知らなくていいコトの8話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【知らなくていいコト】8話のネタバレ

ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父が乃十阿徹(小林薫)であることを他誌にリークした春樹(重岡大毅)。襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。そんな中、上層部からケイトの異動について圧をかけられた岩谷(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。

それは、与党議員・梅沢の金庫番だった男・相田の自殺でうやむやになったワイロ疑惑について。全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。トカゲのしっぽ切りをしたであろう梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子(遠藤久美子)から頑なに取材を拒否されてしまう。一方、入院中の尾高(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配するが……。そして翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となる!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になりケイトを取り巻く状況は一転!追う立場から追われる立場にもなり、さらなる逆境に立たされたケイトはそれでも記者として仕事に向き合おうとするが……!?
(公式HPより引用)


テレビなどでは連日、週刊イースト襲撃事件について報じられていました。

ケイトはすぐに復帰してきました。

右腕はまだ痛々しいですが、普段と変わらない明るく元気なケイトでした。

ラーメン店の取材へ行くと張り切って出ていきました。


ケイトは、人気ラーメン店が市販のスープを使っているというタレコミの裏取りをしていました。

見事に決定的瞬間の写真を撮りました。


ケイトが会社に戻ってくると、岩谷から呼ばれます。

岩谷はケイトに次のような話をしました。

昨年の10月、与党議員の梅沢雄三郎の資金管理団体の金庫番だった相田正司が自殺しました。

国の総合リゾート開発に参入しようとしていた企業に便宜を図る約束で、梅沢はワイロをもらいました。

その時のワイロを受け取りに行ったのが相田でした。

東京地検は梅沢周辺の黒い金の流れを調べている最中でしたが、相田がすべて自分がやったという遺書を残して自殺しました。

相田の自殺と共に、存在していたはずの帳簿が消えました。

3ヵ月分の帳簿が欠落したのです。


岩谷は、帳簿が見つかれば梅沢の裏の顔が暴けると言います。

右トップの大スクープになるはずだというのです。

岩谷はこの大スクープを取って上層部の鼻を明かすように言いました。


実は、岩谷は副社長から呼ばれました。

その際、お騒がせのケイトを週刊イーストから異動させた方がよいと言われていたのです。

岩谷は、ケイトにこの大スクープをものにして大逆転して欲しいと願っていました。


ケイトは、相田の自宅を訪れました。

妻の依子から話を聞こうとしますが、取材を拒否されてしまいます。


翌日、ケイトが会社に行くと、編集部が騒然としていました。

岩谷はケイトを呼び、ケイトが乃十阿の娘であると書かれた記事を見せました。

ケイトは記事を見たまま固まってしまいます。

春樹は顔が青くなっていました。


岩谷はケイトと2人で話をしました。

岩谷はこの記事を無視するためにも、ケイトの父親が乃十阿なのかどうかを聞いておきたいと言います。

ケイトは事実であることを認めました。

岩谷はわかったとだけ言って、部屋から出ていきました。

そして、編集部の全員に記事が事実であることを伝え、大事なのは何も変わらないという姿勢であることを訴えました。


岩谷は再度副社長に呼ばれます。

副社長は、ケイトのについての話をします。

出版社ではイメージが悪すぎるというのです。

岩谷は、ケイトの人権を堂々と守ることが出版社として1番の姿勢の示し方ではないかと言います。

そして、あのような基本的人権を侵害する記事に屈してはならないと考えていることを伝えました。


ケイトは依子に話を聞きに行きましたが、この日も拒否されました。

ケイトは、他の記者から父親のことで取材を求められて困っていました。

依子はその様子を見て、ケイトを自宅に入れてくれました。


依子は、犯罪者の家族として追われるケイトの気持ちがわかったので助けたというのです。

ただ、ケイトにこれ以上追いかけないで欲しいと頼みます。

そこで、ケイトは依子に相田の名誉を回復したくはないかと尋ねます。

依子は否定的で、裏口から出ていくように言います。

しかし、ケイトは諦めませんでした。

ケイトの熱意に負けた依子は、相田の書斎を見せてくれました。

しかし、帳簿は出てきませんでした。


ケイトは会社に戻りました。

春樹はケイトと顔を合わせられませんでした。

そのため、ケイトから隠れていました。


黒川がケイトに調べたこと教えてくれました。

  • 相田は自殺であったこと
  • 相田夫妻の仲はよかったこと
  • 相田夫妻の息子はアホであること


黒川をはじめとする黒川班のメンバーは、ケイトの記事が出る前とまったく態度が変わりませんでした。

ケイトはそれがうれしくて、思わず泣いてしまいました。

黒川は、ケイトがいなければ、この班も編集部も回らないと言います。


岩谷は、尾高の病室を訪れました。

尾高にケイトの父親のことを尋ねました。

尾高は、3年前にケイトの母親から聞いたことを伝えました。


岩谷は、春樹がケイトと別れたのはこのことを知ったからではないかと考えました。

尾高が、記者にケイトのことを話して春樹に何の得があるのかと言いました。

岩谷は、尾高が命がけでケイトを守ったのを見て、春樹が不愉快に思った可能性があるというのです。

尾高の顔つきが怖くなりました。


ケイトは、ネット上で自宅の場所が晒されました。

そのため、自宅には戻れませんでした。

心配になった尾高は、しばらくの間自分のスタジオで寝泊まりすればよいと言ってくれました。

しかし、ケイトは会社で寝泊まりすることにします。


尾高は退院して、週刊イーストにあいさつに来ました。

春樹は逃げるように部屋から出ていきました。

トイレから出てきた春樹は尾高に捕まりました。

そして、尾高は春樹を力一杯殴りました。

春樹は、尾高とケイトの不倫がバレたら大変なことになるので、もう2人で会わない方がよいと言いました。

そして、春樹は大笑いしました。


ケイトは、岩谷にこれまでわかったことを報告します。

依子の実家の建設会社は潰れかかっていましたが、相田が亡くなった途端、市の入札で老人ホームの建設を請け負うことになりました。

この日も橋の請負工事が決まって、会社は息を吹き返しました。

梅沢が市に手を回している可能性があります。

息子は勉強が得意ではありませんでしたが、私学の名門校に合格しました。

梅沢が、依子の生活も依子の実家も息子の大学の入学も面倒を見ると言って、相田に自殺を迫ったのかもしれません。

ただ、このことを立証できそうにありません。

やはり、帳簿を見つけるしかありません。


ケイトは、岩谷と尾高のことについて話します。

岩谷は、命がけで守ったことで尾高はケイトに惚れていると感じたというのです。

ケイトは、尾高が命を守ってくれたことをうれしく思うと言いました。

岩谷は、一度しかない人生なので、自分の思いを大切にした方がよいとアドバイスしました。

ケイトはそのようにしたいのですが、やはり尾高の妻と子供が気になっていました。


2人は一線を越えてから、まだ今後のことを話し合っていませんでした。

岩谷は、尾高は妻と子供ではなく、ケイトを選ぶのではないかと言いました。

ケイトの妻に悪いという気持ちは、かえって尾高を苦しめると指摘しました。

そして、ケイトはケイトらしくまっすぐ尾高を求めればよいというのです。


木嶋が出社すると、ケイトは歯を磨いていました。

ケイトが会社で寝泊まりしていたことを知らなかったので、木嶋は唖然とします。

木嶋は、ケイトにどうして首輪のようなものをつけているのかと尋ねます。

ケイトは、首にカチューシャをつけたままにしていたのです。

木嶋の“首輪”と言葉で、ケイトはひらめきました。


ケイトは急いで依子の自宅にやって来ました。

そして、飼っていた犬の首輪を外して確認します。

すると、マイクロSDカードが首輪に貼り付けられていました。


ケイトは、パソコンを借りて中身を見ます。

帳簿のデータが入っていました。

その中に“これを見つけた方へ”というファイルがありました。

そこには、相田が自殺するに至った経緯などが書かれていました。

この帳簿は、まぎれもなく梅沢のものでした。

そして、国の総合リゾート開発に参入しようとしていた企業から受け取ったワイロ3000万も記載されていました。


相田の最後の願いも書かれていました。

地検の捜査が入る前日に、相田は梅沢に呼ばれ、選択を迫られました。

1つ目の選択は、地検に本当のこと言って、梅沢が失脚し、事務所が潰れ、自分も路頭に迷い、すべてが破滅するというものです。

2つ目の選択は、梅沢に差し出されたワイロを、梅沢には内緒で黙って受け取り使ってしまったことを遺書に書いて死ぬというものです。

2つ目を選択すれば、梅沢の国会議員としての名誉は守られ、依子の生活も依子の実家も息子の大学の入学も、すべて安泰であるように面倒を見てくれるというのです。

そして、相田は2つ目の家族を守る方を選択したのです。

ここに残した帳簿のファイルと手紙は、かすかに残った相田の正義の心でした。

表に出すかどうかは、これを見た人の判断に任せるというのです。


依子は涙を流しながら、この手紙を読みました。

ケイトは、依子にどうするのか、その意思を確認しました。

依子は、相田がどうして生きている時に言ってくれなかったのかと嘆きます。

ケイトは、おそらく家族の命が危険だと感じたからではないかと答えました。

相田は、命をかけて依子と息子を守ったものです。

そして、依子はケイトにこのことを公にするように頼みました。

ケイトは、息子の大学の合格が取り消されたり、実家の陰の援助がなくなることを伝えます。

依子はそれでも構わないと言います。


そして、このことが記事になると世間が大騒ぎになりました。

梅沢は逮捕されました。


岩谷は副社長に呼ばれます。

副社長は、岩谷にケイトに手記を書かせるように言います。

そして、真壁杏南と乃十阿徹の不倫の子として生まれ、週刊イースト編集部で働く娘が何を考えて生きているのかが読みたいというのです。

岩谷は、本人がそれをどう思うのかと問います。

副社長は書かせるように命じます。


尾高は乃十阿と会いました。

そして、2人は街を歩いて行いていきました。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】8話の感想

今回も盛りだくさんの内容となりました。

岩谷が格好良かったですね。

副社長からケイトを守るために力を貸してくれます。

本当に部下思いのよい上司です。

ケイトには個人的なアドバイスを送りました。

少し心配だったのが、ケイトに不倫を勧めるような発言をしていたことです。

1度きりの人生なのでできれば悔いは残したくはないという考えはわかります。

しかし、ケイトが言うように、尾高の妻と子供の人生を壊してまで自分だけが幸せになるというのはどうかと思いますね。


春樹はやはり最低でした。

自分がチクってこうなったくせに、ケイトや尾高からこそこそ逃げ回って何がしたいのでしょうか?

次の話でも、また春樹はやらかしそうな感じです。

どんどん評価を下げていますね。


SNS上には、さまざまなコメントが上がっています。

【知らなくていいコト】8話の視聴率

今回の平均視聴率は、9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!