ドラマ「アライブ」の8話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【アライブ】8話のネタバレ

 恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。

 そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが…。

 一方、心は奈海や結城涼(清原翔)に、若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことにした。そこで、奈海と結城は患者や家族の本音を聞くことになり…。
交流会の後、心は薫たちを自宅に誘う。恩田家に着くと、結城と奈海は京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)が待つ室内に入るのだが、薫は躊躇してしまう。そんな薫に心は…。
(公式HPより引用)


民代は抗ガン剤治療を受けないと言います。

心はその理由を尋ねます。

民代は、動けるうちにやりたいことをやりたいというのです。


心と薫は民代のことで話をしました。

心は、民代にはまだ抗ガン剤治療を受けるだけの体力があるだけに、本当にこれでよいのか迷っていました。

薫は、民代には後悔だけはさせたくないというのです。

心も同じ気持ちでした。


心は、薫に本当に辞めるつもりなのかを聞きました。

薫は頷き、部屋を出ていきました。


心と奈海は、高校生の井上和樹とその両親と話をしました。

その席で、和樹はガンが再発したことを伝えられました。

和樹は大きなショックを受け、みんなに嘘つきと言いました。


心と奈海は医局に戻ります。

光野は、9歳の時の和樹を知っていました。

明るくて頑張り屋だったと言います。


莉子は、抗ガン剤の影響で髪の毛が抜けてしまいました。

そのため、ウィッグを被っています。

ただ、そのウィッグが自分に似合っていないと悩んでいます。


その日も、診察を待つ間に帽子を取って鏡を見ていました。

すると、後ろの席から民代が莉子に、そのウィッグは似合っていないと言ってきたのです。

あまりにも突然のことに、莉子は驚いてしまいます。

莉子は民代に、今まで誰も本当のことを言ってくれなかったと言いました。

民代は笑ってしまいます。


和樹は、抗ガン剤の副作用でつらそうにしていました。

母親は病室を出て、廊下のイスに座っていました。

心は母親に声をかけます。

母親は和樹を見ていらないというのです。

心に、どうして和樹ばかりがこのような目に遭わないといけないのかと胸の内を明かします。


奈海は和樹に話しかけます。

自分の弟が小児ガンであったことを明かします。

奈海は、和樹の気持ちが少しだけではあるがわかるというのです。

しかし、和樹は自分が治療したわけでもないのに何がわかるのかと言います。

頑張って欲しいという言葉に対しては、和樹は自分は頑張っていないと言いたいのかと答えます。


奈海は、医局で心にこのことを話しました。

心は、奈海と結城に患者にとって“頑張ろう”という言葉はきつい場合があることを説明しました。

奈海は反省しました。


心は、奈海と結城に、若い患者の気持ちを知る機会を持ってもらおうと患者との交流会を開くことにしました。

薫の力を借りて、やどりぎの会の人に協力してもらえることになりました。


後日、交流会が開かれました。

奈海と結城は、患者の本音や悩みなどが聞けて本当によい勉強ができました。


交流会の後、心の自宅で食事をすることになりました。

心は薫にも声をかけます。

薫は心の自宅に来ました。

中に入ると、匠のことを気にしているのか、薫は口数が減って固まってしまいます。

しばらくすると、心やその家族の温かさに触れて、薫は本来の自分に戻ることができました。


翌日、奈海と結城は院内での交流の場を設けるためにイベントを企画しました。

光野は、ピエロの格好をして張り切っていました。

自分たちで作ったチラシを患者に配って、イベントの開催を知らせます。


民代は、莉子に意中の人の目を10秒そらさずに見ると、簡単に落とせることを教えました。

莉子は、絶対に無理だと言います。

その後、莉子は結城と会った際に、結城の目をじっと見つめました。

ただ、目を見開いてにらんでいるようにしか見えません。

もちろん、何の効果もありませんでした。

民代はこの様子を見ていました。


民代は心と今後のことで話しました。

民代の抗ガン剤治療をしないという考えに変わりはありませんでした。

独り身なので好きにさせて欲しいと言います。

心は、少なくても自分は民代のことが心配だと伝えます。

そして、民代にとって何が大切なのかを一緒に考えていこうと言います。


和樹は“がんと僕”というブログを運営していました。

ただ、内容は嘘ばかりでした。

現在は抗ガン剤治療のために入院しているのに、ドライブやスキーに行ったことを記事にしています。

このことを知った奈海は、和樹の病室に向かいました。

和樹は自宅に帰る準備をしていました。

奈海は、不満でも何でも言って欲しいと頼みます。

文章だけでは伝わらないことがあると言います。


和樹は奈海に本音を明かしました。

ブログで嘘を書くのは、読んだ人に希望を与えるためだというのです。

希望を奪われることがつらいと言います。


和樹は、奈海に代わって欲しいというのです。

そして、代われもしないのに偉そうなことを言わないで欲しいと言って、奈海を病室から追い出しました。

その後、和樹は洗面台の鏡を殴って割りました。


和樹は、拳から血を流した状態で病室を出ていきます。

エレベータを降りたところで、和樹は倒れてしまいます。

たまたま居合わせた莉子が声をかけますが、反応はありませんでした。


和樹は病室に戻されました。

抗ガン剤の副作用のようです。

和樹は、子供の頃光野が扮したピエロに励まされていたことを思い出しました。


莉子は、薫のウィッグを借りました。

民代に化粧をしてもらいました。

莉子は、見違えるほどきれいになった自分を見て笑顔になりました。

民代からは、化粧は人生を輝かせるためにするものと言われました。


奈海と結城が企画したイベントが開催されました。

結城はピエロに扮して、ステージでマジックを行っていました。

民代と莉子が会場にやって来ました。

莉子が結城のマジックの手伝いをすることになりました。

見事にマジックは成功しました。


この後、光野が扮したピエロが登場しました。

皿回しなど会場を盛り上げます。

その場に和樹も来ていました。


和樹は、ブログに“真っ暗な世界”というタイトルの記事を投稿していました。

「真っ暗な世界にほんのわずかだけど光が見えた。

この世が憎くなる時がある。

自分を呪いたくなる時も、運命を恨みたくなるときも。

でも、どんなに辛い時でも不思議と笑える日がある。

偽ることなく笑える日が。」


和樹は、ステージを見て笑顔になっていました。

和樹の中で、何かが変わったようです。


民代が退院する日が来ました。

心と薫が見送っていると、莉子が来ていろいろ世話になったことへのお礼を言います。

民代は、結局抗ガン剤治療を受けませんでした。

最後まで自分の足でやりたいことをやると言って、笑顔で帰って行きました。


心は、薫が来てから、すべてが変わって見えたと言います。

そして、心は腫瘍内科にとっても自分にとっても薫が必要だと伝えました。

心は、薫にここで一緒に働いて欲しいと頼みました。

薫は、病院に残ってくれることになりました。

スポンサーリンク

【アライブ】8話の感想

今回は、患者との接し方の難しさがわかる内容でした。

確かに、ガンになった人の気持ちはガンになった人にしかわかりません。

他人から、あれこれ言われても心にまったく響きません。

それどころか、何も自分のことをわからないのに好き勝手言わないで欲しいと言い聞くなるでしょうね。

そのため、仕事で患者と向き合わない人は本当に大変だと思います。


民代と莉子のやり取りは心が温まってよかったです。

特に、莉子が結城を10秒ずっとガン見していたシーンは面白かったですね。

2人の関係が恋に進展することはあるのでしょうか?


SNS上では、さまざまな声が上がっています。

【アライブ】8話の視聴率

今回の平均視聴率は、5.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!