『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で観る方法!
FODプレミアム」の2週間無料お試し期間を利用すれば『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で視聴できます!無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません!※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

他の冬ドラマもチェック♪


スポンサーリンク

【アライブ】キャストなど作品情報

アライブのキャストなど作品情報は、次のとおりです。

フジテレビではこれまで、「木曜劇場」にて『Dr.コトー診療所』や『白い巨塔』、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』など数々大ヒット医療ドラマを輩出してきました。その「木曜劇場」にて2020年の幕開けに“がん”をテーマとした全く新しい医療ドラマを放送する事が決定。タイトルは『アライブ がん専門医のカルテ』。
主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんとは14年ぶりの共演でお届けする本作は完全オリジナル作品です。年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。 薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。本作は、日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”としてお届けします。
(公式HPより引用)

\今すぐ動画を無料視聴/

お試し期間なら、無料で視聴できますよ♫


キャスト
松下奈緒 – 恩田心
木村佳乃 – 梶山薫
清原翔 – 結城涼
岡崎紗絵 – 夏樹奈海
小川紗良 – 佐倉莉子
中村俊介 – 恩田匠
三浦翔平 – 関河隆一
田辺誠一 – 須藤進
藤井隆 – 光野守男
木下ほうか – 阿久津晃
高畑淳子 – 高坂民代
北大路欣也 – 恩田京太郎



ドラマ「アライブ」の7話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【アライブ】7話のあらすじ

アライブの7話のあらすじは次のとおりです。


 恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。薫の心中は複雑だ。

 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。

 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。
(公式HPより引用)

【アライブ】7話のネタバレ

心の患者である武井は、3年前に膀胱がんの治療を受けています。

その後の経過は良好でしたが、今回の検査で肺への転移がみられました。

武井の一般的な生存期間の平均は15ヵ月でした。


武井の息子・ケンタにも同席してもらうように頼んでいましたが来ていませんでした。

そこで、心は武井に肺へのがんの転移がみられたことを伝えました。

心は、明日から入院して検査と抗ガン剤治療をはじめることを勧めました。

武井は入院はできないと言い、通院での治療を希望しました。


心は薫に会った際、匠の医療過誤に関して関東医大附属中央病院の調査委員会に報告したことを伝えました。

本当によかったのかという心に、薫はもちろんと答えました。

そのように言った薫でしたが、須藤は恋人だけに内心では複雑でした。


武井の診察時に、心は今後の治療には家族の理解と協力が必要であることを説明しました。

そのため、ケンタに来てもらって話をしたいと言います。


結城は、廊下の椅子で眠る武井を見つけ、声をかけました。

武井は、自分があとどれくらい生きれるのかを聞いてきました。

結城は、自分の口からは答えられないと言います。

しかし、武井はスマホで生存期間を検索した画面を見せて、しつこく聞いてきます。

結城は、それはあくまで統計的なものであると答えました。

それを聞いた武井は落ち込んで帰って行きました。


心に須藤から連絡がありました。

須藤は会って話がしたいというのです。

心はそれを断りました。


武井は、次の診察の予約の日に来ませんでした。

結城は、心にこの前の武井との出来事を話しました。

心と結城は、武井の自宅を訪れます。


武井は、仕事が忙しくて診察に来られなかったのです。

心は結城の件を謝罪して、余命について丁寧に説明しました。

そして、今までのような生活はだんだん送れなくなるので、心は今後について考えることを提案しました。


その時、2階から物音が聞こえてきました。

武井に聞くと、ケンタは家にいました。

心はケンタと話をしたいと言いますが、武井は無理だと答えました。

実は、ケンタは以前務めていた会社が合わず、自宅に引きこもってしまっていたのです。

武井はケンタが働き出すまで、何としてでも生きていなければならないと言います。

これに対して、心はケンタの仕事も大切ですが、自分の体のことを気遣うように伝えます。


武井はケンタと話をすることにしました。

ケンタの部屋のドアをノックしますが、まったく反応がありませんでした。

結局何も話はできませんでした。


調査委員会による中間報告が行われました。

結論は、今回の件は医療過誤とは認められないというものでした。

医者個人の責任を追及することは難しいと言います。

下大静脈の損傷によって大出血しましたが、須藤はその止血には成功しています。

多少の血管の狭窄はあり得ます。

その後の処置には問題はありません。

心はこの結果に医者としては理解できるが、遺族としてはまったく納得できないと言いました。


自宅に帰った心は、京太郎に匠をオペした須藤に医療過誤があった可能性があることを伝えました。

京太郎は、何があったのかを教えて欲しいと言います。


須藤は医院長と話をしていました。

医院長は、教授会で須藤の教授就任が決定するというのです。

須藤は医院長に話があると言います。


心は、薫に調査委員会の中間報告のことを伝えました。

薫は心に謝罪しました。


武井が病院に運ばれてきました。

息子も一緒に来ていました。

武井の状態はひとまず安定しました。


心は息子に武井に会っていくように勧めます。

しかし、息子は会わないと言って帰り出します。

心は、武井はこのような状況なのに、息子が救急車を呼んでくれたことを喜んでいたと伝えました。


心は、ケンタに武井と話をするように言いました。

すると、ケンタは武井とは母親が亡くなってから10年も話をしていないことを明かしました。

ケンタはこれではいけないと思っているが、どうしようもないというのです。

帰ろうとするケンタに、結城は手続きに保険証がいるので持ってくるようにお願いしました。


薫は須藤と会いました。

薫は次のように話しました。

須藤のことを信じていたので、ずっと考えないようにしていました。

もう目をそらすのは止めました。

須藤はたぶん自分のミスに気付いていました。

手術が終わった後、下大静脈が狭窄していることを自分に教えてくれなかったのは、心停止になった責任が自分にあると思い込ませるためだったのでしょう。


薫はこのことを調査委員会で言えませんでしたが、報告すると言います。

そして、薫は須藤に別れを告げて帰っていきました。


結城は、保険証を持ってきたケンタを武井の病室に案内しました。

ケンタは保険証を渡します。

武井はケンタに「すまなかったな」と言います。

ケンタは、そのまま何も言わずに帰ります。


結城は、ケンタを追いかけて話をします。

ケンタは、保険証を持ってくるだけのことが死ぬほどつらいと言います。

結城は、武井がケンタのために集めた求人情報のファイルを見て、武井がケンタのことを一生懸命考えていることがわかったと言います。

しかし、ケンタは帰ってしまいました。

自宅に帰ったケンタは、結城が言っていたファイルを見て泣きました。


ある日、須藤が心の自宅を訪れてきました。

心と京太郎は須藤の話を聞きます。

須藤は、匠の死の原因はすべて自分にあると謝罪しました。

そして、須藤は手術で何があったのかを話します。

手術が始まってまもなく、下大静脈からの出血を止めようとしました。

助手の薫は、無理をせずにパッキングすることを提案しました。

自分は縫合する自信がありました。

実際、縫合したことで出血は止まりました。

しかし、その結果血管を狭窄させてしまいました。

自分はそれを失敗と認めることができませんでした。

それが大きな間違いでした。

結果、薫にすべて責任を背負わせてしまいました。


心は、その時薫にすべてを伝えていれば匠は助かったかもしれないと言います。

須藤は自分が失敗するはずがない、何かの間違いだと自分に言い聞かせて、目の前にある現実から逃げ続けてしまったというのです。

関東医大を辞職してきたことを伝え、須藤は再度謝罪しました。


京太郎は、須藤に医者を続けるつもりなのかと尋ねました。

須藤が首を横に振ると、京太郎は医者を続けるように言いました。

この過ちを背負いこれからも多くの命を救うことが須藤のできる償いだというのです。


後日、心は関河に会いました。

関河は、心に明日発売される記事のゲラを見せました。

関河は、当初須藤を糾弾するつもりでした。

しかし、須藤がすべてを打ち明けたことで関河の気が変わりました。

最終的には、明かされない医療ミスに関する記事となりました。


関河は次のように話します。

医学部に在籍していた時がありました。

実習の時、患者に知らされていない情報があまりにも多く、それが納得いきませんでした。

そこで、医学部を中退して今の仕事に就きました。

当時はそれが医者や病院の不正だと思っていましたが、医療現場の現実を知り、今となってはそれが不正かどうかはわかりません。

線引きは難しいです。

そう言って帰っていく関河に、心はお礼を言いました。


武井は病院へ行くために自宅を出ました。

すると、ケンタが自分も付いていくと言います。

2人で診察室に入って、心から話を聞きます。


心は、薫に須藤が謝りに来たことを伝えました

須藤は、薫が調査委員会に報告する前に関東医大を辞めていました。

そのことから、心は須藤がずっと責任を感じながら生きてきたことがわかりました。

心は、須藤は薫だけにすべての責任を負わせるつもりはなかったのではないかと言いました。

薫は、心に須藤との関係を話そうとしました。

しかし、心は何も言わなくてもよいと告げました。

心が行った後、薫は退職願を取り出し、「さよなら」と言いました。

【アライブ】7話の感想

今回で、匠に関することはすべて終わりました。

須藤が自らすべてを明かして、心に謝罪しに来るとは意外でした。

須藤は教授になれることになっていたので、保身のために事実を隠蔽するかと思いました。

当初医療ミスをしたのに隠蔽したことは許されませんが、その後きちんと事実を話して謝罪してことについては好感が持てました。

こういう結末になるにても、ドラマの最終回だと思ったのでやや拍子抜けしました。

あと数話で、何か問題でも発生するのでしょうか?


SNS上では、さまざまな声が上がっています。

【アライブ】7話の視聴率

今回の平均視聴率は、6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

動画無料視聴情報
FODプレミアム」ではこの記事でご紹介する動画が配信されています。2週間の無料お試し期間があるのでそれを利用してみてはいかがでしょうか?お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

『アライブ がん専門医のカルテ』のネタバレ一覧!
基本情報 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 最終話

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!