ハケンの品格の最終回のネタバレと視聴率についてご紹介します。

ハケンの品格の最終回のネタバレ

最終回「契約終了!…スーパー派遣最後のスキル」

賢介は発売日が正式決定となったハケン弁当の最後の詰めで忙しかった。
そんな中、美雪は契約の更新が決まったが、春子は当初の宣言通り3ヶ月で会社を去ることを決めていた。

懸案だったハケン弁当のコスト削減策は、米プラスティック製お弁当箱を最初だけ買ってもらう “マイ弁当箱” 方式を採用することでクリア。
食材の調達は、マグロのツネさんの協力で順調に進んでいたそんな折、賢介は美雪から家庭の事情で契約更新を辞退させて欲しいと告げられる。

そんなある日、東海林からの電話に出てしまった春子は、賢介のパソコンを開くことに。
そこにあった東海林のメールから東海林が耐え難い疎外感を味わっていることを知る。

いよいよ、ハケン弁当発売を2日後に控え、春子と美雪の契約終了の日がやってきた――
(公式HPより引用)


賢介は、春子に行かないでこのまま一緒に働いて欲しいと頼みました。

春子は、今までにそのようなことを言われたことがないと言います。

賢介は甘々なところを除けば、本当に素晴らしい上司だと春子は褒めます。

しかし、春子は3ヵ月でこの会社を去るというのです。

それが春子が派遣で生きていくためのルールだと言います。


賢介は、ハケン弁当の発売日が4月2日に決まったことを発表しました。

3月末で、春子と美雪(更新の可能性はある)はいなくなっています。


春子は、賢介にコストの削減は進んでいるのかを尋ねました。

現状では500円で販売しても赤字だというのです。

ヘルシーなおかずや米・玄米の質にこだわると600円はいってしまうと言います。


東海林は会社に残りましたが、今はS&F運輸名古屋営業所で働いています。

初日から上から目線のあいさつをして、働いていた者から反感を買ってしまいます。

特にトラック運転手の土屋に嫌われてしまいます。


東海林から賢介に、春子を引き留めるためのいろいろな作戦がメールで送られてきます。

しかし、ことごとく失敗に終わってしまいました。


美雪は、一ツ木と次の派遣先について話していました。

その時、一ツ木は美雪にもう3ヵ月S&Fで働けるようになったことを伝えました。

賢介が、桐島や人事部に話をしてくれたというのです。


賢介は、ハケン弁当のコスト削減によいアイデアが浮かびました。

最初に、米プラスティック製の弁当箱を100円で購入してもらいます。

次回からは、その弁当箱に中身だけを詰めるマイ弁当箱方式を採用すれば、コストを安くあげることができます。

桐島の承諾を得たので、工場に弁当箱を発注します。


春子は、賢介にマグロのツネさんがサバの仲買人と交渉してくれることを伝えます。

食材の調達も順調に進んでいます。


ツネさんから春子のことを聞きます。

実は、春子はこの市場には1年いたと言います。

マグロの扱いに慣れて競りも任されるようになったというのです。

市場は春子にとって居心地のよい職場でしたが、雇い主の都合でいきなり首を切られました。

春子の両親は早くに亡くなり、春子は1人ぼっちでした。

春子は、ツネさんにずっとここにいられると思っていたことを明かしました。

辞めたくない、みんなと別れたくないと言っていました。

賢介は、春子が3ヵ月で辞めるのはそれ以上長くいると別れがつらくなるからだと考えました。

春子は会社を信じていないので正社員にもならないのです。


美雪は、一ツ木に家庭の都合で契約を更新しないことを伝えました。

一ツ木はそのことを賢介に説明してくれました。


春子はスタッフに調理方法や味付けなどについて徹底指導します。

店舗の準備などやることは山のようにありました。

1つずつ丁寧に行っていきます。


東海林は、賢介に自分が耐え難い疎外感を味わっているという内容のメールを誤って送ってしまいました。

賢介には心配をかけたくないので、そのメールを削除してもらおうと思って電話をかけました。

すると、電話に出たのは春子でした。

賢介がいないと知った東海林は、美雪に電話をかわってもらうように言いました。

すると、春子は声を変えて美雪のフリをします。

東海林は声のトーンが少しおかしいとは思いましたが、美雪と信じて、賢介に誤って送ったメールの削除を頼みました。

春子は東海林からのメールを読みました。

その後、メールを削除しておきました。


いよいよ最後の出勤日を迎えました。

午後6時までにたまっている仕事を全部してしまいました。

業務終了後、美雪は賢介らにあいさつをします。

しかし、春子は「契約終了しました。お先に失礼します」と言って帰って行きました。


会社から出た途端、美雪は泣いてしまいます。

春子は業務時間が終わるまでよく頑張ったと褒めてくれました。

美雪は、実家に帰るという話は嘘であることを伝えました。

本当はあの会社でずっと働きたいのですが、いつか自分だけが去らなければならないことを考えるとつらいので更新しなかったというのです。

もうこのような思いをして働くのは嫌なので派遣を辞めると言います。

春子は、美雪の思う道を歩んでいけばよいと伝えました。


賢介は、「カンタンテ」で春子に会いました。

賢介は、1番自分と向き合っていないのは春子だと言いました。

そして、賢介は春子は東海林のことが好きだというのです。

そう言われた春子は、記憶からもうあの会社のことはすべて削除したと言いました。


翌日、工場のある新潟は大雪でした。

道路が通行止めで、開店までに弁当箱が届かないようです。

仕方がないので、今日だけ使い捨ての容器で販売することにします。

しかし、当日では容器の調達ができません。


諦めようとしていた時、セスナ機が店の上空に飛んできました。

その時です。

荷物と人間がセスナ機から飛び出しました。

春子がスカイダイビングで降りてきました。

荷物は弁当箱でした。

春子が弁当箱を持ってきてくれたのです。


賢介は春子にお礼を言います。

春子は、スカイダイビングは自分の趣味だと言って帰って行きました。


弁当箱が届き、無事にハケン弁当の販売が開始されました。

大好評で順調に売れていきました。


その後、宅配や移動販売、フランチャイズ化などの新たなサービスも行われます。

雑誌などで取り上げられることが多くなっています。

ハケン弁当の企画は大成功を収めました。


賢介はハケン弁当の功績が称えられ、社長賞を授与することになりました。

賢介は授賞式でスピーチを行いました。

ハケン弁当の発案者は美雪で、近や春子の協力を得て実現したものです。

そのため、自分だけがこのような賞をもらうのはおかしいと言います。

ハケン弁当の本当の値打ちは、社員と派遣社員が1つとなって数々の困難を乗り越え、力を合わせられたことだというのです。


S&Fにいた人のその後

近耕作

次の派遣先は、同一労働・同一賃金の制度が導入されています。

そのため、社員と派遣の格差のない理想的な職場です。


黒岩匡子

マーケティング課の新しい主任となります。

社員や派遣をビシビシしごいています。


小笠原繁

パソコンを覚えて頑張っています。


里中賢介

営業部に戻ってバリバリやっています。

主任を務めています。


浅野務

営業部に変わりました。

賢介の下で頑張っています。


森美雪

アルバイトをしながら紹介予定派遣を目指していました。

その後、試験に合格してS&Fで働いています。

半年後には、半数が社員の適正なしとみなされて切られます。

社員になれるよう頑張っています。


東海林武

まだ本社に戻ってきていません。



東海林は、まだS&F運輸名古屋営業所にいました。

土屋には東海林の元では働けないと言われています。

そこへ春子がやって来ました。

東海林は、春子に久しぶりに会ってテンションが上がります。

春子はフグが好きだということを覚えていた東海林は、春子をふぐ料理に誘います。

すると、春子はフグは自分でさばけるのでいらないというのです。

そして、フグ調理師の免許状を見せます。


東海林は、春子に何をするために来たのかを聞きます。

春子は面談に来たと答えます。

東海林は、春子のように時給の高い派遣が来るところではないというのです。

春子は、運転手と一般事務の2人分を時給3000円で働くと言います。

どうしてこのようなところに働きに来たのかと問われた春子は、今度は東海林に社長賞を取ってもらうためだと答えました。

そして、春子は自分を雇ってもらえるかと尋ねます。

東海林は「当たり前だ。よろしくお願いします」と返しました。


その後、春子は東海林の眉毛を抜いて、「眉毛はクルクルパーマじゃないんですね」と言います。

東海林は春子に痛いと言って怒ります。

春子は、今回は一ツ木を通していないので、自分の勤務態度に不満があっても我慢するように言います。


春子はトラックに乗り込み、福岡まで行って来るというのです。

そして、「3ヶ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」と言って行ってしまいました。

スポンサーリンク

ハケンの品格の最終回の視聴率

ハケンの品格最終回の視聴率についてご紹介します。

ハケンの品格最終回は2007年3月14日に放送されました。

視聴率は次のとおりです。

26.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!