「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(シロクロパンダ)」の7話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【シロクロパンダ】7話のあらすじ

シロクロパンダの7話のあらすじは次のとおりです。


レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱。直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。すべてを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。彼女にとって、門田は恩人だった。リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。リコは再び眠りにつき、レンが戻った。レンは直輝と別れた悲しみに耐え、囲碁に打ち込む。

直輝は、門田を殺した犯人を突き止めるため、門田の自宅に潜入。門田の書斎には、激しく争った形跡があったが、犯人につながる手がかりは見つからない。
神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。あずさは無事に発見されたものの、コアラ男は逃亡し、未だに逮捕されていない。当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の闇に関わっているのではないかと推理する。

一方、リコは、ミスパンダとして直輝に呼び出される。直輝は、門田を殺した犯人にたどり着いていた。リコは直輝から「誰が犯人でも後悔しないね?」と告げられる。ミスパンダとなったリコは直輝に導かれ、犯人の正体に迫っていく――!
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【シロクロパンダ】7話のネタバレ

リコに戻ったレンは混乱していました。

自分は門田の催眠でレンになったはずなのに、突然リコに戻ってしまったためでした。

それに、ミスパンダの格好にも驚きます。


直輝はリコにパンダについて次のように話しました。

レンと初めて会った時、助けを求める声が聞こえたような気がしました。

催眠をかけて声の主を呼び出してみたら、自意識を持たないとんでもないモンスターが現われました。

そのモンスターにミスパンダという名前を付けて復讐に協力してもらいました。

パンダは、リコがこうなりたいと思っていた理想の姿です。


ここまでの話を聞いたリコは、頭の中で整理します。

直輝がレンに催眠をかけてパンダとして利用したことが原因でリコが出てきたという結論に至りました。

リコは自分が今ここにいるのは直輝のせいだとわかり、直輝に殴りかかります。


リコはレンのままでよかったと言って、門田の元へ行くと言い出します。

直輝は門田が殺されたことを伝えます。

リコはもうレンには戻れないのかと問います。

直輝は門田がレンにかけた催眠をもう1度かければ、再びレンに戻れると言います。

しかし、もう1度催眠をかければリコは完全に消えるというのです。

リコはそれでもよいと言います。


直輝は「今までありがとう。ミスパンダ」と言って、リコを抱きしめます。

催眠をかけようとした時、リコは急に門田を殺したのは誰なのかを尋ねました。

門田は自分の味方だったというリコは、直輝に犯人を見つけて欲しいと頼みました。

直輝は犯人を捜すことを約束すると、リコは犯人がわかった時点で最後に呼び出して欲しいと言いました。

そして、直輝はリコをレンに戻しました。


翌朝、レンに戻っていました。

レンは、直輝と別れた直後ということでかなり落ち込んでいました。


神代は、8年前にあずさがコアラの被り物をかぶった男に誘拐された事件について調べていました。

神代は直輝に連絡し、この事件には不可解な点がいくつかあることを指摘しました。

佐島は指定されて口座に身代金を振り込み、3時間後にあずさが解放されました。


神代は、佐島とコアラ男が交渉した記録が残っていないと言います。

その後、コアラ男のことは一切報道されなくなったというのです。

神代も、これ以上深掘りしないように止められていました。


この事件にはとんでもない闇が潜んでいると神代は言います。

直輝はその闇に踏み込んだために、父の哲也が消されたのではと考えていました。

2人は命がけで事件の真相を探っていくことにしました。


直輝は門田の自宅に潜入しました。

中には警察官がいました。

直輝は見つからないように、事件のあった書斎を調べます。


レンは囲碁の大会に出場していました。

レンの休憩室にパンケーキが運ばれてきました。

そして、パンケーキを運んできた男がシロップをかけます。

すると、レンはパンダの格好をしたリコに変身しました。

直輝は、門田を殺した犯人が誰でも後悔しないかと聞きました。

これから犯人をおびき出すのにパンダの力が必要だと言います。


パンダチャンネルの配信が始まりました。

パンダはある心霊スポットにやって来ていました。

幽霊が出てきてパンダが逃げるだけというものでした。


直輝とパンダは配信終了後、その場所で犯人がやって来るのを待ちます。

実は、直輝は門田のパソコンにレンとリコの論文データがあったことに気づきました。

これが犯行の動機で間違いないと思った直輝は、先ほどの配信でまだデータが残っているように見せかけたのです。

犯人は必ずデータを消しにやって来ると言います。

そのため、門田の務めていた病院から配信したのです。


その時、赤いコートを着てハンマーを持った人物がやって来ました。

その人物は川田麻衣子でした。

レンとリコの母親です。

麻衣子が門田を殺して、パソコンを破壊したのです。


実は、レンのバイト先のオーナーが麻衣子にすべてを話していたのです。

そのため、麻衣子は門田がリコに催眠をかけてレンにしたことや、論文でそのことを発表しようとしていることを知っていました。


麻衣子は、門田が自分の言うことを聞かなかったから悪いのだと言います。

自分からレンを奪おうとしたのだというのです。

門田は論文発表後にリコに戻して、レンの記憶を消去しようとしていました。


麻衣子は、パンダを見て誰なのかと聞ました。

そこで、リコは麻衣子に自分の本当の姿を見せました。

麻衣子は何度もレンと言います。

そして、麻衣子は目の前にいるのがリコだとわかると、あの時リコを殺したのだと言います。

麻衣子はリコだけを別の建物に泊まらせて、その建物に火を付けていたのです。


その時、建物にはリコだけではなくレンもいました。

実は、レンは麻衣子がリコを殺しに来ることを知らせに来てくれていたのです。

そして、建物が炎に包まれ、リコはレンを置いて逃げました。

結局、助かったのはリコだけでした。


麻衣子は自分をだまして、レンを見殺しにしたリコが悪いと言い出します。

リコは、自分がリコであると言おうとしましたが、麻衣子にはレンしか見えていなかったので本当のことを言えなかったのです。


麻衣子は、直輝にリコを消してレンに戻して欲しいと頼みます。

直輝は、リコの気持ちを考えたことはあるのかと言います。

麻衣子は1人ならきちんと育てられましたが、双子ではそうはいきませんでした。

そのため、最初からリコがいなければよかったと思うようになったのです。


麻衣子は、レンと2人で幸せに生きたかったと言います。

リコは、麻衣子にもういなくなると伝えて帰りました。


リコは、直輝にあのような母親でも最後に会えてよかったというのです。

そして、リコは必要とされていない自分をさっさと消して欲しいと言います。

すると、直輝はリコと一緒にいたいと伝え、もう少し力を貸して欲しいと頼みました。

リコは、直輝の復讐に付き合ってくれることを約束しました。

その代わり、レンを幸せにしてあげて欲しいと言います。


麻衣子は警察に自首しました。

レンはそのことを知って混乱します。


コアラ男誘拐事件の犯人が哲也であるというニュースが報じられました。

哲也が犯人であることを示す重要な証拠として、哲也の遺書が紹介されました。

遺書には、次のように書かれていました。

「コアラ男は私です。

誘拐事件を起こしてしまったことを心から後悔しています。

死んで償います」

直輝もあずさも驚きます。

特に、直輝は大きく動揺します。

【シロクロパンダ】7話の感想

門田を殺したのは、リコのバイト先のオーナーだと思いましたが、まさか麻衣子とは驚きです。

門田はリコをレンにしたことには罪悪感を持っていましたが、研究に関してはまったく罪悪感を持っていませんでした。

結果的にはこれが命取りとなりましたね。

麻衣子なら、レンを守るためなら何でもしそうです。


リコはかわいそうです。

レンとは双子の姉妹なのに、まったくかわいがられ方が異なります。

リコはかわいがられるどころか、殺されようとします。

あの火事はリコを殺そうとして麻衣子が火を放ったのです。

皮肉なことに、かわいがっていたレンの方を失ってしまいました。

母親失格ですね。


コアラ男の事件も動き出してきました。

直輝は哲也を殺した犯人を見つけ出すことができるでしょうか?

楽しみですね。


SNS上では、次のようなコメントがアップされています。

【シロクロパンダ】7話の視聴率

今回の平均視聴率は7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!