絶対零度4の8話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【絶対零度4】8話のネタバレ

ミハンが探知していたものの、捜査できていなかった3人の危険人物が失踪していた。地権者から土地をだまし取り、殺害しようとしていた不動産詐欺師、借金を返せない相手に保険金をかけて殺そうとしたSNS闇金の経営者、水上バイクで女性をひき殺した事故をもみ消したうえ目撃者の命まで狙った政治家の息子――。

井沢(沢村一樹)たちの元へやってきた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、かつて、法で裁けない犯罪者を闇に葬っていたミハン捜査員の田村薫巡査部長の話を持ち出し、その役目が引き継がれていると指摘する。実は、井沢たちが逮捕することが出来なかった大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香(佐藤江梨子)も失踪していた。凶悪犯が拉致され、殺害されている――!? ミハンメンバーの誰かが一連の連続失踪事件に関わっているのか――まるで井沢が犯人だと言わんばかりの口ぶりで話す曽根崎。それに対して香坂(水野美紀)は、ミハンメンバーの中に殺人者がいないことを証明するために真相を突き止める、と宣言する。

3件の失踪者を調べると、彼らが拉致されたと思われる場所には、いずれも防犯カメラがなかった。だがミハンは、ドライブレコーダーなど足を使った捜査で、犯人と思しき人間が映った画像を入手する。その画像とミハンメンバーを歩容認証で照合してみる。

浮かび上がる意外な人物。犯人はいったい誰なのか――!?
そして、物語は未来の謎へと繋がっていく――。
(公式HPより引用)


小田切は、篠田からの告白に対してOKの返事をしました。

2人はうれしそうに手をつないで歩きます。

ミハンから小田切に呼び出しのメールが入りました。

小田切はミハンに急行します。


ミハンに曽根崎がやって来ました。

曽根崎は、法で裁けない犯罪者を闇に葬っていたミハン捜査員の田村薫巡査部長の名前を出しました。

最終的には田村は自殺しました。

曽根崎は、その役目が引き継がれているというのです。


香坂は、ミハンが検知しているにも関わらず、捜査できていない危険人物の一部をモニターに映し出しました。

映し出されたのは、長岡宏伸・木島健作・刈谷雄二の3人です。

全員失踪しています。

さらに、先日逮捕することができなかった仁科紗耶香(7話参照)も姿を消しました。

曽根崎は、正義を気取った仕置人がこれらの失踪者を拉致して殺害した可能性が高いというのです。


ミハンのセキュリティは完璧なので、外部の者が情報を入手することはできません。

そのため、ミハンに出入りできる者にしか情報を得ることはできないのです。

曽根崎は、犯人はこのミハンメンバーの中にいると言います。


そこで、危険人物の連続失踪事件の真相を突き止めることになりました。

この中に殺人犯がいないことを証明するために行います。


井沢と吉岡は紗耶香が姿を消したと思われる場所に来ていました。

ここには防犯カメラはありませんでした。


井沢は、独自の捜査をするためにどこかへ行ってしまいました。

吉岡は山内と小田切と合流しました。

残りの3人の捜査状況は次のとおりです。


長岡 

不動産詐欺師

老人から土地をだましたり、その老人を殺害しようとしていました。


木島 

SNS闇金の経営者

借金を返せない相手に保険金をかけて殺そうとしていました。


刈谷 

政治家の息子

水上バイクで女性をひき殺しました。

事故をもみ消し、さらに目撃者の命まで狙っていました。


山内はみんな悪党なので、誰が裁いてもおかしくはないと言います。

井沢はやっていないと信じています。


この3人についても、拉致された思われる場所には防犯カメラがありませんでした。

そこで、近くの道路を走る車のドライブレコーダーをチェックすることにしました。


井沢は、元警察庁次長・町田博隆が殺害された場所に来ていました。

そこへ香坂もやって来ました。

井沢は、一連の失踪事件と町田殺しはつながっていると考えていました。


町田殺しに関しては、何も証拠はできていませんでした。

井沢はイノシシが教えてくれるかもしれないと言います。


山を下りたところの畑でイノシシによる被害が出ていました。

市に駆除を依頼するため、畑の所有者はホームビデオを回し続けていました。

井沢は、事件のあった日の映像をすでに入手していました。


ミハンメンバーが本部に集まります。

拉致されたと思われる現場付近2カ所で、不審人物がドライブレコーダーに映り込んでいました。

町田の死亡推定時刻に現場の山の麓でホームビデオに人が映り込んでいました。

これら2つの事件がつながっているのかを調べます。


カメラの映像の解析はこれ以上できませんでした。

そこで、歩容認証システムを使うことにします。

その結果、上のドライブレコーダーとホームビデオに映り込んだ人物はすべて同一であることがわかりました。

次は、これがミハンメンバーの歩容と一致するかを調べます。

山内・小田切・吉岡・香坂・井沢・加賀美の歩容とは一致しませんでした。

これでミハンメンバーの潔白が証明されました。

加賀美は、過去の防犯カメラ映像の中から歩容が一致する人物を調べることになりました。


防犯カメラを調べると、いくつか一致する人物の映像が出てきました。

どれも不鮮明で誰かわかりません。

紗耶香が失踪したと思われる場所付近の映像に、その人物が使った車が映っていました。

車の所有者を調べても何も出てきそうにはありません。

しかし、車がどこへ向かったのかはわかると言います。

車が向かった場所から、紗耶香の遺体が見つかりました。


次の日、泊まりの吉岡以外が出勤してきました。

加賀美は、歩容認証データが消えていることに気がつきました。

直接この部屋に入らない限り消すことはできません。

みんなは吉岡を疑います。

吉岡は知らないと言います。


吉岡は北見が来ていたことを伝えます。

吉岡がトイレに行っている間に、北見がデータを消した可能性が高そうです。

加賀美が北見の居場所を調べようとしますが、北見に関するデータもすべて削除されていました。

これでは調べることができません。


井沢は、北見は殺人犯でないというのです。

北見の歩容についてもすでに調べましたが、犯人のものとは一致していなかったためです。

井沢は、北見は犯人をかばおうとしているのではと考えています。


井沢と吉岡は北見の自宅に侵入しました。

部屋にはまるで生活感がありませんでした。

井沢は、法務省のキャリアは表の顔で裏の顔があると言います。


加賀美がデータの一部を復元したことでとんでもないことがわかりました。

7年前ミハンがまだ試験段階だった頃、北見はすでにミハンと接点がありました。

北見はミハンが検知した犯人に命を狙われていたのです。


北見は、大学時代にストーカー被害に遭っていた女性を助けていました。

やがてその矛先は北見に向けられ、そのストーカーに命を狙われることになります。

ミハンシステムは、このストーカーを危険人物として検知しました。

しかし、その矢先危険人物の男は歩道橋の階段から落ちて亡くなりました。


その時です。

ミハンシステムが新たな危険人物を検知しました。

その危険人物は北見でした。


加賀美は北見がよく出入りしていた建物を調べました。

山内と小田切が現場に向かいます。


加賀美は、他のミハンメンバーには内緒で北見に会っていました。

加賀美は北見に銃を突きつけられます。

その時、加賀美は北見にミハンに関わった本当の理由を尋ねました。

しかし、加賀美は本当の理由を知っているようです。


今から26年前、一人の男が映画館で神経ガスをまいた事件がありました。

加賀美はそこにいました。

目の前で人が次々に倒れていきました。

そこで加賀美は罪を犯したと言います。

加賀美は、北見が自分が犯した罪を知っているのではというのです。

北見は、あの人は罪を犯していないと答えます。


その時、香坂がやって来ました。

加賀美は北見に襲いかかりますが、逆にやられてしまいます。

北見は香坂を振り払って逃げます。

逃げた先には井沢がいました。

北見は井沢に取り押さえられました。


井沢は、北見の取り調べを行います。

井沢は、町田殺しはミハンを守るために行われたものだと言います。

北見の背後にいる人物を聞きます。


山内と小田切から連絡が入りました。

北見が出入りしていたのはどれもペーパーカンパニーでした。

実態のない会社を通して、トキサミシンという科学物質を購入していました。

この物質で軍用の爆弾が作れると言います。


ペーパーカンパニーを行き来している車両が向かう倉庫がわかりました。

その倉庫に爆弾があるかどうかを確認することにします。

倉庫に行くと、爆弾を作った形跡がありました。

しかし、爆弾そのものはありませんでした。

井沢はこれはテロだと言いました。

このタイミングで狙うのなら、東京サミットしかありません。


ミハンメンバーは本部に戻ってきました。

井沢は、2階の香坂の部屋へ行きます。

そこで、テロに関するデータを見つけました。

井沢は、他のメンバーに香坂はテロに関わっていると言いました。


そして、東京サミットの当日を迎えました。

各国の首脳が続々とやって来ます。

警察官があちこちに配備されています。


そして、この8時間後血まみれで倒れている香坂のそばに、銃を持った井沢が立っていました。

井沢は警察官を振り切って逃亡します。

そして、曽根崎の前に井沢が現われます。

井沢は曽根崎の首を掴みました。

スポンサーリンク

【絶対零度4】8話の感想

今回は、すっきりしないまま終わってしまいました。

危険人物の連続失踪事件の犯人が明かされなかったためです。

ミハンメンバーが犯人ではないようです。

北見も犯行は行っていないようです。

ただ、北見は犯人をかばっているというのです。

一体誰をかばっているのでしょうか?

個人的には、加賀美が26年前に助けた少年が怪しいと思っています。

その少年が誰なのかはわかりませんが。

加賀美にも何か秘密がありそうです。


香坂がテロに関わっているというのは本当なのでしょうか?

そのため、その後香坂は血まみれで倒れることになるのでしょうか?

まだまだ謎はたくさんあります。

来週から少しずつ明かされていくかもしれませんね。


SNS上では、次のような声が上がっています。

【絶対零度4】8話の視聴率

今回の平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!