ドラマ「10の秘密」の7話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【10の秘密】7話のネタバレ

圭太(向井理)から、誘拐犯の正体が母・由貴子(仲間由紀恵)だと聞かされ、にわかには信じられない瞳(山田杏奈)。さらに追い打ちをかけるように、由貴子から「もう用はない」と言われた瞳は、激しいショックを受ける。目の前で瞳を傷つけられ、由貴子への怒りがおさまらない圭太は、奪った金を警察に見せて由貴子の罪を公にしようとするが、隠していたはずの3億円は、こつ然と姿を消していた――。

由貴子に金を奪い返されたと考えた圭太は竜二(渡部篤郎)に接触。帝東建設の不正を露呈させ、社長の長沼(佐野史郎)の失脚を狙う竜二に手を貸す素振りを見せ、由貴子の居場所を聞き出す。しかし、たどり着いた隠れ家で、圭太は背後から何者かに襲われて……。

その頃、10年前に火事が起きた別荘の建設プロジェクトに、竜二が関わっていたことを突き止めた翼(松村北斗)は、母親との記憶をたどるうちに、あることを思い出す。そして、母親が残した一枚のメモを見つけ出すと、そこには犯人と思われる痕跡が。

翼から話を聞いた圭太は、10年前の真実を突き止め、さらに由貴子を捕まえるためにも、竜二に迫る。すると、竜二は由貴子も知らない、ある秘密を打ち明ける。
(公式HPより引用)


3億を奪われた圭太は、由貴子の行方を探します。

由貴子はどこにいるのかわかりません。


菜七子から瞳のことで連絡が入りました。

圭太は、急いで菜七子の実家に行きました。

瞳が自殺しようとしたのでした。

仕方がないので、圭太は母親にすべてを話しました。


翼から圭太に、10年前に火事が起きた別荘の建設プロジェクトに関する記事がメールで送られてきました。

圭太はその記事を見て驚きます。

何と現場責任者が竜二だったのです。


圭太は、竜二に別荘の建設プロジェクトについて尋ねました。

しかし、竜二は工事のことぐらいしかわからないと答えました。

10年前の火事で亡くなった翼の母親のことも知りませんでした。


圭太は、竜二に3億を奪い返されたことを伝えました。

そのため、由貴子の居場所を教えて欲しいと言いました。

圭太は由貴子に会えたら、竜二と手を組む話を考えてもよいと言います。


圭太は翼と話をしました。

圭太は竜二に翼の母親のことを聞いたが、反応がなかったことを伝えました。

ただ、竜二が何かを隠している気はすると言いました。


竜二は由貴子と会いました。

竜二は、圭太が10年前の火事のことをしつこく聞いてくることを伝えました。

由貴子にその火事のことを聞きます。

由貴子はもう忘れてしまったと答えました。

竜二の話から、由貴子は圭太が何者かに3億を奪われたことを知ります。


圭太は、竜二から教えてもらった由貴子の隠れ家に行きました。

二本松が圭太に襲いかかります。

凶器で殴られた圭太は意識を失ってしまいます。


圭太が意識を取り戻すと、ロープで縛られていました。

目の前には、ナイフを持った二本松がいました。

しばらくすると、由貴子がやって来ました。

二本松は部屋から出ていきます。


由貴子は、どうして10年前の火事のことを調べているのかを尋ねました。

圭太は、由貴子には関係ないと答えました。


由貴子は、3億の隠し場所を知っていたのは誰かと聞きました。

圭太は急に笑い出し、由貴子が知らない自分のコンプレックスなどについて語り出しました。

その間に、縛られたロープを解きます。


ロープが解け、圭太は由貴子を押さえつけます。

圭太は由貴子を刑務所に送って、罪を償わせると言います。

由貴子は催涙スプレーを噴射させて逃げていきました。


翼は瞳と会って話をしました。

瞳は、自分のせいで翼の母親を死なせてしまったことを謝罪しました。

翼は、母親を殺したのはあの日別荘に来た男であると言いました。

その男が圭太であると思っていたことも話しました。

そして、翼は真相を知りたくて瞳を利用したことを謝りました。


瞳は翼に、由貴子が“お母さん”と呼ばれることが嫌いだったことを話しました。

翼もよく似た経験があったというのです。

瞳は、それなのにどうして母親を殺した犯人を探すのかを聞きました。

翼は、母親が本音で言ったのかどうかは誰にもわからないと言います。


翼は、母親とピアノを弾いていた時のことを思い出しました。

その途中で電話がかかってきて、母親が楽譜にメモしていました。

自宅に帰ってから、翼は昔使っていた楽譜を調べました。

そして、“ウツノミヤ”という文字と携帯番号を見つけました。


長沼は竜二に、矢吹の自殺についての調査委員会を設置したというのです。

竜二は重要な当事者のため、委員会のメンバーから外されました。

長沼は竜二を切ろうとしているのです。


翼は圭太の自宅にやって来ました。

先日見つけた楽譜を見せました。

圭太に、“ウツノミヤ”だけでは竜二のことかどうかはわからないと言われます。


そこで、翼は先ほど竜二の会社へ行って来た時のことを話します。

竜二が革靴をハンカチでふくところを見ました。

実は、10年前別荘にやって来た男が同じようなことをしていたというのです。

そこで、圭太は竜二と手を組むフリをして、翼の母親のことを探ることにしました。


翌朝、圭太は竜二と会いました。

圭太は、竜二と手を組むと言い、竜二が持っているデータについて尋ねました。

竜二は、矢吹のことを話し出しました。

竜二は矢吹を必死に説得しましたが、矢吹は帝東建設の不正を公にすると言って聞きませんでした。


矢吹は、由貴子も賛同してくれていると思い込んでいました。

しかし、矢吹は後に由貴子が竜二とつながっていることを知り、絶望して自殺してしまいます。

その場にいた由貴子は手帳を回収しましたが、USBは見つかりませんでした。

由貴子から連絡をもらった竜二は、現場へ行ってUSBを見つけました。

竜二はそのことを誰にも言っていないので、社長は由貴子がUSBを持っていると思っていました。

これが竜二の秘密のすべてでした。

10年前の火事のことは何も知らないと言いました。

そして、2人は握手して、正式に手を組むことになりました。


由貴子は、偽造パスポートを用意してもらった金貸しの他に、もう1人お金のことを知っている人物に心当たりがありました。

ただ、その人物はお金には興味がないと考えていました。

由貴子はまだお金を諦めていません。


竜二が菜七子にお礼の電話をかけていました。

次のように言っていました。

うまくいきました。全部あなたのおかげです。彼とは味方になったので今後ともよろしく」

竜二は3億を持っていました。

スポンサーリンク

【10の秘密】7話の感想

今回もいろいろなことが明らかになりました。

竜二は翼の母親を知らないと言っていましたが、本当なのでしょうか?

ハンカチで革靴をふく人はほとんどいないので、10年前別荘に来たのは竜二なのではと思いますが。

竜二はとぼけているだけなのか、それとも本当に関係ないのかが気になります。


菜七子が竜二とつながっていました。

圭太から3億を奪って、竜二に渡したのはおそらく菜七子でしょうね。

圭太の敵かどうかはまだわかりません。

お金のせいで、圭太がこれ以上危ないことに首を突っ込まないようにしたかっただけなのかもしれません。

ただ、菜七子にも重大な秘密があるようです。

その秘密次第では圭太の敵になる可能性はありますね。

来週が待ち遠しいです。


ネット上には、いろいろなコメントが上がっています。

【10の秘密】7話の視聴率

今回の平均視聴率は、6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!