ドラマ「10の秘密」の6話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【10の秘密】6話のネタバレ

手駒の一つだったはずの元夫に3億円を奪われ、計画を狂わされた由貴子(仲間由紀恵)は怒りに震え、金を取り戻そうと躍起になる。一方、圭太(向井理)が大金を手にしたことを知った菜七子(仲里依紗)は、「瞳(山田杏奈)のためだ」と自らを正当化する圭太を責めるが、瞳を誘拐した由貴子に返すことにも賛同できず、複雑な思いを抱えていた。そんななか、元夫婦の攻防戦を知った竜二(渡部篤郎)が突然、圭太を訪ねてくる。竜二は由貴子の情報と引き換えに手を組もうと、圭太に取引を持ちかけて…。

何とかして金の隠し場所を突き止めたい由貴子は、母親を求める瞳の気持ちを巧みに利用し、圭太への反撃を試みる。たとえ実の娘だろうと、手荒なまねも辞さない元妻の胸中を察した圭太は、これ以上、娘を危険にさらすわけにいかないと意を決し、瞳にある事実を告げる―!
(公式HPより引用)


母親を殺されたと思っている翼は、圭太をナイフで刺そうとしました。

圭太は持っていた鍵で翼を刺して、かろうじてナイフで刺されるのを免れました。

圭太は、翼の母親が火事でなくなったのではないのなら誰が犯人かを知りたいと叫びました。

そして、あの日何があったのか、どうして殺人だと思ったのかを話して欲しいと頼みました。

圭太は、自分を殺すのはそれからでも遅くないのではと言いました。


翼は圭太に話し始めました。

翼の母親はピアニストです。

10年前、母親に電話がかかってきて、あの別荘に行くことになりました。

誰が電話してきたのかはわかりません。

そして、あの日男が訪ねて来ました。

母親は翼に、その男と大切な話があるから外で遊んでくるように言いました。

遊んでいたら、サイレンが聞こえてきました。

翼は戻ろうとしましたが、炎と煙、消防車で戻ることはできませんでした。

そして、母親は遺体で発見されました。


ここまでの話を聞いた圭太は、それだけでは母親が殺されたとは言えないのではと尋ねました。

翼は話を続けます。

母親は外の火事に気付いて階段から落ち、頭を打って逃げ遅れたと警察に言われました。

母親は捻挫をしていてずっと1階の部屋にいました。

怖がりの母親がわざわざ階段を上がるとは思えないと言います

それにあの日、母親は男とケンカをしていました。

人を利用するだけ利用して。今日こそ決着を付けましょう

あのような怖い顔の母親を初めて見ました。


圭太は、決着とはどのような意味なのかを聞きました。

翼はわからないと答えます。

そのことを警察に話しても動いてくれなかったというのです。

そのため、翼は自分であの日訪れてきた男を探すことにしたのだと言います。


圭太は火事の前はずっと家族といて、翼の母親とは会ったことがないと言いました。

そして、あの火事で自分たちの家族も壊れたというのです。

もし犯人がいるのなら、瞳は殺人者ではなくなります。

圭太は、犯人を見つけて、翼の母親に何があったのかが知りたいと伝えました。

そして、圭太は翼に犯人を一緒に捜そうと言いました。


菜七子が圭太の家に来ました。

菜七子は、瞳を尾行する由貴子に会ったことを話します。

3億とはどういう意味なのかを尋ねました。

圭太は瞳のために使うと言いますが、菜七子は複雑な心境になっていました。


その時、竜二から電話がありました。

圭太の家の前にいるということだったので、家の中で話をすることになりました。

菜七子は追い出されてしまいました。


竜二は、圭太が由貴子から3億を奪ったことを知っていました。

お金を取り返しに来たのではと圭太は疑います。

しかし、竜二は手を組まないかと提案してきました。

竜二は、偽装建築の件についてマスコミに告発して欲しいと言います。

圭太は竜二の真意がわかりませんでした。


自殺した矢吹の弁護士があれこれ知る前に、竜二は出してよい情報だけをマスコミに出して欲しいというのです。

  • あのマンションで偽装建築が行われていたこと
  • 矢吹はそれを告発しようとして止められたこと
  • 隠蔽を指揮したのは長沼社長だったこと

圭太は竜二が告発すればよいと言います。

しかし、竜二は帝東建設の忠実な社員なのでそれはできないと返します。

今後の出世に響くことを恐れているのです。

竜二は協力してくれたら、3億については知らなかったことにしてくれるというのです。

さらに、由貴子の隠れ家などの情報を共有してもよいと言いました。


圭太は、竜二からの提案を断りました。

竜二が信用できないためです。


由貴子は、瞳と真衣にケーキをごちそうしました。

瞳に圭太のことで大切な話があるというのです。


由貴子は瞳に、圭太は悪い人と付き合っていると伝えます。

この間ケンカしていたのもそのせいだというのです。

そして、由貴子は瞳にあるお願いをしました。


瞳は、朝早く圭太の家へやって来ました。

そして、床下収納の中を確認しました。

何も入っていませんでした。

圭太が起きてきて、瞳に由貴子に頼まれたのかと尋ねました。


瞳は圭太がお金を持っていることを由貴子に聞いてやって来たのです。

圭太はお金を持っていないと言いますが、瞳は由貴子から圭太の言うことは信じてはいけないと言われていました。

帰ろうとする瞳に、翼の母親のことを話しました。

翼と一緒に犯人を捜すことを伝えました。


竜二の元に、矢吹の遺族から質問状が届きました。

遺族は、偽装建築のことを知っているようです。

竜二は、とにかく遺族と会うことにします。


菜七子が覚悟を決めて、圭太の家に来ていました。

菜七子は由貴子にお金を返せとは言うつもりはないというのです。

すべてを話して欲しいと頼みます。

圭太は、菜七子を信用してすべてを話しました。


圭太は、お金を取り壊し前の古いビルに隠していました。

菜七子を連れてそのビルに行きました。

菜七子にお金を見せました。


その時、由貴子から電話がありました。

瞳と一緒にいるというのです。

1時間以内に3億の隠し場所の位置情報を教えるように言いました。

由貴子は、瞳を利用してお金を取り戻すつもりです。


圭太と菜七子は、瞳がSNSにアップした画像から今どこにいるのかを調べます。

2人は、由貴子と瞳がいる場所のすぐ近くまで来ていました。

圭太は瞳に声をかけました。

瞳に来るように言いますが、瞳は由貴子の元を離れません。


圭太は仕方なく、瞳を誘拐したのは由貴子であると伝えました。

瞳はまったく信じません。

そんな瞳に、由貴子はお母さんと呼ばれるのが嫌いだと言いました。

そして、圭太が隠したお金の隠し場所が知りたくて瞳に会っただけだというのです。

瞳は怒って、もう2度とお母さんとは呼ばないと言いました。

由貴子は、圭太にどのようなことをしてもお金は返してもらうと言って去って行きました。


圭太は瞳に一緒に帰ろうと声をかけます。

しかし、瞳は圭太も由貴子も信じないと言って帰って行きました。

菜七子が瞳の後を追います。


圭太は、瞳を傷つけた由貴子が許せないと言います。

3億を見せて、すべてを説明すれば、警察が動いてくれるはずだというのです。


圭太は3億を取りに行きます。

すると、3億が消えていました。

圭太は、由貴子が3億を持っていったと考えました。

スポンサーリンク

【10の秘密】6話の感想

今回はいろいろなことがありました。

はじめに、翼の母親が殺された時の状況がわかりました。

圭太は翼に信じてもらえてよかったですね。

もう少しで刺されるところでした。

これからは2人で犯人を探していくことを期待しています。


瞳は、由貴子が自分を誘拐したことを知りました。

自分の娘にあれほどひどいことがよく言えますね。

信じられません。

何か理由があってあのように言ったのでしょうか?


3億は菜七子が奪ったような気がします。

由貴子が見つけられるとは思えません。

そのようなことができるくらいなら最初からそうやっていたと思います。

果たして、どうなのでしょうか?

来週が楽しみです。


ネット上には、いろいろな声が上がっています。

スポンサーリンク

【10の秘密】6話の視聴率

今回の平均視聴率は、6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!