知らなくていいコトの7話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【知らなくていいコト】7話のネタバレ

尾高(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。翌日、高熱を出した黒川(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに!

連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。
(公式HPより引用)


ケイトと尾高はついに一線を越えてしまいました。

尾高が炊事場で洗い物をしていると、ケイトは尾高をバックハグして「罰が当たっても時々私といて。何も望まないから」と言います。

尾高は「そんな風にうまくいかないよ。俺はそんなに器用じゃない」と返します。


翌日会社へ行くと、黒川は体調が悪そうでした。

体温を測ると40度もありました。

インフルエンザの可能性もあったので、岩谷はすぐに病院へ行かせました。


校了前日の忙しい中、岩谷は連載を抱える大物小説家の丸山シゲオとの食事会に行くことになります。

岩谷が準備をしていると、演歌歌手の笹美鈴が突然やって来ました。

美鈴は、マネージャーを恫喝したという記事を書かれたことに腹を立てて乗り込んできたのです。

岩谷は、きちんと裏の取れたものでないと記事にしないと言います。

美鈴が取材に応じてくれなかったので、歴代のマネージャーの話をもとに記事を書いたと説明しました。

「なめんじゃねえ」と言って岩谷にビンタを食らわせて、美鈴は帰って行きました。


岩谷らは食事会に出掛けました。

政治記事の告発者が、家族のことを考えると実名告発は控えたいと言ってきました。

このネタは右トップを飾る予定だっため、編集部は大混乱に陥ってしまいます。

ひとまず、担当の木嶋が直接会って説得することになりました。

万が一に備えて別の記事を用意しておく必要があります。

ケイトは、黒川に代わってデスク代理に指名されていました。

そのため、緊急の打ち合わせに出席します。

それぞれがいろいろなネタを持ち寄りますが、なかなか右トップを飾るようなものはありませんでした。

仕方がありませんので、岩谷が帰ってくるまでに使えそうなネタを記事にしておきます。


岩谷は、丸山と食事をしていました。

丸山は気難しそうな人物なので、気分を害さないようにするのが大変です。

岩谷はその辺は慣れたものです。


岩谷は会社から連絡があり、途中で食事会を抜けて会社に戻りました。

しばらくすると、木嶋から告発者の気が変わって再び告発すると言い出したという報告がありました。

これで問題は解決したので、岩谷は食事会に戻りました。


岩谷がいなくなってから、丸山の食事会はまるで地獄のようでした。

丸山とまったく話が噛み合いません。

東山は、岩谷はあと10分で戻ってくると丸山に説明します。

しかし、岩谷は再び会社に戻ることになりました。

そのことを知った東山は冷や汗が止まりません。


岩谷が会社に戻ったのは、江川出版局長に呼ばれたためです。

会社に戻ると、江川は篠原モモカの路チュー記事をモモカの写真集の発売の後に出して欲しいというのです。

そうしないと、写真集が売れなくなると言います。


その時、岩谷に東山から電話がありました。

丸山が連載を降りると言い出したというのです。

岩谷が丸山のところへ戻ろうとすると、江川は以前丸山の担当を10年やったと言い出します。

江川も丸山との食事会に参加しました。

江川が参加したことで、丸山の機嫌がよくなりました。

岩谷らは食事会が終わると、仕事に戻りました。


岩谷が用意してくれたお寿司をみんなが食べています。

すると、ある女性が事務室に入ってきました。

誰もそのことに気付いていません。

その女性はカバンからナイフを取り出し、ケイトを刺しました。

その女性は、ケイトのせいで夫が帰ってこなくなったというのです。

その女性は桜庭洋介の妻・和美でした。(6話参照)

ケイトは、このようなことをしても何も変わらないと言います。

和美は倒れたケイトを再び刺そうとします。

その時です。

尾高が覆い被さってケイトを守ります。

尾高は背中を和美に刺されました。

岩田らが和美を取り押さえます。


2人は救急車で病院へ運ばれました。

ケイトは腕を刺されていました。

尾高は背中を刺されたということで、緊急のオペが行われました。


会社では、岩谷が次の号は週刊イースト襲撃事件の特集でいくことを決めていました。

東山から岩谷へ尾高の手術が無事に終わったことが伝えられました。

ケイトも大丈夫でしたが、念のため2~3日入院することになりました。


春樹は連載班ということで、校了前日でもそれほど忙しくはありません。

飲み物を買ってくるように頼まれます。

建物の玄関にはたくさんの報道陣が詰めかけていました。

建物から出た春樹を1人の記者が追いかけてきました。

ケイトはどのような人物なのかを知りたいようで、名刺を渡して戻っていきました。

その記者は、深層スクープの伊地知悟という者でした。


病院では、ケイトが尾高の病室に向います。

尾高の病室から、赤ちゃんを抱いた尾高の妻が出てきました。

それを見たケイトは自分の病室に戻りました。

しばらくして、尾高からメールが届きました。

ケガの状態などのやり取りを行いました。


ケイトと尾高の関係を面白く思っていない春樹は、伊地知に連絡しました。

春樹はケイトについて話をするというのです。

今回の襲撃事件のことを話した後、春樹はケイトの父親について話しました。

ケイトの父親は、30年前夏休みのキャンプ場で起きた無差別殺人事件の犯人・乃十阿徹です

伊地知はその話を信じませんが、春樹はケイトから直接聞いたので間違いないと言います。

そして、乃十阿と杏南が不倫関係にあったことも伝えました。

不倫の果てに生まれた子供が不倫を糾弾しているんです」と最後に言いました。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】7話の感想

今回は、何と言っても春樹がケイトの父親をバラしたことでしょう。

まさかバラすとは思いませんでした。

春樹は、尾高とケイトの関係が気に食わないようです。

自分からケイトと別れておいて、ケイトが別の男と仲良くしているのが気に入らないというのです。

もちろんそれだけではないでしょうが。

少なくても、春樹自身が招いたことです。


父親のことをバラせば、ケイトがどういうことになるのかわからないのでしょうか?

別れたとは言え、1度は好きになって付き合った女性です。

幸せになって欲しいという気持ちはないのでしょうか?


来週はとんでもないことになりそうです。

どのようなストーリーになるのか楽しみですね。


SNS上には、さまざまなコメントが上がっています。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】7話の視聴率

今回の平均視聴率は、9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!