トップナイフの7話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【トップナイフ】7話のあらすじ

トップナイフの7話のあらすじは次のとおりです。


深山(天海祐希)は臨床経験の浅い幸子(広瀬アリス)の弱点を克服させるため、今まで以上に厳しい指導を始める。そんな中、脳外科のドクターが一人辞めるという噂を聞いた深山は、新任の3人から辞める人を選ぶのは決断が早すぎると今出川(三浦友和)に詰め寄るが、お茶を濁される……。

深山は、酔って階段から転落し後頭部を強打したエステサロンの経営者・滝野祥子(原沙知絵)を担当する。血腫を取り除く手術を受け、経過観察のために入院している祥子の病室には見舞客が後を絶たず、中でも二人の男性・池谷(木村了)と西川(夙川アトム)は足しげく病室を訪れている様子だが……。そんな中、深山は祥子から「顔がわからない」と打ち明けられる!人の顔の部分が誰のものなのか識別できない状態の祥子を、深山は“相貌失認”と診断。祥子をめぐり微妙な関係の様子の池谷と西川は、お互いに気まずい距離感を保ちながらも祥子を心配している様子で……。

一方、病院には深山の娘・真実(桜田ひより)がこっそり訪ねてくる。家で仕事の話を全くしない深山の働く姿を見たいという真実を味方につけるべく、幸子は手厚く接待するが……。真凛(森田望智)からいつも深山がこなしている激務について説明を受けた真実は、患者のケアと他のドクターのまとめ役に奔走する母親の“別の顔”を垣間見る。

仕事を優先してきた女性として通じるところのある深山に心を許した祥子は、ある男性との結婚を迷っていることを打ち明ける。祥子の既往症に気になる部分のあった深山は、医師として祥子に寄り添うが……。
そんな中、祥子はある事がきっかけで記憶がフラッシュバックし“自分は誰かに突き落とされた”という事を思い出す!犯人は、池谷と西山のどちらなのか?人間の持つ“別の顔”が引き起こす悲しい事件!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【トップナイフ】7話のネタバレ

顔がわからない患者

エステサロンを経営する滝野祥子が搬送されてきました。

祥子は酔って階段から落ち、後頭部を強打しました。

深山は血腫を取り除く手術を行い、経過観察のため入院してもらっていました。


深山は祥子の病室にやって来ました。

祥子は「顔がわからない」と言い出しました。

写真を見ても、顔の部分が認識できないので誰なのかわかりません。

深山は相貌失認と診断しました。


池谷と西川は、頻繁に祥子の見舞いに来ていました。

それなのに、祥子はこの2人の顔も認識できていませんでした。

心配になった祥子は、深山に治るのかどうかを尋ねます。

深山は先天性のものでなく、外傷による症状なので治る可能性はあると言います。

リハビリして慎重に様子を見ていくことになりました。


祥子には結婚を考えている人がいました。

しかし、祥子は結婚をためらっていました。

深山は、祥子に結婚をためらうのは既往歴(子宮内膜症・多嚢胞性卵巣症候群)が関係しているのかを尋ねました。

祥子は、付き合っている人は子供はいらないと言ってくれるだろうというのです。

ただ、それが本心かどうかはわからないと言います。


祥子は、深山に言って外へ連れて行ってもらいました。

階段から落ちそうになったのを深山に支えてもらいました。

その時です。

祥子は、あの時ある男性に突き落とされたことを思い出しました。

深山にそのことを伝えました。


深山は西郡にそのことを話しました。

これが本当なら殺人未遂だと言います。

祥子は突き落とした男性の顔は逆光で見えなかったと言っていました。

ただ、ネックレスを付けていたことは間違いないというのです。

警察に通報することにしました。


犯人は2人の話を聞いてネックレスを外しました。

犯人は池谷だったのです。


深山と西郡は、よく来ていた見舞客は祥子が犯人のことを思い出さないかどうかを確認に来ていたのではと考えました。

急いで祥子の病室に向かいます。


その時、祥子は病室を抜け出して階段にいました。

池谷は、祥子を無理矢理引っ張っていきます。

人がいないところまで来ると、バールで祥子を殴ろうとします。

西川がやって来て、池谷を止めようとします。

しかし、西川は殴り倒されてしまいます。

祥子は首を絞めようとする池谷に金的を食らわせます。

そこへ警察と深山らがやって来ます。

池谷は警察に取り押さえられます。

自分の方を振り向いてくれないという嫉妬から、池谷は犯行に及んだのだと言います。


深山は祥子に、顔を認識できない状況で、どうしてやって来たのが池谷だとわかったのかを聞きました。

その理由は驚くべきものでした。

何と西川の方が弱いからだというのです。


しばらくすると、治療を受けた西川が祥子の病室に運ばれてきました。

西川は祥子に、自分の顔はまだわからないのかと聞きました。

祥子は全然わからないと答えました。

せっかく助けたのにと残念がる西川に、祥子は顔がわからない方がイケメンに見えると笑って言います。

西川は「初めまして」と言って手を差し出しました。

祥子はその手を取ります。

西川は「これからよろしく」と言うと、祥子は涙を浮かべます。

病院を辞めるのは?

深山は、今出川にどの医者が辞めるのか聞きました。

新任の3人からだとすると決断が早すぎるのではと言います。

今出川はいずれわかると言って部屋を出ていきました。


後日、深山が帰った後、今出川と黒岩が話をしました。

黒岩は、深山が実務を仕切り、今出川が経営を取り仕切ることでこの病院は大きくなったと言いました。

すると、今出川は「今まではね。どうやらいらない人材が増えすぎたようです」と意味深な発言をしました。

真実が深山に内緒で病院へ

深山の娘である真実が病院へやって来ました。

家では仕事の話をしてくれないので、真実はこっそり深山の働く姿を見に来たのです。

真実は、深山には来たことを内緒にしておいて欲しいと言います。


幸子は、真実に自分は深山の右腕で期待されていると言います。

その時、深山が幸子を呼んで指示を出します。

この様子を真実は見ていました。


次は、真凛が真実に深山のことを話します。

真実は、手術から他の医者の取りまとめなど深山にはやることが山ほどあることを聞きます。

家では見ることができない深山の別の顔を見ることができました。


犬飼と真実が話していると、今出川がやって来ました。

幸子は、今出川に真実が深山の娘であることを伝えました。


今出川も真実と話します。

真実は、現在の母親は見た目も行動も深山とは正反対だと言います。

いろいろと押しつけてくる現在の母親には不満がありました。

実は、真実は現在の母親とケンカをして自宅を飛び出したのでした。

それで深山の家に転がり込んだのです。


真実は、深山が本当に自分のことを捨てたのかどうかの確認もしたかったというのです。

今出川は捨てたはずがないと言うと、真実は「そうだった」と返しました。

その後、真実は深山に会わずに帰りました。

黒岩が学校の面談へ

黒岩は、息子の保の面談に来ていました。

担任の先生は、黒岩が保を引き取ることになったのかを尋ねます。

黒岩は、母親が保を一方的に押しつけてきたと言って、今児童相談所に預ける話をしていることを明かします。


先生は、面談に来たのは黒岩が初めてだというのです。

保の母親にはネグレクト、育児放棄の兆候があったと先生は言います。

黒岩は驚きます。

【トップナイフ】7話の感想

急に顔がわからなくなることがあるのですね。

病気にはいろいろなものがあることに驚かされます。

祥子は顔がわからないのに、犯人だと思って金的を食らわせました。

深山には彼の方が弱いからわかったと言っていましたが、実際は匂いや雰囲気などで近づいてきているのは彼ではないとわかったのではないでしょうか?

西川が祥子に「これからよろしく」と言った場面は感動的でした。

2人なら、今後うまくやっていけるのではないかと感じました。


今出川がいらない人材が増えすぎたと言っていました。

その人材が誰なのかが気になりますね。

深山のようにみせておいて、実は今出川自身のことを言っているのではないかと思いました。

果たして誰なのでしょうか?


SNSでは、次のような声が上がっています。

【トップナイフ】7話の視聴率

今回の平均視聴率は、10.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!