ドラマ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」の8話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。


スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】8話のあらすじ

恋はつづくよどこまでもの8話のあらすじは次のとおりです。


佐倉七瀬(上白石萌音)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔)は、天堂浬(佐藤健)から暴力と精神的苦痛を受けたとして、訴えを起こした。
上条の容態を見られなくなったことが気がかりな天堂は、代わりに七瀬にその想いを託す。
循環器内科では七瀬だけではなく看護師たち皆で、上条の看病と精神的な支えになれるように協力し合うことを決意。

そんな中、入院中の杏里(住田萌乃)のオペが可能となり、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されることになる。
しかし、上条から訴えられてしまった天堂は、表立ったオペに参加することが厳しくなってしまい…。
七瀬は上条をなんとか説得しようと試みるが、条件を出されてしまう。

考え抜いた七瀬は、誰にも何も告げずにある行動に出て‥‥。
(公式HPより引用)

スポンサーリンク

【恋はつづくよどこまでも】8話のネタバレ

天堂は上条から訴えられました。

天堂と小石川は、上条の担当弁護士から事の経緯を聞きました。

上条は、今後の治療方針をめぐって天堂と口論となり殴られたというのです。


実は、先日このようなことがありました。

上条は七瀬のありもしない悪口を言いました。

しかし、天堂はそのことを真に受けず、上条に「今の苦しさから早く解放されるといいですね」と言いました。

これに腹を立てた上条が天堂に殴りかかってきたのです。

勢い余って転倒しそうになった上条を天堂が助けたのです。

これが事実でした。


天堂は上条を殴ってはいないと言います。

天堂に、殴られてできた打撲傷の痕の写真が提示されました。


スタッフステーションでも、みんなが天堂のことについて話していました。

みおりは、上条の容態を確認しましたが、その時は打撲傷はなかったと言います。


上条は、今後天堂の診察を拒否すると言います。

来生が担当することになりました。


七瀬は、心配になって天堂の自宅に来ていました。

流子は、縁談話の件で実家に帰って行きました。

天堂と七瀬は2人きりになりました。

七瀬は張り切って家事を行います。

天堂はそのようなことはしなくてもよいと言います。

しかし、七瀬は「せめて家ではくつろいでください。私が支えますから。妻のように」言います。


七瀬は、夜食にラーメンを作ろうとします。

袋がなかなか空かず、思い切り力を入れると、勢い余って鍋をひっくり返してしまいます。

「お前」と言って駆け寄る天堂に、七瀬は「バカです」と言います。


今度は、掃除機をかけます。

天堂の服を誤って吸い込んでしまいました。

それを見た天堂が指を動かして、ソファーの自分の横に座るように指示します。

七瀬はそれに従い、ソファーの上で正座をします。

すると、天堂が七瀬の目の前に来て、おでことおでこをくっつけて、次のようなやり取りを行います。

天堂
「俺はお前に世話してもらいたくて付き合ってるんじゃねぇよ」

七瀬
「先生の役に立ちたいと思いながらも、女子力も家事力もまったくないことに気がつきました」


天堂は結ってあった七瀬の髪をほどきます。


天堂
「俺はとっくのとうに気づいていた」


七瀬は、上条のことで天堂が心配でした。

天堂は上条のことを診ることができないので、七瀬に上条を支えてあげて欲しいと頼みます。

七瀬は「先生を助けます」と言います。

天堂は微笑みます。


スタッフステーションでは、上条の元気がないことが話題となっていました。

そこで、理由はともかく、上条には元気になってもらおうということになりました。

みんなで協力して心臓リハビリテーションをやることになりました。

上条の体力をつけるために、病院内にコースを設けて歩いてもらうなどいろいろ工夫しました。


天堂は、入院中の杏里と一緒にいました。

杏里から大好きと告白され、頑張るように励まされます。

どうやら天堂が訴えられていることを知っているようです。


みおりは、小児用の補助人工心臓の認可が正式に下りたと言います。

これで杏里のオペをすることができるようになりました。

それにより、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されることになりました。


天堂は、合同チームから外されることになりました。

それは、上条の担当弁護士が医院長に圧をかけたためでした。

どうやら天堂のことを気に食わない上条がやらせたようです。

小石川は上に掛け合ってくれると言います。

天堂には少し待つように伝えます。


七瀬は、杏里のオペから天堂が外されたことを知って、上条のところへ行きました。

天堂が、上条の容態をずっと心配していることを伝えます。

すると、上条は天堂の訴えを取り下げてもよいというのです。

ただし、上条は七瀬にある条件を出しました。

その条件とは、シンガポールにあるクリニックに上条の専属ナースとして付いていくというものでした。

上条は、七瀬が天堂と別れて自分と一緒に来てくれたら訴えを取り下げるというのです。

そして、上条は七瀬に返事を迫ります。


七瀬は迷っていました。

すると、天堂とみおりが話しているのを見かけました。

天堂は、自分が一番杏里の体のことをわかっているというのです。

ただ、杏里の体のことを考えると、手術を延期することはできないと言います。

みおりに杏里のことを頼みました。


七瀬は、天堂をボウリングに誘いました。

天堂はボウリングが得意なようです。

ストライクを取った後、天堂はドヤ顔を決めます。

七瀬が「これじゃとても勝負にならないかも」と言うと、天堂は腕を組んで「最初からわかってる」と返します。

次は七瀬が投げます。

七瀬のボールはゆっくりめの力のない投球でした。

これを見た天堂は鼻で笑います。

しかし、七瀬もストライクを取ると天堂が驚きの表情に変わりました。


天堂は「まぐれしてはやるな」と言って、次もストライクを取りました。

実は、七瀬のボウリングの腕前もかなりのものでした。

天堂に続けとばかりに連続でストライクを取っていきます。


天堂は、10フレームを終わって207点でした。

七瀬は、1投目がストライクです。

2投目は8本でしたが、スプリットになってしまいました。

スプリットとは、1投目を投げてピンとピンが離れて残った状態のことを言います。

2投目で全部倒すのはかなり難しいです。


この時、七瀬は天堂にある賭けを持ちかけました。

七瀬が次の投球で全部倒せたら、自分とずっと一緒にいて欲しいというのです。

そして、七瀬は2投目を投じました。

七瀬は見事にピンを全部倒しました。

得点は208点となり、天堂に勝利しました。

これにはさすがの天堂も驚いていました。


ボウリングの後、七瀬は天堂と手をつないで帰りました。

うれしいはずの七瀬の目からは涙が流れ落ちていました。


小石川は、医院長に呼ばれて上条からの訴えが取り下げられたことを聞きました。

すぐに天堂やみおりにそのことが知らされました。

天堂は、これで杏里のオペを行うことができるようになりました。


いよいよ杏里のオペが行われます。

オペは無事に成功しました。


その頃、スタッフステーションでは七瀬が病院を辞めると言って姿を消したことが問題となっていました。

みんなは驚き、七瀬を心配する声が上がっていました。

茉莉子は、オペが終わった天堂に七瀬のことを聞きに行きました。


上条には七瀬から手紙が届いていました。

手紙には次のように書かれていました。

「退院する日まで、看護できなくてごめんなさい。

ごめんなさい。

上条さんと一緒に行くことはできません。

でも、先生とは離れます。

私にとってつらいことです。

なので、それに免じてどうかお許しください。

上条さんは必ず元気になります。

元気になったら、たくさん好きなことをしてください。

これまでのことより、これからのことを考えてください。

私もそうします。

お大事に」


心臓リハビリテーションプランという冊子も付いていました。

これは、七瀬が上条のために作った愛の溢れるものでした。

これを見た上条は微笑んでいました。


その頃、七瀬はバスに乗っていました。

天堂は、七瀬に電話をかけますがつながりません。


天堂は上条と話をしました。

上条は、天堂がいつも涼しい顔をしていることに腹が立っていました。

天堂に、今回のことについてどうして責めないのかと尋ねました。

天堂は、上条は大切な患者だというのです。


そして、天堂は本音を言いました。

「1人の男としては、正直やっかいなヤツが現われたなと思いましたよ」

上条は、自分に興味を示すものはいないというのです。

すべてを持っている天堂が妬ましいようです。

天堂は、すべてを切り捨ててきたので医者という仕事しか持っていないと言います。

そして、足りないものを誰かと補い合って生きているというのです。

天堂は上条に「大丈夫。どこへでも進んでいけますよ」と優しく声をかけます。


上条は天堂に誤りました。

七瀬と連絡がついたら、「片思い、楽しかったよ」と伝えて欲しいと言いました。


その後、上条は退院していきました。

しかし、七瀬は戻ってきませんでした。


七瀬は、鹿児島の実家近くの小さな医院で働いていました。

買い物に出掛けた時に流子から電話がかかって来ました。

電話に出ると、天堂が話しかけてきました。


その時のやり取りは次のとおりです。

天堂
「何考えてんだ。バカ」

「誰の電話にも出ない。この俺がかけても」

七瀬
「だって。先生の声を聞いたら、私せっかくの決心が・・・」

天堂
「どうするつもりなんだよ。お前」

七瀬
「実はもう再就職してて。毎日忙しく働かせてもらっています」

「私、花の東京よりも、地方の空気の方が合っているような気がします」

「先生と会えないのはちょっとだけ寂しいですけど。でもそばにいると甘えちゃうし、成長できないような気がして」

天堂
「そうか」

「ここで一人前になれるように修行しようと思っています。なので、もうそんなに心配しないでください」


その時、七瀬を後ろから抱きしめる人物が現われました。

それは天堂でした。


七瀬
「先生!」

天堂
勝手にいなくなるな

ずっと一緒にいるって言っただろ


ずっと2人は抱き合っていました。

【恋はつづくよどこまでも】8話の感想

本当に上条には困ったものですね。

自分の思い通りにならないと、殴られたとでっち上げて訴えを起こし、さらに取り下げて欲しければ言うことを聞けというのですからね。

もうやりたい放題です。

七瀬は天堂と杏里のために、その条件をのみました。

天堂が苦しむ顔を見たくはなかったのでしょう。


最後に、七瀬のところへ天堂が来るシーンは感動的でしたね。

特に、バックハグから「勝手にいなくなるな」というシーンは天堂らしくてよかったです。

多くの女性をキュンキュンさせたのではないでしょうか?

来週が楽しみですね。


ネット上にはいろいろな声が上がっています。

【恋はつづくよどこまでも】8話の視聴率

平均視聴率は、12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!