知らなくていいコトの9話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

【知らなくていいコト】9話のネタバレ

岩谷(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けたケイト(吉高由里子)は、悩みながらも返事を保留にする。一方尾高(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけていた……。そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷マリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっていたというのだが……。

早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。なかなか証拠がつかめない中、女性プロデューサー・加賀田と新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけたケイトは、後輩の福西(渕野右登)に、番組AD・荒牧(三船海斗)に張り付くよう指示する……。そしてその夜、ケイトの自宅に春樹(重岡大毅)が現れる!春樹はぐちゃぐちゃになった心のうちを突然ケイトに大放出し……!翌日、ケイトは編集部に現れた尾高から乃十阿がスタジオにいることを聞く。乃十阿と話すなら今しかない、という尾高の助言にケイトは背中を押され……。ついに乃十阿がケイトと対峙!30年前の事件の真相が明らかになろうとしていた……!?
(公式HPより引用)


大食い番組にヤラセ疑惑が浮上!

編集部に、大食いの素人チャレンジャーの小滝からあるタレコミがありました。

先週、大食い選手権の準決勝の収録がありました。

その時、美人大食いタレントの新谷マリアが意図的に勝つように仕込まれていたというのです。

大食い番組にヤラセ疑惑が浮上しました。


ケイトは小滝に話を聞きます。

準決勝の時の映像を確認します。

小滝は、マリアに運ばれたジャンボカツ丼は自分のものよりもご飯が少ないというのです。

ケイトは画面では判断がつきませんでしたが、小滝は間違いないと言い切りました。

それが事実なら、どうしてテレビ局はそのようなことをするのかと問いました。

すると、小滝はマリアの方が可愛いので、番組が盛り上がるためだと答えました。


客観的な証拠がないと記事にはできません。

そこで、ケイトはテレビ局の知り合いに頼んで、大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオを見学させてもらうことにしました。


スタジオに行くと、女性プロデューサーの加賀田がマリアの事務所社長に異常なほど気を遣っていました。

ケイトは、2人の関係が気になりました。


番組の収録が始まりました。

マリアともう1人の女性が対決します。

はじめは、ジャンボハンバーグ(2.8Kg)を食べます。

続いて、ジャンボオムライス(3.0Kg)が出てきます。

最後はジャンボパフェ(2.5Kg)です。

優勝したのはマリアでした。

加賀田とマリアの事務所社長が握手をしていました。


番組ADの荒牧は加賀田に怒られてばかりいました。

ケイトが目をつけたのは荒牧の方です。

ケイトは、福西に荒牧と接触させます。

それは、境遇のよく似た福西になら、荒牧は心を開くのではと考えたためです。


福西が帰ってきた荒牧を食事に誘います。

もちろん、ケイトの指示によるものです。

2人でカニクリームコロッケを食べます。


荒牧が上司の愚痴を言い出します。

加賀田はマリアを無理矢理優勝させているというのです。

マリアの事務所にはたくさんタレントがいるので、社長に気に入られればタレントに困らなくなると言います。

そして、荒牧はマリアの食べ物の量を減らすように命じられたことも話しました。

バレないようにご飯を減らすのだというのです。


ケイトは福西にいろいろと指示を出していました。

少しやり過ぎて、荒牧はケイトの存在に気づきました。

ケイトは週刊イーストの記者であることを伝えて、話を聞かせて欲しいと頼みました。


話を聞くことができたケイトは、大食い番組のヤラセ疑惑に関する記事を書きました。

その後、荒牧はADを辞め、加賀田はプロデューサーを降格・左遷されたようです。

春樹のクズっぷりが最高潮に

春樹は、最近小泉が黒川班の佐藤と仲良くしているのが気になっていました。

棚の陰から小泉に話しかけます。

春樹と小泉は次のような会話を行います。

春樹
「君、僕と付き合っているんだよね

小泉
「そういうのウザ~い」

春樹
「でも、君から付き合ってくれって僕に言ったんだよね

小泉
「言いましたけど、人の気持ちなんて日々変化しますから」

春樹
「どういう風に」

小泉
「だから、そういうのがウザいんです。」

春樹
「ウザくても答えて」

小泉
「よくわかんないですけど。真壁さんの彼だと思って見てた野中さんはすごく素敵だったけど、自分の彼になってみたら、そうでもなくなったというか

そう言って、小泉は向こうへ行ってしまいました。


ある日の夜遅く、春樹はケイトの自宅を訪れました。

春樹は酒に酔っていました。

事もあろうに、春樹はケイトの自宅のドアの前で吐きそうになりました。

ケイトがドアを開けると、春樹はトイレに駆け込みました。


春樹はいきなり「僕ってそんなに最低ですか?」と聞いてきました。

ケイトは「最低です」と即答しました。


春樹は、ケイトが普通の人なら自分たちはすごく幸せになっていたはずだというのです。

どうして自分がこのようなひどい目に遭わないといけないのかと愚痴を言います。


春樹はケイトの記事を週刊誌にリークしたのは自分ではないというのです。

そして、どうして自分は疑うのに、尾高は疑わないのかと言い出します。

尾高とは不倫だと言って、ケイトを責めるような発言もします。

殺人犯の子供が週刊誌の記者で不倫報道で刺されて、実は本人も不倫中じゃ、僕よりも最低ですから

その後、ケイトは何とか春樹を自宅から追い出しました。


あの日から春樹は仮病で会社を休んでいました。

会社の前まで来て、小泉に会社の様子を聞きます。

春樹は、小泉に今夜行ってもよいかを尋ねます。

小泉に2度と来ないように言われてしまいます。

30年前の事件の真相が明らかに!?

岩谷は、副社長からケイトに手記を書かせるように言われたことを伝えました。

ケイトは、手記と言っても、自分の父親が殺人犯でショックでしたというぐらいのことしか書くことがないと言います。

岩谷は、何か隠された事実はないのかと問います。

ケイトは、乃十阿や乃十阿の担当弁護士・高村に会うなどして調べ回ったが、何もわからなかったことを話しました。


その頃、乃十阿は尾高と一緒にいました。

実は、雑誌にケイトと乃十阿の記事が出たことで、乃十阿の自転車屋にもたくさんの記者が詰めかけていました。

尾高は、乃十阿を記者にバレずに連れ出していたのです。

そして、尾高は乃十阿に自分のスタジオを貸すことにしました。

乃十阿は、しばらく尾高のスタジオで身を隠すことになりました。


ある日、尾高がケイトを訪れてきました。

尾高は、乃十阿が自分のスタジオにいることを告げます。

ケイトはとても驚きます。

尾高は、ケイトに乃十阿と会うのは今しかないと伝えました。


ついにケイトは乃十阿と会う決心をしました。

尾高のスタジオを訪れました。


ケイトと乃十阿はしばらく何も話しませんでした。

その後も、日常のちょっとしたことについて話すのがやっとでした。

結局、この日聞きたいことは何も聞けませんでした。


高村から尾高に連絡がありました。

尾高とケイトは高村の事務所を訪れました。


高村は尾高のスタジオに行って、乃十阿と話したそうです。

帰ろうとすると、乃十阿が1枚の名刺を落としました。

それはケイトの名刺でした。

高村はケイトは乃十阿の娘かと尋ねると、乃十阿は違うと否定しました。

この時、高村はケイトは乃十阿の娘だと確信したというのです。

そのため、高村はケイトは殺人犯の娘ではない可能性があることを伝えないといけないと思ったと言います。


ここからは高村の想像です。

乃十阿は逮捕された後犯行を認めていません。

ずっと黙秘を続けていたので、高村が国選弁護人になっても何も話してくれませんでした。

最初の接見の時、妻との離婚のことを頼まれました。


高村は妻のところへ行きました。

妻は憔悴していましたが、すぐに離婚に応じてくれました。

その時、3歳になる男の子がいました。

その男の子はハーブティーを作るのを手伝っていました。


犯行現場では、乃十阿がハリヒメソウという毒草を飲料タンクの中に入れて無差別殺人を行ったということになっています。

もしお母さんの手伝いをいつもしていて、水に草を入れることはよいことだと思っていた3歳の男の子がキャンプ場の飲料タンクにハリヒメソウを入れたとしたら・・・

これが高村が想像したことです。


ケイトは、高村に警察はそのことを調べなかったのかを尋ねました。

高村は、警察は高村の妻が庭でハーブを栽培し、ハーブティーを飲んでいたことを知らなかったと思うと言いました。


高村は、乃十阿がその男の子をかばったのではないかと考えています。

乃十阿が自白したのは、警察が事情を聞くために乃十阿の自宅に行った時のことだったというのです。

刑事が犯行に使われた毒物がハリヒメソウであると言った途端、乃十阿が自白したと言います。

いきなり自白したので刑事も驚いたそうです。


高村は、乃十阿に息子をかばっているのかということを聞いたと言います。

初めてそのことを聞いた時、乃十阿は1度だけ動揺したように見えたというのです。

それ以降動揺することはなく、自分が犯行を行ったと言い張っています。

高村はそのことを警察に話しましたが、捜査は行われなかったと言います。

あくまで想像なので、裁判でも妻にも話していないというのです。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】9話の感想

今回も盛りだくさんでした。

まずは、春樹のクズっぷりについてです。

正直、自分のことばかりですね。


ケイトが普通の人なら自分たちはすごく幸せになっていたはずだと言っていましたが、ケイトは普通の人です。

仮に思ったとしても、それを本人に言える無神経さが信じられません。

しかも、自分からケイトをフッて別れたのだから、春樹がこのようなことを言うこと自体おかしいのではないでしょうか?

個人的には、ケイトがやっていることよりも春樹のやっていることの方が最低だと思いますね。


30年前の事件の真相が見てきたように感じます。

高村の想像が正しければ、乃十阿が犯行を認めても不思議ではありません。

当時3歳の子供を殺人犯にしたくはありませんからね。

乃十阿がケイトに真相を語ってくれる日は来るのでしょうか?


ケイトと尾高には何の進展も見られませんでした。

ただ、尾高は離婚届を用意していたり、これからのことを話そうと言っていました。

予告では、尾高から結婚しようと発言がありました。

2人はどうなるのでしょうか?


SNS上には、さまざまな声が上がっています。

スポンサーリンク

【知らなくていいコト】9話の視聴率

今回の平均視聴率は、10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかりました。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!