ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の7話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください7話】のネタバレ

あおば台救命救急センターにスーパーで転倒し意識不明の前田鮎子(戸田菜穂)が搬送されてきた。三宅(中谷美紀)は鮎子が持っていたメモを見つけるが、そこには「自分は末期の乳がんで心肺蘇生は望まない」ということが書かれていた。鮎子の意識が戻り、松本(伊藤英明)は、チャプレンとして彼女の心に寄り添う。そんな中、松本は突然鮎子をデートに誘う。

次いで、交通事故の患者が搬送されてきた。ケガをしたのは桑島悟という14歳の少年で、緊急手術しなければならない状態だった。松本は悟の心臓あたりに小さな古い手術痕を見つけ、早々に手術を始めようとしたとき、濱田(ムロツヨシ)と瀬川(安井順平)が突如オペ室に入ってきて、松本を突き飛ばすように少年の手術を開始。救急に協力しない濱田が手術を手伝ってくれた話は、救急で話題になっていたがその真意は…?さらに濱田は、謎の投資家・リチャード(近藤公園)や医療コンサルタントの長谷(淵上泰史)と、秘密裏に会っているようで…。

一方、度重なる暴言に耐えかねた瀬川は、濱田へ初めて反論し、2人は言い争いに。その現場に居合わせた松本は、つかみ合いになる二人を制止すると、濱田の胸元に手術痕があることに気づいてしまう…。
(公式HPより引用)


松本が患者とデートに!

スーパーで転倒して意識不明となった前田鮎子が搬送されてきました。

鮎子が持っていたメモには、「私は乳がんの末期患者で死に方は決めています。心肺蘇生は望みません」と書かれていました。

検査の結果、鮎子は乳がんの末期患者で間違いありませんでした。


鮎子は目を覚ますと、自分はいろいろな人に迷惑をかけてきたので、罪滅ぼしがしたいと言います。

松本は、罪のない人間はいないと言って、自分が僧侶でもあることを明かしました。

鮎子はクリスチャンですが、松本と話をしたいというのです。


鮎子は、松本のことを気に入っているようです。

2人はいろいろな話をしました。

鮎子は、死ぬ前にもう1回男性と遊びたかったと言います。

すると、松本は自分とデートしないかと申し出ました。


この日、松本は鮎子とデートに行きました。

松本はレストランで食事をしようと考えていたのですが、鮎子は喫茶店がよいというので、喫茶店で鮎子と話をしました。

鮎子には娘がいますが、昔捨てたそうです。

松本は、過去に鮎子が付き合ってきた男性のことを聞かされます。

お坊さんは初めてだと言います。


鮎子は、自分の最後の仕事は娘にきっちり憎まれて、思い切り文句を言われることだというのです。

松本は、娘に謝りたいのではと尋ねます。

鮎子は謝らないと言います。

謝ってしまったら、娘が文句を言えなくなるというのです。


ベッドで寝ていた鮎子の容態が急変しました。

松本は、病室の外にいた娘を病室の中に連れてきます。

そして、娘が来たことを鮎子に伝えました。

鮎子は、娘に言いたいことがあるのではと言います。

娘は、積もり積もった不満をぶちまけました。

鮎子はどこか満足げに見えました。

文句を言っている時に、鮎子は息を引き取りました。


遺体安置室で、娘は松本にお礼を言いました。

鮎子の爪を見ると、きれいにマニキュアが施されていました。

実は、松本と鮎子がデートした時、喫茶店の向こうのマニキュア店で働く女性がいました。

その女性が娘だったのです。

鮎子は娘を見たかったので、その店を選んだのでした。

濱田が救急の応援に!それでも松本とはいつものバトル

14歳の桑島悟が搬送されてきました。

悟は自転車に乗っていて車にはねられ、胸を強打しました。

悟は先天性心疾患のため、何度も手術を受けていました。


松本と児島は緊急手術を行おうとしていました。

その時、濱田が入ってきて「救急が下手に手を出すとこの患者は死ぬぞ」と言います。

児嶋が自分では対応できないと感じて、心外に連絡をしたというのです。

手術は無事に終わりました。


手術後、松本と濱田は次のようなやり取りを行いました。

松本
「今回は助かった。何で来てくれたんだよ」

濱田
助けるべき人を助ける。今回は興味深い症例だったからな」

松本
「助けるべき人?お前何様なんだよ

濱田
お医者さんです。一医者として助けるべき人を助ける。それは悪いことなのかな?」

しばらく睨み合った後、どちらも気に食わないという表情で去って行きました。


救急では、濱田が応援に来てくれたことが話題となっていました。

涼子は、いつでもヘルプに入って欲しいと言います。

児島は、濱田は本当に忙しいと擁護します。

最終的には、濱田のような優秀な医者がどうしてあおば台病院に来たのかという話になります。

お金のためだけに来るだろうかと、みんなは疑問に感じていました。

瀬川が濱田にぶち切れる!濱田の胸には手術痕が!

濱田は、投資家のリチャード・ポーに自分の手術実績や成功率を説明していました。

医療コンサルタントの長谷英人は、リチャードにここまでの規模の施設の設立計画は日本ではあまり聞かないと言います。

リチャードは計画を絶賛し、25億円融資することを約束してくれました。

その場に瀬川もいました。


瀬川は、玉井と昼食を食べた際に、玉井にポロッと濱田が中国人投資家と会っていたことを話してしまいました。

そのことを知った濱田は、瀬川のような雑魚キャラに今まで準備してきた計画を壊されたくないと言いました。

その後も、瀬川はネチネチと嫌みを言われます。

そして、ついに瀬川がぶち切れます。

瀬川はうるさいと言って、濱田の胸倉を掴みます。

近くにいた松本が2人を制止します。

その時、松本は濱田の胸元に手術痕があることに気づきました。


児島が濱田に会った時に、胸の傷について尋ねました。

すると、濱田は次のように答えました。

「僕はただラッキーだった。運良くいい先生に会えて。運良く順番が回ってきた。運が悪い子は?」

力を持てば、医者は神にも仏にも悪魔にもなれる

松本が憲次に涙の訴え!松本の思いは憲次に伝わるのか?

松本は、憲次ををキャンプに誘いました。

憲次を大自然の中に連れてくることで、松本は憲次の本音を聞けるのではと期待していました。

松本は今後のことについて話そうとすると、熊が出たため急いで逃げ出しました。

そのため、結局何も話しを聞くことができませんでした。


その日の夜、電話で憲次の娘のあやと話しました。

憲次は疲れて寝てしまったというのです。

あやは、松本に憲次がブログをやっていたことを伝えました。


松本はそのブログを見てみることにします。

そこには、ガンの告知を受けてからの憲次の本音が書かれていました


憲次はきつい治療を受けて、情けない姿をさらして我を失いたくないというのです。

そして、醜態を見せることなく、正しく死んでいくことを望んでいるのです。


ブログには、息子のことについての記事も投稿されていました。

実は、先日憲次は(早く死んで)亡くなった息子に会いたいと言っていたました。

そのため、松本は憲次が息子のことについてどのようなことを書いているのかが気になりました。

しかし、見たい反面、怖さもあって、その記事を開けるのには相当な勇気が必要でした。

結局、この日は開けることができませんでした。


後日、松本はついに決心しました。

憲次が息子のことについて投稿した記事を開けます。

息子が小学1年の時に、冷蔵庫の生卵をヒナに孵そうと、ベッドに持ち込んで大騒ぎになったことだけが書かれていました。

松本は安堵の表情を浮かべました。


松本は、憲次の自宅を訪れました。

憲次のブログには、醜態を晒さずに正しく死んでいきたいと書かれていましたが、松本はどのような醜態でもさらして欲しいというのです。

自分を恨んでいるのならそう言って欲しいと言います。

憲次は、そのようなことは思っていないと怒ります。

松本は、格好をつけないで生きる方法を考えて欲しいとお願いします。

そして、涙を流して自分のために1日でも長く生きて欲しいと本音を語りました。

憲次に松本の気持ちが伝わり、治療を受けてくれることになりました。

スポンサーリンク

【病室で念仏を唱えないでください7話】の感想

今回もいろいろあり過ぎて、どのことに触れようか迷ってしまいます。

濱田が救急の応援に来てくれたシーンがありました。

普段はそのようなことを絶対にしないだけに、何か理由がありそうな気がします。

濱田は興味深い症例だったと言っていますが、本当にそれだけでしょうか?

悟が施設の認可に関係のある官僚などの息子であるか、施設の認可のために手術の実績数を増やしたかったかなどの理由も考えられます。

事実はわかりませんが。


瀬川がぶち切れたシーンはすごかったですね。

軽く反論した程度ではなく、怒鳴りまくっていました。

瀬川はどうなるでしょうか?

来週いなくなっていたりしてね。


松本が憲次を説得するシーンは涙なしには観られませんでした。

松本は醜態をさらしてもよいので、1日でも長く生きて欲しいと必死に訴えました。

まるで本当の親子のようでした。

伊藤英明さんの演技が光りましたね。


SNS上には、次のようなコメントが上がっています。

【病室で念仏を唱えないでください7話】の視聴率

今回の平均視聴率は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!