ドラマ「テセウスの船」の7話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【テセウスの船】7話のあらすじ

テセウスの船の7話のあらすじは次のとおりです。


 田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。音臼小事件まであと二日。心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。
 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。
 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【テセウスの船】7話のネタバレ

再び過去にタイムスリップしてきた心はベッドに寝ていました。

そこへ文吾がやって来ます。

文吾は、加藤みきおが心を見つけて通報してくれたというのです。

そのことを聞いた心は、文吾に音臼小事件の犯人がみきおであることを伝えました。

文吾は、子供であるみきおが犯人とは信じられせんでした。

心は、さつきも手を貸していたことを話しました。


事件まであと2日しかありません。

心は、みきおさえ捕まえれば事件は止められると言います。

とにかく時間がないので急ぐ必要があります。


みきおは一緒に住んでいた祖母が亡くなって、急に引っ越していました。

校長は、みきおには身寄りがないので隣町の施設に入ったと言います。

その時、さつきが部屋に入ってきました。

心はみきおのことを聞きます。

さつきが昨日みきおの様子を見に行くと、知り合いの家に行くと言って1人で出て行ったというのです。


文吾はさつきの許可をもらって、子供たちに話を聞きました。

みきおのことを尋ねると、居場所はわからないが、お楽しみ会には来ると言っていたそうです。

みんなにすごいおみやげをげを持ってくると言っていたというのです。


心と文吾は2人で話をしました。

おみやげというのは青酸カリのことではないかと心配になります。

文吾は、何とかお楽しみ会を中止にしようと関係者に話をしますが、中止にはできそうにありません。

本当の理由を言えないためです。

とにかくみきおを探すことがもっと重要です。

そこで、以前みきおが住んでいた家に行ってみることにしました。

何かヒントがあるかもしれません。


みきおの家に行くと、玄関は鍵が閉まっていました。

裏口の鍵は開いていました。

みきおの部屋に行くと、薬剤やビーカーなどが置かれていてまるで実験室のようでした。


文吾は、まだ10歳の子供が犯人とは思えないと言います。

そこで、心は文吾にみきおが犯行を認めたボイスレコーダーを聞かせようとします。

カバンの中を探しますが、ボイスレコーダーはありませんでした。


その時、文吾が“心先生へ”と書かれたフロッピーを見つけました。

文吾は、心がここへ来ることを予想していたのではと言います。

急いで、フロッピーの中身を確認します。

次のような文が書かれていました。

バレちゃったみたいですね。

でもこれで、もっとワクワクして

お楽しみ会が待ちきれない!

心先生、僕を捕まえられるかな?


このことから、みきおにボイスレコーダーを取られたことがわかりました。

みきおは、心が自分を捕まえることを予想して姿を消したのです。

心は、さつきがみきおをかくまっているかもしれないと言います。


さつきの家へ行きました。

ちょうど帰ってきたさつきに、心はトイレを借ります。

トイレを借りるフリをして、さつきの家にみきおがいないかを探します。

しかし、みきおはいませんでした。


文吾は、さつきにみきおを知らないかと聞きました。

さつきは知らないと返します。

みきおの両親はすでに亡くなっており、先日祖母も亡くなりました。

さつきは、身寄りがないみきおを引き取ろうと思っていることを話しました。


さつきが嘘をついているようには見えませんでした。

心は、さつきはまだみきおと共犯関係にないというのです。


心は、文吾の家に帰ってきました。

和子・鈴・慎吾の3人は心の帰りを歓迎してくれました。

心は、このままでは和子と慎吾が死んでしまうと思うと、胸が張り裂けそうでした。


和子のお腹の中にいる赤ちゃんの名前は、家族会議ですでに決められていました。

全員一致で“心”に決まったというのです。


鈴は、学校の帰りにみきおに会ったと言います。

その際、鈴は今度生まれてくる赤ちゃんの名前を“心”にすると言うと、みきおは最高と言って大笑いしたというのです。


この話を聞いた文吾は、今からみきおを探しに行こうとします。

文吾は、心は家でご飯を食べているように言います。

しかし、心はその際思わず、和子のことを言いかけました。

文吾は、和子に何があったのかを聞いてきました。

心は仕方がないので、和子が一家心中を図って、和子と慎吾が亡くなったことを話しました。

文吾は、家族を守るのは自分の役目だと言って出ていきました。


文吾は、準備をしている校長や村人にお楽しみ会の中止をお願いしました。

どうしても中止にしたい文吾は、食べ物に毒を入れるという脅迫状が届いたと嘘を言いました。

その後、文吾は村人とケンカになりました。


みきおは、心と文吾が火事を防いだ田中家にいました。

そこで、みきおは青酸カリをオブラートに包んでいました。

そして、それを義男に飲ませました。


3月11日、事件の前日を迎えました。

ご飯を食べていると、義男の様子がおかしいという電話がありました。

文吾は、電話をかけてきたのが、みきおだとすぐにわかりました。

心と文吾は、急いで田中家にいきましたが、義男はすでに死んでいました。

みきおの姿はありませんでした。


心は、そこにメモが残されていることに気がつきました。

メモには「さよなら、おじいちゃん。さよなら、心先生」と書かれていました。


みきおは今までは絵でメッセージを送ってきていました。

しかし、今回はワープロで打った文字でした。

心は、みきおの狙いは何なのかを考えました。

その時、心はもしかしたらみきおが狙っているのは自分で、和子の命を狙うのではないかと思いました。

心は、急いで文吾の家へ戻ります。


この時、みきおは和子の元を訪れていました。

みきおは友達にスープを作ったのですが、自信がないので、和子に味見をして欲しいというのです。

心が家に戻ると、和子は子供たちと一緒にいました。


心がみきおのことを話すと、和子はどうしてみきおが来ていたことを知っているのかを尋ねました。

和子がスープを味見しようとすると、鈴が帰ってきました。

すると、みきおは味見はよいと言って帰って行ったそうです。


その後も、心と文吾はみきおを探します。

しかし、暗くなってもみきおは見つかりませんでした。


心は、文吾に和子に本当のことを言って村を出るしかないと言います。

しかし、文吾は和子は自分が殺人犯になることを信じるはずがないと返します。

それに、殺人事件が起こるとわかっていて、子供たちを見捨てることはできないというのです。


文吾は、家族に荷物をまとめてこの村を出ていくように命じました。

しかし、誰もその命令を聞きませんでした。

それに腹を立てた文吾と家族の間で言い合いが始まります。

心は、必死に家族がバラバラにならないようにします。

すると、文吾は土下座をして、今回だけは自分の言うようにして欲しいと頼みます。

和子は、文吾の言うとおりにすることにしました。


落ち込む鈴と慎吾に、心は佐野家だけのお楽しみ会をやろうと言いました。

家族みんなで楽しい時間を過ごしました。

そして、家族だけでタイムカプセルを庭に埋めることにした。

心は、結婚指輪と佐野家の家系図(由紀・未来を含む)を封筒に入れました。

それを缶の中に入れました。

文吾らも自分たちの大切な物を入れました。

みんなで庭にその缶を埋めました。


3月12日、いよいよ事件当時になりました。

当日の朝、和子と子供たちは村を出ました。

文吾は、もう家族とは会えないかのような別れをしました。


心と文吾は学校に来ていました。

とにかくみきおを探すしかありません。

2人は学校中を探しますが、みきおは見つかりませんでした。

その時です。

校内放送でみきおの声が流れてきました。

2人は急いで放送室に向かいます。

そこにみきおがいました。

みきおは微笑みます。

【テセウスの船】7話の感想

今回は、心も文吾もみきおを見つけようと必死でしたね。

子供が大人をもてあそんでいるかのようでした。

10歳の子供に、このようなことができるのでしょうか?

すべてが計算されています。

本当に無駄がないように感じます。

文吾だけでなく、私も信じられません。

もしかしたら、誰か共犯がいるのでしょうか?

そう考えずにはいられません。


いよいよ事件の当日を迎えました。

心と文吾は、放送室にいるみきおとようやく顔を会わせることができました。

来週はどのような展開が待っているのでしょうか?

2人は事件を防ぐことができるのでしょうか?


SNS上には、次のような声が上がっています。

【テセウスの船】7話の視聴率

今回の平均視聴率は、14.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!