ドラマ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」の7話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。


スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】7話のあらすじ

恋はつづくよどこまでもの7話のあらすじは次のとおりです。


天堂浬(佐藤健)の元恋人の妹・若林みおり(蓮佛美沙子)が天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった佐倉七瀬(上白石萌音)。 みおりの告白を目撃し、不安な胸中を天堂や流子(香里奈)に打ち明ける。

そんな七瀬の気持ちをくみ取った流子は、天堂との遊園地デートを提案。
七瀬は初めての遊園地デートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから宣戦布告をされ……。

一方、日浦総合病院には、七瀬とひょんな出会い方をした上条周志が、VIP待遇で特別室に入院してくる。
七瀬の純粋な姿に好感を抱いた上条は、七瀬を専属で看病するように指名。
さらに、天堂が七瀬の彼氏だと知ると、まるで天堂を挑発するかのような行動を次々と起こし……。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】7話のネタバレ

天堂にライバル現われる!天堂が訴えられる!?

七瀬は来生に告白されました。

七瀬は天堂のことが好きと言いかけると、来生は天堂ときちんと話すように言ってくれました。


七瀬は自宅の前まで帰ってくると、天堂と会いました。

天堂の部屋で話をします。

七瀬はみおりが天堂のことを好きと言っていたのを聞いたことを話しました。

七瀬は痩せ我慢して、2人はお似合いだと言いました。

そして、自分と天堂とでは釣り合わないと言い出しました。

ここで天堂のドSぶりが発揮されます。

優しく慰めるのかと思いきや、天堂は次のように言います。

今更何言ってんだ。俺とお前が釣り合わないことなんて100万年前からわかってる

そして、天堂は顎クイ、壁ドンからのキスをします。

トドメは「俺の知らないところで泣くな」です。


七瀬は流子に話を聞いてもらいます。

自分のダメダメ具合を話します。

すると、流子が遊園地のチケットくれました。

景品でもらったのだと言います。

天堂とデートに行くように勧めます。


次の日、七瀬の元にみおりがやって来ました。

みおりは、天堂に告白した時の話をしました。

告白後、天堂は付き合っている女性がいることを伝えました。

みおりは、天堂にとって必要なパートナーになれる自信があると言いました。

天堂は、みおりの気持ちには応えられないと返しました。


みおりは天堂にフラれていたのです。

しかし、これで諦めるみおりではありませんでした。

諦めるどころか、俄然やる気を出します。

この人と決めた相手には諦めないというのです。


七瀬は来生と顔を合わせました。

ただ、昨日のことがあるので少し気まずい感じになります。

来生は、七瀬のことは好きだが、それと同じくらい天堂には幸せになって欲しいと言います。

そのため、これまでどおり相談役でよいというのです。


七瀬が店の前にいると、あるカップルが別れ話をしていました。

腹を立てたそのカップルの女性が、七瀬にアイスティーをかけました。

びしょ濡れになった七瀬は、服を新しく買うことにしました。

カップルの男性がお金を払うと言いましたが、七瀬はそれを断りました。

その男性はもう少し付き合って欲しいと言いますが、七瀬は自分には素敵な彼氏がいることを伝えました。


ある日、特別室の患者から七瀬が指名されました。

その患者は、通販会社の国内最大手であるK&Rホールディングスの社長の息子・上条周志でした。

上条は、七瀬を見ると、この間のデートは楽しかったと誤解を招くようなことを言います。

実は、あのと時のカップルの男性が上条でした。

上条は、七瀬を専属で付けて欲しいというのです。

多額の寄付を受けている会社の跡取りだけに、看護師長はその申し出を受けてしまいます。


特別室を出ると、天堂の機嫌が悪かったです。

七瀬は必死に弁解します。


上条は大動脈炎症候群という病気でした。

開胸手術を2度行っています。

1年ほど前に有名な教授の手術を受けたばかりですが、改善されませんでした。

そのこともあって、今回はカテーテル手術を希望しています。


上条は、七瀬がこの間言っていた素敵な彼氏は天堂ではないかと聞いてきました。

七瀬は答えられないと言います。


七瀬が病室に行くと、上条が苦しがっていました。

すぐに天堂を呼びます。

発作はひとまず治まりましたが、不安定な状態が続きます。


七瀬は上条に呼ばれました。

上条はネックレスをプレゼントしてくれました。

しかし、七瀬はもらえないと言って断りました。

上条は自分のために一生懸命やってくれているので、そのお礼だというのです。

七瀬は、上条が一般病棟の患者でも誠心誠意看護すると言います。


上条は、自分を選んでくれたら何でも願いを叶えてあげるというのです。

そして、自分には何もないので誰もいないと言って、七瀬に抱きつきました。

その時、天堂が病室に入ってきました。

天堂は上条の容態を確認した後、何も言わずに出ていきました。


七瀬は、上条に看護師としてそばにいると伝えました。

実は、七瀬は上条と初めて会った時、自分は彼氏にはふさわしくないと言っていました。

すると、上条はそれならばふさわしい相手になればよいだけと励ましてくれました。

七瀬は、その言葉で頑張る気力が湧いてきたと言います。

だから、上条に何もないわけはないというのです。


カテーテルを行う日の前日に、天堂は上条の病室を訪れました。

上条は、七瀬のどこがよかったのかを尋ねます。

そして、上条は七瀬のありもしない悪口を言います。

まるで天堂を挑発しているかのようです。


病室の外にいたみおりらは、病室の中から大きな物音が聞こえました。

慌てて中に入ると、天堂が上条を抱き起こしていました。

一体何が行ったのでしょうか?


上条がカテーテルを行う日が来ました。

カテーテルが無事に終わったという報告が七瀬にありました。


その後、天堂は体調不良で帰りました。

七瀬は知らなかったので驚きました。

仕事の終わりに天堂を見舞うことにします。


七瀬は天堂のためにおかゆを作ります。

天堂はおかゆを食べます。

2人のやりとりは次のとおりです。

七瀬
「働き過ぎですよ。魔王の不養生

天堂
「何だかうれしそうだな、お前」

七瀬
「すみません。先生の弱ってる姿が新鮮で

天堂
「何だそれ」

七瀬
「でもうれしいです。最近病棟の方にいられなかったので。こうやって看病できて」

「聞いてもいいですか?みのりさんのこと」

天堂
「みのりの死は。大事な人を亡くすという恐怖や痛みは今も残ってる。きっと消えない。医者として消しちゃいけないと思ってる。でもそれだけだ


2人は、上条のことで次のようなやり取りを行います。

天堂
「何だ専属って。とても気に食わない

七瀬
もしかして嫉妬?

天堂
「もういい。帰れ」


七瀬は横になっている天堂にキスをしました。


七瀬
これは治療です

天堂
「風邪うつるだろ」

七瀬
「バカだからうつりません」

天堂
「バカ」

「もう寝る。帰れ」


七瀬は帰ろうとしますが、天堂が七瀬の手を握っています。


七瀬
帰れません


次の日は、上条がスタッフステーションにやって来ます。

上条は、天堂を患者に対する暴力及び精神的苦痛で訴えると言います。

七瀬と天堂の遊園地デート

ついに遊園地デートの日が来ました。

七瀬はうれしそうですが、天堂は全身黒ずくめで人混みが苦手だと言います。


2人でソフトクリームを食べました。

七瀬は、鼻のてっぺんにクリームを付けてしまいます。

天堂はそれが気になって「お前、それ俺は取らないからな」と言うと、七瀬は「ええ、何がですか?」と返します。

結局、天堂がクリームを取ってくれました。

味を占めた七瀬は、わざと口の横にクリームを付けます。

そして、“取って~”という感じで顔を横に振ります。

天堂はしょうがないといった感じで、七瀬にキスをしてクリームを取って上げました。


その後、2人で観覧者に乗りました。

天堂は、以前七瀬とどうこうなる可能性は0.0001%もないと言っていました。

七瀬はそのことを思い出して、0.0001%の奇跡だと言って喜びます。

【恋はつづくよどこまでも】7話の感想

七瀬と天堂はもう恋人同士という感じですね。

最近、2人の時はイチャイチャすることが多い上に、よくキスをしています。

天堂は本気で七瀬のことが好きなようです。

みおりにもその気はないようです

ただ、諦めが悪そうなので、また邪魔をしてくる可能性はあります。


上条は最悪ですね。

やはり、金持ちのボンボンですね。

何でも自分の思い通りになっていると思っています。

七瀬の悪口を言って挑発したのも訴えるためだったのかもしれません。


天堂はこの大ピンチをどのように乗り越えるのでしょうか?

来週が楽しみですね。


ネット上にはいろいろなコメントが上がっています。

【恋はつづくよどこまでも】7話の視聴率

平均視聴率は、11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!