『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で観る方法!
FODプレミアム」の2週間無料お試し期間を利用すれば『アライブ がん専門医のカルテ』の全話を無料で視聴できます!無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません!※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

他の冬ドラマもチェック♪


スポンサーリンク

【アライブ】キャストなど作品情報

アライブのキャストなど作品情報は、次のとおりです。

フジテレビではこれまで、「木曜劇場」にて『Dr.コトー診療所』や『白い巨塔』、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-』など数々大ヒット医療ドラマを輩出してきました。その「木曜劇場」にて2020年の幕開けに“がん”をテーマとした全く新しい医療ドラマを放送する事が決定。タイトルは『アライブ がん専門医のカルテ』。
主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんとは14年ぶりの共演でお届けする本作は完全オリジナル作品です。年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。 薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。本作は、日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”としてお届けします。
(公式HPより引用)

\今すぐ動画を無料視聴/

お試し期間なら、無料で視聴できますよ♫


キャスト
松下奈緒 – 恩田心
木村佳乃 – 梶山薫
清原翔 – 結城涼
岡崎紗絵 – 夏樹奈海
小川紗良 – 佐倉莉子
中村俊介 – 恩田匠
三浦翔平 – 関河隆一
田辺誠一 – 須藤進
藤井隆 – 光野守男
木下ほうか – 阿久津晃
高畑淳子 – 高坂民代
北大路欣也 – 恩田京太郎



ドラマ「アライブ」の9話のネタバレ・感想・視聴率についてご紹介します。

スポンサーリンク

【アライブ】9話のあらすじ

アライブの9話のあらすじは次のとおりです。


 恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が、婦人科医の前園敬之(高橋洋)に呼び出される。前園は、切迫流産で緊急入院した小山内静(山田真歩)の胎児をエコーで確認したところ気になる部分が見つかったと二人に話す。静はかつて大腸がんで入院したときに心が担当した患者だが、肝臓への転移が見つかったのだ。カンファレンスで、心たち医師たちはがん治療のために静の妊娠継続は難しいということで一致した。

 心と薫は静の病室へ行き、病状を説明。心は妊娠の継続が困難なので静の命を優先させたいと告げる。しかし、静に中絶の選択肢はなく、その意思はゆるぎないものだった。静に付き添っている夫の敬(落合モトキ)にもやっと授かった子供だと中絶への同意は得られない。

 翌日、心が化学療法室へ行くと、佐倉莉子(小川紗良)がスマホの画面を看護師たちに見せていた。莉子は心にも画面を見せる。それは退院した高坂民代(高畑淳子)が旅先での出来事を紹介しているSNSの記事だ。病気でも人生を楽しんでいる民代から、自分も元気をもらえると莉子は喜び、患者のこういう面を知ってもらいたいと言う。すると、心は莉子もSNSで発信したらどうかと勧めた。そんな矢先、民代が旅先で倒れたという一報が入り…。
(公式HPより引用)

【アライブ】9話のネタバレ

中絶を拒否するガン患者

カンファレンスで、切迫流産で入院した小山内静について話し合われました。

静は、5年前に大腸ガンのステージ3で腫瘍を切除していました。

先ほど行ったエコー検査で多発性の肝転移が見つかりました。

妊娠の継続は難しいという判断になりました。

妊娠を中絶し、その後抗ガン剤治療を行うことにしました。


心と薫は、静の病室に行きました。

夫の敬もいました。

心はガンが再発したことと妊娠の継続が難しいことを伝えました。

薫は、抗ガン剤を使って腫瘍が縮小してから切除することを説明しました。

静は、赤ちゃんに影響のない治療法はないのかを尋ねました。

心は、抗ガン剤は赤ちゃんに悪影響を及ぼすおそれがあると言います。


すると、静は中絶はできないと言い出します。

それは、静にとって今回が赤ちゃんを産める最後のチャンスだったためです。

今回ダメなら、もう2度と妊娠できないというのです。

実は、静は凍結しておいた最後の卵子で妊娠していたのです。

静は、何と言われようとも結論は変わらないと言いました。


心は、再度静と話をすることにしました。

妊娠を継続すると、治療の時期を逸してしまうと言います。

静は、赤ちゃんを諦めたくないというのです。

他の夫婦のように、夫と喜びを分かち合いたいと思っています。


静の容態が急変し、急に苦しみだしました。

腫瘍内出血が起こったことが原因です。

母胎優先で考えると、やはり妊娠を中断するしかないというのです。

その時、薫はリスクはいろいろあるが、手術できないことはないと言いました。

ただ、これは出血を防ぐための応急処置で、ガンを根本から治すものではありません。


心と薫は今回の手術のことを説明しました。

できるだけ静の希望に添えるようにすることを約束しました。

静は、手術を受けることになりました。


手術は成功しました。

何とか出血していた部分は切除できました。

ただ、ガンがすべて取り切れたわけではないので、今後も注意が必要です。


心は今後の治療方針を次のように伝えました。

術後の経過と胎児の発育をみながら、抗ガン剤の治療を行っていきます。

ただ、胎児の発育障害や早産などのリスクがあります。

28週以降になったら、帝王切開で出産し、より強い抗ガン剤治療を開始します。


心は、決して楽な道のりではないことを伝えました。

静は、そのことを十分に理解した上で心に治療を任せました。


静は、敬に離婚して欲しいと言いました。

実は、2人は子供が産めなかったら離婚するという約束をしていたのです。

静は、赤ちゃんも自分もどうなるのかわからないというのです。

敬は、最初から約束を守るつもりはなかったと言います。

何があっても静と一緒にいると決めているのです。

2人は手を取り合って、涙ながらに微笑み合います。

民代倒れるも民代節は健在

心が化学療法室へ行くと、莉子が治療に来ていました。

莉子は心にスマホを見せます。

そこには、先日退院した民代の姿が写っていました。

民代が訪れた場所での出来事をSNSにアップしているのです。

莉子が民代にSNSの使い方を教えたのだと言います。

病気でも人生を楽しんでいる民代から元気をもらっているというのです。


心に民代が倒れたという連絡が入りました。

民代の病室に行くと、民代は苦しそうでした。

それでも、心にいろいろ話しかけてきます。

ローマで倒れて、アルパチーノみたいなイケメンにお姫様抱っこされて病院に運ばれたと言います。


検査の結果、民代の大腸ガンはかなり悪化していました。

以前、民代は痛みを緩和する以外の治療はしないと言っていました。

そのため、抗ガン剤治療は行いません。


心は薫に、民代は抗ガン剤治療をした方がよいのではと話していました。

眠っていると思っていた民代は起きていて、本人の前でそのような話をしないで欲しいと冗談っぽく言いました。

そして、民代は旅行に行かせてくれたことに対して感謝の気持ちを述べました。


民代はキャンサーギフト(ガンになって得られたもののこと)という言葉は大嫌いだというのです。

ガンになりたくなかったためです。

でも、心と薫の顔を見て、ガンになって得られたものがあったと言います。

ギフトとまではいかないと減らず口をたたきます。


民代の容態はさらに悪化しました。

薬で一時的に痛みは軽減できても、いつ何があってもおかしくはない状況でした。


莉子が民代の見舞いに来ました。

民代の現状を見て、驚くと共に涙が溢れてきます。

莉子が旅行のことを聞くと、民代はうれしそうに話します。


民代は、静が編集長を務めるフリーペーパーの取材を受けることになりました。

その時、静はガンが再発したことを伝えました。

そして、妊娠を諦めないといけないのですが、それができずにみんなに迷惑をかけていることも話しました。

民代は、ガン患者も欲しいものを欲しがってもよいというのです。

その後、民代は楽しそうに写真撮影などをしました。


心は、民代の願いを叶えるために病室でパーティーを行いました。

薫や莉子、腫瘍内科のメンバーもドレスアップします。

民代も化粧をして、おしゃれな服を着ています。


民代は昔訪れたパリに行きたかったのですが、倒れてしまって行けませんでした。

そこで、心はVRを使って、民代にパリに来て朝日を見ている体験をしてもらいます。

民代はあまりのうれしさに涙を流します。

そして、みんなにお礼を言いました。


その後、民代が取材を受けたフリーペーパーが発行されました。

そこには、民代のキャンサーギフトについて次のようなことが書かれていました。

自分にはたくさんの支えてくれる人がいました。

そして、一緒に闘ってくれる人がいました。

そのため、自分は前を向いて歩けました。

自分は幸運なことにそのような人と出会うことができました。

愛すべきヤブ医者に。

この記事を読んだ心は泣いてしまいます。

【アライブ】9話の感想

ガン患者の妊娠は難しい問題ですね。

治療を優先するのか、赤ちゃんを優先するのか。

絶対に正しいという答えは存在しません。

ましてや、静のようにこれが最後の妊娠とわかっていればなおさらですね。


ついに民代は倒れました。

病気が治って退院していたわけではありませんので、近いうちにこのような日が来ることは予想されていました。

倒れるまでは、旅行に行くなど充実した日々を送っていたようです。

病状が悪化しても、民代節は健在でしたね。

常に前向きで本当にすごいです。


高畑さんの演技は素晴らしいですね。

感動しました。


SNS上では、さまざまなコメントが上がっています。

【アライブ】9話の視聴率

今回の平均視聴率は、6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。

動画無料視聴情報
FODプレミアム」ではこの記事でご紹介する動画が配信されています。2週間の無料お試し期間があるのでそれを利用してみてはいかがでしょうか?お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。※ご利用前に動画の配信状況をご確認ください。

『アライブ がん専門医のカルテ』のネタバレ一覧!
基本情報 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 最終話

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterでのフォローをお願いします!