絶対零度4の9話の感想・ネタバレ・視聴率についてご紹介します。
スポンサーリンク

【絶対零度4】9話のネタバレ

東京サミットを狙った爆弾テロの可能性が浮上する中、香坂(水野美紀)が突然姿を消した。井沢(沢村一樹)は、香坂のタブレットに、テロに関するデータが残されていることを知る。だが、山内(横山裕)や小田切(本田翼)らは、ミハンの法制化を願っていた香坂がテロに関わっていることなど信じられるはずもなかった。

井沢は、香坂の過去――26年前に映画館で神経ガスを撒いて多くの死傷者を出した男が香坂の父親であること、事件の数年前に両親が離婚し、香坂は法務省の官僚と再婚した母親に引き取られたことを山内たちに打ち明ける。実は香坂には弟がいたが、父親の凶行に巻き込まれていた。その際、香坂の弟は奇跡的に一命をとりとめたものの、激しいバッシングに絶望し自殺していた。
弟への贖罪と、殺人者の娘という十字架を背負って生きてきた香坂がテロを起こすはずがない。しかし、なぜ香坂はミハンを頼らず、一人で行ってしまったのか――!?
そのとき加賀美(柄本明)は、香坂がミハンで何かを調べていた形跡を見つける。そこには、海外の紛争地帯を渡り歩いてきた元傭兵の里谷隆一(高岩成二)らテロ実行部隊と思われる男たちの情報があった。

一方、警視庁には、副総監の指揮の下、緊急特別捜査本部が設置される。捜査員たちは、テロリストの潜伏先候補を徹底的に調べていた。
そんな中、井沢は、里谷が公安のトップしかその存在を知らない「マルトク」と呼ばれる協力者であったことを掴み、曽根崎(浜田学)のもとへと向かう……。
(公式HPより引用)


香坂は姿を消しました。

井沢は、ミハンのメンバーに香坂がテロに関わっていると知らせました。

香坂は姿を消す前、ミハンであることを調べていました。

加賀美は、それが何であるのかを突き止めました。

香坂は、海外の紛争地帯を渡り歩いてきた元傭兵の里谷隆一のことを調べていました。

おそらくこの人物がテロの実行部隊です。


山内や小田切らは、香坂がテロに関わっていることを信じることができませんでした。

井沢は、香坂はミハンを法制化に導き、犯罪を未然に防ぎたいという強い思いを持っていることを話しました。

ミハンのメンバーから、井沢は香坂について知っていることがあれば教えて欲しいと頼まれました。


井沢は、香坂について次のようの話します。

26年前、ある男が映画館で神経ガスを撒いて多くの死傷者を出した事件がありました。

香坂はその男の娘です。

事件の数年前、両親は離婚していて、香坂は法務省の官僚と再婚した母親に引き取られていました。

そして、事件は起きました。

事件現場に駆け付けた香坂は、そこで地獄のような光景を目の当たりにしました。

多くの人が苦しみながら死んでいく姿を見たのです。

事件後、法務省に勤めていた義理の父親は戸籍を操作して、香坂が加害者家族であることがわからないようにしました。

香坂の弟は、父親が起こした事件に巻き込まれてしまいました。

弟は一命をとりとめましたが、激しいバッシングに耐えられずに自殺しました。

香坂は、弟を助けたくても助けられませんでした。

実の父親が、多くの人の命を奪ったことには変わりありません。

香坂は、殺人犯の娘という十字架を背負って生きてきたのです。


山内も小田切も、そのような過去を持つ香坂がテロを起こすのはおかしいと言います。

井沢は、テロの全貌を明らかにするために香坂を探し出し、そして香坂を止めるというのです。


東京サミットの当日を迎えました。

警視庁には、緊急特別捜査本部が設置されていました。

香坂を見つけるのはもちろんのこと、テロリストの潜伏先候補を1つずつ調べていました。

山内と小田切もその捜査に加わっていました。


加賀美が調べると、里谷は公安のスパイであることがわかりました。

井沢は、その存在は公安のトップしか知らないと言います。


井沢は、曽根崎のところへ行きました。

里谷は最高レベルのスパイだけに、法務省の一官僚である香坂が近づけるような相手ではないと井沢は言います。

そして、曽根崎もこのテロに関与していたのではと言います。

曽根崎は怒りをあらわにしました。


山内は、テロリストの潜伏先を特定しました。

実行部隊の2人は何者かに縛られていました。

実は、山内らが来る少し前に、香坂がこの場所に来ていたのです。

この2人を倒して、パソコンからUSBを抜き取り、無線から何らかの情報を得て去ってしまいました。


しばらくすると、その場に里谷が車でやって来ました。

山内と小田切が里谷と戦います。

しかし、元傭兵だけあってその強さは半端ではありません。

2人がかりでもあっさりやられてしまい、里谷を逃がしてしまいました。


その時です。

本部から、香坂が抜き取ったUSBが見つかったという連絡がありました。

中のデータが捜査員に送られてきました。

それは爆弾の配置図でした。


香坂がテロに関与していたことは間違いありませんでした。

井沢は、大規模なテロを起こして未然に防ぐことで、国家の上層部にミハンの必要性を認めさせるのが、香坂の計画だと言います。

そして、その計画を共謀したのが曽根崎だというのです。

ミハンが法制化されれば、曾根崎は組織を一気に上り詰めることができます。

香坂と曾根崎の利害が一致したのです。

しかし、何者かがテロを奪ってしまいました。

つまり、本当にテロを起こそうとしているのです。

井沢は、香坂がそのことに気づいてテロを止めに行ったと言います。


黒幕は、北見の背後にいる人間であると考えられました。

香坂が無線でつながった者が爆弾テロの真犯人かもしれませんでした。


井沢は香坂を探すことにしました。

他のメンバーは爆弾の解除作業のバックアップを行うことにしました。


山内と小田切は爆弾の処理に加わっていました。

犯人はカメラで状況を見て、好きな時に爆弾を爆発できるようにしていました。

しかし、加賀美の機転でネットを遮断していましたので、犯人は爆弾を爆発させることができませんでした。


加賀美は、犯人はこの前のクラッカーであると言いました。

そのクラッカーは諏訪という人物です。

その諏訪が加賀美にメールで連絡してきました。

加賀美のせいで、今は別人だと言います。

(ひとまずクラッカーは諏訪にしておきます。)

諏訪は、あと一カ所爆弾を仕掛けているというのです。

香坂は、その爆弾を探しに行った可能性がありました。


曾根崎は、このままでは破滅するのではと焦っていました。

北見から、曾根崎は自分が生き残こる方法を教えてもらいました。

その方法を実践します。

曾根崎は、全捜査員に香坂がテロリストの首謀者であることを伝えました。

北見がそのように自供したというのです。


曾根崎は、テロを計画したすべての責任を香坂1人になすりつけようとしていました。

香坂さえいなくなれば、曾根崎の思惑どおりになります。


井沢は香坂を探します。

そして、ようやく香坂と会うことができました。

井沢は、香坂は真犯人が誰なのかを知っていると言います。

ただ、香坂はそれが誰なのかを言うことができないというのです。

それは、真犯人が香坂の弟だからです。


香坂は拳銃を井沢に向けます。

井沢は、1人で抱えないで欲しいと言います。

すると、香坂は井沢にキスをします。

そして、井沢に出会わなければよかったと言って、井沢のみぞおちにパンチを食らわせました。

井沢が悶絶している間に、香坂は行ってしまいました。


加賀美は、爆弾が仕掛けられたビルにはクラッカーが侵入した形跡があるというのです。

ビルを1つずつ調べていくしかないと言います

加賀美はついに見つけました。

最後の爆弾は、東京貿易センタービルにあるというのです。

爆弾は地下の下水に仕掛けられています。

可燃性ガスを利用すると、爆弾の威力が飛躍的にアップします。

これにより、ビルを倒壊させようとしているのです。


山内と小田切は東京貿易センターに向かいました。

小田切は、地下へ特殊部隊のSATを誘導します。


井沢は香坂を追っていました。

その時、後方から銃声が聞こえました。

井沢は銃声が聞こえた方へ向います。

すると、香坂が倒れているのが見えました。

井沢は駆け寄ります。

香坂は胸を撃たれたようです。

井沢は香坂に大丈夫と何度も声をかけます。

しかし、香坂は息を引き取りました。


井沢は、悲しみのあまりおかしくなってしまいました。

怒りに満ちた井沢を誰も止めることはできません。


血まみれで立っている井沢のところへ、小田切とSATがやって来ました。

井沢は銃を持っていたので、手を上げるように言われます。

しかし、井沢はSATを振り払って逃亡しました。


山内にも、香坂が死んだことが知らされます。

そして、山内は井沢を止めに行きます。


曾根崎は、全捜査員に井沢は香坂とつながっていると伝えます。

そして、井沢を殺すように指示します。

スポンサーリンク

【絶対零度4】9話の感想

やっと何回も見てきたシーンにつながりました。

井沢は、香坂を殺してはいませんでした。

血まみれで、しかも銃を持って、死んだ香坂の近くに立っていたら、誰でも井沢がやったのではと思います。

もしかしたら、小田切や山内もそのように思っているかもしれません。


井沢は逃亡しましたが、真犯人のところへ向かったのでしょうか?

普通に考えると、香坂の弟のところだと思われます。

そうか、自分を守るために嘘を言った曾根崎のところでしょうか?

いよいよクライマックスが近づいてきました。

来週が楽しみですね。


SNS上では、次のようなコメントが上がっています。

【絶対零度4】9話の視聴率

今回の平均視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!