トップナイフの8話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【トップナイフ】8話のネタバレ

幸子(広瀬アリス)が担当する脳出血の患者・前川(金田明夫)は、麻痺した腕を他人の腕と思い込む、いわゆる“エイリアンハンド”と診断され、さらに左腕を擬人化し「愛する若い女性」と言い出す…。

前川の目には確かに自分の左腕が若い女の姿に見えている様子で…。献身的に介護をしてきた前川の妻・ 純子(原日出子)はたとえ幻覚であっても若い女にうつつを抜かす夫の裏切りに、ショックと怒りを感じる。一刻も早く手術をする必要がある前川だが、純子は、夫への復讐なのか?手術の同意書を拒絶するのだった。深山(天海祐希) を頼ろうとする幸子に、今出川(三浦友和)は珍しく厳しい口調で自分で同意書を取るよう叱咤する……。

今までにない今出川の剣幕に焦りを感じて純子を説得しようと試みる幸子。しかし、長年の夫婦関係で、前川に抱く純子の複雑な心情を前にした幸子はかける言葉が見つからなかった。脳外科に来てからの3ヶ月間、全く結果を出せていないことを人知れず悩んでいた幸子は、犬飼(福士誠治)や真凛(森田望智)の励ましを受けながら、前川にもアプローチするものの…。

そんな中、病院に深山の別れた夫・沢城(小市慢太郎)とその妻・薫(酒井美紀)が訪れる。深山の元に家出したまま戻ってこない娘・真実(桜田ひより)を心配する沢城に、ようやく真実と打ち解けてきた深山は複雑な心境で対応する。一方、近い将来アメリカに戻る予定の黒岩(椎名桔平)は、姿を消した保の母親を探すがなかなか見つからず、心を開かない保との関係にも手を焼いていたのだった…。
(公式HPより引用)


左腕に恋をした患者に嫉妬する妻

幸子は、担当患者の前川と話をしていました。

前川は、麻痺した左腕を自分の愛する人であると言います。

そのため、左腕は腕ではないというのです。


前川の場合、脳が自分の腕が麻痺したことを理解でないため、他人の腕と思い込んで整合性をとっているのです。

これは、エイリアンハンドの一種です。

さらに、麻痺した左腕を擬人化しています。

腕が若い恋人(山本アツコ)に見えるのです。

妻の純子は、このことを知って相当感情的になっています。


前川は、脳内で出血するおそれがあるため、早く手術した方がよいという結論に至りました。

本人が現状を理解していないので、手術をするには純子の同意が必要です。

幸子は深山に同意書を取るのを手伝って欲しくて、深山の顔をじっと見て哀願します。

その時、今出川が幸子に厳しい口調で自分で同意書を取るように命じます。


カンファレンス後、今出川は深山に幸子の指導を頼みました。

そして、「時間がありません。深山先生にも」と意味深な発言をしました。

深山は「私にも?」と驚いていました。


幸子は、今出川に厳しく言われたことにショックを受けていました。

同意書を取るように言われたので、気持ちを切り替えて前川の病室に向かいました。


純子は、前川のためにリンゴの皮をむきました。

すると、前川はつまようじが2本いるというのです。

1本はアツコのものです。

純子はもう1本つまようじをリンゴに刺して、怒って病室から出ていきました。


幸子は純子に必死に説明をして、同意書にサインをもらおうとします。

しかし、同意書にサインをしてくれません。

純子は、40年頑張って前川を支えてきました。

それなのに、前川に好きな女性ができたことが許せないというのです。

幸子は、このままでは出血するおそれがあることを伝えます。

しかし、純子は前川は死んでもよいと言って、どこかへ行ってしまいました。


幸子は純子が無理なら、前川は本人から同意をもらうことにしました。

前川に状況を説明しますが、まったく理解してもらえませんでした。

幸子はお手上げでした。


幸子は、前川家の留守電に連絡が欲しいと何度も入れました。

そのことを知った純子は同意書にサインしてくれることになりました。

純子に幸子の熱意が伝わったのです。

幸子は大喜びします。


幸子と純子、深山の3人で病室へ行きました。

これでうまく言ったと思った幸子でしたが、この後とんでもないことが起こります。

前川は、何と純子と別れてアツコと一緒になるというのです。

この発言に激怒した純子は、やはり同意書にサインはしないと言い出しました。

理由を聞かれた純子は復讐だと答えました。


幸子は、患者の耳に水を入れると、妄想が短時間和らぐという外国の論文を見つけました。

これを試すことにしました。


病室には純子も来ました。

アツコは、今前川の前にいると言います。

前川の耳に水を入れていきます。

すると、前川の前からアツコがいなくなりました。

しかし、それは一瞬ですぐに元の状態に戻ってしまいました。


その後、純子は同意書にサインをしてくれました。

アツコは、実は純子のことだったのです。

純子の旧姓は山本で、“純子”という字はアツコとも読めます。


幸子は、先ほど純子が切ない顔をしていたことに気づいていました。

とても人を憎むような顔ではなかったというのです。


純子は前川と出会った頃の話をします。

初めて会った時、前川にしつこく名前を聞かれて、純子はアツコと言いました。

前川がその女性をアツコと呼ぶのは、その時のことを思いだしたのではないかというのです。

名前以外にも、出会った場所や着ていた服まで全部その頃のものなのです。


幸子は、純子が同意書にサインしなかったのは、昔純子のことが好きだった夫のままでいて欲しかったためなのかと尋ねました。

純子は何も言いませんが、幸子の言ったとおりのようです。


手術が無事に終わりました。

純子が心配そうに前川の左手を握っていました。

今出川が幸子を脳外に誘った理由は?

幸子は今出川と話をします。

実は、幸子に脳外を勧めたのは今出川でした。

誘われて脳外に来た幸子ですが、自分がまったく役に立っていないことを自覚しています。


昔、幸子は病理医になろうとしていました。

それは、幸子は人とのコミュニケーションを取ることが下手だとわかっていたためでした。

細胞が相手なら、コミュニケーション能力は関係がありません。

それに、人は何を考えているのかがさっぱりわからないというのです。


今出川は、だからこそ幸子を脳外に誘ったと言います。

幸子は頭でっかちですが、ある意味とてつもなく素直なので、今出川はそこに可能性を感じているというのです。

黒岩は保を捨てられるのか?

黒岩は、探偵を使って保の母親を探していました。

しかし、一向に見つかりませんでした。

保は、まったく黒岩には心を開きませんでした。

黒岩は、日本であと18件の手術をすれば、アメリカに戻ることになっていました。


黒岩は嫌がっている割には、保とできるだけ一緒にいる時間を作りました。

少しだけですが、2人で話をすることもありました。


アメリカに戻るはずの黒岩が、今出川にもし日本にいることになれば、このままここで働けるのかの確認をしたのです。

もちろん、今出川はOKの返事でした。

ただ、黒岩はまだどうするのかは決めていないようです。

深山は2度も真実を捨てるのか?

深山と真実は本当に仲良くなっていました。

真実は、今では何の違和感もなく、深山のことを“お母さん”と呼んでいました。

深山は真実に家に電話するように言っていましたがまだ連絡していませんでした。


ある日、別れた夫の沢城と妻の薫が深山に会いにやって来ました。

深山に会いに来る前に、2人は深山の自宅の前で真実とあったそうです。

しかし、真実は逃げて行ったというのです。


深山は、2人に引き続き真実を説得することを伝えました。

そして、沢城にきちんと真実を帰らせることを約束しました。


その後、真実からメールが届きました。

真実は沢城と薫のことを嫌がっていました。

すっかり深山に懐いてしまったようです。

今回脳外を辞めるのは?

深山と西郡が今出川の部屋に入ってきました。

今度転医してくる患者のことで話を聞きに来たのです。

その患者は今出川の妻でした。

今出川は、深山らに治して欲しいというのです。

そのために妻をこの病院に呼んだのだと言いました。


今出川は辞表を持っていました。

病気の妻のために病院を辞めようとしているのでしょうか?

スポンサーリンク

【トップナイフ】8話の感想

終盤に入り、いろいろな話に進展がありました。

深山は、真実が家に帰るように説得すると言っていました。

本心では、真実と一緒に住みたいのではないでしょうか?

今度真実を捨てるようなことがあれば、また真実が深い傷を負いそうですね。

真実が望むのなら、深山と住むのが1番よいと思いますね。


脳外の誰が辞めるのかということで大きな話題となっていました。

ドラマの中では、幸子が最有力でした。

本人も自覚があるようでかなり危機感を持っていました。


まだはっきりはわかりませんが、ドラマのラストのシーンを見る限り、今出川のようです。

今出川の妻が転医して来ることになりました。

深山らに治して欲しいと言っていました。

辞表を持っていたので、妻が治った後は今出川がいろいろ支えていこうと思っているのかもしれませんね。

来週、詳しいことがわかるかもしれません。


SNSでは、次のような声が上がっています。

【トップナイフ】8話の視聴率

今回の平均視聴率は、11.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが判明しました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!