ドラマ「テセウスの船」の6話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【テセウスの船】6話のネタバレ

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!
それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。
(公式HPより引用)


病院から心に藍の意識が戻ったという連絡が入ります。

さつきは藍が松尾を殺したと言っています。

毒入りの芋ようかんで殺したというのです。

藍はまったくのデタラメだと言います。

藍はさつきから芋ようかんを渡されただけでした。


心は、どうしてさつきが松尾を殺す必要があるのかが疑問でした。

さつきは、藍が佐野文吾の娘であることを知りました。

そして、藍はそのことでさつきに脅されていたことを心に伝えます。


松尾を殺してまで心に聞かせたくない真相とは何なのでしょうか?

藍は、さつきが音臼小事件の犯人ではないかと疑います。

心もそのように考えていました。

松尾は、昔さつきの家の工場で働いていました。

金丸刑事を殺した犯人の声がさつきのものと気づいたのではないかと言います。

それを察したさつきは、真犯人だと証言される前に口封じをしたのではないかというのです。


心は、さつきが運ばれた病院を訪れました。

さつきから事件の真相を聞き出すつもりでした。


心はさつきの病室に入りました。

すると、さつきは死んでいました。

近くにはオレンジジュースがありました。

これに毒が入っていると思われました。


心は誰かを呼ぼうとしましたが、そのようなことをすれば心が確実に疑われてしまいます。

そのため、心は病室から逃げ出しました。


自宅に戻った心は、音臼小事件の犯人はさつきではなかったことなどいろいろと考えました。

その時、封書が届きました。

中を見ると、紙には21人の人間が描かれていました。

その数は音臼小事件の被害者の数でした。

そして、心は真犯人は自分のすぐそばにいると確信しました。


心は、由紀に送られてきた封書のことを話しました。

その時、みきおから電話がかかってきました。

心と由紀はみきおに会うことにしました。


みきおは、さつきが描いた奇妙な絵シアン化カリウムの容器を見せました。

殺された松尾が音臼小事件の新たな証言をしようとしていたことを知ったみきおは、音臼小事件の犯人は佐野文吾ではなく、さつきである可能性は否定できないと言います。

しかも、それを隠蔽するために松尾を殺害し、藍に罪をなすりつけようとしたというのです。

心は、さつきには共犯者がいて、その共犯者に殺されたのではと考えました。

みきおは、身寄りのない自分を引き取って育ててくれた優しい母親がそのようなことをするわけがないと言います。

その後、みきおはさつきの病室から逃げ去る男の目撃情報があったことを伝えます。

その男は、小柄で小太りのメガネをかけた男だったというのです。

みきおは藍に許してもらうために、犯人を捕まえて明らかにすると言います。


由紀は、さつきの交友関係がわかるものはないかと尋ねます。

みきおはさつきの手帳を見せてくれました。


心と由紀はさつきの手帳に書かれた人物に会って、小柄で小太りのメガネをかけた男を知らないかの聞き込みを行います。

しかし、まったく手がかりが掴めませんでした。


心に文吾を担当する弁護士から電話がありました。

松尾とさつきが殺害された件について文吾が話したいことがあるというのです。

心は文吾に会いに行きました。

文吾は大事なことを思い出したと言います。

金丸刑事が殺された後、森刑事が金丸刑事が明音の首に付いたアザを気にしていたというのです。

首を絞められた時にできるアザとはまったく異なった形だったのです。

これが犯人につながる大きなヒントだったのかもしれないと文吾は言います。


心は由紀に森刑事の話をしました。

由紀が定年になった森刑事を探してくれることになりました。


その後、森の家がわかりました。

心と由紀は森の家に行きました。

森はすでに亡くなっていました。

妻は、森が文吾があのような事件を起こすわけがないと言っていた話をしてくれました。

森が調べた音臼小事件の資料が残されていました。

明音の資料もありましたが、アザについては何もわかりませんでした。


心と由紀は、引き続き小柄で小太りのメガネをかけた男を探すことにしました。

次に聞き込みに行った家で有力な情報を得ることができました。

小柄で小太りのメガネをかけた男に思い当たる人物がいるというのです。

それは、元県議会議員・田中義男の息子の正志がそのような感じだったと言います。

田中義男は、心がタイムスリップした時に文吾と共に火事を防いだ家の主でした。


被害者遺族の中に正志の名前があったので、すぐに住んでいるところがわかりました。

心は正志に会いに行きました。

何度か呼び鈴を鳴らしましたが、正志は出てきませんでした。

鍵がかかっていないことを知った心はドア開けます。

心は部屋の中に入っていきます。

すると、正志が倒れた状態で死んでいました。

首には絞められた痕がありました。


しばらくすると、警察がやって来ました。

誰かが叫び声がすると言って通報したようです。

死んだ正志を見た警察官は、不審人物として心に話を聞かせて欲しいと言いました。

心は必死に殺害を否定します。

しかし、心は信じてもらえずに留置場に入れられてしまいます。


翌朝、心は釈放されました。

正志が殺されたことを知った由紀は、きっと心が疑われていると思ったのです。

そこで、由紀は心の前に別の男が正志の部屋に入っていく防犯カメラの映像を見つけて警察に提出しました。

それにより、心の無実が証明されました。


心はひとまず自宅に帰りました。

すると、今度はさつきから封書が届きました。

中には、またしても絵が入っていました。

血の涙を流す人と無数の目、石碑のようなものが描かれていました。

石碑のようなものは、音臼小事件の慰霊碑と考えられました。

“3月8日 END”という文字も書かれていました。


心は、みきおにその絵を見せました。

みきおもどういう意味かわからないようです。


心は、音臼小事件は明日(3月8日)に完結するという意味ではないかと言いました。

そして、血の涙を流す人は自分だというのです。

心は、明日自分を殺して終わりにするという犯人からのメッセージだと考えていました。


みきおも一緒に行くと言いますが、心は藍のためにも連れて行けないと返しました。

心は、藍には内緒にしておいて欲しいと頼みます。


心は由紀に会いました。

心は、自分には父親のことで背中を押してくれる妻がいたことやタイムスリップしたことを話しました。

由紀はその話を信じてくれました。

そして、由紀はその妻は自分なのではと言いました。

心は、由紀に“YUKI TO SHIN”と彫られたリングを見せました。


心は明日事件解決につながる大事な用があると伝えました。

一緒に行くという由紀に、心は一人で行くと言いました。

心はそれが済んだら、必ず会いに来ると言って帰って行きました。


心は、音臼小事件の慰霊碑の前に立っていました。

すると、みきおがやって来ました。

心に止められたが、いてもたってもいられずに来てしまったと言います。


心は犯人が来たら自首させるというのです。

そして、たくさんの人の命と自分たち家族の幸せを奪った罪を一生かけて償わせると言います。


みきおは心にそれは無理だと言いました。

心が振り返ると、みきおは立っていました。

みきおが音臼小事件の犯人だったのです。


みきおはナイフで心を切りつけました。

心を殺そうと馬乗りになります。

そして、みきおは今更犯人だと名乗り出るのは無理だと言います。


みきおは心の首を絞めようとしてきます。

その時、心は金丸刑事が気にしていた明音の首のアザの謎が解けました。

アザの形が通常と異なっていたのは、子供の手で締められたためだったのです。


みきおは心のことを心先生と呼びました。

心がタイムスリップをしたことを知っていたのです。

みきおは、心のせいで死ななくてもよい人間が2人も死んだと言います。

それは、さつきと正志でした。

心は自首するように言いますが、みきおは嫌だと拒みます。


心は何とかみきおを振り払い、警察を呼んだと言います。

みきおは自分が犯人だという証拠はないと返します。

心は、これまでのみきおとの会話をすべて録音していました。

そして、事件はまだ終わらせないと言いました。

すると、みきおは帰って行きます。

心はみきおを追いかけようとしますが、傷が痛んで追いかけられません。


その後、以前タイムスリップした時のように靄がかかってきます。

心は意識を失ってしまいます。

目が覚めると、ベッドの上にいました。

再び過去に戻っていました。

事件が起こるまで、もう2日しかありませんでした。

目の前にはオレンジジュースが置かれていました。


みきおとの会話を録音したボイスレコーダーは、小学生のみきおが持っていました。

この後、みきおは事件を起こすのでしょうか?

スポンサーリンク

【テセウスの船】6話の感想

今回のストーリーの展開は凄まじかったです。

特に、最後は急展開過ぎて理解するのに時間がかかりました。

まさかみきおは歩けて、音臼小事件の犯人だったとは驚きです。

心を殺そうとした猟奇的な様子はまさに殺人犯という感じがしました。

ただ、当時小学生だったみきおにあのような事件を起こせるでしょうか?

金丸刑事を崖から突き落とすのは小学生では難しいでしょう。

そもそもこれほど緻密な計画を小学生が考えて実行できるでしょうか?

そう考えると、さつきなど大人の協力者がいたのではないかと考えてしまいますね。


心が再び過去に戻った場面では、みきおがボイスレコーダーを持っていました。

やはり、みきおが事件を起こしたようです。

犯人がみきおだと知った心が今後どうするのかに注目ですね。

来週が楽しみです。


SNS上には、次のようなコメントが上がっています。

【テセウスの船】6話の視聴率

今回の平均視聴率は、13.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!