ケイジとケンジの7話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】7話のあらすじ

ケイジとケンジの7話のあらすじは次のとおりです。


 横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。彼らは江島と同じ高校の卒業生。

 さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。

 検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。真島修平(東出昌大)が久保田を、日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれ…!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【ケイジとケンジ】7話のネタバレ

ある空き地で大学生への集団暴行事件が発生しました。

被害者は江島陸で、全身打撲と足の骨折の重傷です。

逮捕された加害者は3人で、江島と同じ高校の卒業生でした。

加害者は、消費者金融に務める会社員の久保田明、フリーターの宮前幸介、専門学校生の黛友之です。

学年で言うと、久保田と宮前は江島の1つ上で、黛は1つ下です。


ひかるが集団暴行事件の連絡を受けたのは、昨日午後10時頃でした。

1人では退所できないと判断して、豪太に応援を要請しました。

目黒は、どうして自分ではなく豪太なのかと尋ねますが、ひかるは無視して話を続けます。

目黒はひかるのことが好きなので、自分を頼って欲しいのかもしれません。

実は、ひかるは目黒にも電話をかけていたのですが、留守電だったというのです。


豪太とひかるは現場を確認後、江島が搬送された病院へ行きました。

江島は全身打撲に右足脛骨を折る重傷でした。

江島から加害者の名前を聞き、久保田の自宅マンションへ向かったのが午後11時半頃でした。

久保田の部屋には、共犯者の2人、宮前と黛が一緒に酒を飲んでいました。

その場で任意同行を求め、その後逮捕しました。


事件の日、江島はコンビニに買い物に行きました。

その帰りに、3人に声をかけられたのです。

誰が声をかけてきたのかはわからないと言います。

その後、江島はあの空き地へ引っ張り込まれて暴行を受けたのでした。


暴行された理由を聞かれると、江島は久保田の元カノと付き合ったからだと言いました。

江島が付き合っているのは小山きらで、きらも同じ高校の卒業生だというのです。


そして、江島を骨折させたのは誰かという話になりました。

江島は気絶してしまって、誰がやったのかはわからないというのです。


そこで、3人を取り調べることになりました

豪太は、もっとも怪しい久保田の取り調べを行おうとします。

しかし、多胡は豪太に黛の取り調べを命じます。


桂が久保田の取り調べを行います。

久保田は犯行を否認します。

自宅にいたという久保田ですが、スマホアプリの歩数計を確認すると、犯行時刻の歩数がかなり多くなっていました。


目黒は宮前の取り調べを行います。

宮前も犯行を否認します。

防犯カメラの映像には、江島の後を追う宮前ら3人の姿がばっちり映っていました。


豪太が黛の取り調べを行います。

豪太は、途中から学校の先生のような語り口調になります。

黛は、久保田にやるように言われたのでやったと犯行を認めました。


黛が犯行を認めたことで、久保田と宮前はその場にいたことを認めました。

しかし、2人は江島には何もしていないと主張します。

3人が暴行したことは明らかなので、3人とも送検されることになりました。


検察では、誰が主犯で、誰が江島を骨折させたのかは、求刑を決める上で非常に重要なことでした。

そのため、これらを明らかにする必要があります。

そこで、今回は修平が久保田を、日下が宮前を、持丸が黛を担当して取り調べを行うことになりました。


修平は久保田の話を聞きます。

久保田は、宮前が江島を痛めつけようと言ったというのです。

そして、自分は何もやっていないと言います。

修平は、久保田が主犯だと決めつけます。


日下が宮前の話を聞きます。

宮前は、久保田に言われて嫌々行っただけだというのです。

そして、自分は何もしていないと言います。

日下は凶器はヌンチャクだと言って、宮前が主犯だと決めつけます。


持丸が黛の話を聞きます。

黛は、久保田から江島をボコるので来いと言われたというのです。

久保田と宮前に江島を蹴るように言われて、仕方なく蹴ったと言います。

骨折させたのは、どちらかわからないと答えました。

ただ、宮前の方が乱暴だというのです。


ひかるは、江島の病室を訪れました。

すると、きらが来ていて、自分のせいで江島がこのようなひどい目に遭ったと言っていました。

その後、きらは江島に別れを告げて出ていきました。

きらが急に訳がわからないことを言い出したので、江島だけでなく、ひかるも驚いていました。


検事と警察の合同会議が行われました。

修平は久保田を、日下は宮前を主犯であると主張します。

持丸は黛は犯行を認めているので、2人のうちのどちらかだと言います。

しかし、豪太が食ってかかります。

自分が巻き込まれただけと言っている者ほどくせ者であるというのです。

黛ももっと調べるべきだと言います。

その根拠を聞かれた豪太は、教師の勘だと答えました。

桂と目黒からは刑事の勘と言うように言われて、豪太は両方だと言い改めました。


目黒とひかるは一緒に食事をしました。

目黒は、ひかると付き合いたいと思っています。

しかし、ひかるはその気はないようです。

何とかしようと必死ですが、目黒は玉砕してしまいます。

帰りに道で別れる際に、目黒は手を振りました。


この様子を豪太とみなみに見られてしまいます。

2人は、目黒とひかるが付き合っていると誤解します。

目黒ははじめは否定していましたが、思わずひかるとは結婚を前提に付き合っていると言ってしまいました。

豪太とみなみは大盛り上がりでした。

ひかるは恥ずかしがり屋なので、目黒は2人にひかるには話さないように頼みました。


警察の再捜査を行っても、久保田にも宮前にも主犯と決定づけるような物証は見つかりませんでした。

修平は焦っていました。


豪太は、黛を調べました。

すると、黛がきらのことを好きだということがわかりました。

そこで、豪太は黛の事件前の行動を調べることにしました。

すると、事件の3日前に、黛がミリタリーショップで特殊警棒を購入していたことがわかりました。

そのことを持丸に報告します。


再度3人の取り調べを行った結果、最終的には次のようなことがわかりました。

黛は、江島ときらが一緒に歩いているのを見て腹が立ちました。

そこで、黛はそのことを宮前に言えば、必然的に久保田まで話がいって、久保田は江島に暴行するだろうと考えました。

思った通りになりました。

暴行が終わった後、黛はスマホを落としたと言って現場に戻りました。

そして、黛が隠し持っていた特殊警棒で江島の右足を殴打したのでした。


結局、黛が先輩2人をたきつけ、江島に重傷を負わせました。

その後、供述どおり事件現場の川底から警棒が見つかりました。

これで事件は解決します。

修平は、自分が法廷に立ちたかったと残念がっていました。

【ケイジとケンジ】7話の感想

今回は、犯人はすぐに逮捕されましたが、誰が主犯で、誰が骨折させたのかが焦点となる事件でした。

修平だけでなく、残りの2人の検事もたいしたことはなさそうです。

持丸はベテランだけにかなりのやり手かと思っていましたが、黛のことを疑うことすらしませんでした。

豪太がいなければ、ヤバいことになっていたかもしれません。

今回、もっとも活躍したのは間違いなく豪太ですね。


目黒は、どうしてひかると結婚を前提として付き合っていると言ってしまったのでしょうか?

豪太とみなみが誤解したとは言え、すぐに嘘だとバレるのにね。

バレたらまずいことになります。

来週ぐらいにバレそうで心配ですね。


SNSでは、さまざまなコメントが上がっています。

【ケイジとケンジ】7話の視聴率

今回の平均視聴率は、9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!