げることで増収を目指すと言います。

そのために、今後は外来を予約制にして患者数を減らすというのです。

倉嶋は、外来を減らして、どのように入院患者を獲得するのかと尋ねます。

修平は、町の開業医から紹介してもらうと言います。


修平が掲げるのは地域医療ネットワークです。

登録してもらった開業医から検査や入院などの要請があればすべて受けれます。

退院後は紹介元の開業医に戻します。

このように、病院の垣根を越えて地域の医療施設が1つのチームになれば、多くの患者を救うことができるというのです。


この話を聞いた倉嶋はそれはただの理想だと言います。

同じ病院内でさえ、うまくまとまらないのに、プライドの高い医者が協力して地域が1つになるとは思えないというのです。

修平にはよい案があるようです。


修平は江口にネットワークの構築を任せました。

まずは、開業医の先生をネットワークに登録することから始めるように命じました。

江口に、登録医になってくれるように開業医の先生を説得するように言いました。

そして、江口は地域医療連携室の室長に任命されました。


修平と江口が始めに向かったのは、田端医院でした。

いきなり大きな怒鳴り声が聞こえてきました。

田端医院長は電子カルテの導入に関していら立ってしまい、システム会社の社員に文句を言っていたのでした。


修平は地域医療ネットワークの話をします。

ここを捨てて東京へ行った修平についてくる医者はいないなど否定的な意見ばかり言います。

トドメは返書でした

開業医が有原総合病院に紹介状を書くと、それに対する返書が返されます。

昔は、紹介した患者の様子が詳しく書かれていたというのです。

しかし、最近は“加療します”の1行だけなど、患者に関する情報はほとんど書かれていません。

これでは、開業医は有原総合病院に紹介したいという気持ちにはなれないと言われてしまいます。


修平は、まず現状の把握をすることにします。

江口に、全診療科の返書をすべて確認するように命じました。


江口が調べた結果を修平に報告します。

田端医院長が言っていたように、簡易な文章で作成されているものが多く、これでは紹介した患者のその後のことがわかりません。

患者の経過を3回以上返書で知らせているのは4割程度でした。

返書の出し遅れや出し忘れもあると言います。


修平は、これからは返書の管理の徹底を図るというのです。

きちんと返書が行われているか、内容に問題はないかなどのチェックを行います。

これを地域医療連携室で行うように命じられます。


予想どおり、医者からは反発がありました。

「有原総合病院は町医者の下請けではない」

「ベッドが一杯の場合どうするのか」

「検査を持っている患者が多い場合どうするのか」

「クラークに医者が書いた返書をチェックさせるのか」


江口はまったく成果が出ずに悩んでいました。

倉嶋に医療の知識のない自分には向いていないと弱音を吐きます。

倉嶋は、医療の知識のない人の方が余計な知識がない分、古い体質を変えられることがあると言います。

修平が江口を抜擢したのには、何か理由があるはずだというのです。

倉嶋は、修平は江口の細かなことまで気がつくところを気に入ったのかもしれないと言います。


倉嶋は江口に富山の薬売りの話をしました。

富山の薬売りはそれぞれの家庭の事情を把握し、その家庭で必要なものを考えて提供します。

江口も、開業医を客と考えて、富山の薬売りのような対応を心掛ければよいとアドバイスしました。


江口は田端医院を訪れました。

田端医院長が電子カルテのことでうまくいかず、大きな声で腹を立てていました。

江口は、パソコンの入力を手伝いました。

そして、江口は田端医院の電子カルテへの移行を今後も手伝うことになりました。

帰り際に、田端医院長からお礼を言われました。


江口はこれで自信をつけ、他の医院へのサポートも惜しまずに行いました。

返書については、以前に比べるとかなり丁寧で詳しく書かれるようになりました。


ある夜、江口は過呼吸の女性を見つけました。

すぐに田端医院へ連れて行きました。

田端医院長はその女性の診察を終えて、江口に有原総合病院で診てもらいたいと伝えました。


修平と田端医院長が電話で話します。

田端医院長は、その女性が糖尿病の急性合併症ケトアシドーシスを発症していると言います。

入院して全身管理が必要であるというのです。

その女性は有原総合病院へ搬送されました。


修平は、運ばれてきた女性に糖尿病性ケトアシドーシスであったことを告げます。

この病気は隠れ糖尿病と言われ、空腹時には血糖値が正常であるため、健康診断などで見落とされることがあるのだと言います。

田端医院長の適切な診断のおかげで、この病気に早く気がつくことができたことを伝えました。


倉嶋は修平に、地域医療ネットワークは経営の点から見ても今後の有原総合病院の柱になると言います。

修平は、江口が医院の信頼を得ようと頑張ってくれていることを喜んでいます。

そして、1度信頼で出来上がった関係は滅多なことでは壊れないと言います。


修平は、倉嶋のアドバイスで江口がやる気になったことを知っていました。

倉嶋が江口に富山の薬売りの話をしているのを聞いていたのです。

実は、倉嶋に富山の薬売りの話をしてくれたのは信甲斐銀行副頭取の米田でした。

修平は、父親には米田がいたが、自分には倉嶋がいると言いました。


登録医がまだ誰もいないことで、江口は医者から責められます。

江口ではなく、しかるべき人間が担当すべきであると言い出します。

修平は江口が適任であると擁護します。

ここぞとばかりに、医者らは不満をぶちまけます。

返書のチェックが細かすぎるというのです。

これに対して、江口は言葉は人間関係を築く大切な道具だと言います。

一言を添えるだけでも信頼関係は深まると力説します。


その時です。

田端医院長がやって来たという連絡が入りました。

江口や修平らが会いに行くと、田端医院長は登録医の申込書を持ってきてくれていたのです。

この前の患者は、有原総合病院を退院後田端医院に通院しています。

田端医院長は修平の言ったとおりだと言います。


田端医院長は、仲間の町医者に声を掛けてくれていました。

11名が登録医を希望しているというのです。

希望者が増えたのは、有原総合病院が町医者に頭を下げに行ったり、心温まる返書を送ったりと、以前とは変わったからだと言いました。

町医者の間で、有原総合病院の評判はよいようです。

これを聞いた江口はうれしくて泣いてしまいます。

その場にいた者は全員目頭が熱くなりました。


3ヵ月後、登録医の数が70名を超えていました。

紹介患者数が倍増したことで、収益も大幅に改善してきたと言います。

赤字脱出のメドはついたと倉嶋は喜びます。

【病院の治しかた】5話の感想

今回は江口が大活躍でしたね。

それまでは、修平に対する不満を言ってる場面が多かったです。

しかし、今回は本当に頑張りました。

田端医院長がやって来て、有原総合病院は本当に変わったと言われて江口が泣くシーンは感動的でした。

登録医が一気に10名を超えたのもうれしかったでしょうね。

非常に素晴らしい話でした。

次はどのような改革を行うのでしょうか?


SNSでは、次のような声が上がっています。

【病院の治しかた】5話の視聴率

平均視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!